Free and Freedom跡地

当ブログはリンクフリーです。相互リンクも大募集中です。
相互リンクの場合は、記事のコメントにて一言くださると嬉しいです。
→過去のレビューはこちら←
→写真ギャラリーはこちら←

2011-04-03

ROBOT魂 ファフナー・マークエルフ レビュー

f:id:mcrhr:20110320014852j:image

今回はROBOT魂よりファフナー・マークエルフを紹介します。

管理人者丸は原作を知りませんが、かっこよかったので買ってしまいました。

知らないことばかりなので武器の使い方とか間違ってるかもしれませんw


レビューを読むには下の「続きを読む」をクリックしてください

f:id:mcrhr:20110320015214j:image f:id:mcrhr:20110320015255j:image

オープンビュー/リアビュー

手足が長く、頭や胴体が小さいという異形のロボットです。

手が大きいため、格闘・接近戦に特化したようなフォルムに見えますが

よくわかりません。

足や胴体などの可動軸が工夫されていて、かなりの可動範囲があります。


f:id:mcrhr:20110320015330j:image

バストアップ

近未来の戦闘機のような頭部をしています。

こういうデザインは嫌いじゃないです。


付属品一覧

f:id:mcrhr:20110320015604j:image

ガーランス

大剣と槍を足したような形の武器。

結構大きいですが、ハンドパーツで結構保持できます。


f:id:mcrhr:20110320015726j:image

また、基部を取り換えることにより展開状態を再現できます。


f:id:mcrhr:20110320015830j:image

マインブレード

刃の部分が青い小型ナイフ。

これといったギミックはないです。


f:id:mcrhr:20110320020141j:image

レールガン

大型の武器。

腰部分に装備できるそうですが写真撮り忘れました


f:id:mcrhr:20110320020405j:image

ゲーグナー

手に保持専用パーツをつけて装備させます。


f:id:mcrhr:20110320020544j:image

また、レールガンとゲーグナーは肩のジョイントに装備できます。


以下アクションポーズ

f:id:mcrhr:20110320020906j:image

f:id:mcrhr:20110320021231j:image

f:id:mcrhr:20110320021433j:image

f:id:mcrhr:20110320021632j:image

f:id:mcrhr:20110320021915j:image

f:id:mcrhr:20110320022231j:image


以上、ROBOT魂ファフナー・マークエルフのレビューでした。

かっこよかったので、原作を知りませんがつい衝動買いしてしまいましたw

腕が大きい異形のフォルムが気に入りました。

2011-02-21

リボルテック ダンガイオー レビュー

f:id:mcrhr:20110212193410j:image

今回は、リボルテックよりダンガイオーを紹介します。

ダンガイオーは「破邪大星ダンガイオー」の主役メカです。

このダンガイオーはリボルテックでも初期に発売されたものなので、

現在では入手困難になってます。


f:id:mcrhr:20110212193640j:imagef:id:mcrhr:20110212193741j:image

フロントビュー/リアビュー

結構昔のロボとは思えないバリデザイン。

特に可動に干渉するものがなく、可動範囲はいつものリボルテッククオリティ

肩のリボジョイントが折れそう(というか折れた)なので別のリボジョイントに付け替え。


f:id:mcrhr:20110212194133j:image

破邪の剣

シンプルでスマートな剣。

なかなかかっこいいアクションが決まります。


f:id:mcrhr:20110212194343j:image

保持用ハンドパーツを使えば両手持ちも楽々。

f:id:mcrhr:20110212194900j:image

スパイラルナックル用ハンドパーツ

スパイラルナックルを再現するためのハンドパーツが付属。

両手が一体になってます。


f:id:mcrhr:20110212195106j:image

サイキックウェーブ用ハンドパーツ

サイキックウェーブを再現するためのハンドパーツが付属。

平手に黄色い模様がついてます。


以下アクション

例によってエフェクトベースはこの商品に付いてきません。

f:id:mcrhr:20110212195313j:image

f:id:mcrhr:20110212195528j:image

f:id:mcrhr:20110212200021j:image

f:id:mcrhr:20110212200248j:image

f:id:mcrhr:20110212200810j:image


以上、リボルテックダンガイオーのレビューでした。

原作を知らなくても手に取ってしまうかっこよさです。

現在入手困難なので見つけた時は驚きましたw

2011-02-12

リボルテック 天元突破グレンラガン レビュー

f:id:mcrhr:20110206195231j:image

銀河の輪廻に囚われようと 残した思いが扉を開く

無限の宇宙が阻もうと この血のたぎりが定めを決める!!

天も次元も突破して 掴んで見せるぜ己の道を!!

天元突破 グレンラガン!! 俺たちを誰だと思ってやがる!!

今回はリボルテックより、天元突破グレンラガンを紹介します。

天元突破グレンラガンは、アニメ「天元突破グレンラガン」に登場するロボットで、

その大きさは超銀河グレンラガンをもしのぎ、銀河の何倍ものサイズがあります。


f:id:mcrhr:20110206195723j:imagef:id:mcrhr:20110206195820j:image

フロントビュー/リアビュー

文句のつけようがないくらいかっこいい。

背中の螺旋力の炎はリボジョイントで可動し、表情をつけることができます。

背中の炎が重くて自立させるのがなかなか難しい。


f:id:mcrhr:20110206195940j:image

バストアップ

長い角が特徴的。

首のパーツも背中の炎と同じくクリアパーツ。



f:id:mcrhr:20110206200411j:image

腹のあたりにはラゼンガンのヘッドがあります。


f:id:mcrhr:20110206200305j:image

差し替えでラゼンガンと分離した状態を再現可能


f:id:mcrhr:20110206200716j:image

ドリル

グレンラガンといえばこのドリル。

ドリルが回転しているかのようにドリルの線が引かれています。

取り付けるときには腕ごと交換します。


f:id:mcrhr:20110206200820j:image

ドリルには専用エフェクトパーツが付いてきます。


以下アクション

f:id:mcrhr:20110206201517j:image

f:id:mcrhr:20110206201952j:image

f:id:mcrhr:20110206202325j:image

f:id:mcrhr:20110206203001j:image

f:id:mcrhr:20110206203826j:image

ラゼンガン・・・オーバーロード!!


※この商品にラゼンガンは付属していません

f:id:mcrhr:20110206204126j:image

f:id:mcrhr:20110206205018j:image

最後は3体で


以上、リボルテック天元突破グレンラガンのレビューでした。

今回紹介したリボルテック天元突破グレンラガンは、リボルテッククラシックシリーズとして再販されたものです。

ラゼンガンと同じく入手困難だったため、買い逃した自分にとってこの再販は嬉しいです。

造形も思った以上にかっこよく、大満足です。