Hatena::ブログ(Diary)

Mellow My Mind このページをアンテナに追加 RSSフィード

  メロウマイマインド   Instagram】 【note】 【mixi】 【箱庭療法】 【ボードゲーム

06年03月06日

[][]見出されることを待っているすべてのラブと優しさへ

先日タナカカツキのデジオナイトについて書きましたが、そこでタナカカツキがいっていたことが心の中に響きまくって、忘れられなくて、ずーっとそのことについて考えていたのだよ。

タナカカツキが言っていたのは「赤塚不二夫マンガは、優しい」「人は優しいものに吸い寄せられる」「髪を立ててるハードロックの人たちに群がるファンは激しさに押し寄せているのではなく、優しさに押し寄せている」とかいうことなんだけど、それを聞いて頭の中のパズルピースがガーッと組みあがっていったのれす。

そうか、そういうことか!

ちょっと前に、ラブについて考えているよと書いていて、そのとき考えていたこととつながって、一気にわかった感じ。

上記の文章で挙げてた「MOON」というゲームは、困っている人を助けたりするとラブ(という名の経験値)がもらえるというシステムでした。だから基本的には「よーし人を助けちゃうぞ」と思って、助けて、ラブを得るものなんだけど、たまに、こっちが別に困っている人を助けたつもりはなくてもラブ認定されることがあって、それがすごく新鮮だったのです。で、それも「人のお説教をきく」とか、わりとしょーもないことだったりして、でもそれがラブですよといわれると妙に納得してしまう。で、あ、なんかこれすげえな、と思ったのです。行為の主体である自分がラブかどうかを決めるんじゃなくて、関係性の中から遡及的に見いだされたもの、それがラブ。ラブは演じるものじゃない、関係性の中から見いだされるもの! それはどう考えても人生真実ひとつで、しかもそれを言葉で説明されるのではなく、ゲームというメディアを通して伝えられたというのが、ひじょうにエポックな体験であり、その感覚は、いまだラブというわかったよーなわからんよーなものを考えるときに、たしかな礎となるべくわたしの中に横たわっておるのです。

そして「優しさ」に話を戻す。「優しいものに人は吸い寄せられる」、これはまあ、考えてみりゃ当たり前のことのように思えます。みんな厳しいものより優しいものが好きにきまっていよう。しかしだね、タナカカツキは、赤塚不二夫ハードロックの人という、およそ一般的な「優しい」イメージとは結びつかないようなものから「優しさ」を見いだした。つまり、これは、こういうことなのですね。

「人が吸い寄せられるものは、優しい」

順序を入れかえて言いなおしただけのように見えますが、これはなかなかすごいことだ。一見、はたからみて「優しさ」とはあんまり関係なさそうなものでも、人が吸い寄せられ、ひきつけられているならば、そこには必ず「優しさ」があるのだと考えてみよ。主体の行為や意志そのものにかかわらず、もうそこにすでに「優しさ」は存在しているのだと。「優しさ」はただ、見いだされるのを待っているだけなのだと。

そしたら、いままで全然気づかなかったことがパーッと一気に見えてきて、涙がボロボロあふれてきて、あわわーとなりました。

ああそうか、あれは、たしかに、優しかった。あれは、ただ優しくされたかっただけだった。なにもかもわたしが気づいていないだけだったんだ。脳裏によみがえる過去のあれこれに「優しさ」という鍵をあてはめて読みとくと、いままでわからなかったことがわかってしまい、愕然としたのです。

と、同時に、人が吸い寄せられるもの、そこには必ず「優しさ」があるとするならば、この世の中にはわたしのしらない優しさが無数に存在しているのだと思うとくらくらしました。



ついでにいうと「優しさ」を求める心というのは、「さびしさ」だったりするわけで、そうやって考えるとまた別のものが見えてきちゃったりするんだけど、その話はまた、いずれ

moon(ムーン) PlayStation the Best

moon(ムーン) PlayStation the Best

カクンテ!

ぱまいいだ。ぱまいいだ。 2006/03/06 17:54 感銘を受けました。私のおめめにも涙がじわり。

ウリ子ウリ子 2006/03/07 21:17 >見いだす者。 
それこそが優しさだと思います。
私も目の前が明るくなったような気がしました。とても静かに優しく示唆されたような気がして感謝と感動で胸が熱くなりました。
ありがとうございます。

メロメロ 2006/03/10 13:06 ぱまいいだくん。きみにそーいってもらえるならよかったっす。優しさはそこらへんにゴロゴロしとるね! ぼくときみの間にもね! ワッハッハ。
ウリ子さん。今回もまたうれしいコメントありがとうございます。ラブとか優しさは自分で見出していきゃいいんだーと思うと、ずいぶんラクになりますねー。こう考えたからっていきなり優しい人にはなれないと思うけど、こういう見方もできるとしっていれば、自由でいられる気がいたします。うふ。

ぱまいいだとれかけぱまいいだとれかけ 2006/03/31 01:01 ばんち!
ばんち!てだっさいね。昨晩悩める若者@18歳が「優しくされたい。みんな冷たい」と懐かしい訴えをしてきたので、は!と思ってコレを読ませてみた。ら、よくわからないと言っていたんだけど、今改めて読んでみても、私にはスーっと自然にわかるわけですよ。というか、言語かしてなかっただけで、それは確かに私の中にあったのだと思う。
しかししかし昔のワタクシだったならどうだったろう。
どうだったもなにも、たぶんピンとはこなかったんだと思うんですけど、優しいって言葉自体、もんすごい漠然というか広い意味つか愛と同じようにやっぱり見いだすものていうか、上手く言えないけどそういうモノだと私は思っているので、私が放つ「みんな優しくない。冷たい」という言葉は、若者@18歳が放つ言葉と、文字列は同じでも意味がぜんぜん違うのだなと思ったのですよ。
「みんな優しくない。冷たい。(だからこそ見いだしてしまった優しさはでっかいし、圧倒的だし、疑いようもないし、ミラクルなのだ。)」もうね、明らかに関係性の中で生まれてるんですよラブてば。
と、またも上手くは言えてないですけど、苦しそうな若者に、私はどうしたらこの事をお伝えできるのだろうと思った訳です。お伝えなど出来ないのかもしれんけど、誰それが冷たいとか優しくないとか、そんな一方的に与えられる優しさやラブなんて、頂いてもぜんぜんその場しのぎでとても不安定なものですよと、あたいはあの子に伝えられるものなら伝えたいたい!なんで?それはね!
だってあの子はきっともう既に、優しさの湖畔におるのですよ。
後少しでジャブジャブ中に入って行ける。
そう思ったのです。
という勢いで今更この日記に長文コメント。失礼!

ぱまとれかけいいだぱまとれかけいいだ 2006/03/31 01:05 いやだ!自分のコメント読み返したら、やっぱりぜんぜん言えてない。今度お宅へ伺うので、ブレインストーミングしよ!

メロメロ 2006/03/31 08:31 そのように若者を思いやるぱま(略)いいだくんこそがラブであり優しさでありますな。それで充分なように思いますがのー。説得してわかったような気にさせたところで、それだって結局はその場しのぎのラブ&優しさとかわらんことないですか? 懐かしい訴えだと思ったなら、たまには聞き役に撤して、存分に共感して、それでよいではないですか。きみやわたしのように、こういうふうに考える人がおるよ、ということを知っておけば、本人にとってそれが必要なことであれば、勝手に気づくんじゃね?と思いましたよ。だってラブや優しさは目を向ければそこにあるはずだからさー。なんちて。どうかしらん。

ぱまいいだぱまいいだ 2006/03/31 16:41 あ!やっぱり言い方が悪かったですね。
説得したりはありえぬいです。

メロメロ 2006/03/31 17:05 とりあえずそのことは脇においといて、いっしょに楽しく遊んだりおしゃべりなすったりするのがいちばんの近道じゃないかしらん。あと、気づかせるのは別に君の役割でなくてもよいと思うので、そこらへんも検討してみるとかー。

メロメロ 2006/03/31 17:39 あれーなんかそっけない言い方だったかな。まあそういうことは肩の力を抜いた方がいいような気がするという感じです。お互い。

ぱまいいだぱまいいだ 2006/04/01 00:22 いえいえいえいえ。そもそもの私の書き方がまったくなってない。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証