Hatena::ブログ(Diary)

生者も死者も狂ひ踊れよ暁に このページをアンテナに追加 RSSフィード


検索やはてなダイアリー経由で来られた方は、
こちらからフレームありのページに入れます


↑ネタとか小説とか面白かったら、あるいはツッコミや激しく同意なときにいただければ幸い。コメントには、須く日記でお返事させていただきます。

2008-04-30

[]ヘドラたん…

ゴジラ対ヘドラ [DVD]

ゴジラ対ヘドラ [DVD]

 先日、DVDで「ゴジラVSヘドラ」を鑑賞したのですが…

 いやあ、主題歌の「かえせ!太陽を」を目にした時点で、のけぞるつんのめるもんどりうつ感じの(^^:衝撃。うわーうわーうわー。今はもうすっかり過去の出来事を示す言葉にしか過ぎなくなった感じの『公害』というものに対するリアルタイムな怒りが、ビシビシ伝わってきます。

 そして、本編もまた、怒りのあまり足がもつれたかのような不思議なペースでシーンが展開。ちなみに、人間ドラマ部分の登場人物は、ヘドラ幼生を発見したケンちゃんとか、そのパパとかゴーゴー青年柴俊夫とか数いれど、ヘドラ退治に全くといっていいほど役に立ちません。

人間の生み出したヘドラにただ蹂躙され、逃げまどい、そのヘドラに立ち向かってゆくゴジラの姿をただ見守るだけ。このへん、自分たちのエゴのために生み出した害毒に対して自分たちで面倒見切れない人間という生き物の在り方を象徴しているような気もします。

そして、ヘドラを斃した後のゴジラの行動。

ただ斃すだけでは飽きたらず、「かえせ!太陽を」の曲をバックにヘドラの体を構成する泥を掴み出し、狂ったように大地に叩き付ける。幾度も、幾度も。

まさに、この作品のテーマは『怒り』なんだろうなあ。

巧く言えないけど、ゴジラシリーズの中では異色作にして傑作です。

ちなみに、ふと思い立って、ヘドラ擬人化して萌えキャラ化させてみたのが下の「ヘドラたん」です。特に意味はありません。ちなみに、本当はノートの切れっ端に書いた落書きを着色しただけ。

f:id:mayuda:20080430235321j:image

そういえば、今随時鑑賞中の「スペクトルマン」にも、「ヘドロン」とか「ネオヘドロン」とかいう類似の怪獣がおりました。

ヘドロンはともかく、ネオヘドロンはキノコ状の体を回転させて、触手を振り回して攻撃するのですが、実態は中の人が自分でくるくる回っています。前にもどっかでこんな怪獣を見ましたが、やはりその努力は涙ぐましい…

2008-04-26

[]web拍手お返事

ただでさえいただけるのが貴重なweb拍手コメントなのに、こんなにも遅れなちではいけないと思うのですが…すみません。約1週間前に、いつもお世話になっているfzさんからいただいたweb拍手コメントです。


ども、fzです。Fate/zeroAmazonで取り扱われることになったので

今まで価格のおかげで手が出なかったのでしたら

買われてみては? ちなみに私は予約して買って全巻積んでます…(^^;)


がーん。実はつい先日、ニトロプラス通販で3巻と4巻買ってしまったところなのでした。本自体の価格は別段高いとは思わないのですが、送料が高いのがネックで随分悩んだのでした。が、やはり途中まで読んでしまったからには結末を見届けたいと願うは人情(いや、ZEROの場合結末だけはそもそもわかってるんですけどね(^^:)。思い切って、送料込みで大枚はたいて買ったのでした。まあ、後悔はないですけど…

今、3巻まで読んだところです。4巻は、勿体ないのと厚めなので二の足踏んでます。

ディルムッド…すごくイイ男なのに、あんな目に遭うなんて……(以下自粛)

ちなみにfzさんには、猫写真をアップした際にも拍手コメントいただいていてたのに、返事書けずもたもたしてるうちにログが消えてしまったのでした(前もこんなことやったよな…だらしないにも程がある)。申し訳ない…

猫のゲロ吐きは、なんか胃の調子を整えるのに必要な、生活リズムの一幕らしいですよ。

掃除はめんどうくさいですが、見守りましょう…

[]ヴィクトリカツンデレの真髄を見た

読書ペース、相変わらず上がりません…ここまででやっと25冊です。

一年の三分の一が経過しようとしているこの時期でこの冊数だと、100冊は絶望的ですね…まあ、去年のようなペースが珍しかったことでもあるわけだし、あまりこだわらずに読書します。でも、数はやっぱりカウントします(笑)なんとなく。


★「GOSICK ゴシック(現在6巻まで)」桜庭 一樹

直木賞受賞以来、かなーりどっぷり桜庭作品にはまっておるわけですが、こっちにまで手を出すとは自分でも思っていませんでした(これまで押さえてきた桜庭作品とは、はっきり雰囲気違うカンジだし)。が…1を試しに読んでみると、ヴィクトリカツンデレっぷり&変人探偵ぶり(はっきりくっきり、少女ホームズですなこれは)とかっちりした本格ミステリぶりに惹かれて、6巻まで一気買いして一気読み。あー面白かった。ヴィクトリカと一弥のかわいいドツキ漫才(しかし、14歳とは思えないような子供っぽさなんですが(^^:)もさることながら、ブロワ警部ドリルリーゼントなんかの小ネタもツボで、あっという間に読んでしまいました。

ちなみに、「トップランナー」で桜庭さんが、「作品を書く前に『文体選び』から始める」とおっしゃられていたと思うのですが、これを読んで更に実感。「私の男」や「赤朽葉家〜」などと比べて、はっきりと違う文章。かみ砕いた表現でなおかつテンポよく、ザクザク読み進める。良い意味でのラノベ読者向き文体。まさに職人技だ。


★「赤×ピンク」桜庭 一樹著

そして、これまたGosickとは全く違う文体と読書感覚。ともかく、これをラノベで出版した出版社はスゴイと思う(笑)。そしてまた、その当時売れなかったらしいというのも、実に納得できるというか(^^:設定的にも展開的にも、大人すぎで渋すぎです。

ちなみに、この当時から、「私の男」や「青年のための読書クラブ」のような、語り手の視点を変えつつストーリーを掘り下げていく方式を使われていたのですね桜庭さん。


Fate/Zero Vol.3 -散りゆく者たち- (書籍)

Fate/Zero Vol.3 -散りゆく者たち- (書籍)

祝、取り扱い開始記念!でamazon画像リンクを使ってみます。

全4巻の3巻目ともなると、そろそろマスターとサーヴァントもぼこぼこ死に始め、破局に向けて物語がひた走り始める印象。4巻では怒濤にして無惨な結末を迎えるはずなのですが、それがわかっているだけに、読むのが怖いかも。


★「残虐行為記録保管所」チャールズ・ストロス 金子 浩訳

ひ弱なハッカーくんが主役のスパイアクションなのですが、クトゥルーが出てくると言うことで期待したのですが…あまりそっち系の敵は出番少ないので少し不満。


★「別冊図書館戦争1」有川 浩

タイトル見たとき、最近ありがちなシリーズガイドブックかと思ったら、しっかり番外編(ある意味に置いては続編)ってことで、慌てて買いました。いやあ、このカップル、くっつく前のぎこちなさの反動かどうか、めちゃめちゃ甘い甘い(笑)。だけれども、郁ちゃんも女子高生でもあるまいに、この初心さはどうよ。でもまあ、そこがカワイイところでもあるんだけれどね…有川さんの恋愛小説の巧さは、「クジラの彼」や「阪急電車」で知っていたのですが、図書館シリーズでこういう話を読めるというのは、二度贅沢な感じがして嬉しかったです。でも、図書館とそれをめぐる諸問題についても、ながしろにされずきっちり描かれているので、これも偉いなあと。

2008-04-25

[]最近読んだコミック遡及更新

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない 上 (単行本コミックス)

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない 上 (単行本コミックス)

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない 下 (2)

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない 下 (2)

最初めくったとき、絵柄が自分のイメージとは違うかなと思ってたのですが、いざ読み進んでいくとこの物語の暗鬱にして哀切な感じにぴったりで、じっくり読み切ってしまいました。


図書館戦争 LOVE & WAR 第1巻 (花とゆめCOMICS)

図書館戦争 LOVE & WAR 第1巻 (花とゆめCOMICS)

これまた、絵柄がなんか可愛らしすぎる気がして、このお話になじむか不安だったのですが、読んでみると全くの杞憂。というか、いざコミックになってみると、このお話がこんなにもはっきり少女漫画の文法で作られていたことに気づいて愕然。

有川さん曰くイメージぴったりだそうなので、原作者公認のコミカライズとして楽しみに追いかけさせていただきますよ。

ちなみに、アニメの方はどうやら今のところ、見る方法がなさそうで凹んでます…DVD化待つかな。


鋼の錬金術師 19 (ガンガンコミックス)

鋼の錬金術師 19 (ガンガンコミックス)

パパの若かりし日の姿がああいう感じってことは、エドがおっちゃんになると以下略

黒鷺死体宅配便 8 (角川コミックス・エース 91-13)

黒鷺死体宅配便 8 (角川コミックス・エース 91-13)

死者と結婚させられる話が、実に怖かったです。

クロサギ 18 (ヤングサンデーコミックス)

クロサギ 18 (ヤングサンデーコミックス)

最近クロサギは、詐欺の手口より物語で読ませる感じの展開が増えてきましたね。VS白石、面白かったです。


蟲師(9) (アフタヌーンKC)

蟲師(9) (アフタヌーンKC)

ほんの少しずつ明かされるギンコの過去が、切ないです。


のだめカンタービレ(20) (KC KISS)

のだめカンタービレ(20) (KC KISS)

最終回が近いのか?少なくとも、海外編はクライマックスに近づいている気が…

魔人探偵脳噛ネウロ 16 (ジャンプコミックス)

魔人探偵脳噛ネウロ 16 (ジャンプコミックス)

シックスはどうも好きになれないですが、話は面白い…とりあえず、松井先生ドSなのはよくわかりました(笑)

絶対可憐チルドレン 12 (少年サンデーコミックス)

絶対可憐チルドレン 12 (少年サンデーコミックス)

意外と引っ張る「黒い幽霊」編。しかし、兵部さんとの共闘がかっこいいので、このまま最後まで続いてもそれなりに楽しんでしまいそうなのです。祝アニメ化。しかし、薫が平野綾って…ハルヒイメージが強いのでピンときませんが、とりあえず期待。

2008-04-05

[]花見に行きたい

f:id:mayuda:20080405205751j:image

f:id:mayuda:20080405205921j:image

 うちら夫婦が住まう団地には、はじっこに桜がとても綺麗な公園があり、毎年この季節は、妻とその妹と時に甥っ子と花見をするのですが、今年はなかなかその時間がありません。

ですが、妻とその妹はちゃっかり先に花見に行ってきたらしく、拾った一枝を家に飾ってました。

すると、花や葉物が大好きなうちのホルが、早速かじってました。

その様が可愛かったので、ついアップ。

f:id:mayuda:20080405210102j:image

おまけで、その様を不思議そうに見上げる、くまの姿も。

黒猫は本当に綺麗に撮るのが難しくて、この写真だと黒い塊に耳と目と尻尾がくっついた違う獣みたいだ…

かく言うくまも、今朝俺の出勤前に枝を引っ張って花瓶をひっくり返してあたりを水浸しにしてくれました。

とりあえず、猫は枝や花びらや葉っぱがあると引っ張らずにいられないのですねえ。


いや、すみませんオチはないです。

でも、花びら食った後、すぐゲロ吐いてたのは、少し悲しかったよ。風雅が台無し

カウンタ