Hatena::ブログ(Diary)

トルン息しトルン?

2015-07-15 おれの気持ちになってみろって!絶対そうしたいって!

[]ポケモンリーグ広大Cup in ゆかたまつり使用パーティ



「ポケモンリーグ広大Cup」にて使用したパーティの内訳です。

予選で使用したパーティがこちら。



f:id:meikaizerogin6y:20150224212351p:image f:id:meikaizerogin6y:20150303011725p:image f:id:meikaizerogin6y:20141015235545p:image

f:id:meikaizerogin6y:20140221201246p:image f:id:meikaizerogin6y:20150401195119p:image f:id:meikaizerogin6y:20140909233237p:image



メガゲンガー

ゲンガナイト ふゆう→かげふみ
たたりめ ヘドロばくだん おにび みがわり
おくびょう 135-*-101(4)-222(252)-115-200(252)
スイクン

ゴツゴツメット プレッシャー
ねっとう れいとうビーム どくどく ねむる
ずぶとい 207(252)-*-183(252)-110-135-106(4)
マンムー

いのちのたま あついしぼう
じしん つららばり こおりのつぶて どくどく
ようき 185-182(252)-101(4)-*-80-145(252)
化身ボルトロス

オボンのみ いたずらごころ
10まんボルト めざめるパワー(氷) くさむすび でんじは
ずぶとい 184(236)-*-133(248)-146(4)-102(16)-132(4)
メガボーマンダ

ボーマンダナイト いかく→スカイスキン
すてみタックル どくどく みがわり はねやすめ
ようき 171(4)-197(252)-150-*-110-189(252)
クレッフィ

たべのこし いたずらごころ
イカサマ でんじは いばる みがわり
おだやか 161(228)-*-115(28)-*-152(252)-95



<個別解説>



f:id:meikaizerogin6y:20150224212351p:image



構築の主軸です。

全てのポケモンに状態異常技を覚えさせ、有利対面で補助技を撃つことで有利な状況を作り出し、最終的にはメガゲンガーの「たたりめ」で一貫させることを狙います。

メガゲンガーの「みがわり」は単体として見ても非常に強力な技ですが、他のポケモンとの兼ね合いでこの技を自然と採用できる強さがあります。

ボーマンダが相手に刺さっている場合以外は基本的にゲンガーを選出して戦うことになります。



f:id:meikaizerogin6y:20150303011725p:image



所謂対面構築によく採用される「どくどく」を採用している「ゴツゴツメット」持ちのスイクンですが、「たたりめ」を覚えているゲンガーとの兼ね合いの良さに注目し採用しました。

ゲンガーが炎タイプをよく呼ぶので比較的戦いやすいので噛み合いも悪くありません。

対地面として考えた時の負担が大きいので「ゴツゴツメット」で相手を消耗させるだけで役割を終えるかどうかは相手のパーティ次第ではかなり慎重にならざるを得ません。



f:id:meikaizerogin6y:20141015235545p:image



「マンダマンムースイクン」の並びを作れるマンムーの採用です。

対電気を担いますが化身ボルトロスに対して完全に有利というわけではないので対面した時の行動の選択はいくつか残すようにする必要があります。

ヒードランに先制するために素早さに補正をかけています。パーティ全体での突破手段が少ないためです。



f:id:meikaizerogin6y:20140221201246p:image



「でんじは」によって相手に負荷をかける役です。ゲンガーやボーマンダの「みがわり」と相性の良さがポイントです。

高特殊耐久のポケモンを崩す手段が少ないため「わるだくみ」の採用も視野でしたが、マンムーが重いため「くさむすび」を採用しました。

ボーマンダで対処しきれない恐れのある対バシャーモや対ウルガモスではこのポケモンの立ち回りが重要となります。

大会予選ではパーティの内訳変更が自由だったため、技をあれこれ変更して使っていました。




f:id:meikaizerogin6y:20150401195119p:image



「どくどく」+「はねやすめ」をメインに据えたボーマンダです。有利対面で相手を倒す場面が重要なためASに振り切っています。

ゲンガーが誘いやすい炎タイプの相手をする枠ですが、「めざめるパワー(氷)」などで返り討ちにされることも少なくありません。

基本的に刺さっている場面で選出するのでこのポケモンを選出する試合はすぐに勝負が決まりやすいです。



f:id:meikaizerogin6y:20140909233237p:image



フェアリーだけでなくドラゴン技の一貫も切る枠です。

「でんじは」と「いばる」を相手に使った状態で倒れることでゲンガーやボーマンダの「みがわり」で展開していきます。

相性面でどうしても不利な選出を強いられる場合の最終手段として選出することが多いです。

そのためこのポケモンを選出する場合は窮屈な立ち回りを強いられることが殆どで、実際そのメタのメタにやられることも少なくありませんでした。。



続いて決勝トーナメントで使ったパーティが以下です。



f:id:meikaizerogin6y:20131114235748p:image f:id:meikaizerogin6y:20140221200912p:image f:id:meikaizerogin6y:20150224212351p:image 

f:id:meikaizerogin6y:20140603002232p:image f:id:meikaizerogin6y:20140210220633p:image f:id:meikaizerogin6y:20140909233237p:image 



ウォッシュロトム

こだわりメガネ ふゆう
ハイドロポンプ 10まんボルト ボルトチェンジ トリック
ひかえめ 157(252)-*-127-172(252)-128(4)-106
ガブリアス

こだわりスカーフ さめはだ
げきりん じしん ストーンエッジ ねごと
いじっぱり 183-200(252)-115-*-106(4)-154(252)
メガゲンガー

ゲンガナイト ふゆう→かげふみ
ヘドロばくだん シャドーボール みがわり みちづれ
おくびょう 135-*-101(4)-222(252)-115-200(252)
ローブシン

とつげきチョッキ こんじょう
ドレインパンチ マッハパンチ はたきおとす いわなだれ
いじっぱり 207(212)-198(156)-120(36)-*-97(92)-67(12)
メガガルーラ

ガルーラナイト きもったま→おやこあい
おんがえし いわなだれ グロウパンチ みがわり
ようき 197(132)-158(100)-121(4)-*-123(20)-167(252)
クレッフィ

たべのこし いたずらごころ
イカサマ でんじは いばる みがわり
おだやか 161(228)-*-115(28)-*-152(252)-95



<個別解説>



f:id:meikaizerogin6y:20131114235748p:image



予選で使用したパーティの自信が無くなってきたため使い慣れている水ロトムに帰結することに。

無難に強かったですが1ターン1ターンの行動に割とリスクが伴うポケモンなのは相変わらずです。

相性補完による受け出し要員ではなく、一貫を目指すアタッカーとしての役割。



f:id:meikaizerogin6y:20140221200912p:image



水ロトムをメガガルーラで潰そうとしてくるパーティが非常に多いので相方としてマンムーではなくガブリアスを採用するのも手かなと思いました。

相手に負荷をかけるためにAに補正をかけています。キノガッサに不利なポケモンが多く採用されているため「ねごと」を採用。

炎耐性という面で見ればゲンガーとの兼ね合いはピカイチですが、その場合は素早さに補正をかけるべきだとも思いました。



f:id:meikaizerogin6y:20150224212351p:image



気づけば採用されてました。

このルール最強のポケモンだと思います。



f:id:meikaizerogin6y:20140603002232p:image




ゲンガーの補完というよりはこのポケモンの補完としてのゲンガーが強いという印象でした。

ガルーラ軸のパーティに対しては相手がどのようにローブシンに対して立ちまわってくるかの判別が重要となります。

パーティの性質上「れいとうパンチ」が噛み合う場面の方が多かったと思います。



f:id:meikaizerogin6y:20140210220633p:image



困った時の「いわなだれ」搭載ガルーラです。

どうしても選出が決まらない時の最終手段でしたが、ローブシンとの役割集中や相手の選出誘導などパーティにいるだけも恩恵は大きいものでした。

基本的に初手で出すことが少ないのでSに補正をかける意味合いが少ないかもしれません。



f:id:meikaizerogin6y:20140909233237p:image



フェアリーだけでなくドラゴン技の一貫も切る枠として本日二度目の採用。

化身ボルトロスを誘うことがメリットになるような構成だともっと強みが活かせるかもしれません。



解説は以上です。

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

2015-07-12 いつもの

[]ポケモンリーグ広大Cup in ゆかたまつり



広島大学大学祭である、「ゆかたまつり」での広島大学ポケモンサークルさんの企画である「ポケモンリーグ広大Cup」に参加してきました。

広島大学ポケモンサークルのURLhttp://hiropoke.web.fc2.com/index.html

広大ポケサーの出し物は対戦企画メインとポケモンカード企画メインの二つがあったのですが、主に対戦企画の会場にずっと居座っていました。

そこでの対戦会のルールは以下の通りです。



・ルールはORASレート準拠のシングルバトル。

予選ではカロスマークが無いポケモンも使用可能。パーティも対戦ごとに変更可能。

予選はファーストステージ・セカンドステージに分かれており、セカンドステージを勝ち上がると決勝トーナメントに進める。

決勝トーナメントに進んだ時点でパーティの内訳を書いた用紙をKP集計用に提出、1回戦った時点で以降のパーティ内訳の変更は不可。

決勝トーナメントからはカロスマークがついたポケモンのみ使用可能。



・予選ファーストステージ

セカンドステージに進んでいない、または決勝トーナメントに進んでいないトレーナーと無作為に対戦を行う(ある程度対戦相手を選別することも可能)。2連勝すると予選セカンドステージに進める。敗北しても何度でも挑戦することができ、2連勝する度セカンドステージに進める。

最初の1回の挑戦に限り、浴衣或いは甚平を着用しているトレーナーは初戦での対戦のみ勝利すればセカンドステージに進める。



・予選セカンドステージ

セカンドステージに進んだトレーナー同士で対戦を行う。2連勝すると決勝トーナメントに進むことができる。

対戦に敗北した場合は再度ファーストステージからの挑戦となる。



・決められた時間内に予選を行う。決勝トーナメントに進めるのは16人、先着順で条件を満たしたトレーナーが参加できる。条件を満たしたトレーナーが16人以上いる場合は枠を16人から増やす場合もある。決勝トーナメント進出者が16人に満たない場合は先着順でシード権を得る。



以上がルールです。

せっかくですので勝ちたいと思い、自信のある構築を煮詰めて参加しました。



予選使用のパーティ。



f:id:meikaizerogin6y:20150224212351p:image f:id:meikaizerogin6y:20140221201246p:image f:id:meikaizerogin6y:20150303011725p:image

f:id:meikaizerogin6y:20141015235545p:image f:id:meikaizerogin6y:20150401195119p:image f:id:meikaizerogin6y:20140909233237p:image




以下が予選の対戦結果(ちなみにボクは浴衣着用でした)。



vs ホワイトちゃん ○

ゲッコウガフシギバナガブリアスファイアロー・霊獣ランドロスマニューラ



vs りっかぽけさん ○

バシャーモボーマンダマンムー・炎ロトムジャローダポリゴン



vs たかほさん ×

ライボルトギャラドスハッサムラティアス・バシャーモ・ボスゴドラ



vs リディアくん ○

クチート・ポリゴン2・キノガッサ・ファイアロー・ギルガルド・水ロトム



vs つちみかどさん ○

クチート・ポリゴン2・キノガッサ・ゲンガー・霊獣ランドロス・スイクン



vs ルイスさん ×

ウルガモス・ボーマンダ・バンギラス・水ロトム・マンムー・ゲッコウガ



vs ソラ♪くん ○

ナットレイラティオスリザードンサザンドラ・ポリゴン2・ゲッコウガ



vs ぺちこさん ○

ヤミラミガルーラビビヨン・ギャラドス・ポリゴン2・ルカリオ



vs アンディさん ×

リザードン・クレッフィ・スイクン・マンムー・キノガッサ・ゲンガー



vs ナオキさん ○

ピジョットマルマインエビワラー・ストライク・ブースター・ポリゴン



vs のらいぬくん ○

ジャローダ・オニゴーリ化身ボルトロス・ファイアロー・カバルドン・ゲンガー



vs らいくん ○

バシャーモ・ハッサム・スイクン・ガルーラ・トゲキッス・ガブリアス



vs ソラ♪くん(2回目) ○

ナットレイ・ラティオス・バシャーモ・マリルリ・ポリゴン2・サザンドラ



結果だけでいえば、10-3。

試合数にして13試合でようやく決勝トーナメントの参加資格を得ました。ボクは10番目だったようです。

そして肝心なところで勝ち切れないところから使っているパーティに自信を無くし、これでは優勝できないと焦ったため決勝トーナメントでは別のパーティを使うことにしました。



決勝トーナメントでの使用パーティ。



f:id:meikaizerogin6y:20131114235748p:image f:id:meikaizerogin6y:20150224212351p:image f:id:meikaizerogin6y:20140221200912p:image

f:id:meikaizerogin6y:20140603002232p:image f:id:meikaizerogin6y:20140909233237p:image f:id:meikaizerogin6y:20140210220633p:image



1回戦 vs シビルさん ○

シビルドン・サザンドラ・ギルガルド・ギャラドス・ヒードラン・スイクン



2回戦 vs りっかぽけさん(2回目) ○

バシャーモ・ボーマンダ・マンムー・炎ロトム・ジャローダ・ポリゴン2



準決勝 vs ノブさん ○

フライゴンドータクン・リザードン・ブラッキー・マリルリ・フシギバナ



決勝 vs セイ氏 ○

ガルーラ・ガブリアス・化身ボルトロス・スイクン・ファイアロー・サーナイト



(面子がどこかのオフを彷彿とさせる組み合わせでしたが)決勝トーナメントは4-0で優勝することができました!!!!!!



構築の詳細は別記事にて書きます。



決勝トーナメントが終わった後はポケモン考察トークをしたり、オフ会の宣伝をさせていただいたりしました。

マルチバトルやタイプ統一バトルやお絵かきゲームで遊んでいらっしゃる方々もおり、最後まで楽しめました!



改めて、広大ポケサーの皆さんやむーさんを始めとするスタッフの方々はお疲れ様でした。楽しい時間をご提供下さり、ありがとうございました。

そして交流面でもとても充実した時間を過ごせました。参加者の皆様、ありがとうございました。

また広大ポケサー関連のイベントにも色々と足を運んでみたいと思っております。次回も楽しみにしています!



最後までお読み下さり、ありがとうございました。