Hatena::ブログ(Diary)

猟犬よりも野良犬くらいが丁度いい このページをアンテナに追加 RSSフィード


検索やはてなダイアリー経由で来られた方は、
こちらからフレームありのページに入れます


↑ネタとか小説とか面白かったら、あるいはツッコミや激しく同意なときにいただければ幸い。コメントには、須く日記でお返事させていただきます。

2018-03-21

[]私的原りょう実施(笑)

 滅茶苦茶久々に一ヶ月の間に二回目の更新

 原さんの新刊「それまでの明日」が出版されたのがきっかけで、私的祭り実施中なのですよ(笑)原さんの作品基本的に全部持っていたのだけれど、1作目の「そして夜は甦る」を若い頃に読んで、そのプロットの複雑さと濃密な文体について行けず、ずっと積ん読のままだったのです。そんな状況だったので「それまでの明日」も買うかどうか悩んだのだけれど、ここまで全冊持っているのだし、えいやっと買ってえいやっと読んでみたら、めちゃくちゃ面白い。沢崎さん、もう50歳過ぎだけどかっこいい。渋い。ストーリー人物描写も、すっと入ってくる。どうやら、過去に読んだときに十分楽しめなかったのは、自分の方が読者として未熟だったからのようです。年齢を経て楽しめるようになってくる作家作品って、やっぱりあるんだなあ。余談ですが、コリン・デクスター自分にとってはそういう作家さんでした。

それまでの明日

それまでの明日

 その流れで、もっと原作品が読みたくなり、次に手を取ったのは「私が殺した少女」でした。

私が殺した少女 (ハヤカワ文庫JA)

私が殺した少女 (ハヤカワ文庫JA)

 これまた、高校時代に読もうとして挫折した経験あり。30年近く経ってのリベンジであります直木賞に相応しい、スリリングでかっこいい作品面白かったー。しかし、「それまで〜」と読み比べると、文章の感じがかなり違う。改行が少なく、読み飛ばしを許さない密度。昔ある方が原さんの文章の変化(「愚か者死すべし」以降)について、おそらくは手書きとワープロorパソコンの差、と仰ってたのですが、そういうことなのかなあ。どっちの文体も今なら楽しんで読める(笑)

 こうして原さん熱が跳ね上がっているので、この勢いで原さん全部読んでしまおうかと考えています。しかし、新作まで14年ですか(^^;次の作品が読めるのは何年先だろう…

 ちなみに、ここまでで今年の読書冊数は13冊。この勢いをどうにか1年維持したいです。

[]最近読んだコミック

 本当は前回の更新時に読了していたけど、入れ抜かってました(^^;ふくまるの健気さに涙が止まらない…が、本物の猫はこんなこと考えないだろうとは思う(笑)それでも可愛いけど。ふくまるも可愛いからいいけど。ふくまるが家にいたらもう、仕事行きたくなくなりそう(笑)かわいさにつられて、缶バッジまで買ってしまいましたよ。早く2巻が出ないかな。

「あの女」とマイクロフトの登場に、興奮がおさまりません!しかし、表紙だけ観ると時々主要キャラのお顔の区別がつかなくなる(^^;加齢のせいかねええ…

 高知県人なら手に取らずにいられない漫画(笑)高知県知事が帯の推薦文を書いてるのを見たのは、有川浩の「空の中」以来です。最近よく見かける戦国武将転生ネタの一つですが、長曽我部元親主人公でかつ虫というのは斬新。そしてかなりカワイイ。準主役の獏くんも天然だけど結構アツいキャラだし、今後更に面白くなっていきそうです。楽しみ。

 人気につられて気軽にアニメを見てみたら、何この中毒性。しかも猛毒。で、原作も買ってしまいました。猛毒(笑)しかし、このクソな原作にあれだけの豪華な声優と製作の手間をぶち込む企画力スタッフ陣の慧眼には感服するばかり。

 遂にダリルが再びサイコ・ザクに…!しかし、レヴァン・フウも単なる聖人で終わらなそうな気もするし、まだまだ気が抜けません。 

カウンタ