ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

人類猿の惑星化計画の軍団 このページをアンテナに追加 RSSフィード


検索やはてなダイアリー経由で来られた方は、
こちらからフレームありのページに入れます


↑ネタとか小説とか面白かったら、あるいはツッコミや激しく同意なときにいただければ幸い。コメントには、須く日記でお返事させていただきます。

2006-12-31

[]2006年最後の更新

なんですが、こんなにもギリギリに。原因は、読書冊数を一冊でも多く稼ごうと、粘ってたからです。夕方とか、紅白見ながらとか酒飲みながらとか読書してると、頭こんがらがって何が何だか(笑)


ときに、カッパノベルズblogでは既に受賞作が発表されている、2006年上半期のKAPPA-ONE登竜門。このサイトでは冒頭部のみ公開している「アシャンティの首」を投稿させていただいていたのですが、本日、なんと編集部様からご通知をいただきまして、落選ながらも具体的な

アドバイスをいただきました。落選作品のひとつひとつにまでしっかり評価をつけていただける編集部の姿勢に、頭が下がります。ありがとうございました。

やはり、落選の要因としては、「新しいなにか」が足りない、「サプライズに乏しい、というところのようです。

まあそのあたりは、自分でも分かっていながら、なかなか解決できない悩み・課題だったりするので、頭抱えていますが、ともかく、適切にして温情ある指導をいただけたということで、新年からまた、心機一転頑張りたいと思います。

温かい言葉をいただいて元気が出たので、また再チャレンジしてみようかな……と、真剣に考えておる次第です。

ともかく、新年のご挨拶画像の準備もできたし、あとは除夜の鐘を待つばかり。

今年も、繭田屋夢遊堂をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。みなさまよいお年を。

[]88冊かあ

数字としては縁起が良いものの、結局90にも届かず。悔しいけど、まあここ数年では最多の冊数ではあります。時期によって本を読む時期と読まない時期の差が極端なのが、敗因かな…

崖の館
崖の館
posted with 簡単リンクくん at 2006.12.31
佐々木 丸美著
東京創元社 (2006.12)
通常24時間以内に発送します。

先日お亡くなりになった、根強い人気の作家さん。今まで、名前は知っていたけど、手に取る機会にはなかなか恵まれなかったのですが、創元での「館」三部作復刊に合わせて読んでみました。

むー、なんともいえない、不思議な読後感。複雑な人間関係と「館」という舞台仕立てのオーソドックスな本格かと思いきや、芸術論から犯罪論、そして双方を絡め合わせた「芸術としての犯罪論」と、霧の中にどんどん引き摺りこまれるかのような、言葉の迷宮の中に導かれ。そして最後に判明する犯人も、論理的な推理と分析の結果と言うよりは、すごくシンプルないくつかの事実の指摘によって突然立ち現れる感じ。そしてその動機も、なんだか哲学的というか非現実的というか。

なんとも不思議な、独特の感覚でした。そして、登場人物達の性格や雰囲気はなんか少女漫画的。女の子はみんな夢見がちか、もしくは家庭的お姉さん的。

ともかく、面白かったです。あとの2冊も読んでみよう。

ハマースミスのうじ虫
ウィリアム・モール著 / 霜島 義明訳
東京創元社 (2006.8)
通常2-3日以内に発送します。

このミスに入っていましたが、ゲットしていたのはそれより前。面白いという評判を聞いていたので。だけど、うーん……犯人の動機にシンクロし損ねたので、自分的にはいまひとつ乗れなかったかな。キャソンとストラットの、素人探偵と警官のくせに親友同士で最強コンビネーションという組み合わせは、楽しかったのですが。

絞首人の一ダース
デイヴィッド・アリグザンダー著 / 定木 大介訳
論創社 (2006.9)
通常24時間以内に発送します。

すみません、酒に酔った状態で読んだので、今ひとつ頭に入っていないかも(笑)いずれ再読が要りそう。うーん、時代背景が古いせいか、こちらも少し乗れない感じですね…えげつない話も多くて、たしかに異色作家というか独特の味わいがあるのですが。ただ、結末のサプライズという意味では、こっちがあれやこれや飽食して味覚が鈍化しているせいもあるのでしょうが、少し物足りない。「悪の顔」にしても、出だしと長さでもう真相わかっちゃうし(笑)。このミス9位なのに……これは鑑賞する俺の側の味覚の問題って気がしないでもないですが。

2006-12-30

[]年越覚悟完了

というわけで、年賀状も出したし大掃除も完了し、あとは、おせち料理や年越しソバを明日買い込めば、いつ大晦日が押し寄せてきても大丈夫です。

しかし、今年はレコード大賞が先に終わってしまったので、毎年のように紅白とレコ大をザッピングしながら追跡するという楽しみがなくなってしまいました(そこ楽しむトコか?)。

ちなみに、今日は床にワックスをかけながら、しっかりDVDを鑑賞。基本的にナマケモノで集中力がないので、サクサク作業するには苦痛を軽減する何かが必要なのです。積みDVDも消化できて一石二鳥なり。

涼宮ハルヒの憂鬱 4 通常版 [DVD]

涼宮ハルヒの憂鬱 4 通常版 [DVD]

この辺からは原作を読んでいないんですが、やっぱり面白い。

しかし、古泉くんとキョンは、どうかすると腐女子の餌食になりそうな近い距離にいることが多くなってきましたなあ。

仮面ライダーカブト VOL.4 [DVD]

仮面ライダーカブト VOL.4 [DVD]

影山くん壊れはじめ。でもって、ドレイクどんどん出番増え始め。

ライダー三人でワームと混戦、ってシーンも増えてきました。しかし、大介が出てくるとどうしてもコメディっぽくなるのね…例の岡林外科医の話は、てっきり「実は単に双子だった」とかいうオチなんじゃないかと予想したんだがなあ…

明日は、例年に比べるとかなりまったりな大晦日になりそう。

やりたいことはいろいろありますが、更新もあと一回はできるといいなあ。

[]最近読んだコミック

ぼくらの 6
ぼくらの 6
posted with 簡単リンクくん at 2006.12.31
鬼頭 莫宏
小学館 (2006.12)
通常24時間以内に発送します。

全巻のマキ編があまりに急展開で、しかも胸を握りつぶされるかと思うほどの感動巨編だったので、この巻は少しおとなしめ。かと思いきや、前巻の展開を踏まえて、戦闘にもより敵側との感情的・人間的交渉が生まれ、そのことが更に予測不能の展開を紡いできている模様……すごいなあ。

それにしても、そうこうするうちにもう9人死んじゃって、残りってば6人しかいないのね>子どもたち 最後の一人になるころには、どんな悲惨な展開になってるんだか(^^:

絶対可憐チルドレン 7
椎名 高志
小学館 (2006.12)
通常24時間以内に発送します。

葵ちゃんとか紫穂ちゃんとかがクローズアップされるシリーズ展開多し。ストーリー深化の予感。

機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 14
安彦 良和著 / 矢立 肇原案 / 富野 由悠季原案
角川書店 (2006.12)
通常24時間以内に発送します。

残念なのは、シャアが3倍で動ける謎はここでも明かされなかったことですかねえ…(笑)

それにしても、ドズル最高。真の軍人、真の漢。

プルートウ 4
浦沢 直樹著 / 手塚 治虫著 / 手塚 真監修
小学館 (2006.12)
通常24時間以内に発送します。

まさかアトムがあんなことになるなんて……うわああん(号泣)先が全く読めません。ってか、やっぱりちゃんと原典読んでおくべきなんだろうか……

しかし、浦沢絵のお茶の水博士の顔のイメージって、絶対アイザック・アシモフからだと思う。似すぎ。

2006-12-24

[]クリスマス・イヴだというのに

金曜の夜からひいた大風邪のせいで一日調子悪く、だらだらしてました。

まあ、高熱噴いてたのは金曜日の夜だけで、あとは薬飲んで寝てたらその間に熱は微熱程度に下がりました。が、なんかお腹の方にも来てるらしくて、トイレに何十回と駆け込んでます…(これで嘔吐が加われば完璧にノロウィルスの疑いありなんですが(^^:)

ともかく、クリスチャンでもないけれどやっぱり言っておきますよ。

メリー・クリスマス。

[]85。90に届けば御の字かなあ…

で、風邪にかこつけてだらだらしてる間は、ごろごろして読書してました。

なので、プラス3冊。

ずっと、海外物や国産でも中身が重い作品ばっかし読んでたので、普通の国産作品がなんかすごくサクサク読めた感じ(普通の基準は何だと問われそうな気もするが)。

独白するユニバーサル横メルカトル
平山 夢明著
光文社 (2006.8)
通常24時間以内に発送します。

以前から話題に上っているのは知っていても、表紙や紹介文から立ち上る鬼畜オーラに気圧されて、敬遠していましたが……このミス1位につられて、手に取りました。

いやあ、噂に違わずえぐいえぐい(笑)。非常に読後感の悪い、何の救いもない話ばっかりでしたなあ(褒め言葉)。一見、それほど残酷っぽくない話にも、しっかり胃の腑を抉られるような結末が用意されている。たしかにこれは、鬼畜のワザ(笑)。お気に入りは、その視点がやはり斬新すぎて素敵な表題作(でも、あの「手助け」は、牽強付会な気もするけど…)と、ヴィジュアル的には最も醜い光景が繰り広げられているはずなのに、何故か優しく美しい印象を受けてしまう「Ωの晩餐」でしょうか。

あと、どうしようもなくスプラッターな話なのにそれでもぷっと噴き出さずにはいられない悪ふざけ満載の「すまじき熱帯」もちょっとツボでした。

桜色BUMP
桜色BUMP
posted with 簡単リンクくん at 2006.12.25
在原 竹広〔著〕
メディアワークス (2003.3)
通常2-3日以内に発送します。

桜色BUMP 2
在原 竹広〔著〕
メディアワークス (2003.6)
通常2-3日以内に発送します。

その昔、「電撃文庫で人気のある『ミステリー』っていえばどんなんだろう?」という興味でジャケ買いした2冊を一括鑑賞。うーん。面白いんですけど、これをミステリと言ってしまうのは少し違うような(笑)。まあ、広義のミステリではあるんですけど、これはむしろ……「**パ*ナチュ**」(伏せ字多すぎで何がなにやらですが)なような……

桜子の無表情系ツンデレキャラは、それなりに味があります。

2006-12-23

[]クリスマスバージョンというにはギリギリやなあ

お久しぶりです。

相変わらず人生全般がとっちらかっているので、更新も一ヶ月どころじゃない間隔が空いてしまいました。ですがまあ、年末の大忙しも少し落ち着いてきた感じもするので(その割に年賀状とかまだ書いてないが)、もうちょっとマメに更新したいと思います。

で、壁紙もクリスマスバージョンにしてみたわけです。

ふと、アマゾンの色って、よく考えたらクリスマスの色っぽいよな、と思って、素材に使うことを考えてみたのですが。撮影したのは12月中旬なのに、アップロードするタイミングを逸したまま今の時期になってしまいました。クリスマスネタつーて、胸張って言えるのは、もう今日明日明後日くらいなのになあ(滝汗)。めんどいので、年明けるまではこのままおいとくかも。

そして、看板画像は、最近衝動買いした蝉人間のフィギュアを使ってみたくて。

岩に染みいる蝉の声、ってなことで。季節感めちゃくちゃですが。しかし、今の背景と合わせると、なんかごちゃごちゃして鬱陶しいですなあ。まあ、ウチはユーザーフレンドリーでないことがウリのようなサイトなので、とりあえずこのままほっときます。

[]80冊はなんとか超えたんだが

現在82冊か。これはどう考えても、100冊は無理っぽくなってきました。

タフの方舟 1
ジョージ・R.R.マーティン著 / 酒井 昭伸訳
早川書房 (2005.4)
通常2-3日以内に発送します。

タフの方舟 2
ジョージ・R.R.マーティン著 / 酒井 昭伸訳
早川書房 (2005.5)
通常24時間以内に発送します。

面白いということは以前から聞いていて、いつか読もうと思っていたシリーズ。手に取ってみました。猫好きにはたまらない描写満載です。ハヴォック〜

しかし、タフさんは、解説やあちこちの作品紹介で見かけるほどあこぎではないような。たしかに金には厳しいけど、考えることはすごいマジメ。

ところで、方舟を使っていろんな便利な生物を次から次に取り出して見せるタフのキャラクターって、その体型とかも相まってドラえもんを連想してしまうのは気のせい?

ストームブリンガー
マイクル・ムアコック著 / 井辻 朱美訳
早川書房 (2006.9)
通常24時間以内に発送します。

やはり、何度読んでもこの一大カタストロフィだけはなんともいえない悲しさです。数多の「エターナル・チャンピオン」たちが、一つの魂の無限なる転生の姿なのだとした場合、最後に魂ごとストームブリンガーに奪われる格好のこのラスト。幾多の転生の旅路の全ての結末、その終焉を迎える最後の姿こそエルリックなのではないか、と思ってみたりする。そう考えると、ムアコックの作品の中でもエルリックに関するものが今でも描かれ続け、またアリオッチ(敢えてこう書く(笑))が彼を「最も愛する」と評し、他のシリーズの中ですら彼の別の顕現を敢えて「エルリック」と呼んだりしていることも納得がいく。

夢盗人の娘
夢盗人の娘
posted with 簡単リンクくん at 2006.12.23
マイクル・ムアコック著 / 井辻 朱美訳
早川書房 (2006.11)
通常24時間以内に発送します。

どきどきしながら読み始めた新シリーズ、「薔薇の復讐」が大変読んでてしんどかったので、同じような系統の話だったらどうしよう、と心配でしたが、杞憂でした。ナチス・ドイツを絡めたオカルト・アクションの風味もあって、ヒロイック・ファンタジーというよりは伝奇小説の趣。

しかし、現代(比較的、ですけど)の人間の目を通して見ると、エルリックはこんな風に見えるのかと、ウルリックの一人称を通して見るエルリックの描写は興味深かったです。

あと、今回は珍しく「混沌」だけではなく「法」の神が悪役として登場していることも、面白かった。「宇宙の天秤」が両者の均衡を司るものである以上、「法」が悪である場合もないと嘘ですからねえ。ただ、今回は「法」の女神ミッゲアが個人的?に腐敗して狂って暴走した、ということらしいのは、少し残念。個人的には、「法」が「法」である故の狂気、秩序と統制を重んじるあまりの自由への抑圧、それに対する自由と多様性の象徴としての「混沌」の反抗、というのも見てみたいのですが……

ともかく、続きが楽しみ。訳者曰く、次作では「エルリックはえらいところでえらいことになっている」らしいので、嫌が応にも期待を掻き立てられるのであります。

楽しみにしてた「マルドゥック・スクランブル」の続編。というか前日譚ですが……

うわーこれまた暗黒度高いお話ですねえ。リアルに映像化しようものなら上映禁止にでもなりそうな。舞台設定こそSFですが、その語り口調はむしろノワール

結末はどうなるか、前作を読んだ人間には須く自明な訳ですが、わかっていても、ハラハラする。いや、むしろわかっているが故に、これからどんな残酷な運命が09メンバーに降りかかるのか、気がかりで仕方ない。そうした怒濤の展開の後に訪れる別離。哀しすぎるけど、決して否定できない、間違っているなどとは言えない、ボイルドの決断。やはり、3巻のラスト付近、「1」章の最後のシーンでは、ほろりときました。

しかし、ウィキペディアの「マルドゥック・スクランブル」の項目では、ボイルドの名前の由来を「ハードボイルドから」としているんですが、これは他のキャラの名前が「卵」に関係していることから考えれば、「ゆで卵」からだと判断するのが妥当だと思うんですが…まあ、「ハードボイルド」は「固ゆで卵」なんで、間違いじゃあないとは思いますが。それにしても、「マルドゥック・スクランブル」OVA制作中止は、本当に残念だなあ……

2006-12-22

[]最近読んだコミック

遡及更新。書いてるのは12月23日…と言いつつ、溜まりすぎて全部に感想書く余裕がないので、書名列挙してあるのみのものもありますが。。

Fate stay night 2
西脇 だっと漫画 / TYPE−MOON原作
角川書店 (2006.10)
通常24時間以内に発送します。

キャラの丸さは1巻に比べると随分緩和された感じ。それはそうと、このコミック版の凛のスカートは、何故あんなに長いんだろう……

クロサギ 11
黒丸著 / 夏原 武原案
小学館 (2006.10)
通常24時間以内に発送します。

大奥 1
大奥 1
posted with 簡単リンクくん at 2006.12.23
よしなが ふみ
白泉社 (2005.9)
通常2-3日以内に発送します。

大奥 2
大奥 2
posted with 簡単リンクくん at 2006.12.23
よしなが ふみ
白泉社 (2006.11)
通常24時間以内に発送します。

噂に違わぬ大傑作でした。特に2巻のラストには、涙が止まらない。あと、個人的に面白いと思うのは、1巻のラストの吉宗の台詞「表向きの文書だけ見ればまるでこの国には男しかおらぬようじゃ」というところ。これ、考えようによっては、我々が様々な資料から解釈してる「江戸時代」の姿が実は嘘で、この作品で描かれるような女性中心の世の中だったとしてもおかしくない、という話になりません?歴史というものの曖昧さ、不安定さを鋭く抉るくだりだと思います。

ピルグリム・イェーガー 6
沖方 丁 作 / 伊藤 真美 画
少年画報社 (2006.11)
通常24時間以内に発送します。

第一部完結に5年以上ですか。そして、第一部のクライマックスであるこの巻は、1年以上使ってるわけで(笑)完結はいつだろう――それにしても重い話。

イシュヴァール殲滅戦の悲惨さの描写が、かなりリアルです。個人的には、ヒューズとか懐かしい故人に会えるのは嬉しかったですけど、そのまま不幸な目に遭ってるモンなあ。

魔人探偵脳噛ネウロ 8
松井 優征
集英社 (2006.10)
通常24時間以内に発送します。

電人HALのエピソード、一大長編ですなあ。ジャンプ少年漫画のセオリーを上手にアレンジして、ドラマを盛り上げているところにも感動。

魔人探偵脳噛ネウロ 9
松井 優征
集英社 (2006.12)
通常24時間以内に発送します。

よつばと! 6
あずま きよひこ著
メディアワークス (2006.12)
通常24時間以内に発送します。

小岩井さんが、ただのゆるいキャラじゃなくて、叱るところはきっちり叱る、立派な大人であることに好感。

鉄のラインバレル 5
清水 栄一 / 下口 智裕
秋田書店 (2006.12)
通常24時間以内に発送します。

鉄のラインバレル 0
清水 栄一 / 下口 智裕
秋田書店 (2006.12)
通常24時間以内に発送します。

2006-12-21

[]最近観たDVD

遡及更新中。なので、書いてるのは12月23日です。

が、最近はバタついてて、あんまり見てないのだぜ。


・ラーメンズ「CHERRY BLOSSOM FRONT 345」

アマゾンに画像がないので…

よしさんからの頂き物で、ラーメンズ初体験です。

よしさんがラーメンズを大変好いてらっしゃるのは知っていましたが、いやー、オススメされるだけはある。面白かったです。

ノリや勢いに依存せず、きっちりストーリー性と言葉の力で魅せていく、高度な技。堪能しました。

仮面ライダーカブト VOL.3 [DVD]

仮面ライダーカブト VOL.3 [DVD]

大分、遅れたペースでの鑑賞なんですが…ドレイク登場編。

いやー、楽しい楽しい。なんだかんだ言いつつ、コメディ編は井上敏樹氏の担当なのね(笑)。しかし、「合コン」というものに関する認識が、微妙に誤ってるような気もするのだが(^^:

その他、天道と加賀美の友情を超えた絆に感動。そう、「友達」という言葉は、危ういのですよ。「友情とは友の心が青臭いと書く」のですよ。「友情」とか「仲間」とかを大変重視する東映ヒーローの中にあって、それらを超越した天道という強靱なキャラを生み出したカブトのスタッフには、本当に舌を巻きます。

カウンタ