ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

人類猿の惑星化計画の軍団 このページをアンテナに追加 RSSフィード


検索やはてなダイアリー経由で来られた方は、
こちらからフレームありのページに入れます


↑ネタとか小説とか面白かったら、あるいはツッコミや激しく同意なときにいただければ幸い。コメントには、須く日記でお返事させていただきます。

2013-10-27

[]ちょっとは早めに

前回の更新がすさまじい遅さだったので、次回はもう少し早くと思ってたけれど、気がつくと一ヶ月以上経ってました。この間、本もコミックも読んでましたが、また物欲を抑えられず海外の安いDVD買ったりしてましたよ。ツイッターの方では呟いたりしてましたけども。ツイッターといえば、長らくウィジェットがIEで全く表示されなくなるというエラーが生じ、解決策もないまま鬱々としてましたが、どうやtら復旧した様子。今は普通に表示されてます。嬉しや。

 安い安い。嬉しや嬉しや。ちなみにウルトラマンの方はリージョン1なので日本の普通のDVDプレイヤーでは観られないのですが、パソコンだと意外に動いたりするので、このへんのめんどくささと画質がやや低いことさえ我慢すれば、1000円前後でウルトラマン全話が観られるというのは贅沢なことです。

[]最近読んだ本

2013も残り2ヶ月なのに、現在22冊。30冊は無理かねえ。

死神の浮力

死神の浮力

 伊坂作品からはしばらく遠ざかっていたんですが、死神シリーズの長編とあっては手に取らないわけにはいきません。そして、期待に違わぬ面白さ。そして、胸に染みいるような読後感。多少変則的ではあるが、人間の生の価値は長さではないのだなあ、としみじみ感じさせられる。そして千葉さんのスーパーマン?ぶりと天然っぷりに萌え(笑)香川さんを見る限り死神が全員千葉さんみたいに人間とスレてる感じではないようなので、やはり千葉さんは死神としても変わり者なのですね…。それにしても、この人世界から音楽がなくなったら死んでしまうんじゃないかしらん。

ダイナー

ダイナー

 平山さん一流の悪趣味と残酷の中に、「人は自分が思うようには生きられない」という哀しみがにじむ佳作。出てくる殺し屋は全員人間のクズですが、その仕組まれた生の中で諦めながらも精一杯生きてる感じがして、なんか憎めません。で、その殺し屋たちの性格、性癖、殺しの手口がなんかも実に多彩でバラエティたっぷりなので、山田風太郎先生の「忍法帖シリーズ」を彷彿とさせる。贅沢な味わいの一冊。

2013-10-26

[]最近読んだコミック

図書館戦争 LOVE&WAR 12 (花とゆめCOMICS)

図書館戦争 LOVE&WAR 12 (花とゆめCOMICS)

新クロサギ 完結編(2) (ビッグコミックス)

新クロサギ 完結編(2) (ビッグコミックス)

暗殺教室 6 (ジャンプコミックス)

暗殺教室 6 (ジャンプコミックス)

3月のライオン 9 (ジェッツコミックス)

3月のライオン 9 (ジェッツコミックス)

ゴッドバード6 (CR COMICS)

ゴッドバード6 (CR COMICS)

銀の匙 Silver Spoon 9 (少年サンデーコミックス)

銀の匙 Silver Spoon 9 (少年サンデーコミックス)

カウンタ