K氏の読む価値無し日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

元id:kimagureの日記です。狛犬邑武と名乗っていた時期もあります。
 

2018-06-09

「貴方は私が嫌いなので私は貴方が嫌い」というロジックとその陥穽

12:23 | 「貴方は私が嫌いなので私は貴方が嫌い」というロジックとその陥穽を含むブックマーク 「貴方は私が嫌いなので私は貴方が嫌い」というロジックとその陥穽のブックマークコメント

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/dot.asahi.com/aera/2018060600038.html

東浩紀 “首相の嘘”は「囚人のジレンマ状況から生まれた構造的なもの」 〈AERA

凄い(褒めてない)。

囚人のジレンマの考え方が間違えているのではないか?ということよりも、最初に読んで思ったのは「『野党クレーマー』ならば『与党は嘘つき』」の対偶は、「『与党は嘘つきじゃない』ならば『野党クレーマーじゃない』」だと思うので、この議論が真ならば、結論は「野党クレームやめーや」ではなく「与党は嘘をつくのをやめーや」だと思うし、議論が偽ならば「そもそも野党クレーマー云々は関係なくね?」になるんじゃないかということでした(インチキ論理学)。

もちろん「『野党クレーマーじゃない』ならば『与党は嘘つきじゃない』」という議論から野党クレームをやめろ」という事もできるけど、その対偶は「『与党が嘘つき』ならば『野党クレーマー』」なので、与党は嘘をついて野党クレーマーになっている今の政局、間違えていないと思うんですが。

今回インチキ論理学を弄したいわけではなく、この上の記事が実に(ボクの大嫌いな)団塊ジュニアらしい発想だなーと思ったわけです。

理由は以下のとおり。

1.コミュニケーション

偉大な思想家東浩紀氏はゼロ年代に(荻上チキ氏や鈴木謙介氏のような若手社会学者マウンティングするために)「社会学の、すべてコミュニケーション問題還元する発想が嫌なんだよな」と述べていて、まさに政局問題与党野党の(ディス)コミュニケーション問題還元するような議論予言していたわけです。そういうコミュニケーション論にしちゃう人は今度は「国民政治不信が、政府政治家官僚)の暴走を招いている!」みたいな国民政府の(ディス)コミュニケーション問題還元して、「国民から政府への信頼こそが、政治健全化の処方箋だ!」とか言い出しかねない。いやそんな信頼なんざエーリッヒ・フロムの言うところのただの権威主義パーソナリティやろ・・・*1

2.いい人である(頭は、別として)

嘘つきに対してクレームをやめれば、正直になってくれるという発想が、ないがしろにしてくる大統領に対してケツ舐め外交をすれば最後はきっと報いてくれると思っている総理大臣みたいや。いや、不動産屋系サイコパスはそういう普通人間が持っている「礼をもって接すれば礼をもって返してくれる」という発想を逆手にとって自分を優位することしか考えない連中なんですけど(真顔)。ゲーム理論でいうところのお互いの協力してWin-Winを取るだけではなく、裏切ることで自分利益を最大にする戦略を取ることを厭わないのがそういう連中である(だからこそ彼らは普通の人よりもスリルを好む連中と言われる)。

あと色々思ったけど、長くなるので省略。

*1:今の日本の状況って政治的ニヒリズムがむしろ強いもの・大きいものへの帰属意識権力権威への隷属)と結びつく状況で、国民バカから反知性主義)で済ますのってどうなのよ、というかバカじゃないからニヒリズムに陥り、ニヒリズムに陥るからこそ権威主義になるという発想のなさってどうなのよ、そんな発想のない人が述べる知性だの教養だのってどうなのよと思うし、さっきから齋藤美奈子ばりにどうなのよを連呼している俺もどうなのよ。まあフロム思想って一種袋小路というか、完成されている分だけ身も蓋もないというか。

2018-04-08

新入社員のみなさんへのアドバイス

20:29 | 新入社員のみなさんへのアドバイスを含むブックマーク 新入社員のみなさんへのアドバイスのブックマークコメント

衝撃!やっぱり新入社員が俺の下につかない!入社してから一回も後輩がいたことがない(隣の部署かにはいたけど)。

というわけでネットで書きますw。

(問)先輩と一緒に出張に行こうとしました。朝見天気予報では午後から雨になると言っていたので傘を持っていこうとしましたが、同行する先輩は「こんなに晴れているのに雨なんて降るわけがない。傘なんて邪魔になるだけだから持っていくな」と言いました。あなたはどうしますか?

1.傘を持っていく。(こっそり折り畳み傘を鞄に入れることも含まれる)

2.傘を持っていかない。(ただし雨が降ったらコンビニ使い捨ての傘を買うことは禁止されていない)

(1を選んだ貴方

空気が読めない! 日本組織で生きていくには不安です。

(2を選んだ貴方

意志が弱すぎる! 「文書改ざんしろ」と上司に言われたら「みんなやっているからいか」と思ってやらかして失敗するタイプです。

――というような、働いていたらどっちを選んでも不正解みたいな選択肢がいっぱい出てくるから気をつけよう!

――というダブルバインドな問いかけで、昔なら終わっていただろうけど、今はちょっと違うのでもう少し続けます

上記の問いかけはそもそも天気予報が外れたらどちらでも正解なんじゃないの?」とも言えるし、そもそもこの問いかけは「あなたは何かを選択する時に何をベースにするか」というのを知るためのものだし。

1を選ぶタイプは原理原則を重視するし、2を選ぶタイプは他人意見を重視する。別にそこに優劣は実は無い*1

ただ、社会人は何が正解と分かる問いかけよりも、何が正解か分からない問いかけの方が多く、その時に自分自身は色々と考えて選んでいるように見えて、実際は自分の手癖(原理原則重視、他人指向型)にすぎないもので選んでいることが多く、そのくせに自分の手癖に気づかずに「これしかないんだ」と自分選択確信を持つことがあるので(所詮新入社員判断力である)、まあ気をつけてください。

もちろん1と2以外の第三の道存在するけど、ここでは強調しない*2

*1:正しく言うと原理原則を重んじる人は2を選ぶようなタイプを「論理的ものを考えられないバカ」と思うし、他人意見を重んじる人は1を選ぶタイプを「こんなくだらない事に我を通そうとするなんて頭硬すぎ」と思うだけである。何度も言うように天気予報が正しいとは限らないし、先輩の意見が正しくないとは限らないわけだし。

*2そもそもこういう状況に陥ってしまうのが誤りであり、それこそ出張前のミーティングなんかで持参書類の確認の時に「雨が降るみたいなので傘も必要ですね」みたいな事前提案をすると意外とすんなり持っていくことが多くなります。ただこの技は仕事段取りを分かっているベテラン技術であり、新入社員がここまで出来るかと言うと・・・

 
あま*カル合同バナーキャンペーン開催中!
はつドラ合同バナーキャンペーン開催中
最近のコメント