melpon日記 - HaskellもC++もまともに扱えないへたれのページ

2010-05-24

[].svnフォルダ消したい 14:31 .svnフォルダ消したい - melpon日記 - HaskellもC++もまともに扱えないへたれのページ を含むブックマーク

貰ったデータに入ってることってよくあるよね。消したいよね。とか思ったのでこんなバッチ作ってみた。

@FOR /R %%I IN (.) DO @IF "%%~nxI"==".svn" @RMDIR "%%~dpnxI" /S /Q && @ECHO removed "%%~dpnxI"

実行したバッチのフォルダより下にある .svn フォルダを全部削除。1行で書けるなんてバッチすごい!

2006-12-19

[][]Linux で動く極小 ELF 実行ファイルをつくる怒涛のチュートリアル Linux で動く極小 ELF 実行ファイルをつくる怒涛のチュートリアル - melpon日記 - HaskellもC++もまともに扱えないへたれのページ を含むブックマーク

http://www.hyuki.com/yukiwiki/wiki.cgi?WhirlwindTutorialOnCreatingReallyTeensyElfExecutablesForLinux

via: id:sakuneko:20061217#p2

変態的すぎる……。

2006-12-15

[][]入力したプログラムコードを色付けするスーパーpre記法 シンタックス・ハイライトの実装 入力したプログラムコードを色付けするスーパーpre記法 シンタックス・ハイライトの実装 - melpon日記 - HaskellもC++もまともに扱えないへたれのページ を含むブックマーク

http://d.hatena.ne.jp/hatenadiary/20061215

色付けキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!


C#(cs)

/// <summary>
/// 入力コンテキストハンドルを取得するためのクラス
/// </summary>
class IMC : IDisposable
{
    private IntPtr hWnd;
    private int hIMC;

    #region IDisposable メンバ

    public void Dispose()
    {
        if (hWnd != IntPtr.Zero && hIMC != 0)
        {
            Win32.ImmReleaseContext(hWnd, hIMC);
        }
    }

    #endregion

    public IMC(IntPtr hWnd)
    {
        this.hWnd = hWnd;
        this.hIMC = Win32.ImmGetContext(this.hWnd);
    }

    ~IMC()
    {
        // これはしない方がいいか……。
        // Dispose();
    }

    /// <summary>
    /// 入力コンテキストハンドルの取得
    /// </summary>
    public int Handle
    {
        get { return hIMC; }
    }
}

C++(cpp)

// 文字列を分割する(内部処理用)
BrewArray< BrewString > BrewString::Data::_Split( const BrewArray< BrewString >& separator ,
    int count , int arrayCount , bool bEmptyEntries ) const{

    BrewArray< BrewString > str( arrayCount );
    int n = 0;
    int index = 0;
    int index2;
    while( true ){
        if( n == count ){
            break;
        }
        pair< int , int > p = _IndexOfAny( separator , index );
        index2 = p.first;
        if( index2 == -1 ){
            index2 = Length();
        }
        if( bEmptyEntries || index2 != index ){
            if( n == count - 1 ){
                index2 = Length();
            }
            str[ n++ ] = Substring( index , index2 - index );
        }
        if( index2 == Length() ){
            break;
        }
        index = index2 + separator[ p.second ].Length();
    }
    return str;
}

SQL(sql)

create function TextRead(@id as integer)
    returns varchar(4000)
        begin
            declare @str0 varchar(4000);
            set @str0='';
            with Temp(TextId, Text, NextId) as
            (
                select          A.TextId , A.Text, A.NextId
                from            TextTable as A
                where           A.TextId = @id
                union all
                select          A.TextId, A.Text, A.NextId
                from            TextTable as A, Temp as Temp2
                where           A.TextId = Temp2.NextId
            )
            select @str0=@str0+'['+Text+']' 
            from Temp;
            return @str0;
        end;

CSS(css)

div.comment{
  background-color: #f8f8f8;
}
div.day{
  background-color: #fdfdff;
}
body {
  background-image:url("http://members3.jcom.home.ne.jp/3446744601/img/body_back.gif");
}

pre a.keyword {
  text-decoration: none;
  border: none;
}
pre a.keyword:hover {
  color: black;
}

pre span.cpp_java_keyword {
  color: blue;
}
pre span.cpp_java_keyword a.keyword {
  color: blue;
}
pre span.cpp_java_keyword a.keyword:hover {
  color: blue;
}

BASIC(basic)

10 WIDTH 80,20:CLS 3:RANDOMIZE
20 LET R=INT(RND(1)*2)
30 IF R=0 THEN
40  PRINT "0"
50 ELSE
60  PRINT "1"
70 END IF
80 END

バッチファイル(winbatch)

@echo off

rem ---- batch backup ----
rem -- 自身のフォルダ以下のデータを
rem -- バックアップします。
rem ----------------------
rem ---- parameter ----
rem -- folder : 圧縮されたファイルを保存する場所
rem -- winrar_exe : WinRar.exeへのパス
rem -------------------

setlocal ENABLEDELAYEDEXPANSION

set folder=..

set winrar_exe="C:\Program Files\WinRAR\WinRar.exe"
set year=%DATE:~2,2%
set month=%DATE:~5,2%
set day=%DATE:~8,2%

for %%n in ( . ) do set name=%%~nn
if "%name%"=="" goto END

%winrar_exe% a -r "%folder%\%name%%year%%month%%day%.rar" -ap"%name%"

:END

endlocal DISABLEDELAYEDEXPANSION

これは便利だ……。


KEMURI, HQ9+, Brainf*ckの対応マダー(・∀・ )っ/凵 ⌒☆チン



で、色やフォントの変更ですが、

synComment
synIdentifier
synStatement
synType
synPreProc
synConstant
synSpecial

この辺の CSS の設定を弄れば出来るみたいですね。

span.synComment{
  color: #008800
}

2006-12-01

[][]バッチファイルでファイルサイズ取得 バッチファイルでファイルサイズ取得 - melpon日記 - HaskellもC++もまともに扱えないへたれのページ を含むブックマーク

for %%I in ( ファイル名 ) do set size=%%~zI

size にファイルサイズがセットされます。

2006-11-25

[][][][]組み込み機器のためのメモリ管理における断片化の改善について 組み込み機器のためのメモリ管理における断片化の改善について - melpon日記 - HaskellもC++もまともに扱えないへたれのページ を含むブックマーク

http://www.jaist.ac.jp/library/thesis/is-master-2002/paper/ttakaha/paper.pdf

大学ってこんなおもしろいことやってるのか……いいなぁ……。