ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

人類猿の惑星化計画の軍団 このページをアンテナに追加 RSSフィード


検索やはてなダイアリー経由で来られた方は、
こちらからフレームありのページに入れます


↑ネタとか小説とか面白かったら、あるいはツッコミや激しく同意なときにいただければ幸い。コメントには、須く日記でお返事させていただきます。

2009-05-08

mayuda2009-05-08

[]またも模様替え

更新そのものはマジメにやらないくせに、なんか模様替えはしょっちゅうしている気がします。しばらく放置プレイ決め込んだ後で、なんとか少しでも更新ペースを戻そうと思うと、なんだか模様替えでもして心を入れ替えないと駄目な気分になってしまうのです。

結局、そっちにエネルギー使い果たして、継続的な更新ができなくなってしまうという、全く意味のないパターンに陥って、また沈んでしまうのが常なのですが(笑)実際、今回も模様替えしてから日記で報告するまでにタイムラグあり。

ちなみに、一部の方はお気づきかもですが、壁紙の方を仏像の写真とレインボーマンを合成した画像にしていたのですが、割と怖いのと、なんかソレを貼った途端に体調が悪くなったので止めました。うーん、その昔、同僚がやってたアマチュアバンドで、お経を歌詞に入れたオリジナル曲を作ったら、災難が続いたというような話を聞きましたが、やっぱりそういうことってあるんだなあ…

ちなみに、看板写真は、久々にウチの猫を使用したコラで。最近、廃墟や工場やダムといったマニアックな建築物や土地を扱った「ワンダーJAPAN」という雑誌に出会い、工場写真なんかを眺めてうっとりするという趣味ができたので、美しき夜の工場画像と合成してみました。

そして、仏像画を差し替えた壁紙は、あんまりテーマとかはなく。トンネル画像に原作版ハカイダーをあしらって、赤く染め上げてみただけです。それだけ。

ともかく、模様替えだけして満足して沈んでしまわないよう、気をつけたいです。

[][]最近のぬこ

というわけで、最近の街角猫写真二点。どうぞ。

f:id:mayuda:20090509005352j:imagef:id:mayuda:20090509005351j:image

2009-05-04

[]ぶくぶくぶく

長らくの沈没でございました。

3月あたりから仕事が連日大残業状態に突入し、4月に入っても少しマシになりつつ同様の状態が続き、GWは少しは休めるものの、やはり半分以上仕事です…うう。こんなの俺のライフスタイルじゃないやい、と言いつつも、それで食わしてもらっとるのでばっくれるわけにもいかず、馬車馬の如く働いております。

活字を読む気力さえ奪われているので、読書冊数も壊滅的。

ただ、コミックだけは暇があれば読んでますので、読了報告が溜まっております。

この更新後、また沈むか少しは復活できるかは、全く不透明。うーん。

[]最近手を出した作品

ここ数年、出来うる限り集めるコミックの作品数を増やさないように努めておりますが、仕事のストレスからか、新たにあれこれ手を付けて、また本棚が溢れてしまう事態が発生しております。うう。

というわけで、新しい収集開始作品の報告。

Pumpkin Scissors(11) (KCデラックス 月刊少年マガジン)

Pumpkin Scissors(11) (KCデラックス 月刊少年マガジン)

テーマ的には深く、ストーリーテリングも見事で好きなのですが、絵柄が幼いのと、舞台となる帝国の人名や言語設定が少し甘いのが玉に瑕。

荒川アンダー ザ ブリッジ 8 (ヤングガンガンコミックス)

荒川アンダー ザ ブリッジ 8 (ヤングガンガンコミックス)

「聖★おにいさん」も好きですが、こちらもステキです。切ないラブストーリーとして読んで吉。しかしこの方が女性だなんて全然知らなかったよ…しかもあんなカワイイ。最近の巻には顔写真のっけてくれないので、少し寂しいです。

ZOMBIE‐LOAN 11 (ガンガンファンタジーコミックス)

ZOMBIE‐LOAN 11 (ガンガンファンタジーコミックス)

ローゼンメイデンよりは、こちらが好みかも。

[]3月〜4月に読んだコミック一覧

順不同。発売された順番も多分バラバラです。

鉄のラインバレル 12 (チャンピオンREDコミックス)

鉄のラインバレル 12 (チャンピオンREDコミックス)

アニメでは、あんなに素直で良い子の美海ちゃんですが、原作ではこんなスゴイことに(^^:

ああ…いくらゲッターや石川賢が好きだからって、終わり方のテイストまで真似しなくたって(笑)。ちなみに、アークのラストでも登場したあの敵の再登場は、個人的には迂闊に手を出して欲しくなかったネタであります。出来うるなら、御大自身の作で読みたくて仕方のない展開でしたので…

シグルイ 12 (チャンピオンREDコミックス)

シグルイ 12 (チャンピオンREDコミックス)

伊良子が骨子術を習得したエピソードに驚愕。ところで峻安って木村祐一に似てない?(^^:

鋼の錬金術師 22 (ガンガンコミックス)

鋼の錬金術師 22 (ガンガンコミックス)

アル大復活に加え、役者がどんどん揃っていく感じの最終章。良い!良いですよ!

ちなみに、アニメの方は、原作に忠実な分やはり今のが好み。絵柄は、色合いとか線とか繊細な感じになってると感じるのですが、そっちも個人的には高得点。

ヨルムンガンド 6 (サンデーGXコミックス)

ヨルムンガンド 6 (サンデーGXコミックス)

ココの、パルメに向けた賛辞が心に染みました。

銃夢Last Order 13 (ヤングジャンプコミックス)

銃夢Last Order 13 (ヤングジャンプコミックス)

単なる悪役だと思っていた絶火さんが、なんでこんな格好良く(^^:というかガリイ出番少なすぎだ!

無限の住人(24) (アフタヌーンKC)

無限の住人(24) (アフタヌーンKC)

これまた、なってほしくない方へない方へと向かう展開が続くと思ってたら、思わぬ助っ人登場に興奮。

マップス ネクストシート 6 (Flex Comix)

マップス ネクストシート 6 (Flex Comix)

途中、一瞬十人の勇者が嫌いになりかけたのですが、やっぱり「マップス」本編の頃と同じ、かっこいい優しい人たちのまんまで、安心しました。どんな過酷な展開になっても、人を信じることを忘れない長谷川節は、やっぱり健在だなあ…

バクマン。 (2) (ジャンプ・コミックス)

バクマン。 (2) (ジャンプ・コミックス)

業界話満載の、かなり生々しい展開にゾクゾク。それでも、やっぱりどこまでも少年漫画なんだなあ、コレ。この巻ラストでのサイコーたちの決断が、既にして「少年漫画の王道」であるという…

HELLSING 10 (ヤングキングコミックス)

HELLSING 10 (ヤングキングコミックス)

祝・完結。怒濤の展開の後、あんな風に静かな最終回もステキでいいなあ。しかし、終盤、アーカードの活躍が少なかったのは残念。新連載作品に期待。

サタニスター (5) (ぶんか社コミックス)

サタニスター (5) (ぶんか社コミックス)

サイコでオカルトなサスペンス・スプラッタ・ホラーを期待して読み始めたら、殺人鬼による天下一武道会漫画でした(笑)。というか悪趣味ギャグ漫画として楽しむべきなのか?コレは(^^:

聖☆おにいさん(3) (モーニング KC)

聖☆おにいさん(3) (モーニング KC)

天界人地上に来すぎだ!(笑)


あとは画像とタイトルのみの列挙で許して。

黒鷺死体宅配便 (11) (角川コミックス・エース 91-16)

黒鷺死体宅配便 (11) (角川コミックス・エース 91-16)

PLUTO 7 (ビッグコミックス)

PLUTO 7 (ビッグコミックス)

STEEL BALL RUN vol.17―ジョジョの奇妙な冒険Part7 (17) (ジャンプコミックス)

STEEL BALL RUN vol.17―ジョジョの奇妙な冒険Part7 (17) (ジャンプコミックス)

図書館戦争 第3巻―LOVE & WAR (花とゆめCOMICS)

図書館戦争 第3巻―LOVE & WAR (花とゆめCOMICS)

ねこ耳少女の量子論~萌える最新物理学~

ねこ耳少女の量子論~萌える最新物理学~

月光条例 4 (少年サンデーコミックス)

月光条例 4 (少年サンデーコミックス)

医龍 20 (ビッグコミックス)

医龍 20 (ビッグコミックス)

苺ましまろ 6 (電撃コミックス)

苺ましまろ 6 (電撃コミックス)

ケロロ軍曹 (18) (角川コミックス・エース 21-30)

ケロロ軍曹 (18) (角川コミックス・エース 21-30)

魔人探偵脳噛ネウロ 20 (ジャンプコミックス)

魔人探偵脳噛ネウロ 20 (ジャンプコミックス)

絶対可憐チルドレン 16 (少年サンデーコミックス)

絶対可憐チルドレン 16 (少年サンデーコミックス)

デトロイト・メタル・シティ 7 (ジェッツコミックス)

デトロイト・メタル・シティ 7 (ジェッツコミックス)




 

カウンタ