左翼というのはプライドたりえるのだろうか このページをアンテナに追加 RSSフィード

初めてきた方は、このサイトについてをご覧ください。
ミラーサイトも一緒にご利用ください。


人気blogランキングにご協力お願いします!

2006-12-20 「愛国心教育」について

[]「愛国心教育」について 20:51 「愛国心教育」についてを含むブックマーク 「愛国心教育」についてのブックマークコメント

今日は愛国心教育についてなんか書く。

まだ基本法ができた段階だから具体的にどんな感じの教育になるのか知らないが、僕としては、「愛国心」を教え込むのは賛成しない。

ここで勘違いしないでもらいたいのは、僕は「愛国心を持つこと」自体は、とても重要なことだと思うよ。

僕は味噌が好きだ。ごはんが大好きだ。オムライスが好きだ。

俳句が好きだ。ファミコンが好きだ。漫画が好きだ。

松の木が好きだ。アニメが好きだ。相撲が好きだ。

焼き魚が好きだ。鈴虫の鳴き声が好きだ。

おでんが好きだ。勤勉な国民が好きだ。

生活の中で感じられる、あらゆるニッポンが大好きだ。

(一言言っておくと、「日本の戦争が正しい」ということと、愛国心を持つことは、まったく別だからな。それから、左翼」である、ということと、「愛国心を持たない」ということもまったく別だからな。その辺、勘違いしているやつ多すぎ)



んで。

要するに、「愛国心」って学校で教えるもんじゃないだろうってのが僕の持論だ。

愛国心」を通知表で評価すれば、愛国心がつくわけじゃないだろう。

教育勅語を暗誦させれば、愛国心がつくわけじゃないだろう。

むしろ、かえって「何でこんなわけわかんないもの暗誦させなきゃいけないんだ、この国の教育はおかしいぜ」

って自然と反発心が芽生えて、かえって愛国心を阻害するぜ?

愛国心を育むためには、何よりも、自然と愛情がわいてくる国づくりをするのが第一じゃないですか?

労働者は企業の奴隷で残業代も払わなくなっても増税大企業はウハウハ儲けても減税、為政者は外国から献金もらう売国奴

賢くてやる気のある子でも貧乏な家で生まれればろくな教育も受けれずに一生底辺、アホでも政治家の家に生まれれば衆議院議員の座が約束される、

ってそんな状況の国を作ろうとして国を愛せってどうなのよ


ええと、でもこれだけじゃつまんないから。

俺的正しい愛国心をつけさせるための教育

まず、今の「年号と用語をひたすら暗記させる歴史教育」をやめさせる。

荘園とか大化の改新とか覚えて何になるんだ?

そんなことより、英雄を教えろ。

信長を、義経を、竜馬を教えろ。

てゆうか、ペリーがくるまでは義経信長秀吉家康さえ知っていればいいよ。

そして、ペリーが来てから現在までの歴史を徹底的に教えろ。

19世紀後半、近隣の国が列強にどんどん植民地化されていく恐怖の中、

いかにして日本をどっかの植民地にさせないように悩んで悩んで悩みぬいた者たちの苦悩をとことん教えろ。

西欧に取り込まれないよう、必死で勉強して西欧に対抗した明治初期の先人の努力を教えろ。

とにかく、日本が有色人種で唯一先進国の仲間入りをしているのは偶然と多大なる努力の結果っつーことを教えろ。

そのような努力を昭和初期に思考停止した結果、どれほどの悲劇が繰り広げられたかも教えろ。

第二次世界大戦以後の歴史もきっちり教えろ。

歴史が、今につながっていること、これからの歴史は君たちが作ることを教えれば、きっと子供たちは今よりかはずっとやる気になる。と思う。


それから。これは今すぐ学習指導要綱を改定してほしいのだが。

古典を教えるのやめなさい。

学校で教えるもので、古典ほど無意味なものねーぞ。

意味不明でわけわからん暗号を押し付けられるときに感じる生徒が感じる反発は、紅白歌合戦演歌になった瞬間にチャンネルを変えるのと同じく、自然なものだ。

あれで、「昔の日本」そのものに反発を感じてしまう人結構いると思う。それはよくない。

しかも、古文の内容の意味が分かってしまったら、昔の日本の支配者階級がどうしようもなくアホでしたってことが子供たちにばれちゃうじゃないか

源氏物語なんかをありがたがってる教師を見たら、

大人は古文を素晴らしいと言っている。

しかし、古文の中身はくだらない

要するに、大人はくだらないものが大好きだ

なんて、素晴らしすぎる三段論法が完成してしまうじゃないか。

漢文を教えるなんてもっての他だ。

平安時代の「日本文学」を教えた後に史記なんて教えた日には、日本が脳みそサイゴン陥落していた千年も前の中国の方が遥かに知的レベルが高かったことがばれちゃうじゃないか。

そんなことは一切やめさせなければならない。

古い=無条件に素晴らしい

なんてあほなことを信じている爺様方の価値観に付き合う必要なんてない。

「古い日本を愛すること」と「愛国心」がごっちゃになっているのも、問題がややこしくなってる原因のひとつだと思う。


応援よろしくお願いします→人気blogランキングへ

nebuonebuo 2006/12/21 22:59 leftyさん こんにちは。高校時代、古文で苦労したんでしょう。私もできませんでしたけどね。

史記と源氏物語を比べるのはどうなんでしょう。「そのとき歴史は動いた」と「世界の中心で愛を叫ぶ」のどちらが高級かみたいな感じで、ジャンルが違いすぎて比較にならないのではないでしょうか。leftyさん本当にどっちも全巻読んだ事あるのでしょうか。

古いからよいというものでは決して無いとは思いますが、長い年月伝わっているということは、それを良しとする人がたくさんいたということだと思います。あなたが嫌いだからといって、良しとする人を見下すのはどうでしょうか。なぜ良いと思っているのかを理解してあげることも大切かと私は思います。

leftylefty 2006/12/21 23:58 厳しいコメントをありがとうございます。
いやあ、はは…古文ができなかったことは否定しませんが(でも結構がんばったよ)
一応、私情は入れていないつもりです。
歴史や数学や現代文や英語や理科は社会人になるときに必要ですが、古文が必要だとは思えないんすよね。
昔は「古典に学ぶ」という必要があったことの惰性でしかないと思うんですけど。(今は必要なのはたいてい翻訳されている)
あ、史記と源氏物語は一例を挙げただけで、(中学高校でやる)平安時代の古典はしょーも無いことしか書いてないのに漢文はすごくいいことが書いてあったりするのは事実だと思うんですよ。
あと、誤解させてしまって申し訳ないのですが、「古典をよし」とする人を見下すつもりはまったく無いです。趣味は人それぞれですから。
ただ、「それを学校で教える必要はないだろう」というのが僕の持論です。

建つ三介建つ三介 2006/12/22 01:26 古典も含めて本大好きの僕としては
>nebuo
サンに、軍配上げます。
昔の左翼は古典もよく読んでますっよ、
マルクスを筆頭に。自民党の連中も(隠れというか、元々)マルキスト・丸山真男の
『忠節』を保守の学習会のテキストに使って読んで(正式名称を僕は知らんのですが、丸山氏をよく知らんので)涙したとかいう話は聞いています・・。

ではでは。

leftylefty 2006/12/22 02:06 >建つ三介さん
コメントもらえるのはうれしいのですが、申し訳ないことに、言っている意味がいまいち分からないんですが…
ええと、マルクス読むって、「我れ思ゐ、いとをかしまりける」のような文体で読む必要があるのですか?
現代日本語約で読めばいいと思います。

うに?うに? 2006/12/25 10:12 古典は読めるべきですよ。なるべく。
全く読めないと、自分で歴史を調べられなくなる。調べられる人が恣意的に変更したとしても気づかない。
原典に当たれなくなるのは、いいことではありません。

まぁ、興味が無いことは仕方が無いし、時間も割きにくいのはたしかなんですけどね〜だからこそ、学生時代に詰め込むのは効率がいいんですが。社会人になったら、そんな事に注ぐ時間をとるのはものすごく大変ですから。

×第二迷信×第二迷信 2007/01/06 20:47 はじめまして。
高校時代、古文漢文は嫌いでしたね。あれは「趣味でやる」もんで、試験のためにやるもんじゃない。(私はそこを捨てて他で点をとる方向に走りました)
文系の人が、「微積分の何が役に立つ?」とよく言うんですが、源氏物語のほうがよほど役に立たん。だいたい「平安かな文学」と言いながら、教科書には漢字使ってるじゃないか?
漢文も、杜甫や李白が「古典日本語読み」で詩を書いてないだろう。中国語で読むか、現代日本語で味わえばいいんじゃない?

なんてね。

leftylefty 2007/01/11 18:57 コメントありがとうございます。まったくその通りだと思います。
「微積分が何の役に立つ?」と聞く人はおそらく自動車にも乗らないし飛行機にも乗らないしテレビも見ないし携帯電話も使わないのでしょう。
「平成かな文学が何の役に立つ?」と聞いても何も困らない気がします。

アッテンボローアッテンボロー 2007/01/17 01:26  あなた本当に共産党の支持者ですか? 「そんなことより、英雄を教えろ。」と書いているけど、マルクスとエンゲルスが「共産党宣言」で「全ての歴史は階級闘争の歴史である」と書いているのを知らないのですか。今現在は資本家が労働者を搾取しているように戦国時代に信長や秀吉や家康がしたことは「百姓持ちの国」と言われた加賀の一向一揆を弾圧したり伊勢長島の一向宗を4万人も殺したりして「働く者のための世の中」を作ろうとして人々を弾圧した張本人ですよ。
 あなたの考え方で行けば100年もすれば小泉純一郎は資本主義延命のために構造改革を断行した「英雄」になるんですよ。もっと庶民の暮らし、庶民が如何にして時の権力者と闘ったかを学ぶべきです。
 それから、「史記」は歴史書「論語」や「大学」は思想書です。恋愛小説である「源氏物語」と比べてどうするのですか。比べるのなら安藤昌益などのような思想家の本と比べるべきです。あなたの言っていることは、不破議長の本とベストセラー小説とでは不破議長の方が高尚だと言うのに等しい。
 更に言えば「源氏物語」であれ「枕草子」であれ丁寧に読めば今現在右翼が言っていることの殆どが嘘っぱちであることが分かる。天皇なんぞが万世一系ではないこと。日本の伝統は、神道など隅っこに追いやられていた時期の方が長いこと。日本というのは天智天皇が初めて名付けただけであってそれ以前は日本という国もなければ「天皇」も存在していなかったこと、等々。網野善彦さんの「日本の歴史をよみかえす」を是非一度読むべきです。

leftylefty 2007/01/17 14:25 だから「源氏物語」と「史記」を比べているわけではないですってば。
>マルクスとエンゲルスが「共産党宣言」で「全ての歴史は階級闘争の歴史である」と書いているのを知らないのですか。
知らないです。
例え知っていたとしても、同意しません。信長や家康が民を弾圧したことは確かだと思いますが、彼らがいなかった方がずっと庶民の暮らしがひどかった事は確かです。

10.歴史10.歴史 2007/09/16 06:21 あなたは日本史を知らなすぎるようです。「逆説の日本史」でも読まれたら考えが少しは変わるかもしれませんが以前ついたコメントに働いた事がない事を突っ込まれた方が居ましたがその分については関係の無い所に因縁っぽいコメントだと言う印象を感じましたが古典をバッサリ切り捨てる時点で底が知れてしまいます。

貴方に興味があってもなくても関係のない話ですが古典を知っていたお陰で役に立った事は社会人でそれなりの地位にいればお世話になっている筈です。

工場勤めの工員ならそんな機会が来る事も無いでしょうが少なくとも営業や接待がある会社なら古典すら必要の無い知識でやっていける会社なら大した会社でないと言う他ありません。

東大だからと言う訳ではないですが、そのレベルの方の進路に古典を知らず恥をかく事があと10年もすれば解るのではないでしょうか。

最初の頃と書き方が少し違ってきているように思えるのが余計な危惧ならよいのですが。