左翼というのはプライドたりえるのだろうか このページをアンテナに追加 RSSフィード

初めてきた方は、このサイトについてをご覧ください。
ミラーサイトも一緒にご利用ください。


人気blogランキングにご協力お願いします!

2006-09-30 続・天皇制について

[]続・天皇制について 22:56 続・天皇制についてを含むブックマーク 続・天皇制についてのブックマークコメント

ここは少しだけ真面目に天皇制について思っていることを書く。

僕は左翼です。であるから基本的に天皇陛下を敬愛していません。

(つーか陛下だの殿下だのつけるのが気持ち悪く感じてしまう)

これは、もう人格は作られているのだから、どうあろうとも僕が天皇を敬愛することはありません。

どんなことがあっても。

だから、いまいち天皇陛下ばんざーいとかやってる人の気持ちがわかりません。

本当に分かりません。

でも、僕は天皇制を廃止せよとかそういう傲慢なことは言わない。

絶対に言わない。


なぜかというと…

確かに天皇制前近代的で不合理だ。天皇制を支持していない人から見れば、支持している人はひどくこっけいで意味不明に見える。

人類は科学を発明した。科学の眼は宗教の神秘性、不可思議性、絶対性を残酷なまでに奪ってしまう。

64億年の地球の歴史の中でわずか二千年前に登場したのが神様なわけが無い。

その神様の子孫だからといって特別に偉いわけが無い。

それが大人である僕の正直な感想。

どんなに、右翼の人が「〜〜〜〜〜〜だから陛下地球一えらいんだ」と言っても、正直むなしく感じてしまう。


といっても、僕は北に頭をむけて寝ることができない。別に北を向いたからといってなんて事はないのに。

僕はお墓に石をぶつけたりたたいたりできない。ただの石切れということは重々承知しているのに。

僕はお茶碗に箸をさすことができない。その方が明らかに便利であったとしても。

それらは、不合理で、科学的でなく、限りなく無意味だ。北枕を禁忌することも、墓石を大切に扱うことも、何も知らない人が見たらひどくこっけいだ。

にも係わらず、僕は無意味なものにこだわってしまう。

これは親の教育によるものなんだろうな。子供が小さいときから天皇陛下ばんざーいとかやってれば自然と子供も天皇を敬うようになるのだろう。

小さいときからお墓参りにつれてかされて北枕をやめるように言われた僕は、自然と自分の中でタブーができている。

だから、分かる。

分からないけど、分かる。

僕は天皇に敬意は全くはらわないけど、敬意を払う気持ちは、つまりそういうことなんだと思う。

天皇崇拝者も、まともな人はインド人に牛食えとかイスラム教徒に豚食えとか言わないだろう。

そういう天皇崇拝者とは分かり合えなくても認め合えはすると思う。

端から見ればどんなにこっけいなことでも、その先祖から伝わってきた文化を否定したり罵ったりあざけ笑ったりするのは、幼稚で、野蛮だ。

僕は左翼だけど、同時に民主主義者である。だから憲法が保障し、国民の大多数が支持している(と思われる)天皇制を否定しない。

民主主義とは、分かり合えなくても認め合う心だと思うから。

わこわこ 2007/02/12 17:12 天皇は、日本人の統合の象徴で有るというのは、便宜的につけただけの表現ではなく、実質的に、意味のある言葉だと理解しています。天皇は日本の中心軸なのです。
 理由は、歴史的にずっとそうしてきたから
中心軸を持たない、イラク、アフガニスタンは気の毒です。国が敗れた後、今度は内乱で、同国人同士の、殺し合いになっているのですから。
太平洋戦争の後、すぐに心を合わせて、復興に努める事が出来たのは、日本人の心に、天皇が中心軸であるという共通の認識があったおかげではないでしょうか。
私は、天皇制は、日本人の先祖の英知が生み出したかけがえの無い遺産だと思っています。
 一朝一石に作ることの出来るものではないからです。

leftylefty 2007/02/12 20:00 コメントありがとうございます。
天皇を敬愛していない僕にとってはあまりピンときませんが、おっしゃること、正しいんだと思います。
ただ、敗戦時に昭和天皇をA級戦犯と一緒に処刑していたら内乱が起きていた可能性が高いって言うのはわかる気がします。

良く解ります良く解ります 2007/09/15 23:53 私は自分では右っぽく思ってましたが、天皇を敬ってはいません。「天ちゃん」と呼ぶこともあるし娘を平気で「ブス」と呼びます。実際どっちでもいいんですが、自分達と違う意見に勝つ為に捻曲げてでも意見を通そうとするネットの議論が嫌いです。また先を読んでみます。

猫 2010/07/03 18:06 天皇制度は天皇に対する人権侵害があると言うのが一番の問題点だと思いますけどね。

敬ってるかどうかと言えば、敬っては居ませんが、政治家や官僚に比べて強く尊敬している事も確かです。

内乱の件ですが、イギリスやタイの王朝なんかが日本の制度に近い形のはずです。
つまり、政府の首脳とは別に、王室があり、王が居ます。
これらの国の有り様を見ることが天皇制度についての見方の一つの解だと思います。
特にタイなどは、政治的権力は別として、発言権は王の方が強いようですからね。

ただ、昔と違って無条件に信奉する人は少なくなっているでしょうから、人格や見識が低いと思われれば人気は一気に失うでしょうね。

象徴を政治から切り離し、さらに置いて置く事の意味は2つの価値があると考えています。
まずは独裁政治の道へ進む事を避ける事、また、同時にある程度歯止めを掛けれる事。
もう一つは、逆にその象徴が象徴のまま、国民統一や統合の手段となる事です。
正直、天皇制度にしろタイの王政にしろ、政治とベッタリくっ付いたら二つの意味で最悪でしょう。
逆に、象徴に権力はあまりないが、発言力が強いと言う状態は、権力者は象徴にある程度抑えられざるおえませんし、象徴はそもそも権力に介入枢要な立場ではないと言う事で、悪くない制度だと思いますよ。

「権力者を殺してトップになってもいいが、象徴を殺してその立場を奪う事は出来ない。そして、象徴を殺せば、軍内部や国民からも反乱が生まれる」と言う状態が明確なので、「象徴を無視も出来ず、殺す事も出来ない」と言う状況がある程度つくられると思いますからね