Hatena::ブログ(Diary)

melchiの日記

2017-06-18

[][]年度本番2つ終了

更新が空いてしまった。とりあえず2つ本番終了。

5月は、休団中オケ室内楽演奏会金管アンサンブルで参加しました。本番でエヴァルトの1番を演奏するのは学生以来。個人的には、高校の時のアンコンで県大会ダメ金だった、いわくつきの曲。関東に行けたと思っていたので、審査員講評に「靴の色をそろえろ」とかロクなことが書かれていなかったことから、えらく不信感を持ちました。同じ県から全国に進んだ高校演奏全国大会で聴いたときには、影なる強大な力を感じたものです。アホらし。あいつの親族の曲は二度と聴きません。

翻って、この日の自分演奏は、最後の方で1発はずしてしまったのと、途中で上のGが上がりすぎないように心がけていたところ、微妙音程になってしまったという2点が悔やまれます

6月は、老人ホームへの慰問ブラバンで参加。中庭から明るい光が差し込み、天井が吹き抜けのようになっているお洒落エントランスホール演奏しました。音楽教室は何回か経験がありましたが、慰問演奏は初めてでした。ちょっと感動ですね。あんなにお客さんと接近して演奏することはあまりなく、しかもお客さんが頷きながらとか口ずさみながら聴いているのを受け、演奏の方も実力以上の仕上がりになっていたと思います

私が人前で演奏するのは、次は11月を予定していました。ところが、このバンド10月にまた慰問があるとのことで、引き受けてしまった様子。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/melchi/20170618

2017-04-22

[][]今後の予定など

とりあえず人前で演奏する予定をメモ

5月中旬 金管アンサンブル

6月中旬 老人ホーム?への慰問に誘われる

11月中旬 青空コンサート的な何か

2018年1月 第9?の勧誘を受けた気がする

3月中旬 多分何らかの演奏会がある見込み

こうしてみると、意外にコンスタントに予定が入っています

さらに年度の後半に、ホルンアンサンブルをやるやらないという話が入りそう。

休団中団体の某リストでは、部外者扱い的な網掛けがあったので、まあそんなもんなんでしょう。特に動きはない様子。

4月はおかげさまで仕事が忙しく(と言っても夜以降の新歓中心ですが)、平日のちょこっと音出しがなかなかできません。毎週ハイG#以上という目標が疎かになってます新歓ラッシュは多分4月には終わるので、GWで体調を整えていきたいと思います

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/melchi/20170422

2017-03-21

[][][]演奏会終了

最近たまに顔を出している吹奏楽団の演奏会が昨日終了しました。本日は体力回復のため、午後休を取ってます

ホールが大きくなく、しかも結構残響があるところだったので、風呂場的ではあったものの気持ちよく吹くことができました。私はどの曲も3rdか4thだったので、気分的には楽勝でした。非常によい音出しにもなりました。

個人的には初アルヴァマーがツボでした。ほとんど休みなしの曲ですが、ホルンのコンディションを整えるのにもってこいだと思いました。吹き終わると疲れは若干残りますが、そのあとの楽器への息の入り方が全然違いますゆっくりタンギングと中音域のスラー連続がエチュードのようで。毎回音出し代わりに使いたいくらいです。

あとは5月室内楽金管アンサンブル)ですね。こちらは先日初回の合わせがありました。エヴァルトの1番をやります。これもよい練習にもなります

こういった練習が続いているときは、徐々に調子が戻ってきているようにも思いますが、吹いていないとすぐに逆戻り。毎日吹ければいいんでしょうけど、なかなか難しいですね。焦らず気長に。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/melchi/20170321

2017-02-19

[][]吹き方一部変更

昨日から、吹き方を変えてみました。今まで顔の左側の筋肉が弱っていたのを意識して調整してきましたが、音量が全然出ないのが問題と感じていました。

リハビリを始めてから、まずは左側の筋力増強を図ることを課題にして、器具も使いながら調整。少しずつ筋力がついて来ましたが、左側を意識しながら音量を出そうとすると唇が震えてしまって、特に中音域がmf位が限界となってしまい、ホントにリハビリ状態でした。短い曲なら大丈夫なのですが、1時間くらい吹くと震えを制御できなくなってしまっていました。こういうのをオケをやりながら調整すると、かえって調子を崩してしまうんですよね。オケは良くも悪くも一発芸みたいなところがあり、無理やり音を出しに行ってしまうということも多いです。リハビリはつらい日々ですが、左側の筋力回復の兆しも見えてきたことから、昨日から右側にも若干の負荷が行くようにしています。

こうすると、音量は出るようになるのは分かってはいましたが、高い音を出そうとするときに左側の筋力の弱さからアパチアが変な形で広がりすぎてしまうので全く高い音が出なくなるというのがリハビリ初期段階のパターン。昨日位からは、高い音でのアンブシュア調整もできるような感じになってきたので、マッピの当て方を変えてみたという状況です。まだまだ左側が右型に比べて弱く、コントロールがしにくいところがありますが、音のはずれやすさは、リハビリを始めた昨年8月に比べて格段に小さくなってように思います。

2016年度は音楽関係でいろいろありましたが、ことリハビリに関しては方向性は間違っていないようでした。あとは、大学時代感覚に戻れることを目標に、何年かかるか分かりませんが引き続き。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/melchi/20170219

2017-01-20

[]・・・

運営がひどいのは目をつむっていたが、なんだか各担当までひどいね。世の中こんなもんか。あるいは若さゆえか。自分発言がどういう風に取られるかなんて考えてないんだなあ。

前のアレもかなりひどかったが、それと同じくらいか? それよりも幼稚なのでまだましなのか。前のアレは完全にイカれてたけど。ちなみに音楽関連の話です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/melchi/20170120