左翼というのはプライドたりえるのだろうか このページをアンテナに追加 RSSフィード

初めてきた方は、このサイトについてをご覧ください。
ミラーサイトも一緒にご利用ください。


人気blogランキングにご協力お願いします!

2007-05-29 「死者に鞭打つな」について

[]「死者に鞭打つな」について 21:50 「死者に鞭打つな」について - 左翼というのはプライドたりえるのだろうか を含むブックマーク 「死者に鞭打つな」について - 左翼というのはプライドたりえるのだろうか のブックマークコメント

松岡氏の死に、心からご冥福お祈りします。

ここ数ヶ月は、心の休まる間も無かったでしょう。

安らかにお眠りください。



で。


やっぱり、故松岡大臣が自らの死を選択したことはあってはならないことだと思います。

(一部では他殺説も出ているようですが、一応ここでは自殺とします。)

死んじゃ何にもならないでしょう。

「政治とカネ」疑惑が、本当にただの「疑惑」に過ぎないんだったら、正々堂々と戦うべきだし、

「疑惑」が本当なら、あらいざらいぶちまけて辞職するのが正しいあり方だったと思います。


多分、松岡氏の考えは、


「このままでは野党の追及に耐え切れない。言論で戦ってもごまかしきれないし、かといって潔く全てをぶちまけると安倍内閣に相当のダメージを受ける。

私が死ねば日本は死者には鞭を打たない文化だし、結局うやむやになって安倍内閣も安泰だろう」

というような考えだったのでしょう。

相手は死者には鞭打たないということを計算してやるのが卑怯な気がします。

だって、死人は無敵じゃないですか。

いくら悪いことしたって、死んじゃえばその人が絶対に正義になります。

僕だって、今すっげえ気分悪いです。死人を悪く言うのって。

でもさ、何人もの人の生殺与奪を握っている権力者なら、「死ねば許される」ってのはおかしい気がします。

生きて責任を取るべきだし、死んだからといって許されるのは甘い気がします。


この際だから、悪人になるの覚悟で、言いたいことを言います。

この件で、「これは野党マスコミが松岡氏をバッシングしすぎたせいである。」とか言って野党批判、マスコミ批判に持っていく人が大勢いるけど、そういう人は人間じゃないと思う。

死者をそうやって利用するな。松岡氏は全てを引っかぶって死んだんだ。

そういう政治利用は彼が喜ぶとは思えない。

野党マスコミにとっては、いうなればそのバッシングが仕事なんだから、そのこと自体を責めるのは間違っているでしょう。

あと、すかさず「小沢一郎や角田義一はどうなるんだ」って言うのも、問題のスリカエでしかない。

確かに彼らの厚顔無恥ぶりは腹立たしいことではありますが、野党党首や副議長とは言え一国会議員と現役大臣では責任の重みが違う。

あと、伊吹文部科学大臣の発言「死人に口無し」ってどういうこと?

本来の意味で言ったのなら問題がありすぎるし、

間違えていった(どういう意味に間違えたのかは知らないけど)のなら文部科学省の最高責任者なんてやる資格は無いと思われます。


これは関係ないかも知れないけど、「アメリカ同時多発テロ」ってあったじゃないですか。

あの時、(ざまーみろとか言った馬鹿は例外として)日本国全体が「反テロ」になって、テロ実行犯を鬼畜のように言ったのが、すごい違和感があったんです。

だって、テロ実行犯も死んでるじゃないですか。

僕は、


テロに訴えたことはよくない。でも、実行犯も死を選ばざるを得ない何かがあったんだろう。

もう死んでるんだし、これ以上テロ実行犯を責めるのはよそう


って思ってたんだけど、テロ実行犯を来る日も来る日も断罪する奴らを見て、

「日本人は死者に鞭を打たないってのは嘘なのか?」

って疑問がわきました。

だから、僕はもしかしたら「日本人の心」や「死者に鞭打たないという風習」について何か勘違いしているかも知れない。

でも僕は思う。あの時さんざんテロ実行犯をなじって「テロとの戦い」を煽ったくせに今回は「死者に鞭打つな」って言う人間は

矛盾しているし、どこかゆがんでいると思う。



反感があるのは承知しています。

コメントください。

同意の方も不同意の方もコメントの前に

人気blogランキングへ

投票お願いします。

三輪耀山三輪耀山 2007/05/29 22:24 批判を許さない為に人が死んだ事を利用するのは嫌いだね。
罪は罪として俗世に残っている。ただ死者はその罪から許されて救済されているだけ。
死者の罪は厳然とそこにあり、更に裁かれるべき者も俗世に残っている。
だから追求を緩める意味は無い。死者を盾にして追求を逸らそうとするのは、その事自体が死者の利用であり冒涜ですね。
よって、私は死者は死者、生きている死者の関係者は関係者と割り切っております。

それと、伊吹文部相の「死人にくちなし」とは、あれはイジメ自殺の被害者が何の証言もできないと言う意味です。
使われ方が変ですね。
私のサイトのリンクにある、奥田先生のブログでは伊吹文部相を応援しておられますね。

永田永田 2007/05/29 22:29 アメリカ同時多発テロの実行犯と松岡を一緒に論じちゃいかんでしょ
テロ犯はただの自殺ではなく人を何人も巻き添えにして殺しています。
松岡と同時多発テロ犯を同列に扱うべきじゃないですし
死者に鞭うつなとはまた関係ない気がします。

HetzerHetzer 2007/05/29 22:40 >この件で、「これは野党やマスコミが松岡氏をバッシングしすぎたせいである。」とか言って野党批判、マスコミ批判に持っていく人が大勢いるけど、そういう人は人間じゃないと思う。

死者をそうやって利用するな。松岡氏は全てを引っかぶって死んだんだ


野党がなにかにつけて与党を叩くのと同じような
論理の飛躍を感じるのですが
そもそも「すべて」とはなんなんでしょうか?

merlinmerlin 2007/05/29 22:53 >松岡氏の死に、心からご冥福お祈りします。

とある。

冥福を祈るとは、死後の平安を祈ると言う意味であるから、冥福を祈っている者が、死者を鞭打って平安を乱すことはありえない。
今回の命題は、しょっぱなから矛盾と言うべきである。
 やりたければ、やればよいと思う。人様々だ。

柳生すばる柳生すばる 2007/05/29 23:21  あれあれあれ・・・
 私の4月19日「市長1人ぐらいで騒ぐな!」
 にlefty君はカンカンに怒ってたけど・あれとどう違うのかな?
 結局
 保守・右翼は鞭打っても良い
 左翼は鞭打ってはいけない
 というだけのご都合主義じゃないの?
 レフテェしゃん!

貧 金由貧 金由 2007/05/29 23:26 文字化けするらしいのでHN変えました。
一回しか来てないんで覚えてなかったら別に構わないんですが。

leftyさんの推理でいくと、安倍内閣は、命を賭してまで守るべき価値があるものだということになりますね。少なくとも故松岡元農水相にとって。
安倍さんってそんなに人望厚いんでしょうか。総理が情に厚いなんて話は聞いたことないんですが。ちょっと推論に無理がないですか。

それに、leftyさんが自殺するときは、「死人は無敵」とばかりにスーパーマリオが星とってチカチカ光るさまを思い浮かべて喜々として首をくくるかもしれませんが、普通の人は切羽詰って死のうというとき「死者には鞭打たないということを計算」なんかできないと思うんですが。死ぬ間際にそこまで頭が回るんだったら何も自殺なんか選ばないはずです。

私が言いたいのは、「多分、〜というような考えだったのでしょう。」という憶測で死者を悪者扱いしてその憶測をあたかも実際の人物像であるかの如く糾弾するのは人としてどうかということです。

ただの憶測でなく、極めて蓋然性の高いプロファイリングだとしたらこのコメントは撤回しお詫びしますが、エントリーから今ひとつその根拠が伝わってきません。

割れ鍋割れ鍋 2007/05/29 23:49 Leftyさん、ご無沙汰してます。いつの間にか凄く順位が上がってますね。
私も死者に鞭打つべきでないという考えなのですが、テロの犯人と松岡氏を同列に扱うのは違和感を覚えるのですよ。
テロ犯の場合は現実に多くの罪の無い人々の命を奪った殺人犯(現行犯)ですけれど、松岡氏は違法行為が立証されたわけではありませんし本人も認めていませんので、罪刑法定主義を原則とする日本では、厳密には犯罪者でも被疑者でもありませんでした。
国会喚問や司法の判断を経ないまま「ナントカ還元水」という言葉尻をとらえて、野党に便乗してマスコミまでがこぞって犯罪者のごとくバッシングするような風潮は、法治国家としてイビツな姿ではなかったでしょうか。
その事が松岡氏の自殺の直接の原因かどうかは、わからないですけど、私は松岡氏はマスコミに殺されたようなものではないかと思っています。

柳生すばる柳生すばる 2007/05/30 01:10  三輪のご老体
 寝言は寝てから言ってください(笑)。

かげまるかげまる 2007/05/30 02:07 >野党やマスコミにとっては、いうなればそのバッシングが仕事なんだから、
>そのこと自体を責めるのは間違っているでしょう。

もう、バッシングどころか度が過ぎてイジメですよ。

それと、マスコミは事実を正確にありのまま伝えるのが仕事であって、特定の対象をバッシングしているならば
ある特定の思想が入ったり偏向しているという証拠ですよ。与党を叩くならば手段選ばず、叩く我々は常に
絶対正義なのだから何をしても許される存在とでも思っているんですかね?

思ってますよね、これは。
だから死者に対してこれだけ鞭打てる。

これから死ぬ人が色々と計算した上で死ぬとか、妄想が過ぎます。
サヨクにとってとにかく都合よく考えすぎですね。
サヨクのみっともない逃げ口上にしか聞こえませんよ。

nebuonebuo 2007/05/30 02:27 松岡氏には何か犯罪、もしくはそれに近いものに加担していた自分を許せない部分があったのではないかと思います。最善だとは思いませんが、ひとつの責任の取り方ではあると思います。大切なのは松岡氏に責任を押し付けて逃げようとするやからを逃さないことでしょう。

それはさておき、今回の自殺とテロリストを同列、もしくはテロリストのほうが擁護されるべきといた意見には全く同調できません。主義主張のために無関係な人を死に追いやることを正当化するのには断固反対です。右も左もそんなやつは大嫌いです。

tt 2007/05/30 03:03 俺は多分ネトウヨとか言われる種類の人間だろうけど、こんな奴いくら攻撃したって構わないと思うけど。死んだからって手加減する必要なんて全く無い。松岡って利権のためだけに政治家になったとしか見えないし、こんな野郎は自民だろうが何だろうが腹がたつ。ただそれでも日本の国益を外国に売り飛ばしているサヨクよりも1億倍マシだと思うけど。ヘンテコな相対論かもしれんが国内で私服こやしてるくらいだったら 利敵行為をしているサヨクよりも遥にマシ

mdyarohmdyaroh 2007/05/30 12:08 あっしもブログやってますが、本件の取り扱いはまだ保留ですね。
まだまだわからない事が多すぎます。
仮定に基づいて話をする事は可能ですが、それもなんだかなぁ? と云うのが正直な所。

珍珍珍珍 2007/05/30 12:32 彼自身の精神的また、感情的苦しみは終わりましたね。
しかし、それと同時に御家族の悲しみも始まりまりました。いったい何が自分で自分を裁けと教えたのでしょうか。いったいどんな理由で裁く人が裁かれる人であり執行する人がその人自身でなければならないのでしょうか。ところで、社会学者エミール・デュルケームが書いていた四つタイプのどれでしょうね。御家族の悲しみが癒されますように。

leftylefty 2007/05/30 12:35 >Hetzer様 >merlin様 >割れ鍋様
三輪様が僕が漠然と言いたかったことをずばっと言ってくれたと思います。
「批判を許さない為に人が死んだ事を利用するのは嫌いだね。
罪は罪として俗世に残っている。ただ死者はその罪から許されて救済されているだけ。
死者の罪は厳然とそこにあり、更に裁かれるべき者も俗世に残っている。
だから追求を緩める意味は無い。死者を盾にして追求を逸らそうとするのは、その事自体が死者の利用であり冒涜ですね。
よって、私は死者は死者、生きている死者の関係者は関係者と割り切っております。」
完璧に同意です。
>永田様 >nebuo様
別に、テロ犯と松岡氏を同一視するつもりは無いんですが、「死んでまで鬼畜扱いされる」のと「そのひとのやったことが悪いことである」っていうことは別だと思うんです。テロ犯がやったことは許される事では無いんですが、また命令・計画していた人物を断罪すべきなんですが、それとは別に仏様は仏様なんだから冥福を祈ってあげてもいいんじゃない?って思ったのです。
とはいえ、松岡氏がテロ行為か何かをしたかのように取られてしまうようないい方は軽率でした。申し訳ありませんでした。
>かげまる様 >割れ鍋様
僕はマスコミが反権力なのは全く問題では無いと思っていますので、その点は意見が違ってしまうかもしれません。逆から言えば、マスコミが何か言っただけでひるむような人は政治家にはなっちゃいけないんだと思います。やましいことが無ければ堂々としていればいいんだから。

leftylefty 2007/05/30 12:39 >瀬戸様(もし見てたら)
私が心配するような事では無いかも知れませんが、すばる君、いい加減切った方がいいんじゃないですか?彼が何か喋る度に新風への票が10票ずつ減っていきますよ。もし僕が上の立場だったら、他人のブログにわざわざ「自分は鬼畜です」って宣伝しにくるような人間はさっさと除名しますけどね。

柳生すばる柳生すばる 2007/05/30 14:01  lefty君
 私は新風の党員でもないし・新風連でも自由にやらせてもらっている。
 人のことは構わずに自分の記事を充実させたらどうかね?
 三輪さんや君の記事は所詮は中身のない感情論だよ。建設的ではないね。
 それに
 私の趣味は君のような小児左翼をからかうことなのだよ(笑)!
 
 もし私と真剣に討論したいなら
 条件を言いたまえ!
 私は何度も言っているが
 誠実で建設的な討論ならOKだよ。

不丹不丹 2007/05/30 14:07 初めまして。
911事件の場合、実行犯というよりも無関係な人々をも巻き込む「テロ行為」に戦慄して反テロな風潮になったと思っております。少なくとも私はそうです。
亡くなってしまった実行犯達を必要以上に罵ろうとは思いませんが、彼らに「死を選ばざるを得ない何か」があったとしても彼らがした事を赦してしまったらテロ行為を容認してしまうような気がします。

蒼き鎮守の森の主蒼き鎮守の森の主 2007/05/30 16:17 >>lefty殿

自分は密かに維新政党新風を支持し、三輪氏を支持する者ですが

>すばる君、いい加減切った方がいいんじゃないですか?
>彼が何か喋る度に新風への票が10票ずつ減っていきますよ。
>もし僕が上の立場だったら、他人のブログにわざわざ「自分は鬼畜です」
>って宣伝しにくるような人間はさっさと除名しますけどね。

完全に同意します。と言うか、彼のブログにコメントを書いたりしていたのですが
反論に困ると、削除された上に荒らし認定されました。丁寧に議論し、格差是正をせねば
いけない、国家の基盤である秩序が崩壊する、と言う論旨のコメントを寄せたのですが
結果はこの体たらくです。すばる氏の反論だけが残るようにしてくれました。
削除を牽制する為にweb魚拓で取っている、と言い於いたのにこの有様です。
http://empire.cocolog-nifty.com/sun/2007/05/post_7f6c.html#comments

すばる氏自身は他人の反論を「誹謗中傷」と認定し削除する上に、
「左翼系のブログはコメントを封殺する!」と息巻く性根は卑怯者そのものです。
実は三輪氏にもすばる氏に対する反論をお願いしたんですが、
アホらしくて相手にしないとの事でしたwだからLeftyさんもすばる氏は放置したほうが
あらゆる意味で健全だと思いますね。と言うか、すばる氏の論調は新風寄りではなく、
安倍自民党万歳の典型以外何者でもないような気がします。たまに批判もしてますけど。

ともかく、まともに反論出来なくなったらコメント削除と言う卑怯者を相手にする必要はありませんね。
本人は「誠実で建設的な議論ならOK」なんて言ってますが、嘘八百ですから。

むしろ、保守系のネガキャンの担い手と解釈すべきですね。彼が何か言えば言うだけ支持者が減る・・・やんぬるかな

柳生すばる柳生すばる 2007/05/30 16:28  鎮守の森どの
 私は
「誠実に建設的な討論をやろう」
 と言っているのであり
 「あなたのような人格否定をする無頼漢とは時間の無駄」
 と言っているのです。
 自分のblog自体を消してしまったあなたこそ嘘八百でしょう!?

ろむ専ろむ専 2007/05/30 16:50 人格破綻者と建設的議論なんて出来るわけないし。和牛氏は「自分の荒らしは正義の荒らし」とでも思ってるんじゃまいか?新風連が寛容なのはよく判った(苦笑)

もぐりもぐり 2007/05/30 20:07 こんばんわ。

松岡氏本人はある意味責任をとったとも言えますからね。これ以上故人を攻撃するのは如何なものかと思います。
責められるべきなのは隠蔽体質の自民党そのものだと思います。松岡氏を死に追い込んだのはそこに原因があるのでは?
勿論安倍氏を攻撃して責任を擦り付けるような風潮を生むのもどうかと思いますが。

5月18日の日露戦争の件は一応返信を書いておきました。

三輪耀山三輪耀山 2007/05/30 21:09 >蒼き鎮守の森の主様
まあ、仕方ないんじゃないですか?
lefty様には、彼は根源的な部分で太刀打ちできないと知っているんですから。
学歴に対して絶対に勝てないと思う、そんな僻みが柳生すばる氏に「左翼小児病」とか言う憎しみを込めたレッテル貼りをさせるんです。
そして、自分の人生に対して引け目を感じているから、安倍内閣を利用して日本を破壊しようと思うんですよ。
彼の言う事なんか真に受けちゃいけません。
彼はその程度の人なんです。新風も彼に取っては手駒として利用しようとしているだけです。
自分が愛国者だと叫ぶ事で、その他の人達よりも上だと証明しているつもりなんです。
彼の理屈が破綻してるのも、言って見れば整合性よりも憤懣の解消が優先だからです。
その程度のお方だと割り切って、すんなり無視するのが宜しいと思います。
「他人の弱点」だと思い込んでいる台詞を壊れたスピーカーの様にがなりたてる、それしかできない男ですから。
無視しましょう、無視。まともに話ができると勘違いするから腹が立つんです。

柳生すばる柳生すばる 2007/05/30 21:35  三輪のご老体
 太刀打ちできないから私を禁止にしているのはご老体の方じゃないですか?
 lefty君も同じでしょう?
 どっちにしても
 最初にがなり立てて来たのは
 お2人の方ですよ!
 私の方ではない・・・
 それを投稿禁止にしたり・無視するとは男じゃないですね?

三輪耀山三輪耀山 2007/05/30 21:47 柳生すばるさんよ、私をご老体と言うが、君の写真を一度見たが、一体何歳なんだ、君こそ?

まあ、別に年はどうでも良いか。
君を見ていると、私はその逆に「lefty様よりずっと年上なのに、ずっと子供だな」としか思えない。

必死過ぎるんだよ。みっともないんだ。哀れなんだ。
日頃から惨めな生活をしていて、その憤懣を晴らすために他人様を利用して恥じない。
そう言う日本人らしくない、日本人に絡んで来るだけの朝鮮人や中国人と同じ憎しみを君からは感じる。
君は男とか云々より前に、そもそも日本人ではない。
少なくとも褒められる、誇りある日本人では全く無い。

leftylefty 2007/05/30 22:12 三輪様、こういう事言うのははばかられるんですが、荒らしにはスルーでお願いします。

柳生すばる柳生すばる 2007/05/30 22:37  三輪のご老体
 私を投稿禁止にしたのは私への憎しみではないのかね?
 小泉元首相や安倍首相を憎んでいるのはあなたじゃないか!?
 二枚舌のあなたは日本人でも・男でもないよ!
 二枚舌が誇りなのか?
 私はまだあなたを禁止にはしていない。
 lefty君にも論争したいなら条件を出せと言っているだけだ。

豊臣ヒデちん豊臣ヒデちん 2007/05/30 22:47 永田氏、nebuo氏のコメント、そして彼等へのレスで今回納得出来ました。しかしこれだけは言っておきたくてカキコに来ました。

柳生すばる氏>はじめまして。貴方とlefty氏と三輪氏との間にどんな因縁があるかは解りません。ただ
『私の趣味は君のような小児左翼をからかう事なのだよ(笑)』
『三輪のご老体、寝言は寝てから言って下さい』

流石にコレはないのでは?前者は明らかに只の中傷、後者は三輪氏のコメのどの辺りが寝言に感じるのか説明するのが最低限の礼儀だと思います。『全部』などと言うのは答えになりませんよ。

柳生すばる柳生すばる 2007/05/30 22:58  豊臣さま。
 私はblogを楽しんでおります。それがいけませんか?
 意味のない・訳の分からないブツブツとただの呻り声
 これを寝言と言います。
 三輪さんの最初のコメントはこれではないのでしょうか?
 私には何を言っているのかサッパリ分かりません・・・
 あなたには分かりますか?

豊臣ヒデちん豊臣ヒデちん 2007/05/30 22:59 柳生氏>続きです

何故かお二人や、貴方に指摘する方への回答が上から目線になっている事が気になりまして。

維新政党新風を全面的に支持している私ですがアンチ小泉、安倍派なので貴方から見たら只のサヨクのボヤキにしか聞こえないのかも知れませんが、このブログには私のようなその他大勢も来ているのです。
礼儀正しくしろと言っている訳ではありません、書き込みにいらっしゃるならどうかもう少し言葉に情けを。

柳生すばる柳生すばる 2007/05/30 23:13  豊臣さま。
 分かりました。気をつけます。
 ただし
 三輪さんの方が私よりずっと汚い言葉を使いますよ。
 これも三輪さんの悪い影響だなぁ・・・
 反省。

豊臣ヒデちん豊臣ヒデちん 2007/05/30 23:20 柳生氏>続きを書いているうちにすれ違ってしまい、本当にすみません。

三輪氏のコメントについては自分なりには理解出来たと思います。それがあの方の言おうとした事と一致するかは解りませんが。私自身文妄故…(泣)。

三輪耀山三輪耀山 2007/05/30 23:40 >豊臣ヒデちん様
柳生すばる氏に言わせれば、全て他人が悪いと言う事でFAです。
自立した人間性を備えないままに、大人と言われる年齢になり、どうにも自立できない状態でlefty様みたいな将来性のある、優秀な人に出会ったので狂乱しているだけですよ。
根拠無く他人を見下せる、根拠が無ければ見下す理由を捏造する。
所詮反日中国人や反日朝鮮人の最低の連中を近親憎悪しているだけの輩です。
そんな輩とブログを楽しみたくは無いです。
反日朝鮮人や反日中国人と楽しみを分かち合えないのと同じですね。
こんなのが新風ですと自分のブログで大きく触れて回っているんですからね。
瀬戸様も困惑しているでしょう。

彼は他人の視線など関係ありません。食事をした後で料理の皿を灰皿にする中国人と同じ。
ただひたすらに傍若無人なだけです。他人の迷惑よりも、ひたすらに自分の感情、しかも負の感情を満足させる事にだけ興味がある男なのです。

最低のその下ですね。

三輪耀山三輪耀山 2007/05/30 23:44 >三輪さんの方が私よりずっと汚い言葉を使いますよ。
>これも三輪さんの悪い影響だなぁ・・・

こういう物言いは、反日朝鮮人が良く使う言い方です。
「俺達を日本人は批難するが日帝はもっと悪かった!相殺論で日本人は永遠に朝鮮よりも悪い!日本人の癖に俺達に反論するな」

丸っきり同じ。自分にだけ甘いから、自分だけは許されると信じ込んでいるから居丈高なだけ。

荒らしと言うよりしつけの悪いペットですな。
どんどん彼の評価は私の中で下がって行く。
もう、今の時点で反日朝鮮人よりも下ですね。
日本語を使ってる分だけ更に気分悪いです。

柳生すばる柳生すばる 2007/05/31 00:33  愚連隊老人:三輪どの
 愚連隊なんて今の若い人は知らねぇよ!(笑)
 今は「ヤンキー」って言うの?! 
 分かった?
 
 私は貧乏人だよ!
 それの何処が悪いのか?
 私は以前あなたに
 「弱い者の味方をする三輪さんは尊敬する」
 と言ったはずだ。
 ところが今回は
 貧乏人の私をバカにする!
 クルクルと言うことが変わりますね?
 もう
 認知症が出ているのかな?
 それは
 お気の毒だ・・・
 寝言も言うわけだ!
 お気の毒に・・・

kawakawa 2007/05/31 01:02 leftyさんのブログは、コラム的な要素を重視して制作されていると認識していたのですが、現在はコメント欄でのコミュニケーションを重視されているのですか?
無論、それはそれで決して悪いことではないですが、最近のエントリーを見る限りではコラムというより、むしろ後者を意識した内容のように感じ取れますので、そうした私の認識が正しいか否かの確認をしたく、コメントさせて頂きました。
もし『2007-02-06 このサイトについて』のエントリー内容に変化があるのでしたら、改訂されるのが“leftyさんらしい”行動ではないかと思います。


ちなみに柳生すばるさんは、ここでの皆さんが感じていられる、いわゆるキチガイ(?)的な方ではないと私は思います。
柳生すばるさんのブログは、このleftyさんのブログや、個人的によく拝見させていただいている三輪さんのブログの内容とは、その方向性や表現の仕方こそ違いはありますが、レベル的には大きな差は無いと、私的には評価しております。
どのブログも内容的にそれぞれの立場での極論に近く、些か現実味に欠けるものがあるのですが、この三者を足して割ってみると、意外と吸収しやすい答えを得たりすることができます。

別に仲良くしろと言うつもりはありませんが、相手を全否定するようなコメントは、私のような考えの者からすれば『あんたも大して変わらんじゃん』って思ってしまうことだけはお伝えしておきます。

取り留めのないことを色々と書いてしましました。
これからも頑張って下さい。
応援しています。

右派右派 2007/05/31 01:09 >三輪殿、柳生殿

貴殿達は、論争ではなく単なる罵り合いになってますよ?
それはそれで構いませんがお二人ともブログをお持ちなのですからそのどちらかでやられることをお勧めします。

お二方ともかなりの物知りなのは素晴らしい事ですが、己の意に沿わぬ者への言葉使いが少し度が過ぎている様に見えます。

leftylefty 2007/05/31 01:29 >ヒデちん >三輪様
頼むから、スルーでお願いします。「荒らしの相手をするのは自分も荒らし」
>kawa様
上段のことは承知しました。確かに、本来の「コラム」が少なくなっていますね。何とか考えます。
ただ、中段については、あなたには失望しました。今まではあなたに対する印象は「確実に痛いところをついてくる知的な強敵」でしたが、今の書き込みは卑怯です。あなたほどの方ならすばる君の知的レベルくらい察することができるはずなのにさも「敵の敵は味方」とばかりにキチガイを擁護するとは…
やっている事が反自民のためなら北朝鮮とも手を組む民主党とかわりがありません。

RKRK 2007/05/31 02:08 アメリカ同時多発テロの場合は、ありゃ組織犯でしょ。個々の犯人がどうこうよりも、アルカイダ氏ねってところだったはずですけどね。
犯人を許すとか許さないとかの次元ではないです。次の鉄砲玉はいくらでもいるわけだし。
それにあれは、アメリカが狙われた理由というのがつまるところ「物質主義的に一番の先進国だったから」だったわけで、我々日本国民をはじめ先進国の住民らとしちゃ、ケツを落ち着かせていられんでしょうよ。自分とこも十分ターゲットになりうるわけだから。騒ぎになるのは当然です。むしろ危機感が全く足りないほうだと思いますが、如何。

三輪耀山三輪耀山 2007/05/31 08:18 >lefty様
これで本当に最後にします。

>柳生すばる
へぇ、貧乏人なの?本当に?
それなら何故格差是正を訴える私を「安倍政権の敵」と糾弾するのかね?
また、貧乏人で辛酸を舐めているなら、何故安倍政権を支持できるのかね?
言って見れば、本当に君は朝鮮人と同じなんだよ。

ウリナラは素晴らしい文化を備えていたニダ、世界一の国だったニダ、それを破壊したのは日帝(君の場合は左翼)ニダ。
そんな事をした連中は永遠に許さないニダ。ウリは貧乏だけど、それは他の人間が悪いニダ。それをつるし上げたら幸せになれるニダ。
ウリナラ(安倍政権)の批判をする奴は許さないニダ。

全く同じよ。ウリナラなり安倍政権なりに感情移入して、その批判を許さない、批判されたら自分を批判された様な気になって狂乱する。
同じよ、同じ。そして、それに私は気が付いた。
劣等感と優越感は本来同じもの。君がlefty様に「左翼小児病」と喚くのは朝鮮人が「一寸法師の病身倭人」と叫ぶのと同じ、私を「ご老体」と嘲るのは、朝鮮人が「日本猿」と二言目に言うのと同じ。
レッテル貼りであり、全てが詭弁である証拠。

君の意見を私と似たりよったりと評する人も居るが、それは国語力が無いのでしょう。
そして、それが「自称保守達」及び「護憲派左翼」の共通した恐るべき穴なのです。
何を読んでも、その文章の元来の意味ではなく、良い所取りで読んでしまう。
自分達に都合よくしか読めないのです。そして、とことん都合が悪ければキレて喚くと・・・。

救われない事夥しいですね。
ともあれ、私と柳生すばるには共通点が無い。
彼は貧乏だそうですが、貧乏について深く考えた事はないらしいです。
まあ、将来のたれ死にするかも知れませんが、尊敬する小泉閣下の言うとおり「自己責任」と言う事で彼は納得する事でしょう。
格差社会に大賛成で、現状を更に改革すれば過労死も自業自得と言う事になるのですが、そう言う流れに賛成してますしね。
いや、君は馬鹿にされるしかない貧乏人だし、安倍政権に賛成しているんだから、そんな貧乏人の味方なんか金輪際できない。
溺れているのを助けようとしても、助けようとする人に故意にしがみ付いて殺そうとする奴は、水の中に蹴り落として二度と助けたいとは思わないね。
同情なり手助けなりを受ける資格がないの、君には。
常識も理性も無く、単に感情の充足と妄想の工程だけを求める。本当に朝鮮人と同じ精神性の持ち主ですから。
私はこれまでの君の言行で、君を完全に見放している。最早和解は無い。

meetmeet 2007/05/31 20:49
自分は人と罪とを分けて考える傾向にある様ですので、次のように思っています。

「悪いことしたのなら謝って責任とればいい。
 罪は批判されるべきだが、人はそう批判されるべきではない。
 何か事情もあったのかもしれない。
  だが責任もとらずに死んで逃げるのは卑怯だ。
 それは根性の問題なので、自ずから死人の人格批判とならざるをえない」

まあかなり極端なのですね。
つまりleftyさんとは真逆で、松岡氏への疑惑が真ならば
氏の残した罪の追求、膿を出し切る事と、
逃げた氏への人格批判こそ適切だと思っています。
(文章にしてみると、あまりの屈折っぷりに自身で驚いてますが)

>これは野党やマスコミが松岡氏をバッシングしすぎたせいである。
原因の一つではあると思います、取り上げるくらいは良いと思います。
ですがこの後に
「よって野党やマスコミはスキャンダル疑惑への攻撃を慎むべきだ」
と続くなら狂ってます。

kawakawa 2007/06/01 01:25 うーん、、こちらの意図したことが正しく伝わらなかったようですね。
私は別にleftyさんを怒らせることが目的ではなかったのですが、結果的にそうなってしまったようなので、この件については率直にお詫びします。

ただ一言云わせていただくと、私は皆さんのブログを敵や味方といった次元で観てはいません。
当然、leftyさんを敵だとは思っていませんし、柳生すばるさんを味方とも思っていません。
またその逆も然りです。
私は皆さんの意見を「フムフム」と読ませていただいているだけの存在であり、誰が正しく、誰が間違っているかということには、あまり興味ありません。
故に、leftyさんの「敵の敵は味方」といった見解はまったく当てはまらないのですが、仮にそうだったと仮定して、私が卑怯者とするならば、「敵の味方は敵」と簡単に結論づけて批難する行為も、これまた卑怯ではないのでしょうか。
まあ、この問いかけの答えは求めませんので、ぜひ自問自答してみて下さい。

ちなみに柳生すばるさんは『釣り師』だと私は思います。
leftyさんや三輪さんのような血の気の多い(?)方は、気をつけないと格好の獲物にされてしまいますよ。

leftylefty 2007/06/01 20:25 meet様
>ですがこの後に
「よって野党やマスコミはスキャンダル疑惑への攻撃を慎むべきだ」
と続くなら狂ってます。
はい、そのとおりだと思います。それが言いたかったのです。
>kawa様
ええと、言ったことが伝わらなかったのでしょうか?
保守だろうとネット右翼だろうと、頭が壊れていない限り「太陽の帝国」を読んで「フムフム」と思うことはありえない訳で、おそらく新風連でも誰でもまともな人なら「太陽の帝国は唾棄すべき存在」という認識だと思われます。
僕があなたを卑怯だと思ったのは、「敵に味方した」からではなく、「キチガイに味方した」からであって、例えば「依存症の独り言」の味方をしたからといって僕はあなたを卑怯者とは言いませんよ。
論敵だろうと何だろうとキチガイを擁護するのは卑怯者かキチガイかしかありえない訳で。

kawakawa 2007/06/02 02:48 うーん、、結論ありきの批判ですね。leftyさんらしくない。

leftyさんが柳生すばるさんをキチガイであると認定しているのは解りました。
しかしその判断基準がスタンダードであると決めつけるのはちょっと強引ではないですか。
現にご自身のコメントでも、「思う・おそらく」を1回ずつ、その短い文の中に2回も不確定さを表す表現を使われているのですよ。
私から云わせてもらえば、こんなあやふやな基準でレッテルを貼る行為こそ卑怯者です。

それとも、その基準がスタンダードであり、その基準から外れる者は卑怯者かキチガイであることを立証できるエビデンスをお持ちなのですか?
『自分の周りのみんながそう思ってる』っていうのは無しですよ。
似たような思想の持ち主が寄り集まるのは当然ですから。

もしお持ちでしたら、ぜひ開示していただきたいと思います。


最後に一つ、私が柳生すばるさんをキチガイでないという判断した根拠として、彼が『釣り師』であることを挙げておきます。

釣り師とは、ターゲットがヒステリックに騒いだり、イライラしている様子を遠くから観て、嘲笑うことを目的として行動する者を指しています。
釣り師は基本的にターゲットと議論する気はなく、ただ見下して嘲笑うだけです。
また、どんな意見や批判を受けたとしても、それらを自分の意志に反映さることはしませんし、当然、ターゲットの気持ちなど、はなから眼中にありません。

ここで終われば確かにキチガイ呼ばわれされもしょうがないですが、釣り師はここからが違います。

釣り師は事前に必ず逃げ道を作ります。
そして形勢が悪くなりそうなら、それを使ってターゲットを煙に巻き、さっさと逃げます。
もともと、議論をする気がないので、そのあたりは全く躊躇しません。
そのことにターゲットが騒げば、またそれを観て嘲笑います。

こうしたことはターゲットの分析して、傾向と対策を講じる必要があり、それにはそれ相応のスキルを要します。
こうしたスキルは、ただのキチガイには持つことができません。
故に、私はキチガイではないと判断した次第です。

『そうした行為がキチガイの現れ』と思うかもしれませんが、それはまんまと釣られてしまった者の“負け犬の遠吠え”です。
ちなみに、相手の気持ちを思いやらない行為はキチガイであるならば、leftyさんの『ネット右翼』に対する態度もキチガイとなりますよ。


少々文が長くなり、失礼しました。

ふへふへ 2007/06/03 00:57 kawa氏の見解に同意します。
相手を「キチガイ」と断じて一切の言説を無価値とするなら、言及すること自体が不毛です。

leftylefty 2007/06/03 09:40 >kawa様
ああ、そうですか。では、あなたもキチガイと認識させていただきます。これ以上あなた相手に何も論争するつもりはありません。キチガイ相手に論争するほど不毛な時間を重ねる時間はないので。というと「都合の悪いこと相手は全部キチガイとは愉快ですね」とか訳のわからんこというでしょうが、好きに言ってください。
>ふへ様
何言ってるの?すばる君は勝手に荒らしに来たんだけど。

ふへふへ 2007/06/03 22:26 だから「荒らし」と判断するならさっさとコメント削除してアク禁にすればよろしいかと。
荒らしはスルー、といいながら当のブログ主が対象者をコメントでも本文でもキチガイと「言及する」のは不毛だ、と申し上げているわけで。

leftylefty 2007/06/04 00:01 既にそれに近いことはしていますが。
そもそも僕は勝手に荒らしに来た人間を相手にせずにコメントつける人にも相手にしないようにお願いしているのに、さも荒しを肯定、推奨するような行動をとることが「卑怯者」のすることでなくては何ですか?
キチガイに相手する人がいたらその人に「キチガイ相手にするな」って言ったらダメなのですか?
じゃあどう言えばいいわけ?
直接荒らしに「あなたはキチガイです」っていうのは全くの不毛ですが、キチガイをキチガイという行為そのものが不毛という論理は全く理解できません。

kawakawa 2007/06/04 01:11 ※leftyさんは、私とのやりとりは不毛と判断しているそうなので、このコメントに関して反応していただかなくても結構です。

うーん、、私の意志は無関係にどんどん悪者にされているようですね。
まあ、これがleftyさんの下した評価なのであれば、その評価に対して私からとやかく言う気はありません。
ただ、本件を冷静且つ客観的に観たとき、論理的でないのは明らかにleftyさんの方ですが、そんなことで『左翼のプライド』が保たれるのかどうかが、とても気がかりです。

私の評価については、leftyさんを含め、考え方に偏りのある方々には否定的な意見が多いであろうと想像しています。
しかし、そうした自分の価値観のみでしか事の善し悪しを量れない方は、様々な情報から現実的且つ、現在とるべき最善の妥協点を見出すというような、とても難しい判断や決断を放棄している、いわゆる理想論だけで突き進む、知的に「横着」な方なのだと私は思います。

私は柳生すばるさんのように『キチガイ』を演じるほど優しく(?)ありません。
それ故に、leftyさんの滑稽さが顕著に表れ、それを感じてしまう方も多いのではないでしょうか。

tomoishikawatomoishikawa 2007/06/11 05:55 死んだほうが損が大きいということになれば
死ににくくなるので、(したがって諸々の真相解明も阻まれない)死者への鞭打ちはやるべきといえます.まあ罰を強化すれば犯罪が減るというものでもないのでモデルの一つにすぎないでしょうが。

2007-03-18 作法とは何か

[]作法とは何か 16:49 作法とは何か - 左翼というのはプライドたりえるのだろうか を含むブックマーク 作法とは何か - 左翼というのはプライドたりえるのだろうか のブックマークコメント

これ、茶道とか華道とかやっている人には当たり前すぎることかもしれないし、噴飯物かもしれませんが、まあご容赦ください。


作法…これに否定的な印象を持つ人は多いんじゃないかと思う。

一日体験お茶の会とかに行って、いかにもプライド高そうな人から、細々としたことを延々と解説されて、

当然覚えきれるはずもなく、

一つ一つ段階的によっこらしょ、どっこらしょ、とやっていき、何か窮屈この上ない動き方をわざわざしているのに

先生が「そこはそうじゃないのです。こうなのです」

とかしかられて、どこが違うのかわかんなくても動きにくい方法を無理矢理やんなきゃならない。

ぶっつづけると

ああ〜〜〜

ってぶちぎれたくなる。

そんなイメージを持っている人はいませんか?



そんな人でも、何かスポーツやったことある人は多いと思う。

で、運動部に入ってやらされることは、うんざりするほどの「基礎練習」だ。

例えば素振りなんかを延々とやらされる。

はしっこでドリブルをダムダム延々とやらされる。

素振りって、何の意味があるんだ?

始めは必ずそう思う。

しかし、そういう基礎練習を数ヶ月続けているうちに自然と気づく。

以前より、ずっと球が正確に、強く打てていることに。

素人が球技をやると、誰でも手だけでやろうとする。

小手先でコントロールした方がやりやすいし、とっつきやすい。

でもそれではダメなのだ。実際にバットなりラケットなりを持っているのは手でも、スポーツでは手よりも腰とか膝とかを動かして打たなければいけないのだ。

手先を動かすのは直感的で分かりやすいため、誰でも始めは手先でやろうとする。

一方体を使うのは重く、素人では腰の動きとラケットの動きがどう連動するのはイメージできないため、空振りするはめになる。

しかし、手先では軽い。(60kgの人でも手先だけだとせいぜい数kgしかない)軽いと運動量(質量×速度)がたりない。球に伝えられるパワー(力×速さ)がたりない。結局、球の重さに負けてしまったり、スピードのある球が打てなかったりする。

だから、全身で打つ必要がある。触れているのはバットとボールでも力の伝達は重い胴体の腰やへその部分にインパクトでする必要がある。

しかし、そういううち方は難しい。

「腕をたたんで、腰を回して、40度くらい回ったところで膝をひねって…」

ということばかり考えているうちにボールがさっとスルーしてしまう。

だから、素振りの必要があるのだ。

「全身を使って打てる」ようなフォームを何べんも振ることによって、何も考えなくても自然に「全身を使って打てる」フォームが簡単に出るようにするのだ。

人間は自然にしていたら全身を使って打てるフォームにはならない。ムリヤリ全身を「使えるフォーム」を体に覚えこませる必要がある。

「全身を使うフォーム」は、始めはすごくやりにくい。窮屈だ。何か変な感じがする。

しかし、やりなれてくると、これが「めちゃくちゃやりやすい〜」って事に気づく。

力学的に自然な動き方、理想的に力が伝わる動き方だということに気づく。

それを実感した段階で、人は「初心者」を卒業する。


もう何がいいたいのかお分かりだろう。

つまり、「作法」とは、力の入れ方、物の運び方を力学的、生理学的に理想な方法をまとめたものなのだ。

作法は始めは窮屈だが、じきに作法のしめしているやり方がいかにやりやすいか、いかに合理的かを感じる時がくるのだろう。

「作法は形じゃなくて心じゃ。好きなように飲め」

とか言ってお茶を勧める「達人」がドラマなんかによく出てくるけど、

それってつまり「腕しか動かさないでフリースローを打つ」みたいなもんであんまり意味ないのかも、とちょっと思った。


最後まで読んでくれてありがとう!面白かったり少しでも何か感じていただければクリックお願いします→人気blogランキングへ

meetmeet 2007/03/19 15:22 ”作法とは無駄の無い動きのトレーニングである”
なるほど、そういった側面もあると思います。

体捌きのみでなく、行儀などの「作法」も、
言わば日常の行儀の全般へ通じる基本トレーニングですよね。

ポケットに手ぇ突っ込んで金髪なのに、
妙に食事やらピンとした背筋やらが上品な知り合いが居て、
育ちを聞いたらやはりそれなりの家だった。
(グレてたけど)
…みたいに滲み出るものですよね。

農民農民 2007/03/19 16:16 作法とは感謝の心ですかね…。

食事などの作法は命、生産者、料理してくれた人、そしてそれらを育んでくれている森羅万象に感謝し、失礼の無い仕草ではないでしょうか。
細かい作法にも必ず何かしらの理由があります。

スポーツなどの作法は相手だけでなくスポーツをできる環境を作ってくれる全ての人、物に感謝する態度だと思います。

僕は野球をやっていましたが作法の一つとしてグラウンドに礼、と言うのがあります。全てに感謝、の分かりやすい例ではないかと思いますよ。

とは言ってもまだまだ不作法者ですが(笑)

わからんねわからんね 2007/03/19 17:42 貴方は、そこまでわかっていながら、なんで日本の伝統を破壊しようとしている共産党を支持しているんですか?

中生中生 2007/03/19 21:44 まぁぶっちゃけて言えば知らないよりは知っていたほうが損はしないという所まで来ますね(笑)
特に作法は年齢が上がれば上がるほど、ある程度は知ってないと恥ずかしいものですし。思えばそういう作法を心得ていない者の「恥じらい」というものも無くなってしまった気がします。(この前とある
女の子がズーズーと豚のようにスープを飲んでいるので注意したら「あたしが飲むんだからあたしの勝手でしょ」と言われあ然としました。恥じらいはないのか!と思いましたね。)

ππππ 2007/03/19 21:47 作法は、実用的ですね。
ところで ”勝つ為”の作法と”負けない為”の作法
leftyはどちらに関心がありますか?

三輪耀山三輪耀山 2007/03/20 01:50 作法とはある意味護身術。
粗雑でない方法で相手を警戒させない方法。
礼儀も護身術。
相手の門前をくぐって、生きて出て来る為の方法が礼儀。

昔は大変な時代だったと言う事。
それらが洗練されて、今に至るまでの道になっている。
剣道が礼に始まり、礼に終わるのも同じ。
よそ者がぶち殺されたくなかったら、昔の稽古場ではそうすることが正しかった名残だと思う。

だから礼儀も作法も、相手を不愉快にさせずにメッセージを伝える方法だったりする。

baobao 2007/03/20 21:37 んー職人は盗め!といいますね。ただだからでしょうか?お茶には月謝などがありますからね。
日本人ケチ?(笑)

本城右京本城右京 2007/03/20 23:52 高校時代、コートの隅でダムダムしたことがあります(笑)。
でもって、相当なブランクにまた苦しんでおります…

作法、スポーツでは基礎練習…これらの重要性には、
意外と現代では気付く機会が少ないと思います。かくいう
私自身も子供の頃は下町育ちの名に恥じないくらいの
やんちゃ坊主なところがあったらしく、説教しても
説得力は相当落ちるそうですが、最近はといえば
目を覆いたくなるような子供たちの姿に嘆きっぱなしですよ(笑)。

leftylefty 2007/03/21 23:50 皆様コメントありがとうございます。
上に書いた「作法」は僕が草ソフトボールの途中で素振りしているときに気づいたものですが、皆様の「作法」感は大変興味深いです。
>わからんね様
共産党が「我々が政権をとり次第茶道や華道や書道、剣道等を弾圧する!」という公約を掲げたら、即刻支持をやめるつもりですが。
>bao様
「技は見て盗め」っていうのは教えてやっても血肉にならないからではないでしょうか。言われたことしかできない人間になるし。

通りすがり通りすがり 2007/03/22 00:47 作法とは、無駄のない効率的な動きという面もあると思いますが、基本は美を求める心と人様への心遣いの顕れだと思います。
向かいの相手がこちらを見ていて美しいと思う、おえっと気持ち悪くならないようにする気遣い。
食べ方ひとつにとってもそれを作法という形に昇華し、人様やもてなされたものに美しい形で配慮するってすごい文明だと最近思いました。

共産党の根本にある思想て、中共にみられるような宗教弾圧や文化的な違いを全否定した異民族の虐殺だと思うんですけど。

2007-01-28 武士道

[]武士道 16:39 武士道 - 左翼というのはプライドたりえるのだろうか を含むブックマーク 武士道 - 左翼というのはプライドたりえるのだろうか のブックマークコメント

f:id:meiwakoko:20070128211027j:image

いまさらだが、武士道(新渡戸稲造著)を読んだ。

これは「武士道」というものを世界に広めた名著と言われているが、なるほど、確かに名著だ。

何気なく、空気のようにある私達日本人の精神性、これは決して日本国内をいくら見ても全く見えてこない。

「武士道」は世界の人に日本の武士道を紹介するために書かれた。

世界に日本を紹介すると同時に、この本は世界と比べることによって日本人の特有性、考え方、良心のあり方、そんなものの中に脈々と「武士道」が伝えられ、生きていることを逆に照らしてくれている。

日本人の精神構造を客観的に外から見ることで、日本人が日本人たる所以が抉り出され、日本人であることにひたすら感謝の意が自然に芽生えてくる。

まあ確実に僕は農民の子孫なわけだが。

蛇足だが、ここで挙げられている武士道(名誉の切腹とか忠の心は何よりも大切とか)は確実に江戸時代の武士道だろうな。戦国時代の武士道だったら裏切りは完全に裏切られる方に責任がある卑怯、せこいは所詮は敗者の戯言約束とはだまし討ちまでの準備期間のこと、というような徹底的なリアリズム武士道だったろうから


ある時私は、ベルギーの法学者に「日本には宗教教育がない」と話したところ、「宗教なしで、どうやって道徳教育をするのか」と驚かれた。思い返すと、自分に善悪の観念を吹き込んだのは武士道であることに気がついた。


らしい。この文章を読んで、正直、僕は「は?宗教と道徳とどう関係があるわけ?ましてや武士道とどう関連が?封建社会の既得権益層が自らの立場を正当化するためのプロパガンダ?」と思った。思ったんだよ。不覚にも。

読み進めていくうちに、穿った考えがひたすら破れていってスルスルと上の文章が心の中に沁みていくまでにそんなに時間はかからなかったけど。

例えば、武士道の中で重要な概念に、義理というものがある。

「義理」という概念は外国語に無いらしいのだが、思いっきり簡単に言ってしまうと、

「親切を受けた相手には受けた親切以上の施しをしなければいけない」義務だ。

我々は、「」内のことを当たり前だと思っている。

当たり前過ぎて気にも留めないのだが、よく考えてみると、「」内のことは何の根拠もない。

別に親切を受けようが受けまいが自分が親切をすることと何の関係もないし、自分が親切をしてやって他人がうれしがることと自分がうれしいことは本来何の相関も無いはずである。

しかし、「」内のことが前提となっている世界前提となっていない世界を比べると、圧倒的に前者の方が皆にとって住みやすい世界であろうことが予想される。

この世の中は決してゼロサムゲームではない。

「」内のことが前提になっていれば人はたやすく他人に優しくするし、人から優しくされれば自分もその人に恩返しをしなければいけない義務が生じる。

そうやって人と人との係わり合いがスムーズに、暖かくなっていくことは間違いない。

とはいえ「」内のことを強制的に人々の前提とするのは難しいことだ。

しかし、武士道では義理という言葉一つでそれを可能にした。

武士道が道徳を構成するってのはそういうことだ。



もう一つ。武士道において、「恥」は死よりも悪いものとされる。「恥」とは卑怯なまねをしたり、自分の怠惰によって仕事に不都合を生じたり、不忠を働いたりすることだ。

冷静に考えれば、どんなに恥ずかしかろうが生きていた方がありがたいに決まっているのだが、あえて「恥は死より忌むべきもの」と思い込む。

周囲も全員思い込む。すると恥を回避すれば周囲が認めてくれる。認めてくれればうれしい。

「恥は死より忌むべきもの」というものも何の根拠もない。

しかし、何の根拠も無いものも周りが全員信じていれば、善悪の感情もできていない子供のうちから刷り込んでおけば、根拠もくそも無く思い込んでくれる。

そういったカラクリによって、武士は武士に卑怯なことをしたり怠惰で人に迷惑をかけたり人のものを盗んだりさせなくすることに成功した。



翻ってみると、僕も物を盗もうとすると、何か大きなものが僕自身にブレーキをかけてくる。

うまく言い表せないんだけど、物を盗もうとした瞬間に見えない空気でできた手みたいなものが心臓を押さえつけて動けないようにする。

(同じような体験をした人はいいたいことがなんとなく分かるだろうけど分かんない人には一生わかんないだろう)

それは何故かといえば、「世間様に顔向けできない」からだろう。

日本では世間様が一番偉い。

世間様に顔向けできないことは、絶対にやってはいけない。

少なくても僕の中では。

僕の中で、「良心」というなんだかよく分からないものを形成しているのは「世間様」なんだ。

日本以外では、多分「世間様」はいない。

韓国でも中国でも北朝鮮でもインドでもアメリカでもフランスイラクでも「世間様」はいない。

そう思ったとき、「宗教が良心をつくる」ということが何となく理解できた。

日本では

世間様や、

食べ物を粗末にしたときに出るもったいないお化けや、

嘘をつくと舌を切ってしまう閻魔様や、

人を陥れるとバチを当てる神様や、

正しいことをすると天国に連れて行ってくれる仏様や、

リリアンを見ているマリア様や、(そこ、ニヤニヤしない!)

そういったものを全て管轄しているのが、キリスト教のGodとかイスラム教のアラーなんだ。

だからキリスト教徒は人の弱みに付け込もうとすると、Godに見えない力で押しとどめられるんだ。

おそらく。

「何の宗教も信じていない人間は馬鹿にされる」という言葉の意味が分かった気がする。

宗教を信じていない人間は世間様がいない空間では人を悪く言ったり迷惑をかけたり物を盗んだり殺したりすることにブレーキがかかることが無いんだ。



そう思うと、例えば「ローマ帝国の皇帝は民衆を支配するためにキリスト教を広めた」って初めは何か悪い意味で言っているのかと思った(皇帝が自分の趣味を民衆に押し付けたのか?くらいに思ってた)けど、違うんだな。

人がお互いに迷惑をかけあったりだましあったりする国より、人が助け合ったり、微笑みあったりする国の方が国家権力のほうも統治しやすいだろう。

そう気づいてから、マジで僕の中の昔の支配者に対する尊敬の意がうなぎのぼりした。



日本ではなぜ「宗教」のイメージが悪いのか。それは日本にある「宗教」の大半がカルト宗教だからだ。

私達が良心を持っているのは、皆が住みやすいような心を持つように宗教でコントロールされたからだ。

ということは、その宗教の心のコントロールを一歩はずせば周りに迷惑をかけることを是とするような良心を作ることができる。

そういうものを作り出す宗教をカルト宗教という。

なぜ日本では宗教といえばカルト宗教ばかりなのか。

それは、日本人のなかで最も尊ぶべき存在である「世間様」より偉い神様を信仰してしまうと世間と調和が取れなくなるからだろう。


全部読んでくれてありがとうございます。面白かったら→人気blogランキングへ

おはようございますおはようございます 2007/01/29 02:46 良質なブログいつも楽しみに読んでいます。
アホな右翼のブログを読むより百倍楽しいです。

はじめは色々ごちゃごちゃ言おうかなとも思いましたが、読むだけにします。

10年後の大成期待しています。

SigmentosSigmentos 2007/01/29 13:33 初めて書き込みします。
エントリーと余り関係ありませんけど、許してください。
真面目なまともな左翼のブログは、大変珍しいと思います。

現在、特亜が大変痛い国々であるというのは、まともな人の目には当たり前ですけど、左寄りの人達は大抵、その痛い国々を擁護したりするので、左翼は狂っているというイメージを振りまいていると思うのです。
その為、今は右寄りの風潮になっていると思うのです。
つまり、右傾化の原因を、痛い左翼が作っている訳です。

特亜に対して義憤し、頭に血が昇っている人は多いと思いますが、そのような人達に、一旦冷静になって考えて貰う機会を与える様な可能性を、このブログは秘めているかも知れません。
左翼だからと言って、即座に「基地外」だと決めてかかる人は、ここを見た方がいいと思います。

本当は、右翼も左翼も関係なく、皆が仲良く楽しく暮らせるのが一番です。
当たり前ですけど、その「当たり前」がなかなかままならない今の世の中が心痛い。
憎むべきは、右翼左翼に関係なく憎しみを煽る人です。
以前の自分を思うと、余り偉そうな事は言えませんが、反省の意味も込めて・・・。

纏まりのない文章で済みませんが、とにかく応援しております!!

誠犬誠犬 2007/01/29 15:25 はじめまして。

新渡戸稲造の「武士道」は所謂「明治武士道」であり、
本来の武士道とは異なる、という意見があります。
武士道の逆襲 (新書)
菅野 覚明 (著
はお読みになられたでしょうか。お勧めです。

また、戦後の日本における「宗教嫌い」は先の大戦における反省による物も大きく、
所謂左翼勢力やアメリカ他戦勝国の意図も大きく関わっている気がします。

>日本では宗教といえばカルト宗教ばかり
なのかどうかは即断を避けるべきでしょうね。
亡くなったらお葬式を開いてお墓に入る人はまだまだ多いでしょう。

ただし、今日の日本では神や政治イデオロギー等の「大きな物語」が失われ、
多くの人が良心の支えを失っているのは事実だと思います。
そこに現れてきているのが昨今の「右傾化」ではないかと考えていますが、
話がそれすぎても良くないので、今日はこのへんで。

また寄らせて頂きます。右左に硬直しない柔軟な論考に期待しています。

leftylefty 2007/01/29 20:02 >おはようございます さん
ありがとうございます。10年後にどうなっているか分かりませんが、これからも面白いブログを作れるようがんばってみます。
>Sigmentos さん
私の意図を理解していただき、ありがとうございます。そうなんですよね。実際、思想の左右と特亜は何も関係の無いはずなのに、何故か左の人間は特亜と関係を持ちたがります。
思想の左右と親or反特亜の間違ったリンクを断ち切るために、このブログを立ち上げたようなものですから。
>誠犬様
はじめまして。新渡戸さんの武士道と実際の武士道が実際にはずれがあるという話は聞いたことがありますが、その本は読んでないので読んでみます。ありがとうございました。
今の日本では勝手な人間が闊歩するようになったとか言われますが、「世間様」がいなくなっている現れなのかなと少し寂しい気持ちです。

真名真名 2007/01/29 20:08 とても素晴らしい文章でした。
ただ一言だけで失礼します。

葵 2007/01/29 20:28 リンクしたつもりなのに駄目だった。残念!
貴方は本当の日本人の心を持ってますね。
それが私には嬉しいの。
貴方を知って 左翼=左巻き
↑この考え方が、すっかり変りました。

昔は「そんな事をすると世間様(お天道様)が許さない」という『恥の概念』があったのですがね・・
支持する政党は違うけど、私は貴方を尊敬しています。
若い貴方に期待して、楽しみにブログを拝見させて頂きます。

つみれつみれ 2007/01/29 21:27 はじめまして。

共産党を支持しながらも武士道を階級闘争の生贄にする事なく、また、所謂左翼思想(この場合、「個の尊重」という限定の意味で)を糾弾するあまり持論の装飾に用いる事もない、管理人氏の御理解に驚いております。恐らく、管理人氏の共産党に対する立場は積極的支持ではなく、消去法に基づいた消極的支持なのでしょうね。

私個人としては、戦国期に於ける原・武士道(便宜上、こう呼びます)と、江戸期に成熟をみた武士道、戦中の武士道、三島由紀夫に代表される戦後の武士道はそれぞれ別物だと考えています。三島や新渡戸の論ずる武士道については、「日本人総体の美点」として捉えている点で私は懐疑的であります。武士道が生贄或いは装飾に用いられる時、共通しているのはここですね。

共産主義を支持する方による、単なる文化否定に堕する事のない武士道観は初めてです。興味深く拝読しました。

leftylefty 2007/01/30 21:57 >階級闘争
確かに武士は民衆を弾圧してきた特権階級ですが、世界史を学ぶうちに戦争に明け暮れている外国の領主に比べれば平和を保った分だけマシだろ、と思うようになりました。「俺はサムライの子孫だ!」とか訳の分からないプライドに凝り固まっている奴もアホですが江戸時代に戦争をしなかった武士を偏に否定してしまうのももったいないと思います。
>戦国期に於ける原・武士道(便宜上、こう呼びます)と、江戸期に成熟をみた武士道、戦中の武士道、三島由紀夫に代表される戦後の武士道
確かに別物ですね。何か、どんどん美化されていっているような…
>真名さん
ありがとうございます。その一言が励みになります。

真名真名 2007/02/01 16:09 いえいえ、とんでもない。
いま私が読んでるブログは、ここと三輪さんのとこと、ジャパンハンドラーズだけですよ。

仮 2007/06/12 11:24 「親切を受けた相手には受けた親切以上の施しをしなければいけない」義務。これは返報性の原理という人間の基本的な行動原理。

「人を悪く言ったり迷惑をかけたり物を盗んだり殺したりすることにブレーキがかかることが無い」良心のない人間は一定確立で存在し、反社会性人格障害と呼ばれる。

12.武士道12.武士道 2007/09/16 08:32 武士道とは建前の理論であり漫画のサラ金に出てくる本宮ひろしの考えの方が余程的をえていると思います。
学の無い私が学を語るのも変な話ですが日本人の識字率の高さは他国に比べ群を抜いていたのは昨今の話ではなく明治の遥か前より寺子屋にて行われていた朱子学の流れに属するものであり様々な日本人古来から持っていた「和」の思想より成り立っている訳で間違っても百姓のせがれが武士道なんてものにカブレる事は有り得ません。切支丹に対する弾圧を行う「お上」の側の理屈を一般庶民の農工商階級が支持するも何も教わる機会すらないのですから武士道など貴方が言う平安仮名くらい無用の長物です。神様等と言った所でキリストが生まれてたかだか二千年の歴史しかなく仏教が日本に伝来して1500年程度のものですから為政側には太陽神である天照大神はその遥か前に存在し神道はそれを天皇に結び付け敬っていたのでしょうがそれにしてもわずか2700年足らずの話です。貴方の言う世間様に誰一人反論しない段階でアホ丸出しの読者しかいない事がよく解りました。

世間様=お天道様の事ですこれは神道から来てる話です。従って武士道とは全く意味合いが違い尚且つこの発想は江戸時代以降の話です。日本史を年号でしか覚えていない貴方が歴史を語るのは未だ早すぎるようですね。日本人の謙虚と言う姿勢は遥か大昔から存在した「和」の思想であって私は逆説の日本史を支持する者として武士道に脈づくと言う与太話には到底ついてはいけません。

ちなみに貴方に宛てたコメントでレスがない方が1月の分にありましたが都合の悪いコメントに返答しないやり方は右も左も関係なく過激な主張をする方に多く見られる傾向だったように記憶しています。クソコメにムキになる必要は無いと思いますが今一度貴方の返答で終了していない分に関してはどのような考えなのか書いておかれた方が良いのではないかと大きなお世話ですが思いました。

過激な主張はシンパも作りますが敵も作ります。下らない揚げ足を取られない為の真摯な姿勢を保つ努力はされた方が良いのではないかとも老婆心ながら思います。

それではこれ以上の書き込みは時間の無駄ですから12にて終了と致します。