melpon日記 - HaskellもC++もまともに扱えないへたれのページ

2012-12-23

[] シグネチャ確認 18:42  シグネチャ確認 - melpon日記 - HaskellもC++もまともに扱えないへたれのページ を含むブックマーク

この記事は Python Tips Advent Calendar 2012 23日目の記事です。


dir 関数で、そのオブジェクトが持っているメソッドの一覧を出力できます。

>>> dir("foo")    #doctest: +ELLIPSIS
['__add__', '__class__', ..., 'upper', 'zfill']

また、help 関数を使うことで、その関数やクラスの説明を見ることができます。

>>> help("foo".upper)
Help on built-in function upper:

upper(...)
    S.upper() -> string

    Return a copy of the string S converted to uppercase.

これは単に docstring を表示しているだけなので、以下の様に自作の関数についても説明を見ることができます。

>>> def f(v):
...   '''function f
... 
...   v - value
...   '''
...   pass
>>> help(f)
Help on function f in module __main__:

f(v)
    function f
    
    v - value

.

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証