memoire135の日記

2018-09-24

時間帝国の崩壊 バリントン・J ベイリー

| 15:48

久保書店の懐かしのシリーズから。タイトルと表紙絵から大昔のスペオペかと思っていたが、ちょっと違う70年台の小説だった。

ビッグ・タイムで疲れたのでもっと簡単なのを選んだのだが、あんまり簡単ではない背景説明に大昔の冒険小説みたいな展開で、安直に読めるように思えるのだが、意味ありそうな世界観説明で深読みしてしまい、

なかなか一筋縄ではいかないが、物語自体は単純なのであっさり読めた。70年台物だけれど、この頃はこういうのが流行っていたのだったか?という感じ。

翻訳はまあ妥協できるが、1980年の本なのに船の名前から固有名詞まで全部漢字に翻訳していて、その辺も最初大昔の本と勘違いした原因だが、これはこれで面白かった。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/memoire135/20180924/1537771721