Hatena::ブログ(Diary)

映画とワインと美味しい時間 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2015-04-27 バラ寿司

f:id:meganekun:20150426095201j:image

先週末は天気が良かったので、

自宅から京都・大原までサイクリングをしてきました。

自宅を出て、白川通から367号線をひたすら北上していきます

目的地の三千院までは地図だと結構距離があるように見えるのですが、

実際に自転車で向かうと1時間もかかりません。

ま、僕の自宅は岩倉なので中京に住んでいる人はもうちょっと時間がかかると思います。


三千院に向かう途中たくさんの車が左折するので何があるのか覗いてみると、

朝市が催されていました。迷わず僕も朝市に寄って、燻製玉子と燻製のささみをゲット。

朝食抜きで出かけてきたので、しば漬け入りのたこ焼きを買って駐車場で休憩。

ここの駐車場はちゃんとBIKE置き場があるので助かります。

サイクリングの人が多いんでしょうね。


三千院までの登り坂は結構キツイですが、良いトレーニングになると思います。

三千院の帰りに寂光院にも寄りました。この辺りは休日でも静か。心が落ち着きます。

今回は往復で約26kmでした。普通にランニングでも行けそうな距離ですね。


朝市でゲットした燻製を見ていたら、なんだか白ワインが飲みたくなってきたので、

その日の午後に開催されるワイン教室に急遽参加させてもらうことにしました。

テーマはアロマティックな白。比較リーズナブル価格帯のワインを7本くらい飲んだのかな。

ワインも良かったのですが、バラ寿司が美味かった。

最近、こういった家庭の味を楽しんでいないので、すごく嬉しかったです。

参加者も皆さん、明るく話しやすく素晴らしい方ばかり。主催者人徳ですね。

次はBBQしながらのワイン教室らしい。こちらも楽しみです。

f:id:meganekun:20150426132101j:image

2015-04-24 ウィスキーの会

f:id:meganekun:20150423205508j:image


僕がウィスキーを美味しいと感じたのはここ最近のこと。

3年前に北海道旅行に行ったのですが、

小樽のあるお店で地元の常連さんが

サントリーは商人、ニッカは技術者。だからウィスキーの質はニッカが上」

という話をしていて、じゃあ余市に行かねば、ということで余市蒸留所へ。


中にあるカウンターバーで竹鶴25年を飲んで感動したのを覚えています。

その後、竹鶴12年を自宅に置き、ちびちび楽しんでいました。

でも、それ以外の銘柄は飲んだこと無かったんですよね。


昨晩開催されたウィスキーの会にはアサヒビールのウィスキーの達人が来ていまして、

ただ飲むだけでなく、ちゃんと学ぶ時間がありました。というか、学ぶ時間の方が長かったかも。


楽しんだウィスキーは全7種類。余市、宮城峡、竹鶴、カフェグレーン、ブラックニッカ、

スーパーニッカ、ザ・ニッカ12年。個人的には余市が一番好きでした。

竹鶴はピュアモルト、余市はシングルモルト。実は全然違うモノだったんですね。


ひとつひとつの量は少ないのですが、それぞれのアルコール度数は40度以上。

同じテーブルに座っていた方と話が盛り上がったのもあり、

後半はすごく気分がHighになってしまって。。今朝は軽く二日酔いになりました。

ウィスキーは飲み方を気をつけねば。またこういう機会があれば参加したいなー。


ちなみに一番最初にウィスキーを飲んだのは中学生の時かな。

父親が「これをコーラに入れたら美味いよ」と言って入れてくれたのがウィスキーでした。。

確かに美味しくて、そのうち勝手にウィスキー入れるようになって、

母親に見つかりめちゃくちゃ怒られた記憶があります。

2015-04-20 宇治太陽が丘スイートリレーマラソン

f:id:meganekun:20150421181050j:image


僕が部長を務めるマラソン部30名のメンバーで、

昨日「宇治太陽が丘スイートリレーマラソン」に出場してきました。

フルマラソンは個人で応募して個人で完結するスポーツですが、

リレーマラソンはチームで42.195kmを走るスポーツ。

1チーム10名で参加した今回はひとり2.1km☓2周(計4.2km)を走るだけでよいので、

フルマラソンに興味のない人や他のスポーツをやっている方でも気軽に参加できます。

達成感や苦労をチームメンバー全員で共有できるのも個人競技のフルマラソンとは異なります。


ルミエールマラソン部は3チーム30名で出場しました。

Aチームは先行逃げ切り型で速いメンバーを前半に配置。

Bチームはバランス型で優等生ランナーを集めました。

Cチームは女性だけで構成


シナリオ通り前半はAチームが速かったのですが、

徐々にBチームがその差を詰めてきて最終的には3分の差でAが逃げ切りました。

Cチームは制限時間内に走り切れたらよいかなと考えていたのですが、

予想以上にみんな頑張ってくれて余裕のゴール。

順位はAが22位、Bが25位、Cが469位でした。


大会の特徴は給水ポイントで宇治のお菓子を楽しめること。

順位を狙うのであればお菓子を食べる余裕はありませんが、

制限時間5時間以内に走り切ることを目的にすれば、

余裕を持って宇治スイーツを楽しめるかも。


コースは坂が多く苦しめられましたが、女性ランナーも多く、

また子どもたちも楽しそうに走っていました。

給水ポイントの混雑を除けば素晴らしい大会だったと思います。

次回は8月の嵐山耐熱リレーマラソンに出場予定です。

また新しいメンバーと一緒に楽しもう。

2015-04-02 41歳、いらっしゃい

f:id:meganekun:20150402090411j:image

から多くの方にお祝いのメッセージいただきました。ありがとうございます

素晴らしい人に囲まれて本当に幸せだなーと感じています

41歳になり人生を折り返しましたが、

今まで通り歳のことを考えず、

自分らしく生きていこうと思います。


41歳に何をしていこうかなーと昨晩、

終電帰りに餃子の王将でひとり瓶ビールを飲みながら考えました。

まずは会社を軌道に乗せようと思います。

やりたいことはたくさんあるのですが、

経営者としては会社を維持することが最も大切ですので、

維持のために必要なことを整理して軸を作り、

それを中心に成長させるための戦略を取るつもりです。

人材雇用も必要になってくるだろうし、

融資も受けなければいけないでしょう。

いろいろ波乱もありそうですが、一歩一歩確実に進めていきます。


健康面では継続してフィットネスに通います。

フィットネスに通わなくても運動はできるのですが、

今の生活のリズムを維持するためにはフィットネス通いを続けるのが一番かなと。

そして体力を維持・向上させた上で今年もまた大会に出ようと思います。

最低でも年に1度のフルマラソンとトライアスロン。

あとはマラソン部のメンバーと一緒にリレーマラソンにも何度か出場するつもりです。

とにかく健康維持。会社のことも、プライベートのことも、健康であってこそ成り立つので。


あとは何だろう。最近海外旅行に行っていないので、年内に海外に行こうと思います。

海外は国内旅行では感じられない刺激があります。

クリエイティブ仕事をする上ではこの刺激は必要かなと。

言葉も慣習も通じない旅先で、自分の存在の小ささを感じ、余計なことを一切考えず、

ただ気の赴くままに時間を過ごす。若い時だけじゃなく歳をとってもこういう時間は必要だな、と。


さあ、41歳365日の1日目を楽しもう。

2015-03-29 伊勢志摩旅行

f:id:meganekun:20150329092519j:image

毎年、年に何度かは旅行に出かけていたのですが、

40歳の年は会社の立ち上げなど諸々の条件が重なり、

まり旅行に出かけられませんでした。

そこで40歳も残り5日ほどになったところで旅に出かけることに。

行き先は伊勢志摩。海の近くに行きたかったことと、美味しい料理が食べたかったこと。

そして電車で気軽に行けるところ。そんな条件で絞り込むとやっぱり伊勢志摩かな、と。


3月28日(土)、9時15分京都発の伊勢志摩ライナーに乗り伊勢を目指しました。

目的である鵜方駅までは約3時間

京都駅で買い込んだ食料とお酒を楽しむには十分な時間です。

今回は近鉄のお得なきっぷ「まわりゃんせ」を使い、

往路はプラス500円払ってデラックスシートにしました。

新幹線グリーン車並に足元が広く、

しかも全席にコンセントが付いているので、スマホの電池を気にしなくてもOK。

f:id:meganekun:20150328124138j:image

12時過ぎに鵜方駅に到着。まずはランチ

たまたま近所に地元の人が通う焼肉屋「長太屋」を見つけたので、

そこで松阪牛を堪能しました。その後三重交通バスに乗り、志摩スペイン村へ。

以前行った時は夏だったのですが、夜のパレード花火が印象的でした。

で、今回は。。。大丈夫か、スペイン村って感じ。

3月最終週の土曜日なのに、すごーく閑散としています。

スタッフの人数が少なくて、相当コスト削減しているのがわかります。

あまりの人の少なさにテーマパーク雰囲気も感じられず

当初の予定より2時間ほど早く切り上げ、宿に向いました。

f:id:meganekun:20150328182433j:image

宿は賢島駅から車で5分ほどの「弁天荘」。

海の近くにあり、こじんまりとした旅館

最初は夕食を付けず朝食のみのプランだったのですが、

よく調べると賢島近辺には居酒屋も少ないので、

宿で食べたほうがよいだろうと思って、あとで夕食も付けました。

でも、これが正解!出てきた舟盛りが豪華。

それ以外にも牡蠣料理や魚料理がいっぱい並びました。

プラス4000円ほどでこの料理が楽しめたのはラッキーでしたね。


2日目は鵜方から鳥羽へ移動。まずは鳥羽水族館へ。

鳥羽に来ると毎回寄りますがここはスペイン村と違って混雑しています。

家族連れでいっぱいです。人混みが苦手な僕は早々に退散して、

鳥羽の目的地「みさきさざえ店」へ。僕の中では鳥羽=この店、です。

パンチパーマのおばちゃん二人が切り盛りしているのですが、

水槽の中で生きている貝や海老をその場でさばいて食べられるんです。

しかも安い!今回食べた伊勢海老は一匹2500円。アワビは2000円。

はまぐり4つで500円。焼き牡蠣も4つで500円。

そして、一緒に楽しむワンカップ日本酒が旨い。

旅本に広告を出しているお店に行くよりも、断然こちらをオススメします。

鳥羽に行かれる際はぜひこのお店に。

f:id:meganekun:20150329120748j:image

鳥羽に別れを告げ、宇治山田へ。

ここからタクシー伊勢神宮の内宮へ向いました。

雨が降る中、お参りし、いつものようにおはらい横丁で食べ歩きをして、

バスで宇治山田駅へ戻りました。

本来は21時頃に京都に到着する予定だったのですが、

天候がイマイチだったこともあり3時間ほど早く切り上げて帰ってきました。

その後は、烏丸錦のルミエールに行きお土産を渡して、常連たちと語らい、自宅へ戻りました。

f:id:meganekun:20150329123821j:image

伊勢志摩には何度か旅していますが、やっぱりここは「食」ですね。

食が充実しています。肉もあるし、魚もある。そして美味い!次はいつ行こうかな〜。