K氏の読む価値無し日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

元id:kimagureの日記です。狛犬邑武と名乗っていた時期もあります。
 | 

2017-01-07

新年のあれやこれや

23:40 | 新年のあれやこれやを含むブックマーク 新年のあれやこれやのブックマークコメント

あけおめことよろ。今年も更新しません(決意)。

年末年始風邪で寝込んでいたため何もしていませんし、できていません(業務連絡)。

とりあえず休んでいる間にもはてなスターをつけるような奇特id:tokoroten999みたいな人のために、前年の下半期の本の話をしておきます。

読んだ本は350冊程度。図書館が221冊以上(再読はカウントしていません)。購入が135冊くらい(?)。

月別点数別にするとこんな感じ。

表17月8月9月10月11月12月
30点010001
35点010010
40点473433
45点915524
50点177141079
55点464210
60点1171110520
65点002101
70点022043
80点121111
合計463442332442

採点は図書館で借りた本のみ(購入本はそもそも点数採点していません)。★1=20点にて計算。★の意味星の付け方(はてなスターをせがんでいるわけではない) - K氏の読む価値無し日記を参照のこと。

分析でいうと、

・60点以上なら普通に良書なのだが、平均でいうと53点程度なので、悪くはない。

12月は年間ベストに入った本を読むので平均点は上がるものの、特に何を読んでも当たりだった月、外れだった月というのは無いので俺のセレクトセンス特に悪くないとは思う。

・逆に言えば十代の頃のように何を読んでも面白い、ブックガイドで薦められている本さえ読めばいいというのが無いので、とりあえず読んでみるまで当たりか分からない辛さはある。

・80点以上の年間ベスト級の本をいかにして見つけるか、というのは本当に運しかない。法則性はないです。面白いだろうという予想で読んだのもあれば、たまたま手に取ったというのもあります。

最初10ページを読んでみて、興味が引かれなかったら読まないというのは大事。超大事

・けど今年は2冊ほど最初面白くなかったけど、最後面白かったというのはある。たった2冊というべきか、2冊もあると言うべきか。

ぶっちゃけ購入本で採点表作らないのは惰性で買っているのがあって、やりはじめるとイラつくから。この世には、幻の古典ミステリの待望の翻訳!というような面白いけがないんだけど買わないといけない本は多々ある。

面白い本感想が書きたくなる本というのはさらに違う。あと良い感想文が良い読書に繋がるかというと・・・

・何度も読みたくなるという本が良い本、という原則は変わらないよね。

・おまたせしました。以下星4つの本。

夜と霧 新版

夜と霧 新版

64(ロクヨン) 上 (文春文庫)

64(ロクヨン) 上 (文春文庫)

天と地の守り人〈第3部〉新ヨゴ皇国編 (新潮文庫)

天と地の守り人〈第3部〉新ヨゴ皇国編 (新潮文庫)

ストリート・キッズ (創元推理文庫)

ストリート・キッズ (創元推理文庫)

日の名残り (ハヤカワepi文庫)

日の名残り (ハヤカワepi文庫)

南の島に雪が降る (ちくま文庫)

南の島に雪が降る (ちくま文庫)

魂の殺人 新装版

魂の殺人 新装版

・以下は購入本で良かったもの。9月にTwitterを止めたのでそれ以降で書いていない分のみ。

自生の夢

自生の夢

いつもどおりです。

 | 
あま*カル合同バナーキャンペーン開催中!
はつドラ合同バナーキャンペーン開催中
最近のコメント