ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

生者も死者も狂ひ踊れよ暁に このページをアンテナに追加 RSSフィード


検索やはてなダイアリー経由で来られた方は、
こちらからフレームありのページに入れます


↑ネタとか小説とか面白かったら、あるいはツッコミや激しく同意なときにいただければ幸い。コメントには、須く日記でお返事させていただきます。

2016-07-05

[]最近見たDVD

 いや、特撮じゃなかったりもしますが。

 ものすごく感動する話ではなかったりしますが、主演二人の雰囲気も作品全体の感じもよくて、優しい仕上がり。有川ファンとしても素敵な映画化だと思います。

イニシエーション・ラブ DVD

イニシエーション・ラブ DVD

 あのクセのある原作をどう映像化するのか楽しみでしたが、そう来たか!という感じで脱帽。どうも映画に出ると評価がいつもイマイチな印象がある前田敦子も、この難しい役ドコロを上手くこなしていると思います。複雑なニュアンスの、ラストシーンのあの表情といったら…

 テレビ版見た後だと、展開が早すぎてついて行けない^^;

2015-05-05

[]最近観たDVD?

 遡及更新中。一つの日付で書くと長くなりすぎるんですもの(^^;

 実は、遠い昔にVHSで見たことがあるのだけれど、DVDマガジン化を機に購入。そのまま積んでいたのをGWにようやく見ました。うーん。昔鑑賞したときもなんか印象薄いんだよなーとか思ってたら、今回も。特撮も悪くないしガメラも可愛いんだけど、ゴジラと違って「怖さ」がない。まあ、シリーズの第一作でパイロットもしくはプロローグとして見れば価値はあるんだと思いますが、いまいち私は楽しめないのです。ファンの方ごめんなさい。

ウルトラマンA(エース) Vol.1 [DVD]

ウルトラマンA(エース) Vol.1 [DVD]

 実はDVDでなく、VHSで所有していたモノをちまちま長期間にかけて鑑賞していたのですが、このたび全話鑑賞終了。やっぱりAはそれまでのウルトラマンとは違う何かを持っているなと感じた鑑賞でした。超獣のデザインとか、ヤプールとの確執とか。そして、最終回でAが子ども達に語る、あの名台詞。

 

優しさを失わないでくれ。弱い者をいたわり、互いに助け合い、どこの国の人達とも友達になろうとする気持ちを失わないでくれ。例えその気持ちが何百回裏切られようと。それが私の最後の願いだ。

 これって、実は生活保護ケースワーカーをする上でまさに忘れてはならない精神であることにあるとき気づき、それからは壁にぶち当たると時折この言葉を自分に言い聞かせたりしていました。

 やっぱりAって名作だなあ。

2013-12-31

[][]最近観たDVD

 ふと思い立って、積んでた古い特撮映画のDVDを掘り出してみました。いや、やっぱり人形アニメは素敵。

黒い蠍 特別版 [DVD]

黒い蠍 特別版 [DVD]

 人形アニメの巨匠、オブライエンの織りなす、巨大蠍の大行進パニックムービー。いやあ、CG全盛の今見ても、色あせないです。巨大蠍の動きが実になめらかで、全然違和感がない。まあ、蠍がモチーフなので多少動きがカクカクしててもむしろリアリティが出る、というのもあるでしょうが…蠍のアップが妙に人間臭くて愛嬌があるのもgood。楽しい一本でした。

2013-12-23

[]最近観たDVD・アニメ

 輸入盤DVDの購入欲が止まりません。安いんですもの…でも見る時間がないので少し控えなくては。

 小さいときに見たときはもっとやせてるように思ったテッカマンですが、実際はもっとマッチョだったのね。大人になってみると新たな発見。ところで、3話の前半が何故か途中で途切れてるんですけど!初期不良?大人の事情?

 フランスではギャバンのことを「X−OR」として放送されてたのね。初めて知った。シャリバンは普通に「シャリバン」なのにねえ。

攻殻機動隊ARISE (GHOST IN THE SHELL ARISE) 1 [DVD]

攻殻機動隊ARISE (GHOST IN THE SHELL ARISE) 1 [DVD]

 声優さんが総替えになってしまったのは少し寂しいけど、坂本眞綾の素子さんも悪くない。映像や展開的にはこれまでの攻殻に勝るとも劣らないので満足です。冲方さんもいい仕事してる感じ。

 さて、今年も残すところ1週間とちょっとですが、年内に一回は更新したいとは思ってます。それまでにもっと本が読めてるといいな。では。

2013-09-21

[][]最近観たDVD

 遡及更新その2。

電人ザボーガー スペシャルエディション [DVD]

電人ザボーガー スペシャルエディション [DVD]

 実は旧作は幼少時に観たのみで、細部を覚えてなかったのだけれど、全然この作品単独で楽しめました。というか最高。かなりおふざけも入ってはいるけれど、CGを駆使したザボーガーの超空中戦から巨大AKIKOの脅威など、見所満載。戦隊ファンには、ゴーオンレッド古原さんの主演も嬉しいところ。しかし、ミスボーグとの愛は…うう。あんな形で結実するとは。ともかく、傑作。

テルマエ・ロマエ 通常盤 [DVD]

テルマエ・ロマエ 通常盤 [DVD]

 原作をいい感じにアレンジして良いお話になっていたと思います。しかし、本当に阿部さんはローマ人演じて違和感がない…

HELLSING OVA X 〈初回限定版〉 [DVD]

HELLSING OVA X 〈初回限定版〉 [DVD]

遂に完結。長かったけど、最後まで付き合った甲斐があるOVAシリーズでした。ほぼ完璧なアニメ化といっても過言ではありますまい。本当に良かった。

 以前から観たい観たいと思っていた日本製SF人形劇の名作、かなり安くなって再DVD化されたので、早速購入、鑑賞しました。面白い〜。しかし、終盤の駆け足っぷりは少しいただけないような気も。ゲルマ魔王は、やはりビッグダイエックスにやっつけて欲しかったですよ。それはともかく、サンダーバードにも引けを取らない、スケールがでかくて緻密なミニチュアの数々にうっとりしっぱなしでした。

 この他、最近海外で発売されてる日本の特撮番組のDVDがかなり安く入手できることを知り、あれやこれやと買いまくって、ちょこちょこ啄むように観てます。どれも1万円足らずでコンプリードDVDBOX買えてしまうんだもの。物欲に歯止めがかからなくなりそうです。

2013-01-27

[]最近観た映画

 お正月に録画してたCSでやってた面白うそうな映画なんかを、ちょこちょこ鑑賞。

幻の湖 [DVD]

幻の湖 [DVD]

 大コケした幻の迷作として、知識では知っていましたが鑑賞したのは初めて。いやあ、面白かった。いろんな意味で。ちなみに、日本映画専門チャンネルで放送していたのを録画したのですが、本編放送前の「幻の湖ナビ」での解説ナレーションも面白かった。「よほど思い入れのあるテーマだったのだと思う…」から始まり、「途方もない映画である」で締めくくられる解説の奥歯に物が挟まってるぞ具合がすごく可笑しかった。けれど、いざ本編を観ると、そうとでも言わないと格好つかないよねえ、とナレーターさんが本当に気の毒になったり。でもこれ、本当は4時間くらいの長さになってしまったのを編集しまくってこの長さとこの意味不明構成になったらしいので、ディレクターズカット版が存在したらそれなりにしっくり来る内容だったのかも。でもまあ、いろいろ視点を変えると、このままでも十分傑作といえなくもない。犬を殺された女の復讐劇に絞れば、迫力のサイコサスペンスだし、何故か犬殺しの犯人とヒロインの追跡劇が長距離マラソンレースになってるとことか、駆け引きの様子がなかなかに手に汗握るので、それだけでもかなり面白い。ようするに、あれこれやりたいことを詰め込みすぎた結果意味不明になったってことなんでしょうか。うーん、勿体ない。でも、このトンデモぶりは是非後世に語り継いでいって欲しい映画ではあります。

ダークナイト [DVD]

ダークナイト [DVD]

 クリスチャン・ベール演じるバットマンは初鑑賞だったのですが、いやあ、陰が増してる感じでいいですね。まさに「暗黒の騎士」に相応しい。そして、今はなきヒース・レジャーのジョーカーの鬼気迫る演技。怖い!怖すぎる!本当に彼の存在はブルース・ウェインの暗黒面が具現化したのではないか…つまりは超自然的存在なのではないか、と思えてしまうほど、彼のバットマン追いつめ度はすさまじいし、その狂気の様を存分に演じきっている。本当に惜しい人を早く亡くしたものです…

 ちなみに、ラストのバットマンの自ら汚れ役を担ってでもゴッサムの秩序を守ろうとする「泣いた赤鬼」の青鬼的自己犠牲に涙した人は多いはず。まさに「暗黒の騎士」。かっこよすぎです…

 あとは、昨年の9月にファミリー劇場で一挙放送してた「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG」を合間見つけてはちょこちょこ観てて、先日ようやく最終回まで鑑賞。その矢先、『攻殻機動隊ARISE』の情報が。脚本冲方さんかあ…超ハイテクサイバネ女が警察権力の最中で活躍するという図式だと、そのまんま「シュピーゲル」シリーズやマルドゥック・スクランブルになってしまうと思うんですが…どんなのになるんだろう。ともかく期待。

2013-01-03

[][]正月休み終わり〜

早いモノで、寝正月してる間に正月三が日が終わり、明日からもう仕事です。

年末年始の休みに入る前は、あれやこれやしたいこと満載で休みに突入するのですが、いざ休みに入るとあっという間に過ぎ去ってしまいますねえ。とりあえず、ちょこちょこ映画観たりDVD観たりしたので、鑑賞報告。ちなみに、「青い脂」も読み終えましたよ〜。でも、新春から読むにはどうにもテンションがあがらない読書(笑)。面白かったんですし、貴重な読書体験だったのは間違いないんですけどね。

サラリーマンNEO 劇場版(笑) [DVD]

サラリーマンNEO 劇場版(笑) [DVD]

いやー、久しぶりに触れるサラリーマンNEOの世界。懐かしくて懐かしくて、わたしゃーやっぱりレギュラー放送復活を心から切望せずにはいられないですよ。あの種々様々なネタとキャラクターの数々を、一体どんな風に劇場版にするかと思えば、小池徹平演じる新入社員の成長物語を柱に据えて、実に自然に楽しく散りばめられていました。見覚えのあるキャラクターが出るたびに、「いたいた〜」ってな感じで。これまた懐かしい友人を人混みの中で見つけたような感慨にも似てて。楽しかった。一方、中心になるエピソードも結構熱くなる新商品開発エピソードで、サラリーマン(だけでなく、勤め人の皆さん全般)なら胸が熱くなる展開でした。セクスィービール、マジで美味しそうで飲んでみたいんですけど!

 そうそう、篠田麻里子もいい感じでした。あんな受付嬢がいたらファンになっちゃうねえ。

 年末年始を彩るに相応しい、豪華な一本…って、一年遅れて観てるわけですが。いい話でした。アンク復活や弦太郎となでしこの恋など、感動エピソードもしっかり描かれつつ、終盤は7人ライダーやWとの競演で盛り上がる。…だけど、7人ライダー復活の方法は少し(相当)無理があるんでないかい??(^^; 最新作のMOVIE大戦では、なでしこも再登場するらしいので嬉しいなあ。

劇場版マクロスF?イツワリノウタヒメ? [DVD]

劇場版マクロスF?イツワリノウタヒメ? [DVD]

 11月にアニマックスで一挙放送されたのを、年末年始に一気観。いやあ、面白かった。TV本編とは全く別物の話になってはいましたが、パラレルワールドなエピソードとしてしっかり盛り上げてくれたので満足満足。でも、あの結末はやっぱりちょっと…三角関係に決着つけるにしろ、もっとハッピーエンドにして欲しかった…とはいえ、あの悲劇性こそが劇場版のただならぬ緊迫感やテンションを作り上げたのだと思えば、これはこれでたしかに傑作だったのだと素直に納得できます。面白かった。

2012-07-16

[][]まったり3連休。

 と言っても、土曜日は仕事してたんですが、今日明日はまったり休養。

 と言っても、例によって例のごとしで我が家はあんまり旅行したりアクティヴな休みの過ごし方をしないので、だらだらと溜めてるDVDを消化して過ごしました。

ゴジラ対メカゴジラ [DVD]

ゴジラ対メカゴジラ [DVD]

いやあ、やっぱりメカゴジラは初代と二代目に限りますよ。メカ怪獣は蛇腹関節じゃないと燃えません。妙ちきりんなハイテクウェポンと合体したりしないで、やっぱり怪光線とか指からミサイルで勝負しないと。中盤の圧倒的な強さは、ベタぼれしそう。ただ、この時期のゴジラはお顔に愛嬌がありすぎて、クライマックスの怒濤の反撃がなんか可愛くていかんです(^^;迫力がやや減。あと、岸田森はやはりかっこいいです。

LOOSER 失い続けてしまうアルバム [DVD]

LOOSER 失い続けてしまうアルバム [DVD]

 面白かった!一人が何役もこなす構成なのに、全く演技もキャラも被らないTEAM-NACSメンバーの演技力に脱帽…って、ファンの人にはおなじみなのかもしれないですが、舞台を一本通して見たのは初めてだったので、心底驚かされました。新選組と坂本龍馬の関係に、これまでになかったあまりに斬新な解釈を持ち込んでいるのにも驚愕。史実に照らすといろいろ矛盾もあるんだろうけど、そんなことはどうでもいいインパクト。でも龍馬の美化されっぷりに時折疑問を感じる私のようなひねくれ者には、実にうなずける大仕掛けでした。過去と現代がきれいにリンクし、しかも哀愁漂うラストにも感涙。他にもTEAM-NACSの舞台見たくなってきました。それにしてもこの舞台2004年かあ。道理でみなさん若いわけだ…

大忍術映画 ワタリ【劇場版】 [DVD]

大忍術映画 ワタリ【劇場版】 [DVD]

 なんか尺の割に随分めまぐるしい展開で、陰謀の真相もなんだかややこしい。個人的にはもっと伊賀崎六人衆との戦いを描いて欲しかったような。みんな一癖ふた癖ありそうなのに、割とすぐやられちゃうんだもの。

海底大戦争 [DVD]

海底大戦争 [DVD]

 半魚人サイボーグがなんか可愛くて、あんまり怖くないです。しかし若いな千葉真一。

 うーん。豪華感とお祭り感は楽しめるものの、最後のオールライダー大復活はなんというか辻褄が合ってない気が。

 ドグちゃんパイロット版は…たしかにコレでは放送できないでしょう。ドキゴローも本編の方が好きです(当たり前か)。

炎神戦隊ゴーオンジャーVSゲキレンジャー [DVD]

炎神戦隊ゴーオンジャーVSゲキレンジャー [DVD]

なんで今頃こんなの見てるんだろう(笑)まあ、単純に積んでたからです。そういえば、この作品から劇場でVSシリーズ上映が始まったのでした。オマケのてんこ盛り具合に、なんか気迫のようなものを感じます。や、それはともかく、本編も無論面白かったです。ゲキレンジャー、自分的には結構好きな戦隊なので(でも、オモチャは売れなかったのよね…)

HELLSING OVA VIII 〈初回限定版〉 [DVD]

HELLSING OVA VIII 〈初回限定版〉 [DVD]

 いよいよアンデルセンとの最後の決戦ですか。やっぱりアンデルセンはかっこいいです。めちゃくちゃいいトコでこの巻終わってます。次巻、彼の最期をどうアニメでは盛り上げてくれるのか…楽しみです。きっと、原作読んだときと同じように泣いてしまうんだろうなあ。

DVD恐怖劇場アンバランス Vol.4

DVD恐怖劇場アンバランス Vol.4

 前に途中まで見かけてそのままになっていた「アンバランス」、久々に鑑賞。

 今回は7話と8話です。

○「夜が明けたら]

 たしかに、身近にありそうな話だけど…あんな風にチンピラどもと仲良くはできないなあ私は(^^;

○「猫は知っていた」

 猫好きの私には少し心が痛むお話。猫を殺しの道具に使うなんてサイテー。

 でも、原作が江戸川乱歩賞受賞作なんて…前も書いた気がしますが、なんか「恐怖劇場」というよりは「推理劇場」な話が多いですねこのシリーズ。

 ちなみに、ちょっと前に鑑賞して、そのまま感想書きそびれていた分も混ざっているので、この本数二日間で一気見したわけではないです。それでもまあ、4〜5本は見たかなあ。その都度感想とか書けば、こんなにもサイトの更新が滞ることもないんですけどねえ。

カウンタ