左翼というのはプライドたりえるのだろうか このページをアンテナに追加 RSSフィード

初めてきた方は、このサイトについてをご覧ください。
ミラーサイトも一緒にご利用ください。


人気blogランキングにご協力お願いします!

2006-12-21 日教組がなぜいけないのか

[]日教組がなぜいけないのか 20:52 日教組がなぜいけないのかを含むブックマーク 日教組がなぜいけないのかのブックマークコメント

人気blogランキングで60位までいきました。自己最高記録です。いとめでたし。

僕のブログは固定票はないから、人気blogランキングから客が来る→おもしろいと思ってくれる→クリック!

でもっているだけなので、ランクが上がるのはそれだけたくさんの人に見てもらえるので純粋にうれしいです。


さて。

同じようにブログランキングにこっているお玉おばさん(ただしランクはあちらのほうが圧倒的に高い)から「日教組の何がいけないの?」という真摯な疑問がきました。

僕が分かる範囲で答えたいと思います。

日教組の何がいけないの?」


1.授業で政治活動すること

元来、日本社会党は、

西側(イギリスアメリカフランス等)の範囲内で労働者の権利を増大して福祉を充実させようとする右派と、

西側でいることをやめて東側(ソビエト中国北朝鮮等)の一員となることを目標に掲げる左派

が存在していて、日教組左派を支持していました。

今から振り返ってみるとは社会党左派のいう通りにしていたら、日本がどんな風になってたか想像しただけでゾッとしますが、それは今はおいときます。

日本には思想の自由があるし、別に日教組の組合員自身が北朝鮮地上の楽園と信じていようが個人の勝手です。そのことをとがめるつもりはありません。

問題は、何も分からない子供たちに西側(もちろん日本含む)=悪魔の国、東側=素晴らしい国と教え込んだことです。

教員自身がどんな信条を持とうが個人の自由ですが、それを子供に押し付けることは絶対にしてはならない行為です。

日本=戦争が大好きで残虐な悪魔の国ということを小さいときに繰り返し吹き込まれたせいで大人になってもその思い込みから抜け出せない人は日本にかなり存在すると思います。

日教組は小学校で「教育基本法改正反対」のチラシを配ったそうですね。

小学校で。

それを見た小学生はどう思うんでしょうね?

読書感想文で原稿用紙3枚を埋めるのにさえ苦労する小学生が。

教育基本法に反対するのは結構なことだと思います。しかし、小学生を巻き込んだり、子供に特定の政党を支持することを強要するような行為が許させるわけ無いでしょう。


2.教師同士の不信を生徒に見せること

日教組をはじめとするある種の労働組合は、雇用者を「敵」とみなします。

「私たち労働者は、雇用者の横暴によって生活が苦しいままだ!」という感じの。

この場合、日教組の「敵」は校長や文部科学省です。

そして、日教組に入らない教師も「敵」とみなされます。

また、日教組の先生は、概して「優しい」先生が多いです。

「優しい」ことは結構です。

結構なんですが、世の中には「厳しい」先生もいるわけです。

生活指導なんかやってる。(日教組の先生は生活指導あまりやりません)

そして、厳しい先生は、厳しい先生なりの信念があるのでしょう。

「甘やかすだけでは立派な人間になれない」という信念が。

それもまた結構なんですが、そういう厳しい先生と優しい先生の関係っていうのが、非常に重要なんです。

優しい先生が「またあの厳しい先生、ガミガミ言いやがって、嫌な先生だよなー」と生徒に言われたときに、「そんなこと言ってはダメ。あの先生は君の事を思ってうるさく言ってくれてるんだから」

と言ってあげることができれば、何も問題ありません。

しかし、日教組の先生は厳しい先生を「国家権力の走狗」とみなしているので、「そうだよねー嫌な教師だよねー」などといいます。

その一言がどれだけ生徒の先生に対する不信感を募らせる原因になるのか分かっていますか?

たとえいじめを受けても、そんな内部対立しているような教師陣に相談する気になれますか?

日教組が三割しか組織率がないから無害だなんてむちゃくちゃ言う人がいますが、そういう問題じゃないんです。

たとえ学校に一人だけでも、そういう異分子がいれば教育ってのは簡単に崩壊するんです。


3.結果の平等を求めること

日教組の先生は、すべての子達は素晴らしい、すべての子は平等でなければらない、という信念があります。

それはそれで、これまた結構なんですが、現実みれば、みんな平等なんてありえないことが分かるでしょう。

現実に勉強できる人間とできない人間がいるのをみて、日教組がとった行動は、恐怖の「全員できないやつに無理やり合わせさせる」ということ。

進路指導で勉強できる生徒もできない生徒も無理矢理一番近くの高校に送り込んだり、

教育委員会に圧力かけて、高校間格差を無理矢理なくさせたりしたんです。

その結果、日教組の強い地域(広島東京京都など)の公教育は一様にダメになり、「いい大学いくには私立にいかなきゃ難しい」とか訳の分からん状態になってしまったんです。

「大学だけがすべてじゃない」といわれるかも知れません。

それはその通りです。大学だけがすべてじゃないです。

しかし、大学行きたいという希望を持つことは悪いことなのですか?

たとえ悪いことだとしても、大学行きたい人間を教師がやめさせる権利があるんですか?


まあこんなとこで。

日教組は諸悪の根源なんかではありません。

ただ、「教育の荒廃の一因」であるだけで、それ以上でもそれ以下でもないとおもいます。

反論討論疑問イチャモンいくらでも受け付けます。

とりあえず、応援よろしく。→人気blogランキングへ

RunnerRunner 2006/12/23 00:01 >何も分からない子供たちに西側(もちろん日本含む)=悪魔の国、東側=素晴らしい国と教え込んだことです。

これは具体的にどのような事例があるのでしょうか?
私の経験では、各教員の政治志向が見えるのは、年に一、二度組合活動らしき日に授業が自習になる時くらいで、その時に初めて、「ああ、あの人は左翼教員だったんだ」とわかるだけでした。それとて、ごく一部の政治通の生徒が知るだけであり、ほとんどの生徒にとっては、誰が左翼教員であるかなど知らなかったですよ。
右翼教員も左翼教員もどちらも学校ファシズムの使徒であり、生徒を殴り飛ばしていたという体験しか持っていません。

>その結果、日教組の強い地域(広島、東京、京都など)の公教育は一様にダメになり、

槙枝委員長の頃ならともかく、今や日教組の組織率は著しく低下しており、誰が委員長であるのかさえ人々は知らないし、話題にもならない状態になっていますよ。
そんなとっくに衰退した組織にどれほどの影響力があるのか。
実際、今回の教基法問題でも何の影響力も発揮できませんでした。
ちなみに、最も日教組が強い県は高知だと聞いています。

扇動に注意扇動に注意 2006/12/23 01:49 >日教組は小学校で「教育基本法改正反対」のチラシを配ったそうですね

かつて小学生が日の丸掲揚の件で校長先生に詰め寄ったという事件がありましたが、組織率は著しく低下してるクセに相変わらずの扇動ですね。

leftylefty 2006/12/23 01:55 >これは具体的にどのような事例があるのでしょうか?
いくらでもあると思いますが。歴史の時間でもないのにいきなり旧日本軍の悪行を熱弁しだしたり、地理や歴史の時間にかこつけてアメリカの批判やソ連の礼賛を行ったりとか。
>そんなとっくに衰退した組織にどれほどの影響力があるのか。
>ちなみに、最も日教組が強い県は高知だと聞いています
そうですか、高知もなんですか。
広島も校長の自殺問題などで日教組の話題に事欠かないと思いますが、
2005年の広島県の東大合格者数58名うち公立4名(7%)
高知県の東大合格者数8名うち公立0名!
もちろん東大だけが全てではありませんが、これを偶然で片付けてよいものなんですかね?

RunnerRunner 2006/12/23 03:20 >歴史の時間でもないのにいきなり旧日本軍の悪行を熱弁しだしたり、地理や歴史の時間にかこつけてアメリカの批判やソ連の礼賛を行ったりとか。

いやいや、私が知りたいのは事実関係についてです。
これはご自身が体験されたことなのでしょうか?
もし、そうなら、その教員が日教組教員であるとなぜわかったのでしょうか?
ちなみに、私の場合、担任教員の政治的指向がわかったのは高校3年の時の担任だけでした。

leftylefty 2006/12/23 04:01 確かに私が「ソ連」なるものを知るときには既にソ連は崩壊していました。
しかし、猛烈な反米反日を語る教員はいました。
その人達が日教組だったんだなと知るのは「日教組はソ連が正しいと教育してきた」という本を読んでからです。

RunnerRunner 2006/12/23 16:53 それだけでは日教組教員かどうか全くわかりませんね(^^;。「反日」の意味は私には不明ですが、「反米」なら共産党系の「全教」組合員かも知れませんし。
私は学校で一、二を争うほど政治的にませた生徒でしたが、誰が日教組教員かなんてわかるもんじゃないですよ。
批判の前提となる事実関係が右翼ジャーナリズムが流す認識に基づいていたのでは、左翼を名乗る者としては???ですが、まあ、とりあえず仮にそれが正しいとしましょう。
しかし、そうであったとしても、個々の教員の言動が果たして所属組合の方針によると言えるのか。もし、日教組の方針であれば、私も同様の体験を持っていなければおかしいわけですよ。
一つ事例を紹介しましょう。たとえば、体罰が社会的にクローズアップされた頃、実は日教組教員の6割が体罰に賛成していました。
つまり、半数以上が執行部の方針にも国の方針にも従っていないわけです。
生徒相手に政治宣伝をするような左翼教員は、その後、右翼に転向しても今度は右翼的な政治宣伝をすると思いますよ。
一般に、左翼教員が問題行動を起こすと、マスコミはそれが左翼教員の一般的傾向であると報じます。しかし、右翼教員が起こすと、なぜか、一転して個々人の問題とするばかりか、そもそも、右翼教員であることも伏せることが多い。
要するに、これらは「プロパガンダ」なのですよ。

leftylefty 2006/12/23 22:03 http://www.jtu-net.or.jp/colume/pic_news/series/series27.html
>>生徒相手に政治宣伝をするような左翼教員は、その後、右翼に転向しても今度は右翼的な政治宣伝をすると思いますよ。
それはそうだと思います。僕は別に日教組加盟教員全員が悪いといっているわけではなく、あくまで「日教組」という団体がおかしいといっているわけで。
↑こんなものを公式ホームページに載っける団体がいいわけないでしょう。

micmic 2006/12/23 23:00 >日本=戦争が大好きで残虐な悪魔の国ということを小さいときに繰り返し吹き込まれたせいで
とりあえず具体的な事例を伴うソースの提示をお願いします。どういう具体的ケースを指して「日本=戦争が大好きで残虐な悪魔の国と吹き込んだ」と言っているのか分からないということです。

>子供に特定の政党を支持することを強要するような行為
ある政治問題のビラを配ることは、政党の支持の強要に当るのでしょうか。改正反対の政党は複数存在するはずなのですが、何党の支持を強要したのですか。
また、強要と言うからには、何らかの強制力をちらつかせてするものだと思いますが、そんな話が本当にあるのでしょうか。子供向けのビラではなく、単に保護者に向けて配られたものなのではないでしょうか。
某所にも書きましたが、ビラを配った程度で悪影響だと言ってたら、教職員のストライキで休校になる外国の学校の子供はすごい事になりそうですね。

>しかし、日教組の先生は厳しい先生を「国家権力の走狗」とみなしているので、「そうだよねー嫌な教師だよねー」などといいます。
この優しい先生と厳しい先生のエピソードは具体的な事例だと思いますが、leftyさんの実体験に基づかれたものか何かでしょうか。また、これも日教組の指示によるものなのでしょうか。

>たとえいじめを受けても、そんな内部対立しているような教師陣に相談する気になれますか?
例えば、私の小学校の池でブラックバスが誰かに放たれた時、生徒に釣って排除するように指示したA先生と、釣り道具を持ってくるとはけしからん、A先生がいいと言ってもダメだと叱ったB先生がいました。
別に教師の間で意見が違うのを見ても、普通に先生に相談などしてましたが。
なぜ内部対立していたら相談できないんですか?

RunnerRunner 2006/12/24 00:50 この前、政治評論家の宮崎哲哉さんが「日教組はいじめ問題にどのように対応してきたのか?」と委員長を問い詰めていましたが、こういう批判ならどんどんすべきだと思いますよ。
しかし、「日教組の影響力」という話になると、甚だ疑問ですね。
というか、昔ならともかく、日教組に限らず左翼組織が社会に与える影響って、この日本において果たしてどれだけあるのか。
いや、そもそも、日本の左翼って、本当に左翼といえるのか。単にヨーロッパの左翼のマネをしようとしているだけで「自称左翼」に過ぎないのではないかとさえ思います。
日教組とてしかり。お玉さんのところにも以前書きましたが、私には「日教組教員」なるものがナンボのものなのか、サッパリわかりません。
言っていることは口先だけで、生徒への接し方は右翼教員と同じじゃないかと常々思ってきましたし、こんなことを言うと、気を悪くする人がいるかも知れませんが、私には、学校であれ塾であれ右翼教員であれ左翼教員であれ日本の教員というのは青少年の生き血をすする吸血鬼のように思えるのですよ。
だから、尾崎豊が出てきた時には非常に共感をおぼえてしまいました。

pantheran-oncapantheran-onca 2006/12/24 01:40 >micさん

ある日教組の教科書採点基準はこんな感じです。http://www.geocities.co.jp/WallStreet/4759/20010714.html
他にも…
ジェンダーフリー
http://popup12.tok2.com/home2/education/data/kageki-slide/slide26.html
日教組などが日朝教育シンポ
http://www.jlp.net/union/001205c.html
「北朝鮮」賛美、日教組の過去清算されず
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/1289/nk150127.html
日教組 北朝鮮と癒着
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kokumin-shinbun/H15/1504/1504049shady.html
拉致実行犯「辛光洙」の釈放要望を出していた日教組関係者
http://nyt.trycomp.com/hokan/0025.html
韓国に「謝罪修学旅行」 広島・世羅高校
http://www31.tok2.com/home2/jydjk/shazairyokou-serakoukou/06iti001.htm
高校生を土下座させて勲章をもらおう
http://www.geocities.jp/savejapan2000/korea/k373.html

日教組の中にも立派な先生はもちろんいると思いますし、日教組だけが諸悪の権化とは思いませんが、いかんせん、ジェンダーフリーなどはイデオロギー丸出しですし、土下座はやりすぎでしょう。

leftylefty 2006/12/24 12:46 >micさんへ
だから、意見が合わないとかそういうものじゃなくて、「愛の鞭」を無力化することが問題なんですよ。単に「甘やかす」という言葉だけでは言いつくせない、根を張った問題なんですよ。
日本=悪と吹き込まれたことはない?
なら逆に聞きますが、
・第二次大戦は日本とドイツが悪いだけ
・日本の韓国併合は侵略だが中国のチベット併合は侵略ではない
・アメリカの戦争は全て悪だが第二次大戦だけは善い戦争
↑micさんはこのような考えを持ってはいませんか?一つでも当てはまるのなら、あなたは日教組に洗脳されています。

micmic 2006/12/25 00:29 >pantheran-oncaさん
試しにご指摘の土下座の記事を読ませていただきましたけど、これは土下座なんでしょうか。手をついているわけでもなく、正面向いている人もいる気がしますが・・・
土下座、世羅高校で検索してみましたが、ウィキではそんな事実はないと書いてあります。
他の記事もありますが、なにせ量があるので時間を見計らって読ませていただきますね。

micmic 2006/12/25 00:35 >「愛の鞭」を無力化することが問題
>単に「甘やかす」という言葉だけでは言いつくせない
何というか、あまりに抽象的な言葉ばかりで、どういう行為をもって愛の鞭とか甘やかしと評価しているのか指摘してもらわないとコメントしようがないわけです。
そういう訳で具体的事例でとお願いしているのですが。
で、要するに、厳しい先生がよくて優しい先生が駄目ということですか?
>たとえいじめを受けても、そんな内部対立しているような教師陣に相談する気になれますか?
と言われているように、意見が合わずに内部対立することが問題だと捉えていたのですが。

>micさんはこのような考えを持ってはいませんか?
持っていません。
>一つでも当てはまるのなら、あなたは日教組に洗脳されています。
具体的論拠をお願いします。

leftylefty 2006/12/25 01:29 厳しい先生ってのは、生徒に嫌がられてもいいから立派な大人に育ってもらうために悪役を演じるのでしょう?それを同僚がフォローしてあげないと、生徒の目から見れば厳しい先生は「単なる威張ってるいやな先生」にしか写らないわけです。優しい先生が悪いなんていっていません。優しい先生が厳しい先生をフォローしてあげれば教育はうまくいくんです。優しい先生だけでもうまくいくと思います。教育が荒廃する原因は「優しい先生がフォローしてあげないこと」です。
>このような考えを持っていません。具体的根拠をお願いします。
もっていないのならいいのですが、世の中には、このような考え方をするように巧みに子供時代に洗脳する教師がいるんですよ。

pantheran-oncapantheran-onca 2006/12/25 11:34 micさんの仰るとおり韓国日報の土下座記事は虚偽である可能性が高いと思います。失礼しました。ただ、なぜあのような記事が韓国側から出たのかは疑問の余地が残るところではあります。韓国側から見ると土下座として毎回とらえられているのでしょうか。なぞは深まるばかりです。

扇動に注意扇動に注意 2006/12/25 18:46 私は中学の卒業式の直前に君が代は歌わなくてもよいと教室で教師から教えられました。日の丸についても否定的なことを教えられましたが、卒業して世間を落ち着いてみればどちらも国際社会で何十年も受け入れられてるものであると理解できました。そのような指示や扇動が日教組を通じてなされてたとすれば許せるものではありません。いずれにしろ学校内で反社会的な政治活動や宗教活動に巻き込まれる心配の要らない環境を実現させねばなりません。

SadaSada 2006/12/25 22:16 はじめまして。
日教組の批判理由は、日教組が表立ったニュースでの出来事に個人的な感覚で共感するか相反するかで決まるのだと思います。それが100分の1の出来事だとしても、その個人にとっては100%の理由になります。私が知りえた出来事では日教組の行動に疑問があるので批判の対象にしました。(某プログで発言した理由は、いじめ解決の為の改正ではなく批判勢力の排除の為の改正だと認識したので代表的な勢力として日教組をだしただけ)100%日教組にいる人たちに対して批判はしていないつもりなのですが、人間なのだから判ると思うのですが、白黒理論の人たちには非常識に聞こえるのだと思われます。

RunnerRunner 2006/12/26 19:47 そもそも、私自身も使っている「教育荒廃」という言葉ですが、これとて実は怪しげな側面があります。
まず、「青少年の人心が荒廃している」との認識があり、それは「学校教育によるものだ」との「見込み」から来ているわけです。
しかし、たとえば、小学校におけるいわゆる「学級崩壊」の場合、ベテランの教員たちですら「昔からやっているやり方が今の子に通用しない」などと戸惑っているわけですから、つまり、小学校に入る前から既に問題を抱えていることになります。
これでは、日教組どころか文省の責任すら問うのに無理があるというものです。
もっとも、どんな問題児であっても卒業時には立派な人間に仕上げてみせるのが「教育者」の仕事のはずですから、その意味での「対応責任」は問われてしかるべきですが。

micmic 2006/12/27 00:48 >pantheran-oncaさん
いえ、お気になさらずに。ある程度ソースの吟味はしていただけると助かります。
とはいえ、全部コメントは無理なので、leftyさんの話との絡みで教科書採点表についてコメントしておきます。これが本物かどうかという点はさておくとして、先の大戦については、空襲、原爆の非人道性にも触れろと言っています。これは、leftyさんご指摘の
・第二次大戦は日本とドイツが悪いだけ
との洗脳に反する実態を表しているように思われます。

pantheran-oncapantheran-onca 2006/12/27 03:00 micさん、みなさま申し訳ありませんでした。あるブログに中核派が広教組・広高教組を応援しているという記事を見たことがありまして、そのときの印象から広島ならさもありなんと思い込んでしまいました。
http://plaza.rakuten.co.jp/pepsi2001/diary/200509270000/
http://item.rakuten.co.jp/book/1059532/

一応、ソースを出した責任というわけではありませんが、私もコメントさせていただきます。例の教科書採点基準は、階級闘争を強調するマルクス主義史観の色彩が色濃く出ていると思います。
数ある歴史上の出来事の中からなかなか興味深い選択をしていますし、安藤昌益や大杉栄などの歴史上の人物の選び方についても気になるところです。
また、社会主義という言葉は頻繁に見られますが自由主義あるいは保守主義についてはまったく触れられていません。戦後の中国やソ連の蛮行について触れていないのも二重基準そのものだと思います。
人権を尊重するのなら、中ソで行われた粛清にも触れておいた方がいいと思います。戦争以外にも大量の人が死ぬことがあるのだということを知っておくべきでしょう。

leftylefty 2007/01/01 14:35 ごぶさたです。
あけましておめでとうございます。
まず、 pantheran-onca さん。お玉さんのとこで醜態さらしてまだ発言できる心意気は買いますが、もう少しインターネット上に転がっている情報はすべて真実ではないということを知って、疑ってかかることを覚えましょう。そんなよくわからんブログを根拠にされても困ります。
>Runnerさん
Runnerさんは社会人ですか?社会人なら、「責任」というものをもっとシビアに見るべきだと思います。公教育にたずさわっているのなら、教育が荒廃していようとなかろうと、日教組が元凶であとうとなかろうと、日教組に少しでも問題があるのならなくしていこうと文科省や先生や日教組自身が真剣に考えなくてはならないんじゃないですか?
>Sadaさん
どうもはじめまして。
僕の意見としては、Sadaさんのスタンスが良いと思います。某ブログでは自民党=100%悪で日教組=100%善ですが、100%悪なんてあるわけないし。でも、個人的なかかわりでその人に迷惑しかなってないのならその人にとっては100%悪だし、100%悪と考える人、どちらかといえば悪の人、100%善の人、そういう人の全員の総意が民主主義の結果になるんだと思います。

pantheran-oncapantheran-onca 2007/01/02 00:23 >leftyさん
情報源の選別は私の落ち度です。重ね重ねお詫びします。leftyさんの仰るとおり韓国日報のような新聞なら疑ってかかるのは当然の態度だと思います。どうすれば、leftyさんのような卓見したメディアリテラシーを身に付けることが出来るのか、精進を重ねたいと思います。
ゆとり教育やジェンダーフリー教育などの教育行政に関しては日教組というよりも文科省の方に責任があるはずですが例によって責任の所在は曖昧なままです。無責任体質は官民問わず誰にでもあることだとは思いますが、今はその矛先が日教組に向いているということなんでしょうね。

leftylefty 2007/01/04 13:45 ほめごろしですか(笑
マジレスすると、ある団体なり政党なりをネット上で非難するときは、参照アドレスはその団体を批判するアドレスを持ってくるのではなく、その団体側(公式HPや団員のブログ等)をひっぱってきて罵倒する方が説得力があると思われます。
もちろん文科省に問題、責任があるのは当然です。責任の擦り付け合いでなく、協力して問題解決に進むのを期待します。

アッテンボローアッテンボロー 2007/01/17 01:06  僕の中学一年の時に社会科の授業を担当していた教師が日教組の組合員でしたが、授業中に軍歌を歌わせていましたよ。ちなみに大阪の枚方市でして日教組が強いところです。更に高校の時の歴史の教師も日教組で、それも日共民青系全学連の副委員長をしていた人ですが授業中に政治の話は一切しませんでした。誤解の無いように言っておきますが今現在全学連を名乗る団体が五つあるために区別する必用があるからですよ。
 ちなみに私は64年生まれですので全教が分裂する以前に教育を受けています。つまり教師の殆どが日教組組合員だった時代です。
 それから、日教組に対する批判は書かれていますが全教はどうなんですか? 共産党支持の教育労働者の組合と対比しないと良く分からない部分がありますね。
 ついでに言えば現場の教師も人間ですから、組合に加盟していてもしなくても労務管理のせいで生徒に対する管理教育をしています。日教組から全教が党派的利害のために分裂して、それを好機とばかりに未加入になった人もいて日教組の影響力が落ちたのが88年の連合と全労連結成の年です。それ以前はイジメだの不登校だのは問題になっていませんでした。つまり日教組の組織力・影響力が低下したからこそこれらの問題が起きていると考えた方が自然です。

三輪耀山三輪耀山 2007/01/27 11:50 私の場合は「日本は連合国にポツダム宣言を受諾し、無条件降伏した」と教えられて、社会の授業中に「せんせー、ポツダム宣言は条件なので、条件付の降伏と違うんですか?」と問い返したら火病起こされました。
「日本は負けたんだ!負けた国には何の権利も無い!」と吼え狂ってましたな。
私はそれからと言うもの歴史の書物に耽溺致しました。
教師の言う事が所詮は信用ならぬと、全身で納得できたものですから。

leftylefty 2007/01/28 20:05 ありがとうございます。火病起こすのはひどいですね。「国際社会で一般的にいう有条件降伏とは戦勝国が突き付けた条件から譲歩つきで降伏することだから、ポツダム宣言受諾とは違う」と教えられない教師がポツダム宣言を云々することはできません。