Hatena::ブログ(Diary)

猟犬よりも野良犬くらいが丁度いい このページをアンテナに追加 RSSフィード


検索やはてなダイアリー経由で来られた方は、
こちらからフレームありのページに入れます


↑ネタとか小説とか面白かったら、あるいはツッコミや激しく同意なときにいただければ幸い。コメントには、須く日記でお返事させていただきます。

2018-01-03

[]あけましておめでとうございます

 正月も三が日が終わろうと言うときにようやく新年のご挨拶。昨年は4回しか更新してないという(^^;本当に存在意義の少ないサイトですが、もし閲覧してくださってる奇特な方がいらっしゃいましたら、今年もよろしくお願いします。ちなみに、さっき気が付いたのですが、何げに今年でサイト始めてから通算20年ですわ…中身は本当にペラペラなままで、10年以上惰性でやってます。20周年だからといって何もしません(笑)

 が、とりあえず今年は新年のお絵かき復活しましたよー

 

 今年は戌年ってことで、何をモチーフにしようかさんざ悩んだのですが、最近は「鬼灯の冷徹」にもちょくちょくゲスト出演してるエジプトの犬首の神様アヌビス様を基に描いてみました。

f:id:mayuda:20180103214550j:image

 トップ画像

 今年は下書きを筆ペンで描いたので、いつにも増して腺が雑ですがご容赦を。初日の出背景は新年バージョンなので、お正月過ぎたら、

f:id:mayuda:20180103214547j:image

 こっちに変えます

 そして背景は、「犬をモチーフにしたパワードスーツ」を描いてみたくなって挑戦してみましたが、うーん、俺って本当にメカデザインの才能がない…

f:id:mayuda:20180103214544j:image

 セピア色にして渋く仕上げたのでどうにか見られるようになりましたが…そもそも、犬の頭部を上半身のモチーフにするつもりが、やっぱりアヌビス様を意識してしまった結果、耳とかの位置関係からどうも鼠にしか見えない(泣)ちなみに、セピア色に変換する前はコレ↓カラーリングからして余計に鼠っぽい…

f:id:mayuda:20180103214541j:image

 とりあえずまあ、2018年はサイトのお飾りはコレでいきますよー。

 お口直しに、我が家のアナログ年賀状の猫写真をどうぞ。今年は訳あって2バージョンつくりました。猫たちは相変わらずやんちゃで元気です。

 愛猫たち共々、今年もよろしくですー。

f:id:mayuda:20171216145209j:image

f:id:mayuda:20171216144922j:image


 

2018-01-02

[]今年の年越し読書は…

 2017年じゅうに一冊読了することは結局叶わず、年越し読書と相成りましたのは、2年前の「このミス」1位。いや、もっと早く読んでおけば良かったと思う傑作でしたよ。

王とサーカス

王とサーカス

さよなら妖精」はかなり前に読んだのだけれど、その悲しい結末以外の部分を(登場人物名前も含め(^^;)キレイ忘却していましたが、それでも面白く読めました。異境ネパールでの、これまで生きて学んできた知識常識がただの傲慢に過ぎないことを突きつけられながら闘う孤独感。やがてそれすらも乗り越え、記者としての誇りを見つけ出す大刀洗さんの姿は、雄々しく美しい。この場所を知らしめるため、かなしみをサーカスにしない…これは、ジャーナリストだけでなく、物を書く人間全てが肝に銘じるべきことだとしみじみ感じましたですよ。 

 

 …さて、正月三が日で1冊。できれば1月中にもう2〜3冊は読みたいと思うのですが…2018年はどうなりますことか。

[]最近観たDVD

 見終えたのは新年入ってですが、去年から時間ができるたびちょこちょこ見てましたー。

ダイヤモンド・アイVOL.1 [DVD]

ダイヤモンド・アイVOL.1 [DVD]

 変身するのがヒーローじゃなくて敵怪人というパターンはなかなかに斬新で面白いけど、なんだか前世魔人の種類が少ないのが寂しいです…どうせ「ばれたか〜」ってみんな大見得切るんだったら、全員違う個性が合った方が面白いと思うのですが、そこは大人の事情なのでしょう(笑)。後半のライコウとヒメコブラ悲恋?とか、ちと強引なところは否めない展開でしたが、毎回サスペンスフルで見応えがありました。傑作なり。

 ソフト化されていないので、画像は当時のポスターで我慢。名作ウルフガイシリーズ自分原作未読ですみません…)を千葉真一主演で映画化年末チャンネルNECOでやってたのを鑑賞。全体に陰のある裏社会描写の独特の雰囲気千葉真一ハードボイルドなかっこよさ、登場する美女の各々の個性セクシーシーンと見所は山ほどあるのに…千葉真一狼男に変身はしません。変身手前まではいくけど。最後のその一点をもって、なかなかにがっかり感想です…ソフト化されてないのを見られたのは嬉しかったけど。

[]年末年始に読んだコミック

 

 前から存在は知っていたのだけれど、アニメ化するという情報を聞き、我慢できなくなって買い集めました。今は3巻までしか読んでないけど…抱腹絶倒。この先もなかなかにゴクドルズの皆さんは過酷な試練に遭遇するようですが、楽しみにしてます(笑)

 まさか、連載10年にもなって、こんな衝撃の展開が待っているとは!逆に最終回が近いのではないかと心配になってしまいます!!

 …何故かデジタル以外の17巻の画像がないので。時間、康穂ちゃんの秘密に期待。

カウンタ