Free and Freedom跡地

当ブログはリンクフリーです。相互リンクも大募集中です。
相互リンクの場合は、記事のコメントにて一言くださると嬉しいです。
→過去のレビューはこちら←
→写真ギャラリーはこちら←

2010-01-25

figma高町なのはThe MOVIE 1st ver レビュー

f:id:mcrhr:20100124220924j:image

今回は「figma高町なのはThe MOVIE 1st ver」レビューです。

高町なのはは、「魔法少女リリカルなのは」シリーズの主人公で、

ユーノに出会うことで魔法の力が開花した。

今回紹介する「高町なのは」は「魔法少女リリカルなのはThe MOVIE 1st」

のバリアジャケットになっている。


f:id:mcrhr:20100124222002j:image

とりあえず立たせてみた。

サイズは小さく、ヴィータと同じ素体を使ってる。

劇場版のバリアジャケットは、第一期のような「可愛らしさ」ではなく、

腕のアーマーをビスで止めるなど、メカメカした「かっこよさ」である。


f:id:mcrhr:20100124222113j:image

リアビュー

スカート部分はたなびくような感じで、動きがある。

ちなみに髪は回転します。



f:id:mcrhr:20100124222306j:image

付属品

アクセルフィン×2、交換前髪、交換フェイス、レイジングハート(デバイスモード)

レイジングハート(カノンモード)、カノンモード用トリガー、交換手首、ユーノ


f:id:mcrhr:20100124222343j:image

バストアップ

元気らしい笑顔のパーツ。

目の光のせいか、右を向いてるように見える。(仕様?)


f:id:mcrhr:20100124222456j:image

交換パーツ

叫び顔と、髪型の交換パーツ。

髪型は左右反対になってるだけではなく、

風にゆれてるかんじ。


f:id:mcrhr:20100124223053j:image

レイジングハート(デバイスモード)

レイジングハート(以下レイハさん)の基本形態。

赤い宝石のようなところはクリアパーツ。

第一期はシンプルだったが、劇場版のレイハさん

よりメカらしくなってる。



f:id:mcrhr:20100124223324j:image

レイジングハート(カノンモード)

レイハさんの砲撃形態。

ディバインバスターなどの砲撃魔法を使用する時の形態。

なお、劇場版のレイハさんカノンモードにはトリガーがついている。


f:id:mcrhr:20100124223529j:image

差し替えでトリガー展開状態を再現。

専用持ち手で持たせることも出来ます。


f:id:mcrhr:20100124223732j:image

アクセルフィン

なのはが飛ぶ時に使用する。

足の裏のジョイントに取り付ける。


f:id:mcrhr:20100124223811j:image

ユーノ

淫獣。

なのはが魔法少女を始めるきっかけであり、

魔法の先生的存在である。

本来の姿は人間の男の子であり、地球ではフェレットでいる。

小さながらよく出来ている。


f:id:mcrhr:20100124223919j:image

肩に乗せることも出来る。

この淫獣め!


アクションポーズ

f:id:mcrhr:20100124224847j:image

f:id:mcrhr:20100124225233j:image

f:id:mcrhr:20100124225559j:image

f:id:mcrhr:20100124230242j:image

f:id:mcrhr:20100124230753j:image

19歳なのはと比較。


f:id:mcrhr:20100124231026j:image

f:id:mcrhr:20100124231916j:image


以上、「figma高町なのはThe MOVIE 1st ver」レビューでした。

劇場版のなのはということで迷わず購入しちゃいました。

19歳のなのはは、少し不満点もありましたが、

このなのはは出来もよかったですし、不満点もありませんでした。


___________キリトリセン_____________


やはり劇場版フェイトも欲しいですが・・・。

来月制服フェイトが出るということなので、そっちが欲しいです。

金に余裕があれば買いたいですが、品切れになってそうで怖いです。


では。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mcrhr/20100125/1264426285