meinekoの日記    - 趣味の天文と日々の戯れ言- このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-02-03

[]110202

夕方は、曇り、夜半に晴れていたのに気づいたので、QZ Virを短時間撮ってから、3C279でした。

その後、R CrBを撮るつもりだったのに、寝てしまいました。

QZ Virは、すっかり暗くなりました。


目覚ましで、明け方に起きたのですが、眠くて効率がよくありません。

V1413 Aql, nova Sgr 2011, V1280 Scoを撮った後、V4648Sgrに向けましたが、既に空が明るく、ダメでした。

もう少し、目覚ましを早めにセットするしか

でも、そうすると、仮眠の時間が短くないます


現在面倒なのはスカイセンサー2000PCのスイッチon/offと、望遠鏡の蓋の着け外しです。

これ、自動に出来ないかな?

望遠郷の蓋は、終了後のホームポジション天井を向いた姿勢にすることで、どうにかなりそうですが。さて。


将来は、ベランダでなく、スライディングルーフ何かに移したい(サーベイ撮影範囲増やしたいし)のですが、そこでの懸念材料は、リモートでの屋根の開閉時の安全確認です。

フェンスを張って、開閉時は警告灯でもつければいいのでしょうが、それでも、不安が残ります

人の出入りのない、屋上とかが確保できるとベターなのですが。

[]つくばセンターバス停

ふと、思ったんですが、つくばセンターバス停、なぜ、関東鉄道バスの窓口と待合室は、いつまでもプレハブみたいな建物なのでしょう?

元の建物を壊して、バス停拡張したときに、なぜ、待合室の建て替えが工事に組み込まれていなかったのでしょう?

おかげで、コンビニJRの窓口も無くなったままだし、なんか変?

[]林原

トレハロースで奇抜なCMをしていた会社です。会社更生法申請だそうです。

トレハロース繋がりで、科博の企画展ネムリユスリカの展示をしていたのは林原でした。


本業以外のほうが思わしくなく業績を圧迫という報道をみました。

こういう例、散見しますね。

逆に、本業で苦しい時に他で助かったということもあると思うので、難しいのですが。

[][]SExtractor

メモ


Excelかなにかで、整えて、csvファイルを作っておく。「/」や「:」は、「,」に置換しておく。

こんな感じ

star,yy, mm, dd, hh, min, ss, mag

AQLCW,2011,1,31,20,05,59,10.71

Rで、整形してstd形式にする。

band <- "V"

obs <- "obs.code"

v <- read.csv("V.csv", header=T, sep=",")

yymmddhhmmss <- sprintf("%02d%02d%02d%02d%02d%02d", v$yy, v$mm, v$dd, v$hh, v$min, v$ss)

mag <- sprintf("%4.2f%s", v$mag, band)

std <- data.frame(v$star, yymmddhhmmss, mag, obs)

write.table(std, file="V.std", row.names=F, col.names=F, quote=F)

#obs.codeは、実際のobs.codeを入れます


で、結果のbrowseには、やはり、windbvsが便利なので、stdファイルをvmrgして、v.dbfを作りました


(追記)

と、ここまでやってきて、思い出しました。

時刻、UTのままだった。

tojdで、jdにして、tojstでjstにしようと思ったら、昼間の時刻は上手くいかないや?

9時間足すだけなんですが、日付の繰り上がり処理が面倒くさいです。

まぁ、足すなら、30時間制を使うんだし大丈夫かな?


なら、

yymmddhhmmss <- sprintf("%02d%02d%02d%02d%02d%02d", v$yy, v$mm, v$dd, v$hh+9, v$min, v$ss)

星空研究メモさんのAIP4Win (.txt) -> STD formatを参考にしました。


(追記2)

で、いくつか見てみたんですが、11月上旬の数日、系統的に数等明るくなっているのがあります

filterの間違いではないと思うし、なんでしょう。

画像に当たって見るしかなさそうです。

[]V536 Mon

Surveyのデータを眺めてます

おおいぬ座にDCEPが結構あって面白いですね。

で、星のチェックをしていて気付いたEA型の食変光星です。

副極小が、位相0.5にありません。

V536 Monocerotis - eine mühsame Klärung

国内では、Njhさんの観測しかありません(?)

面白そうですが、うちのベランダからは、そろそろ、シーズンオフです。

osm2osm2 2011/02/03 16:05 林原、、、
 地元の優良企業(文化支援でも)のひとつだったのですが残念なことです。「林原自然科学博物館」というWebサイトもあり、その開館準備室が恐竜の化石発掘にモンゴル政府と協力してここ10数年恐竜研究を行ってきています。見学にもいったのですが、立派な研究者を10名以上抱えていて、よくやるなあと思っていました(天文分野もちょっぴり支援して欲しいという気持ちも)。永遠に開館する予定はなく、このまま研究所としてやっていくんだとそこの研究者は言っていました。それで大丈夫なのかなあとも感じていました(文化人類学の方も頑張っていたようですが、事情はほとんど知りません)。今後管財人の元で再建を期すなら、その辺りはどうなることか、真っ先に切り捨てになるでしょうか。

meinekomeineko 2011/02/03 16:14 どこかで支援してほしいですね。岡山県って財政苦しいのでしょうか。ただ、やはり、開館しないと苦しいかな、このご時世なので?美術館もあるようですね。

osm2osm2 2011/02/03 17:50 はは、岡山県はまったく余裕はないですね。もう徹底的に財政切り詰めで、我々の給料減額はもとより、通勤用の車を校庭の隅に置くのも駐車代を取り、これまで生徒会の補助にしていた校内自販機の売り上げまで取り上げています。みみっちいというべきか、みじめというべきか。林原美術館は、たぶん収支はとんとんなのでしょうが、自然科学博物館の方は開館しようにも建物がなく、工場の倉庫そのままなので、ちょっと困ったことになりますね。集めた化石類は、それは立派な1次資料ばかり、大きな恐竜以外にも、何十個という恐竜の卵の集団、中には孵化したばかりの赤ちゃん恐竜もそのまま化石になったものとか(歳のせいで記憶がかなり怪しくなっていて自信がないですが確かそうだったと思います)、珍しい物がたくさんありました。