Hatena::ブログ(Diary)

Mellow My Mind このページをアンテナに追加 RSSフィード

  メロウマイマインド   Instagram】 【note】 【mixi】 【箱庭療法】 【ボードゲーム

16年07月24日

[]収束とポケモンGOと趣味の問題

長女のおたふく風邪は耳の下の腫れと38度超えの発熱を経て、無事に収束いたしました。大事に至らず、次女にも移らなかったようでひと安心。これで心置きなく夏休みをエンジョイできるというものです。

そんなタイミングでのポケモンGO、もちろん我が家も参戦しております。アニメだけとはいえ、娘たちにポケモンを履修させておいてよかった! 一緒に歩き回れるくらい育ち上がっていてよかった! 近所をうろつき回るだけでレジャーになるなんてすごいことだ。同じゲームを遊んでいる人が街にたくさんあふれているなんてすごいことだ。娘たちがこのエポックさや衝撃をどのように感じているかはわからないけれど、カーチャンの方は一緒に体験できてよかったなーと思います。まあ実際は子連れでやってると姉妹でスマホの取り合いしたり、公園を見かければブランコ乗りたいだの、店を見ればあれがほしいだの言い出したりして、ゲーム自体の進捗は滞りまくりなんですけどね。これはあれか、長年やらなきゃと思いながら実行に移せなかった早朝ひとりウォーキングの習慣を始めるチャンスなのか。

時代の空気みたいなものはあとから追体験しようとしても正確には捉えきれないので、なるべく流行りものは体感させといたほうがいいなと思っているのだった。これは教育方針というよりは単にカーチャンの趣味の問題です。

16年07月19日

[][][]おたふく風邪夏休みカーネーション

夏休みを前にして長女がおたふく風邪にかかってしまい、2日ほどフライングして長期休み突入いたしました。

6月頃に予防接種受ける予定を立てていたのに私の仕事が忙しくなってしまって機会を逃し、夏休みに受ければいいやと思っていたら、その隙を突かれてしまった。ぬかった。

耳の下が痛くてご飯が食べにくそうな長女かわいそう。

なるべく次女に移したくないし、5日くらいは安静にしておかないといけないからずっと家の中で過ごすのもストレルたまりそうだし、どうしたらいいんだろうなー。

とにかく重症化することなく早めに回復してくれることを願うのみです。ごめんよ長女。


子育て期に突入してからなかなか音楽をじっくり聴くことがなくなってしまいましたが、最近またちょっとずつ聴けるようになってきて、いまは先日発売されたカーネーションの4年ぶりの新譜ヘビーローテーションしています

今回はアレンジがかっこよくて聴きやすく、近作の中でもかなり自分好みの仕上がりでうれしい。

聴けば聴くほど「あれ? 今回もしかして超よくない?」みたいな感じになってきています

雨の中、渋谷タワレコインストアライブも見に行っちゃったもんね。

10月レコ発ワンマンがあるようなので久しぶりに行けたら行きたいな。

Multimodal Sentiment

Multimodal Sentiment

D

この声、このアレンジ、超耳になじむわあ……。

16年02月16日

[]『オデッセイ

http://www.foxmovies-jp.com/odyssey/

火星にひとり取り残されちゃった! どーする!? どーなる!? でもがんばる!! というお話

取り残された宇宙飛行士ワトニーさんの知恵とユーモア尊い。

他の人たちも一生懸命知恵を絞ってワトニーさんを助けようとする。これもまた尊い。

この手の映画にありがちで最大にイライラする

・不自然に立ちはだかる組織

・やたら激昂する無能正義

物語を盛り上げるためにわざとらしいヒューマンエラーによって引き起こされるピンチ

一生懸命念じるだけで都合のいい奇跡が起きて解決

といった展開が一切ないので、たいへん清々しい気分で見られました。

そう! こういうのが見たいんだよ〜、見たかったんだよ〜、私は、常に!

DASH村とか黄金伝説的なサバイバルちょっとやってみたい気もするけど、さすがに火星で生き残れる知識も自信もないので、ただただワトニーさんとNASAの人たち頭いい〜! やるう〜! と感心しながら見てました。

最終的に助かるのはわかってたけど、ワトニーさんが無事に確保されたときは、画面の中の人たちと同じくウォォォォォォォ!!!!!!!!!!ってなったよね。

見終わったあとはジャガイモとダクトテープに対する欲求が大変高まったので売店で売るべきだと思いました。

音楽の使い方も面白かったです。

こういう映画もっともっと見たいなー。

16年02月02日

[]2月とお城とわたしたちは仲間

生産性もこまめにメモをとる習慣も身につかないまま、1月は去り、2月がやってきた。


Twitterのほうでも書いたけど、

シングルマザークッキー屋の話」

https://note.mu/sac_ring/m/me99c4c595d09

がとても面白かったです。

ちゃんと現実を見ながら自分の頭で考えて物事を決めていらっしゃる様子が、まさに知恵ってこういうことだな!という感じで、たいへん感銘をうけました。

シングルマザーがどうのというより、自分人生をどうとらえて生きるかみたいな話なので、あん自分には関係なさそうだと思ったかたも読んでみると、意外なヒントをもらえて元気になるかもしれません。

ありがとうインターネット



最近子供たちが成長して、またこれまでとはちがうフェイズに移行しつつあるなという感じがしている。

いっちょまえに人っぽくなってきたというか。

赤ちゃんの頃は自我がだだっ広い野っ原にぽつんと置かれた段ボール箱に入ってるような感じだったのが、ちょっとずつ家になって、鍵もかかるようになって、いまはちょっとしたお屋敷かお城くらいにはなってきたかな〜という感じ。

もうおいそれとカーチャン勝手に出入りすることはできないし、中に入りたかったらそれなりの手続きがいる。

もうカーチャンの知らない、もしかしたら一生入ることのない部屋もできてるかもしれないな。

といってもはしゃいだり感傷に浸るでもなく、ただただ、うむ、これでよい、と思う。



さっきのシングルマザーさんの文章で、子供のことを仲間だといっていたのがいいなーと思いました。

親ってなんだろうと考えるとよくわからない権力みたいなものが付帯しすぎる。

カーチャンたまたま年長で、できることも多いからとりあえずはこのチームのリーダー役をやっていると考えると、あんまり気負わず自分のやらなきゃならないことが見えてくる感じ。

このチームでなんとか楽しくやっていくにはどうしたらいいんだろうね?と考えたら、ちょっとわくわくしてくるもんね。

親として、と気負うと、(特に母親は)無限努力必要な気になってくるけど、自分はこういうタイプのリーダーから、この仲間に対してはこういう得手不得手があって、こういう役割がおさまりがいい、みたいな落としどころが見出しやすくなる気がする。

仲間ですね、わたしたちは、仲間。

16年01月08日

[][]あけましておめでとうございます2016

ってもう8日ですけどね。時間過ぎるの早い。

娘たち無事に6歳と4歳になりました〜。長女は春から小学生だよ。時間過ぎるの早い。

今年は「生産性のある人間になりたいなあ」とか「いろんなこと忘れないようになんでもメモする習慣をつけたいなあ」とか年初にぼんやり思いましたが、これといってなにも生み出さず、1日1ページの手帳はしょっぱなから白紙ページのまま、すでに1週間以上経ちました。時間過ぎるの早い。

特に書くこともないことに書き始めてから気づきました。

最近読んでおもしろかったマンガは『ゴールデンカムイ』『スピナマラダ!』『トクサガガガ』『左門くんはサモナー』です。

それではまた。