Hatena::ブログ(Diary)

生者も死者も狂ひ踊れよ暁に このページをアンテナに追加 RSSフィード


検索やはてなダイアリー経由で来られた方は、
こちらからフレームありのページに入れます


↑ネタとか小説とか面白かったら、あるいはツッコミや激しく同意なときにいただければ幸い。コメントには、須く日記でお返事させていただきます。

2006-09-20

[]最近読んだコミック

ぼくらの 5
ぼくらの 5
posted with 簡単リンクくん at 2006. 9.21
鬼頭 莫宏
小学館 (2006.6)
通常2-3日以内に発送します。

相手が子どもだろうと無辜の民であろうと、容赦なく残酷運命を突きつける鬼頭先生。今回はまた……ものすごい真相を用意してくれました。その運命を、大事な人を守るために、血で手を汚す覚悟を決めて受け入れるマキの凄絶な姿。涙滂沱です。しかし、その決意を承けて、後の子ども達がどういう選択をするかは、まだイレギュラーな要素がいっぱいあるわけで…次巻が出るまで待つのが、腸よじれそうなほどキツいです。

月館の殺人 下
佐々木 倫子漫画 / 綾辻 行人原作
小学館 (2006.7)
通常24時間以内に発送します。

読了は随分前なんですが、感想書くのを忘れてました。

うーん。犯人捜しとしてはあまり成立していないような気が。ってか、佐々木さんってば愛すべき人物は愛すべき愛嬌を持って描いてくださるもんだから、雰囲気で「この人達は犯人じゃないな」ってわかってしまうんだもの…ともかく、「佐々木さんの漫画」としては、かなり楽しめました。でも、「綾辻ミステリ」としては…少し物足りなかったかなあ。

2006-09-18

[]「図書館内乱」有川浩

図書館内乱
図書館内乱
posted with 簡単リンクくん at 2006. 9.18
有川 浩著 / 徒花 スクモイラスト
メディアワークス (2006.9)
通常24時間以内に発送します。

シリーズ化決定だそうですが、この先お話がいろいろ広がっていくための布石があちらこちらに打たれて、わくわくしてしまいます。今回は、笠原郁ちゃん以外のキャラの見所も内面もよりクローズアップされて、カッコイイ大人を描いたら右に出るモノはいない有川さんの面目躍如って感じです。そして、前作でも舌を巻いた会話のテンポの良さ、滑らかさも無論健在。いやーボケとツッコミのタイミングがこれほど絶妙でしかもすべってない小説も珍しい。

で、元図書館員としてはひじょーに気になる、「図書館の自由」という部分、検閲とか表現の自由とか、についてとか、図書館組織としての矛盾とか、有川さん特有の「組織キレイごとではやってられない」という視点に基づいて、かなり描ききっておられます。「原則派」と「行政派」の対立なんてもうそれは…俺のいたころの図書館職場人間関係の縮図そのままで、涙出ちゃったよ!(笑)

ともかく、今後も様々なテーマを巻き込んで、より盛り上がっていきそうな図書館シリーズ。無論楽しみですが、なにぶん、ある意味マニアックで地味な分野のお話なんで、一般読者がどこまでついてこれるか、もしくは一般読者をどこまで引き込むことができるか、それも息を呑んで見守ってます。

ともかく、「レインツリーの国」は買おう。うん。小牧さんカコイイ。

2006-09-17

[]70冊目はコレ

クライム・マシン
ジャック・リッチー著 / 好野 理恵〔ほか〕訳
晶文社 (2005.9)
通常24時間以内に発送します。

正直、表題作については、面白かったけどそれほどすごいサプライズを感じたわけでもないのですが、「旅は道づれ」や「エミリーがいない」にはやはり戦慄を禁じ得ませんでした!先日読んだ、高井信さんの「ショートショートの世界」でもジャック・リッチーは絶賛されておりましたが、納得です。しかも、これだけコンパクトな作品群でありながら、カーデュラ探偵社シリーズなんか、短いお話の間にきっちりとキャラクターの個性を余すことなく表現しきってるのは、まさに匠の技。感動モノです。このミス1位も、実に納得。


さて、今は71冊目として、有川浩図書館内乱」を読んでいますが、「レインツリーの国」企画には正直びっくり。というか、軍隊とか極限状態とか特殊状況の恋愛ばかりを徹底して描いてこられた感のある有川さん(無礼な言いぐさ)が、普通恋愛を描くとどうなるのか、すごく気になるんで買うだろうなあ。

2006-09-14

[]月2回程度の更新ペースが

板について来つつある今日この頃。その割に全く面白くないってのはどーゆーことよ。

この間、実はweb拍手もいただいておりましたが、もたもたしてる間にログが消えてしまいました……トホホ。ともあれ、ピョートルさん拍手ありがとうございました!

というわけで、誰も知りたがってないであろう最近観たDVDの報告。

八岐之大蛇の逆襲 [DVD]

八岐之大蛇の逆襲 [DVD]

ガイナックスがまだDAICONFILMであったころの、伝説の作品を衝動買い。うーん、元が自主映画なんで、画質がいまいちなのを引いても、やっぱり見応えがありますなあ。オロチのデザインとか全く古くなってないと思うんで、できればリメイクでもして欲しいところ。

超劇場版ケロロ軍曹 通常版 [DVD]

超劇場版ケロロ軍曹 通常版 [DVD]

劇場版らしく見所たっぷりで、美味しゅうございました。

仮面ライダーカブト VOL.2 [DVD]

仮面ライダーカブト VOL.2 [DVD]

早くもザビー登場。しかし、この作品ってば本当にキャスティングがはまってるなあ。天道のこの俺様っぷりも加賀美の熱血ぶりも、このキャストなくしてはここまで魅力的には仕上がらなかっただろうとしもじみ感服する次第。

[]なんとかもうすぐ70に届く

一応、69冊読了

顔のない敵
顔のない敵
posted with 簡単リンクくん at 2006. 9.14
石持 浅海著
光文社 (2006.8)
通常24時間以内に発送します。

まさか本当に対人地雷でまるまる一冊短編集だとは。しかも全編メッセージ性とロジックトリックがばしっとまとまってる。まさに天才の技。他にいいようがない…敢えて時系列順をバラバラにして、読み進むほどに冒頭の作品で死んだ人やなんかの過去や生前が見えてくるのも、より切なさを高める。

猫島ハウスの騒動
若竹 七海
光文社 (2006.7)
通常24時間以内に発送します。

コージーものなので、奇をてらうようなトリックや波瀾万丈の展開こそないけれど、テンポのいいストーリーと、全編を縦横無尽に歩き回る猫・猫・猫!本当に猫好きは必読かも。マタタビスプレーほすい。

キーリ
キーリ
posted with 簡単リンクくん at 2006. 9.14
壁井 ユカコ〔著〕
メディアワークス (2003.2)
通常24時間以内に発送します。

キーリ 2
キーリ 2
posted with 簡単リンクくん at 2006. 9.14
壁井 ユカコ〔著〕
メディアワークス (2003.5)
通常24時間以内に発送します。

面白かったけれど、砂の海が地表の6割を占めてるんなら、水はどっから供給されてるんだろうねとか思ってしまう俺は、きっと嫌な大人なんだらうね。

文学賞メッタ斬り!リターンズ
大森 望著 / 豊崎 由美著
パルコ (2006.8)
通常24時間以内に発送します。

うーん、面白かったけど、切れ味的には前の本の方が良かったような。まあ、自分が最近文学賞系の作品に興味が薄れたのもあるんだろうけど。

月光とアムネジア
牧野 修著
早川書房 (2006.8)
通常24時間以内に発送します。

久しぶりの牧野さん。抜群に奇妙奇天烈なネーミングセンス・言語センスと世界観に痺れます。ときに、鶴田の方言、結構土佐弁っぽくないっすか…?ノワール風味で、救いがあるようなないようなラストも俺好みでした。

妖神グルメ
妖神グルメ
posted with 簡単リンクくん at 2006. 9.14
菊地 秀行著
朝日ソノラマ (2000.2)
この本は現在お取り扱いできません。

傑作だとは聞いていたけど、ここまで傑作だとは。クトゥルー神話の変化球として、長く語り継がれるべき作品だと思うのだけど、現役で流通してないのが残念。内原富手男の俺様っぷりも俺好みです。

ひまわり探偵局
浜岡 稔著
文芸社 (2006.9)
通常24時間以内に発送します。

ネットでの旧友はまっちさんの新作。面白いけれど、惜しむらくは日常の謎を狙っているっぽいのに全く謎解きが日常でないことと、見事なまでに会話がすべっていること(^^;本の装丁惹句に反して、良くも悪くもマニアックで非日常な一冊。

しにがみのバラッド。 2
ハセガワ ケイスケ〔著〕
メディアワークス (2003.10)
通常24時間以内に発送します。

なぜ買ったか憶えていない一冊。うーん。

カウンタ