Hatena::ブログ(Diary)

映画とワインと美味しい時間 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2014-07-05 『人生はマラソンだ!』と乾風

f:id:meganekun:20140706210311j:image

久々に映画館映画を楽しんだので

映画とお酒のブログを書くことにしました。


土曜日会社の同僚とランチを楽しみ、用を済ませ、

時間があったので京都シネマに行きました。


昨年まで中京区に住んでいた時は

新京極通りのMovixか二条駅のBiviに行くことが多かったのですが、

岩倉に引っ越しをしてからは両方とも微妙に遠く、

逆に四条駅を降りてすぐの京都シネマが一番便利な映画館に。


この映画館の良いところはアットホームなところ。

スクリーン音響は他の施設に劣りますが、雰囲気がよい。

知人や近所の人を集めて自宅で映画を楽しむような感じ。

そして何より良いのは混んでいないこと。

映画館にとっては死活問題しょうが

観る側にとっては空いている方が落ち着けます。

今回も両隣の席も前の席も空いていて快適な時間が過ごせました。


今回楽しんだ作品は「人生マラソンだ!」です。

恐らく今走っていなければ特に気にすることもなかったと思いますが、

マラソン大会を経験してからは“マラソン”という言葉には反応しちゃいます。


舞台はオランダ・ロッテルダムの自動車修理工場

ここでメタボの中年オヤジ4人とエジプト移民若者1人が働いています。

といっても終日仕事そっちのけでカードゲームをしたりビールを飲んだり、

いわゆる出来の悪い社員たちなのです。もちろん工場の経営悪化しまくり。


このままでは工場は潰れてしまう。

そこで工場を救うヒントを移民の若者ユースから聞くことに。

ユニフォームスポンサーを募ってマラソンを走ればお金が集められると。

そこであるスポンサーを口説き落とし、条件付きで承諾を得られることに。

その条件が「次のロッテルダム・マラソンに出場し全員が完走すること」。


トレーニングを始めたものの日頃の不摂生が祟り・・・

それでもマラソン経験者のユースをトレーナーに中年オヤジ4人が頑張るのでした。

そして遂にマラソン当日。彼らはスタートポジションに並びました。その結果は!


全体的に下品な画や表現が多いため子どもは連れて行かないほうがよいです。

そしてヨーロッパの作品らしく、どうでもよい会話で結構な尺を使っています。

やっぱり感動するのは終盤のマラソン大会のシーンくらいでしょうか。

観終わった後は走りたくなりましたよ。こんなオヤジが走っているのにって。


1800円払う価値があるかどうかは、その人次第かな。

僕はこの作品を見てロッテルダム・マラソンに出てみたくなりました。



自宅に戻り楽しんだお酒は北川本家の「乾風(あなぜ)」純米酒

先日、八百一2階にある前田豊三郎商店で開かれた日本酒イベントで購入したもの。

その時出てきた5種類の日本酒の中で一番気に入ったのがこれでした。


一口目のインパクトという点においては他の日本酒に劣るものの、

料理に合わせやすいという点や時間を置くとほのかに広がる香りがお気に入り。

日本酒らしくないスマートなラベルも結構好きです。


個人的な感想ですが、

ワイングラスで飲んだ方がこの日本酒の良さが出るのでは。


あー、久々にお酒の話題を書いたので上手く表現できなかった。

これからはたまに映画とワインブログを書くことにしよう。


■映画■原題:De Marathon/監督:ディーデリック・コーパル/制作国:オランダ/制作年:2012年/出演:ステファン・デ・ワレ、マルティン・ファン・ワールデンベルグ/公式サイト

■日本酒■銘柄:乾風(純米酒)/制作者:北川本家/アルコール:15度/精米歩合:58%/参考サイト

2014-06-08 TANTANロングライド2014

f:id:meganekun:20140608100137j:image


人生初の自転車大会に出場しました。

丹後半島をぐるっと一周するTANTANロングライド。

190kmの部門と100kmの部門がありますが、

当然僕は100kmの部に参加しました。

マイナビ時代の後輩も参加していたのですが、

彼は190kmの部に参加していました。すごすぎる。


受付は前日の6月7日(土)。

一緒に参加した廣田さんが車で私の自宅まで迎えに来てくれました。

マラソンと自転車大会の大きな違いは自転車を運ばないといけないこと。

最初は自転車を輪行してJRで天橋立まで行こうと考えていたのですが、

今回は廣田さんのおかげでだいぶ助かりました。ありがとうございます


11時頃に京都を出発して天橋立に到着したのが14時頃。

受付会場にはメインスポンサー餃子の王将テントや地元特産品売場が出ていました。

まだ時間が早かったのでしょうか、盛り上がりはイマイチ。

受付を早々に済ませて、この日宿泊する旅館へ向かいました。


宿泊した旅館は坂元家。

この日の宿泊者はロングライド参加者がほとんどだったみたいです。

驚いたのは190kmの後輩も偶然同じ宿だったこと。

ま、天橋立駅周辺の旅館はめちゃ高くなっているので

一泊7000円前後で素泊まりできるこの宿は重宝されますよね。


部屋に荷物を置き、車から自転車を出して組み立て。

天橋立ワイナリーまで走ってきました。

ランチを食べようと訪れたのですが、すでにお店はclose。

仕方がないので一旦宿まで戻り、近所の物産店のレストラン海鮮丼

天橋立に来て毎回思うのは、やっぱり観光客目当ての店は味はイマイチで高い。


特に遊ぶ場所もなくすることもなかったので、もう一度車に乗り込み受付会場へ。

さすがにこの時間帯になると出場選手も多く、賑やかです。

各選手ええ自転車乗っています。これ100万以上するんちゃう?ってのも。

そんな中一人の女性に目が止まりました。白いチネリに乗る女性。

ウェアは車体の色に合わせてコーディネートしていてオシャレ。

結局これ以降二度と出会うことはなかったのですが、

今回のレースでは「白いチネリの女性を探す」という不純な目標がここに出来たのでした。


宿に戻り、近所のスーパーで購入したお酒とアテで時間を潰し、22時には布団に入りました。


f:id:meganekun:20140608061533j:image


6月8日(日)。大会当日。

マラソンの朝も早いのですが、今回はもっと早い。

スタートが6時なので、4時に起床し準備をして宿を出たのが5時半。

会場周辺には駐車場が無いため会場から4kmほど離れた小学校に駐車。

自転車を組立てて、ボトルに水を入れ、会場まで移動。

会場にはすでに大勢の出場者が集まっていました。


今大会の出場者は190km部門が374名、100kmの部が1002名。

約1300台の自転車が集まっている光景を目にすると感動しちゃいます。

自分もこの一員になれていることにも。


ロングライドの場合、マラソンと違ってスタートする位置がブロック分けされていません。

並んだ順に適当に人数を区切ってスタートしていきます。

タイムレースじゃないので別に早く出発しようが遅く出発しようが関係ないわけです。

制限時間も18時までとわりとゆるい。


早く到着したと思っていた僕たちのポジションはかなり後方。

結局スタートしたのは7時頃でした。1時間も待つとさすがに退屈です。

僕はブロックの先頭に並んでしまったため、

最初のエイドステーションまでは先導車のすぐ後ろを走りました。

僕の後ろには20台近くの自転車が列を成しています。

力を抜くとすぐに先導車に離されるので最初は真剣でしたよ。


最初のエイドステーションは9kmの地点にあります。

まだまだ体力的に余裕があったのですが、みんな寄るので僕も。

エイドステーションには地元の方が作った料理が並びます。もちろん無料

このエイドでは生姜味のオニギリをいただきました。

後は協賛企業グリコ栄養補助剤。ここで15分ほど休憩しました。


f:id:meganekun:20140608093337j:image


次のエイドステーションは42km地点。

約30kmをノンストップで走り続けることになります。

まだ海は見えず、内陸の一般道を走りつづけます。

道幅も狭く、追い越しするのもドキドキしちゃいます。

住宅街の中を駆け抜けた時、目の前に倒れている選手が!

転倒したのでしょうか、自転車のフレームが曲がっています。

すぐに救急車が来て、運ばれていきました。


マラソンは心筋梗塞など内臓系の事故が多いのですが、

自転車は転倒による外傷が結構多いみたいですね。

ロードバイクはめちゃくちゃスピードでます。

平坦な道なら普通に30km/h、下りなら軽く50km/hは越えます。

今回僕の最高速度は58km/hでした。

こんなスピード出して転倒したらどうなることやら・・・

今回は大きな怪我は無かったのですが、気をつけないといけないですね。


20km付近から徐々に坂が増えてきます。

重いギアだとさすがに登れないので

今まで練習でも使ったことがない一番軽いギアに変えて地味に登っていました。

この後、もっと急でロングな坂があるのですが、

今回は一度も自転車を降りることなく走り切ることができました。

それだけは自分でも嬉しかったです。


42kmのエイドステーションではバラ寿司を食べました。

さすがに疲れている選手が多かったですよ。

このエイドにいたミス着物にはだいぶ癒やされました。

この女性、ほんとに綺麗だったなー。一緒に写真撮ればよかった。


f:id:meganekun:20140608120818j:image


次のエイドは75km地点なのですが、

その間、特に60kmから70kmの間には150m級の坂が2回ありました。

これはめっちゃキツかったです。先が見えている坂って大嫌い。

でも意外とスイスイ登れちゃったんですよね。。

下りは抜かれることが多いのですが、逆に登りで何人か抜くことができました。

マラソンでも登りで順位を上げることが多いのですが、もしかして僕は登り向き?


坂の多い区間だったのですが、海岸沿いの景色が素晴らしかったです。

何度かバイクを止めて、美しい景色に癒やされて。

これがロングライドの醍醐味なんでしょうね。


f:id:meganekun:20140608122401j:image


75kmのエイドまで来るとさすがに脚に疲れがでます。

バイクから降りる時にビンディングが外せずコケちゃいました。

ここでは何食べたかなー。あまり印象に残っていない・・

エアサロンパスを使わせてもらったような。

休憩して30分後位に廣田さんも到着。

お互い疲れていましたがもうひと頑張りしようとお互いを励まし合い、

僕は一足先にゴールに向けて出発しました。


以降の道のりはほぼ平坦なので走りやすかったですよ。

7時に出発してゴールしたのは13時半。

エイドでの休憩を省くと4時間50分くらいのライドでした。

100kmはやっぱり長い。ちょっと舐めていました。

でも呼吸器系は全然疲れていなかったし、脚もマラソンほど疲れは無し。

痛かったのはお尻と両手の親指の付け根だけ。

15分後に廣田さんも無事到着!


最後まで故障もせず僕を運んでくれたORBEA感謝

そして一緒に大会に参加してくれた廣田さんに大感謝!

自転車の大会、面白いです。今年もう一度だけ何か出場してみよう。

f:id:meganekun:20140608140634j:image

2014-05-11 週末リレーマラソン

f:id:meganekun:20140512084643j:image


今週末は2日間に2つのリレーマラソンに参加してきました。


土曜日に参加したのは「第3回企業対抗駅伝in大阪」。

今勤めている会社の仲間5人と走ってきました。

一人5km✕5人の計25kmで競います


参加している企業は関西の大手企業の他、

トヨタ自動車のチームも来ていました。

ここが一番速かったんですけどね・・・


当初僕は補欠でした。

翌日もリレーマラソンに参加するため、

体力温存のために若手に代わってもらったのです。

しかし、当日になりメンバーの一人が参加できなくなり

補欠の僕が選手に繰り上げになりました・・・。

一応走れる準備はしてきたものの、気持ちは補欠に変わりなく。。


大会12時半にスタート。

一人5kmなので第4走者の僕が走るのは約1時間半後。

当日の天気は快晴で、強烈な日差しの中待ち続けます。

第3走者までは20代なので普段練習不足でもそれなりのタイムを出します。

問題は僕とアンカーの社長。40代メンバーが足を引っ張らなければよいのですが。。


正式な結果はまだわかりませんが、

僕たちが参加した「男性の部」では後ろから数えたほうが早い順位でした。

タイムは僕が23分21秒で最も早く、その次が社長でした。

思いの外40代が良いタイムを出し驚き。20代よ、もっと頑張れ。


大会終了後は駅前の居酒屋打ち上げ

選手の5名の他に、今年入った新卒メンバーも参加。

15時半からの開始だったのですが、店内はすでに満席状態。

僕たち以外にマラソンの打ち上げをしている会社もあり、

終盤はこの会社とコミュニケーションをとる機会も。


18時頃まで打ち上げを楽しみ、京都に戻り、ひとりでルミエールへ。

ワインを何杯か飲んだ後、終電帰宅しました。


f:id:meganekun:20140510123026j:image


日曜日に出場したレースは「びわ湖大津リレーマラソン」。

こちらは昨年も参加しましたが、今回はメンバーが違います。

マイナビの後輩たち9名(男4名、女5名)と参加してきました。


過去陸上部など体育会だったメンバーが数名、

フルマラソン完走者も数名、ダイエット中の男が1名。

さすが各自の個性は強烈で、久々にヴァイタリティの渦に巻き込まれました。


距離は42.195km。第1走者が1.8kmを走った後、

第2走者以降は1.3kmを交代で走りつづけます。

僕は第7走者として走りました。


参加チームは27で、僕たちは序盤から20位前後を行ったり来たり。

相変わらず鴨川走友会は早くて中盤で5周の差が付きました。


1.3kmくらい余裕だろうと思っていたメンバーたちも

最初の1周を経験して、この中距離を走るシンドさが実感できた模様。

ペース配分なし。ただひたすら全力で1.3kmを駆け抜ける。

最初は肺がしんどいと言っていたメンバーたちですが、

さすが体育会が多いだけあって、2周目以降はタイムが伸びてきました。


女性はひとり3周、男性は4周を走り、タイムは3時間7分。順位は27チーム中21位。

負けず嫌いなメンバーが多いので、きっと悔しかったはず。

しかし最後全員で一緒にゴールした時の達成感と一体感は素晴らしかった。

また来年リベンジを果たそう。


フルマラソンの疲れほどではないですが、

自宅に戻った後はすぐにベッドに横になり、気づいたら3時間ほど寝ていました。

フルマラソンのシーズンオフはリレーマラソンに参加するのが良いかも。

スピードを養うトレーニングにもなると思うし、

フルマラソンでは味わえない一体感が得られます。

レース後にメンバー皆で打ち上げできるのもいいですよね。


次は8月の嵐山耐熱リレーマラソンを予定。

真夏のリレーマラソン、どうなることやら。


f:id:meganekun:20140511123620j:image

2014-04-27 高須賀会

f:id:meganekun:20140427190743j:image

オマール海老と仏産ホワイトアスパラ オランデーズソース


久々の高須賀会に参加してきました。

数ヶ月、ワインバー・ワイングロッサリーには伺っていませんが、

それでも会に呼んでいただけるのは嬉しいものです。

今回も美味しい料理お酒を期待。


f:id:meganekun:20140427185948j:image

おろしたての生ハム 新玉葱バタートースト


f:id:meganekun:20140427192331j:image

メバルのポワレとサザエのムニエル

イリーカルダモン香る甲殻類のソース


f:id:meganekun:20140427185357j:image

序盤の料理にはギィ・シャルルマーニュがよく合いました。


f:id:meganekun:20140427194311j:image

燻製したフォアグラ


f:id:meganekun:20140427201405j:image

エトフェさせた鴨肉のロティ


f:id:meganekun:20140427204025j:image

フロマージュブランマンジェ 生苺のソースをかけて


今回一番美味しかったのはメバルのポワレに添えてあった

サザエのムニエル、かな。肝がこんなに美味しいとは。


毎回量が少ないと申告していたからでしょうか、

今回はお肉を多めにしてくれて食べ終わった頃にはお腹いっぱい。

高須賀シェフありがとうございました。

そして田中ソムリエサービスも素晴らしかった。

うーん、やっぱりこのお店は落ち着くなー。

これからはちょくちょく寄ることにしようかな。


次の高須賀会のテーマはなんだろう。肉会?

2014-04-20 石垣島旅行2014

f:id:meganekun:20140419134817j:image


約1年ぶりの石垣旅行を楽しんできました。

前回の旅の目的は石垣島トライアスロンへの出場でしたが、今回は完全な遊びです。

本当は海外に行きたかったのですが3泊4日では行き先が限られるので

国内しかも今が一番空いていてゆっくりできる八重山地方を選びました。


出発は4月17日(木)

朝9時の関空発石垣行きのANAに乗り込み石垣空港へ。

直行便があるのは有り難いのだが、朝早いのは辛い。朝4時起き。

11時半に石垣島空港へ到着。気温は27度。感覚的にはもっと暑い。

空港から一歩外へ出ると強烈な紫外線が襲ってくる。

日焼けしたい僕は早速上着を脱いで半袖に。


まず目指したのは焼肉屋。

離島ターミナル近くにある「きたうち牧場」へ。

元々は「金城」という店名だったのだが、なぜか店名変更。

店内は同じ。ランチメニューも1年前とほとんど変わっていない。

焼き肉定食オリオンビールで空腹を満たす。


f:id:meganekun:20140417131102j:image


離島ターミナルへ移動し小浜島行きのチケットを購入。

小浜島に行くのは今回が2回目。前回はいついったのだろう。思い出せない。

DA PUMP忍の実家が経営している民宿宿泊したような・・・

今回は民宿ではなく、リゾートに宿泊することに。

星野リゾート リゾナーレ小浜島。


小浜港で送迎バスに乗り込み、リゾートへ。

とにかく広い敷地。ゴルフコースも併設されているほど。

チェックインを済ませ、スタッフが運転するカートで宿泊棟へ。

窓からは海が!全く見えない。見えるのは目の前に広がる広大なゴルフコース。

リゾート=オーシャンビューだと考えていた自分の考えが甘かった。

まあ仕方がない。今回は1泊しかしないし、我慢することに。


早速水着に着替え、敷地内のプールへ。

フロント電話をすればカートが迎えに来てくれるようだが

歩いても10分ほどだと聞いて、ノンビリ歩くことに。

それにしても他の宿泊客に出会わない。人口密度はかなり低い。

このシーズンだからなのかとスタッフに聞いたところ、

そうではなく年中こんな感じなんだとか。なるほど素敵な場所だ。


プールバーでウェルカムドリンクスパークリングワインを受取り、

ビーチチェアに寝転がって、超現実的橘玲の本を広げる。

30分ほどで陽があたっていた脚が真っ赤になる。体も火照る。

プールに飛び込もうと思ったが、水が冷たすぎて諦める。


f:id:meganekun:20140417153059j:image


敷地内にあるプライベートビーチへ移動。

プールより客は多いが、それでも人口密度低し。

パイナップルスムージーを飲みながら橘玲の続きを読む

波の音が心地よくて、気づいたら1時間ほど寝ていた。


部屋へ戻り、少し休憩をして19時にレストランへ。

予約時の夕食はビュッフェだったのだが

誕生日祝いで宿泊することを告げると格上のイタリアレストランに変更。

DEEP BLUEという名のレストランでコースを楽しむ。


f:id:meganekun:20140417190920j:image


メニューはこんな感じ。

ガスパチョ

マグロアンティパストミスト

・空豆のプッディーノ 貝のクレーマ タラゴン風味

・ミーバイと長命草のパスタ サフランソース

牛肉ロースト マルサラ酒とケッパーのサルサ

イチゴトマトのデザート


空豆のプッディーノが一番美味しかったな。

アルコール最初にオリオンビールを飲み、その後白ワインボトルを。

最後にスタッフから誕生日メッセージが入ったプレートを。

スタッフのサービスも良いし、料理も美味しかったし、

非常に満足度の高い夕食だったね。


f:id:meganekun:20140417204448j:image


4月18日(金)


朝はビュッフェスタイル

会場に到着すると人・人・人。

あの人口密度の低さはなんだったのか。

パックツアー団体客らしい。

前夜に到着して、1泊してすぐ出発。

リゾートにいるのに忙しない。


20分ほど待たされて朝食をいただく。

メニューも多いし、味もそこそこなんだけど、

昨晩経験した感動はさすがに味わえない。

人口密度の高さが我慢できなくて早々に退散。


f:id:meganekun:20140417162208j:image


チェックアウトまでまだ時間があるので、

水着に着替えプライベートビーチへ移動。

優雅な気分に浸っているが、手元にあるのは橘玲。

早く読み終わりたいんだけど、なかなか前に進まない。


11時にチェックアウトして、石垣港へ。

この日から2泊するホテルククルで荷物を預け、外出。

その後何をしたかな。。覚えていない。


時間があったので竹富島へ。

ターミナルでチケットを購入し、船で10分の竹富島。

レンタサイクルを借りて島を一周。

コンドイビーチ、カイジ浜、西桟橋。

何度も訪れた島だけど、訪れる場所も毎度変わらず。


ホテルへ戻り、一眠りして夕食へ。

1年前に訪れた一魚一会という店に入る。

当時はすごく印象の良かった店だけど、

今回は料理が出てくるのも遅く、イメージダウン

揚げ物ばかり注文してしまいお腹一杯だったので2軒目は無理。

ただお酒が足りなかったのでバナナカフェビールワイン

23時にはホテルへ戻り就寝。


f:id:meganekun:20140418143606j:image


4月19日(土)


朝7時に起床。

荷物の中からランニングシューズを取り出し石垣の街を朝ラン。

京都でも石垣でもやっぱり朝走るのは気持ちが良い。

1時間ほどジョギングしてホテルへ戻る。


今日の予定は特になし。時間は余っている。

レンタカーで島一周でもしようか。でも酒が飲めない。

バスなら酒を飲みながら移動できる。

ということで、路線バスの1日フリーパスを購入してバスに乗り込む。


まず最初に訪れたのは川平湾。

何度訪れても微妙な天気でガイドブックのような景色は楽しめなかったが

今回は天気に恵まれてバスクリンブルーの川平湾が目の前に。綺麗だ。

周囲からは日本語ではない言葉がたくさん聞こえてくる。

最近は台湾からの観光客がとても増えているようだ。


川平は30分もいれば十分楽しめるので、さっさと移動することに。

次に訪れたのはフサキビーチ。リゾートホテル前のビーチ。

だけど宿泊客以外も利用できるようなので訪れることに。

小浜島より人は多いけど、それでも騒がしくなく静かな時間を過ごす。

気づいたらまた30分ほど寝ていた。橘玲とはもう少しでお別れ。


f:id:meganekun:20140419095844j:image


昼食はホテル内のレストランで。

野菜を使ったピザとオリオンビールを注文。

そしてまたビーチに戻り、少し日焼けをしてバスに乗り込む。

時間は15時。ホテルに戻り、ベッドに横たわり昼寝することに。


起きたら19時。夕食を食べに出かけよう。

1軒目はどこにいったのだろう・・・全く覚えていない。。

2軒目で訪れたお店の印象が強すぎたのだろう。

市内でも観光客が少ない路地裏で見つけた一軒のお店。

ほんの少しだけ外から中が伺えるが、いかにも地元って人で席は埋まってる。

店長は見た目と印象が違い柔らかい物腰。

カウンターは4席ほどしかなく、あとはテーブルと座敷。

今回は座敷に座り、泡盛セットを頼み、ついでもたこ焼きも注文。

まさか石垣島でたこ焼きを食べることになるとは。

でも、これが美味いんだ。泡盛ともよく合う。

ワインとたこ焼きはどこかで聞いたことがあるが、泡盛もいける。

観光客が集まる店から離れたいという方はぜひこのお店に。

「恋たこば」。店名も気に入った。


f:id:meganekun:20140419221243j:image


4月20日(日)


最終日の朝はまず散歩から。

サザンゲートブリッジという橋まで歩いて引き返す。

この日の天気も快晴。結局今回の旅で雨は全く降らなかった。

ホテルに戻り、朝食を済ませ、部屋でノンビリ休憩し、

9時30分の空港バスで石垣島空港へ。


飛行機の出発時間は12時だからまだ時間はたっぷりある。

その時間でお土産を購入しようとしたのだが、

毎回来る度に何を購入すればよいのか迷ってしまう。

ま、正直に言えばそんなに欲しい物もないし、あげたい物もない。

1年前と売っているものはそんなに変わらないし。

適当に見繕って、休憩エリアでオリオンビールを飲む。

橘玲とお別れし、次は村上春樹へ。しばらく橘玲とは出会いたくない。


関空に戻ったのは14時30分頃。気温は11度。

機内には短パンTシャツ姿がたくさんいたから、

今頃空港で長袖に着替えているに違いない。


久々の石垣島の旅もこれで終了。

次に訪れるのは来年4月かな。