建築家とは何か:堀口捨己・神代雄一郎展  2013|04|20→05|19  明治大学建築学科主催

 分離派建築会結成以後,我国の近代建築運動を牽引しつつ,他の追随を許さない茶室と庭の研究を大成した建築家・堀口捨己(1895〜1984)。
 近代建築史研究,デザインサーヴェイ,日本建築意匠論研究をはじめ多彩な活動を基盤に現代建築批評を展開した神代雄一郎(1922〜2000)。
 明治大学建築学科創立時の教員でもある二人は,国際的な視野と独自の発見的感性で日本の環境と意匠を捉える「眼」の人であった。そして,それは同時に「建築家とは何か」を問う鋭い批評精神の基盤でもあったことを見逃してはならない。
 本展覧会では,堀口捨己の建築設計図面と,神代雄一郎のデザインサーヴェイ図面を中心とする展示を行うことで,今こそ再評価されるべき彼らの問いを読み直す契機としたい。(明治大学建築学科)

▶展覧会 4|20〜5|19  ▶記念シンポジウム 4|28  ▶ギャラリートーク 4|21    ▷会場案内

記念シンポジウム「建築家とは何か:堀口捨己・神代雄一郎の問い」

このシンポジウムの記録は、10+1 webiste (2013.06) にて全文公開されておりますの是非ご覧ください。

日 時:2013年4月28日(日)13:30〜18:00
会 場:駿河台キャンパス リバティホール(リバティタワー1F)
基調報告:藤岡洋保(東京工業大学)
     青井哲人(明治大学)
コメント:磯崎新(磯崎新アトリエ)
ディスカッション:
     ケン・タダシ・オオシマ(ワシントン大学)
     日埜直彦(日埜直彦設計事務所)
     藤村龍至(東洋大学)
     天内大樹(東京理科大学)
主 催:明治大学理工学部 建築学科
入場無料・申込不要(約470名)