とろけるあめ

2017年07月15日

06:13

感性をおしえているのに感性が わからなくなって青鞜を穿く。自転車をこぐたび透ける膝のおさらが、夕焼けの色に似ているなとおもう。 「おかあさん、いまの、ずこうの先生だよ。」 おかあさん、わたしふるさとをとおく離れて、知らない街で、指をさされて名前を呼ばれるようになりました。

06:44

「きみのルサンチマンが小さくなるようにおまじないかけてつくったカレーだよ」と言って差し出す

2017年07月09日 こはくそこひ

23:12

拝啓、この手紙、読んでいるあなたは、どこでなにをして、いるのだろう。という歌を、きらいだったのに、大人になると、そんな歌をうたうような気持ちになることもある。  十五のわたし、目がみえなくなる病気になることなんて、考えたことがありましたか。二十七のわたしは、そんな病気に出会っている。「中野五中この一瞬を大切に」  十五のわたし、目がみえなくなる可能性をおもうと、一切のことがいとおしくなるのを知っていますか。どうしてあんな派手に塗装してしまったのかしらとおもうアパートのピンク色。としまえんの広告のなかで笑う、マリリン・モンロー。きっとこれからデートに向かうにちがいない、女の子の、うつむく目に、細く、長く、のびている睫毛。駅のホームから、線路にかけて、小さなはしごのようなものがついている、きっと、あれは小人が落下したときのための、避難経路・・・    二十七のわたしは、いろんなことがいとおしくて、電車にのるだけで、胸がいっぱいです。  「中野五中この一瞬を大切に」  西武新宿線から見えるの   「中野五中この一瞬を大切に」      十五のわたし、まだ、東海道線しか、知らないんでしょう。