Hatena::ブログ(Diary)

音楽と社会フォーラムのブログ

2017-02-08

第16回研究会(国際音楽学会東京大会のラウンドテーブルの準備研究会)の内容を紹介いたします!

 肌寒い日々が続く今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

 今回は、2017年1月7日に東京大学本郷キャンパスにおいて行われた第16回研究会(国際音楽学会東京大会のラウンドテーブルの準備研究会)の内容を紹介いたします。報告者のみなさま、ご参加いただいたみなさま、まことにありがとうございました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

音楽と社会フォーラム 第16回研究会
2017年1月7日(土)14:00〜 於:東京大学
東京大学本郷キャンパス経済学研究科棟10階第4共同研究室

国際音楽学学会ラウンドテーブル準備研究会
民族音楽学と音楽産業―「民族的なるもの」の流用―

 2017年3月19日〜23日に東京芸術大学で開催される国際音楽学会東京大会(IMS Tokyo http://ims2017-tokyo.org/)のラウンドテーブル(RT7-2 2017年3月22日(水) 9:30-11:30)の準備研究会が開催された。最初に、企画者の井上貴子が、今回のテーマに関連する主要文献の骨子を紹介しテーマの説明を行った。文献は以下の三冊である。

1. Leyshon, Andrew, David Matless and George Revill eds. 1998, The Place of Music, The Guilford Press.
2. Michael Denning, 2015, Noise Uprising: The Audiopolitics of a World Musical Revolution. Verso.
3. トマス・トリノ 2015, 『ミュージック・アズ・ソーシャルライフ―歌い踊ることをめぐる政治―』野澤豊一、西島千尋訳、水声社 (Thomas Turino, 2008, Music as Social Life: The Politics of Participation, The University of Chicago Press)。

 1. は地理学者と音楽学者による共同研究であり、音楽に現れる地理的イメージについて考える上で重要である。「民族的なるもの」はしばしば地理用語を用いて表現されてきた。2. は、楽譜や生の演奏に加えて録音音楽が20世紀の音楽を語る上でいかに大きな影響力をもったかを認識する上で重要である。3. は、音楽をライブ・パフォーマンス(参与型・上演型)とレコード音楽(ハイファイ型・スタジオアート型)に分け、両者を同等に扱う視点を提供している点が重要である。以下は、ラウンドテーブルの各報告者の要旨である。


1. 音楽的嗜好の伝播と横領─近代日本の民衆音楽の経験に注目して─

                                        小野塚知二

 労働運動社会主義運動の歌に注目して、西洋音楽の嗜好がどのように日本に伝播し、日本人の音感を横領したかを論じた。自由民権運動から第一次世界大戦期にいたる運動歌はいまの耳には日本の伝統的音楽に聞こえるが、そこにもすでに音階や拍節構造の点で西洋音楽の要素は色濃く密輸されていた。第一次世界大戦後は欧米の標準的な運動歌が日本に導入されただけでなく、日本でも西洋風の運動歌が作られるようになった。しかし、第一次大戦後は音盤、映画、ラジオなどの再現技術の普及によって、日本では、運動歌以外の民衆音楽が全般的に欧米と同時代的な流行を経験するようになった。


2. 20世紀半ばのレコードに見るハワイ日系人エスニック・イメージ操作

                                      早稲田みな子

 ハワイの日系アメリカ人は、ハワイ文化、アメリカ主流文化、日本文化という三つの文化を背景としているため、そのエスニック・イメージは非常に曖昧である。本発表では、20世紀半ばに録音されたハワイ日系人レコード――進駐軍ソング、ハワイポピュラーソングウクレレ・ソロ――を手掛かりに、彼らのエスニシティが、作曲家プロデューサーにどのように理解され、音楽面・視覚面において戦略的に利用されたかを概観した。


3. 「バリらしさ」をめぐる攻防〜対立する権力、権益環境問題とポップ・バリ

                                        伏木香織

 1990年代のポップ・バリのアンダーグラウンドシーンから生まれたポップ・バリ・オルタナティブ、特にメタルパンクグランジのミュージシャンたちが「バリらしさ」を巡って、社会活動を始め、活動に政治性を帯びてきた様を論じた。ローカルな政治の脈略で「バリらしさ」がクローズアップされるなか、インドネシア中央の権力の交代劇と絡み、様々な思惑が「バリらしさ」の背後に蠢いている。近年はそこに権力者と結びついて国境を越えてきた開発業者権益を求めてバリの開発に乗り出し、「バリを守る」とはどういうことなのかが問われるようになった。その先頭にいるのがパンクのミュージシャンたちなのである。本発表ではパンクの代表的なバンドで活動をリードするSIDに焦点を当て、その具体的な活動の変遷を明らかにした。


4. インド音楽の発見、再発見―ビートルズを中心に―
                                        井上貴子

 インド音楽は西洋によって何度も発見され、その発見はクラシック音楽以外から行われてきた。最初の発見(18世紀末〜19世紀初頭)はヒンドゥスターニー・エアと東洋学者やアマチュア愛好家、第二次発見(19世紀末〜20世紀初頭)は録音された音楽の蓄積と比較音楽学、第三次発見(1950年代60年代)はポピュラー音楽への導入と民族音楽学、第四次発見(20世紀末以降)はエイジアン・アンダーグラウンドカルチュラル・スタディーズによって特徴づけられる。本報告は特に第三次発見の代表的事例としてビートルズに焦点をあてた。インドは西洋の他者として、音楽家=実践と学者=理論、あるいは音楽産業と音楽研究機関の共犯関係により強化、流用されてきたのである。



 4名の報告終了後のフロアからの質問は政治と音楽との関係に集中した。一方、音楽産業という視点が今一つ弱いという点も指摘された。録音音楽の普及の背景に存在するのは、もちろん音楽産業であり、音楽学が楽譜の分析から鳴り響く音そのものを中心とした研究へと徐々に関心を移したのは、録音音楽の普及によって、世界各国の音楽が容易に入手できるようになったからであり、ヨーロッパクラシック音楽のような精巧な楽譜の存在しない音楽を主たる研究対象としてきた「民族音楽学者」が、それをけん引してきたのである。企画者はこの点を改めて確認する必要があると感じている。

2017-01-30

2017年1月のご挨拶

 横浜は、本当に暖かい本日です。いかがお過ごしでしょうか。

 2017年に入り、早くも1か月が経過しようとしております。

 今回は、昨年の本フォーラムの主な活動について簡単にふりかえりたいと思います。

 まず、2016年2月23日(火)の午後2時より、東京大学本郷キャンパスおいて、第13回研究会が開催されました。
 ご報告は、Kevin Fellezsさん(Assistant Professor, Department of Music, Columbia University)による"Tokyo, Hawai'i: Japanese and Japanese/American Guitarists Circumnavigating the Brown Pacific."でした。ご報告の内容、研究会の様子等については、こちらをご覧いただければと思います。

 そして、2016年5月14日(土)の午後2時半より、東京大学本郷キャンパスおいて、第14回研究会が開催されました。
 ご報告は、半澤朝彦さん(明治学院大学国際学部)による「「音の政治学」は可能か?」でした。ご報告の内容については、こちらをご覧いただければと思います。

 さらに、2016年7月9日(土)の午後3時半より、東京大学本郷キャンパスおいて、第15回研究会が開催されました。
 ご報告は、瀬戸岡紘さん(駒澤大学)による 「典型的な近代芸術としてのロマン派クラシック音楽の形成と終焉」でした。ご報告の内容、研究会の様子等については、こちらこちらをご覧いただければと思います。


 以上のように、2016年は頻繁に研究会が行われた1年でした。ご報告の内容も多彩なものとなりました。 報告者のみなさま、参加者のみなさま、そしてフォーラムのメンバーのみなさま、ご協力に感謝いたします。まことにありがとうございました。



 こうした2016年の動きを引き継ぐかのように、当ブログでご案内した通り、すでに今年1月、2017年3月に開催される国際音楽学会ラウンドテーブルの準備研究会が行われております(研究会の内容などはまた当ブログでご紹介させていただきます)。国際音楽学会ラウンドテーブルにもふるってご参加いただければと思います。


 音楽と社会フォーラムは、2017年もさらに活発に活動を続けてまいります。今年も、みなさまに、是非ともあらためてご協力をお願いしたく思っております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

2016-12-10

第16回研究会、開催決定!

 今年も残すところ、あとすこしとなってきた今日このごろ、いかがお過ごしでしょうか。
 
 2017年、はじめての研究会の開催が決定いたしました。

 来年2017年3月に開催される国際音楽学会ラウンドテーブルの準備研究会となります。

 使用言語は日本語です。

 広くみなさまからご意見、ご助言をいただければと思っております。

 ラウンドテーブルの趣旨文(英語)はここからダウンロードできます。


 以下に概要を記します。ふるってご参加ください。


・・・・・・・・・・・・・・・

        記

音楽と社会フォーラム 第16回研究会

国際音楽学学会ラウンドテーブル準備研究会

民族音楽学と音楽産業―「民族的なるもの」の流用―

1. 小野塚知二 西洋音楽の伝播と横領―近代日本の民衆音楽の経験と音楽産業―

2. 早稲田みな子 20世紀半ばのレコードに見るハワイ日系人エスニック・イメージ操作

3. 伏木香織 「バリらしさ」をめぐる攻防ー対立する権力、権益環境問題とポップ・バリ

4. 井上貴子 ビートルズインド―“Tomorrow Never Knows”を事例に―
 
全体討論


日時: 2017年1月7日(土)午後2時〜


会場: 東京大学本郷キャンパス経済学研究科棟10階 第4共同研究室

http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_08_01_j.html
http://www.cirje.e.u-tokyo.ac.jp/about/access/campusmapj.pdf

 土曜日に行われる研究会です。開始時刻(14:00)の前後は10階のドアを開けておきますが、それ以外の時間にお越しの方は、第4共同研究室の電話にご連絡いただければと思います。

 電話:東京大学本郷キャンパス経済学研究科棟玄関左手外壁に埋め込まれた内線専用電話ボックスからは、25573です。
 外線からは、03−5841−5573です。よろしくお願いいたします。


※国際音楽学会東京大会に参加希望の方は、

IMS Tokyo 2017 のウェブサイトから申し込みが可能です。

http://ims2017-tokyo.org/


 ぜひご参加いただければと思います。

 この研究会およびフォーラムについてご質問等がございましたら、本ブログ右側にありますメイルフォームよりフォーラム事務局までお問い合わせください。

 どうぞよろしくお願い申し上げます。


音楽と社会フォーラム事務局 

2016-11-28

ちょっとしたメタル話 その7 pumpkins-united!!

 すっかり寒くなった今日このごろ、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 2回連続の「メタル話」です! というのも、前回個人的な思い出と共に紹介したドイツメタルバンド、ハロウィンから、ビッグニュースが届いたのです。

 2017年秋から始まるワールドツアー「PUMPKINS UNITED WORLD TOUR 2017/2018:GOOD. AS. IT. GETS.」に、かつてリードヴォーカルを務めた2人、カイ・ハンセン(Kai Hansen,1984-1989在籍)とマイケル・キスク (Michael Kiske,1987-1993在籍)が参加することになりました! ホームページからの引用文をご覧ください。


「ストップ! 括目せよ。

 全世界のHELLOWEENファンにとっての大事件である。皆は、それを長年信じ、そして願い続けてきた ― ついにその時が。2017年秋、マイケル・キスクカイ・ハンセンは再びHELLOWEENとステージを共にし、伝説的なオリジナル・ラインナップが甦る。これはガセネタではない。ヴァイカート、キスク、ハンセン、グロスコフは、往年のHELLOWEENの楽曲をライヴでプレイし、ジョイント・ツアーを行なうのである。大ニュースだ、素晴らしい。しかし、落ち着いてほしい。それだけではない! PUMPKINS UNITEDの旗のもと、すべてのパンプキンたちが集結。アンディとキスクがヴォーカルを、カイとヴァイキーとサシャがギターを、そしてマーカスとダニがリズム・セクションを務めるのだ。」
http://pumpkins-united.helloween.org/jp/pumpkins-united.htmlより)


 筆者が言いたいこともほぼ同じです。前回ご紹介した「初期」のヴォーカルが帰ってきます。ツアーは、2017年10月28日のブラジルサンパウロ公演から始まるそうですが「パンプキンたちは、南米ヨーロッパアジア北米の選ばれた都市へと向かう」とありますので、おそらく日本にも来てくれると思います。1987年の初来日公演、中野サンプラザに出かけた10代の頃を思い出しました。上記HPでは映像(名曲がメドレーで流れます)を見ることができるのですが、現在のメンバーの姿をみて、自分も年をとったことを痛感させられました…

 オリジナルメンバーの一人、ベーシストのマーカス・グロスコフ(Markus Grosskopf)によれば「長いことプレイしていなかった曲やプレイしたことのない曲も確実に演奏するだろう」とのことです! 約3時間のライブになるとあります。また「このスペシャルなワールド・ツアーは、再結成ではなく、あくまで恐らく今回限りの事である」とされております…


 来日公演が実現した際は、筆者と同じ青春を過ごしたみなさんは勿論、若い人たちにも是非「伝説」に触れて欲しいと思います。

Und jetzt: Weiteratmen.



追伸:某新聞で本日、来年2月に来日するジャーニー(JOURNEY)が、なんとあの名作中の名作「Escape」(1981)と、こちらも名作「Frontiers」(1983)を再現するライブを行うという情報が掲載されていました! こちらも是非!

2016-10-29

ちょっとしたメタル話 その6 ハロウィーンによせて

 震えるような寒い日と比較的暖かい日、かわるがわる訪れる今日このごろ、いかがお過ごしでしょうか。体調など崩されていませんでしょうか。

 今年も残すところ、あと2か月というところにさしかかってまいりました。今回は、もはやその存在すらお忘れかと思いますが、今年初めての「ちょっとしたメタル話」、「その6」をお送りします。



 街を歩くと、そこはすっかり「ハロウィーン」一色となっております。筆者が子供の頃は、「ハロウィーン」だから仮装(?)をして大騒ぎをする、という習慣はほとんどなかったと記憶しております。筆者を手伝ってくれている―仮装して研究室に現れた―大学4年生と話してみたところ、彼らの子供の頃にもこうしたイベントはなかったということでした。近年急速に(警察が事前に対応を準備するような)「お祭り」として定着したようですが、それにはどのような背景があったのか、気になるところではあります。
 
 毎年この時期に、街やネット上で多く目にするようになったオレンジのカボチャのお面をみると、筆者はやはり、あるバンドのことを思い出してしまいます。筆者の「メタル人生」においても極めて重要な位置を占めるバンド、ハロウィンHELLOWEEN. 2文字目が“E”に、すなわち“HELL”になっているところがミソ)です。

 ハロウィンは、ドイツハンブルク出身のギター2本のヘヴィメタルバンドです。ジャーマンメタル、そして現在でも多くのバンドが志向しているパワーメタルおよびメロディックスピードメタル創始者とされており、1986年のミニアルバムでのデビュー後、15ものフルアルバムを残しております。それゆえ、ハロウィンの歩みや作品、音楽性等については、すでに多くの情報がネット等で参照できますので、今回は筆者の個人的な体験(些かフィクションも含まれます)について書かせていただければと思います。

 中学生の頃、トップ40モノの心に残るメロディを好んでいた筆者は、ひょんなことからヘヴィメタルという「激しい」音楽の存在を知り、急速に惹かれるようになりました。若かったこともあり、とにかく激しい音、速い曲を追い求め、(当時は情報が少なかったこともあり)日々レコード屋さんに繰り出していました。某所でアクセプト(ACCEPT)の“Fast as a Shark”に出会い、こんなに速い曲(ツーバス連打の曲)が存在し、しかもそれがドイツのバンドの作品であったことに衝撃を受けたことをはっきり記憶しております。ただし、その後はスラッシュメタル(当時、一部では「ゴリバリメタル」と呼ばれていた)の台頭もあって、アメリカのバンド、メタリカMETALLICA)、アンスラックスANTHRAX)、スレイヤー(SLAYER)、エクソダスEXODUS)等にのめりこんでいきました。

 高校生になった筆者は、ある日某レコード店で、当時最も好きだったメタリカの、待ちに待ったサードアルバム「Master of Puppets」を購入し、一刻も早く聴くべく帰路を急いでおりました。ただし、何気なく、とある場所に寄り道したところ、筆者の心と体を揺るがす音楽が流れており、些か予定が変わってしまいました。そこで流れていたのが、ハロウィンの1stフルアルバム(筆者はセカンドと考えていますが)、「Walls of Jericho」(1986)だったのです。


f:id:metalofheavy:20161029175351j:image:w360

 
 スピーディーかつヘヴィな怒涛の演奏、その上にゆったりと流れる心に引っかかるメロディの連続に、思わず聴き入ってしまい、しばらくその場を動けませんでした。迷わずお借りして帰宅。その夜は、購入したレコードではなく、お借りした「Walls of Jericho」を何度も聴いたことをよく覚えています(勿論、周知のように「Master of Puppets」がヘヴィメタルの歴史に残る名盤であることは疑いありません。その後愛聴盤となりました!)。
 
 何故そこまでの衝撃を受けたのか。おそらく洋楽に惹かれたきっかけとなった、(もとより好きだった)心に残るような美しいメロディと、当時追い求めていた速さおよび激しさとの融合という、無意識のうちに思い描いていた(当時の)筆者にとっての「理想の音楽」に、初めてめぐりあえたからだと考えています。それはどのような音楽か、とお考えの方、是非「Walls of Jericho」を聴いてみてください(とくにお気に入りは、“Walls of Jericho / Ride the Sky”、“Heavy Metal (is the Law)”)。一般的には、本作に続く「Keeper of the Seven Keys Part 1」(1987)および「Keeper of the Seven Keys Part 2」(1988)、とりわけ後者がハロウィン(初期)の名作とされますが(いずれも必聴です)、個人的には―粗削りではありますが―、「Walls of Jericho」を推したいと思います。

 その後、ハロウィンは、筆者が最も好きなバンドのひとつとなりました。それは、世界の多くの人々も同様であったらしく、世界中で多くのフォロワーが生まれました。これまでに、ハロウィンの曲のカバーを収めたトリビュートアルバムは、数種発表されるに至っています。ハロウィン自体は、メンバーの交代に伴い、少しずつではありますが音楽性を変化させてきたように思います(勿論、初期に通じる曲もあります)。
 
 筆者はその後、ハロウィン、そしてヘヴィメタルだけではなく、さまざまな音楽を気の向くままに幅広く聴いてきました。ただし、今でもつい「あの頃」のハロウィンのような曲、そうした曲を提供するアーティストを探し求めているように感じています。それほどに、ハロウィンを初めて聞いたとき―無意識のうちに思い描いていた「理想の音楽」との出会い―の衝撃は大きかったのだと考えています。みなさんにも、こうした経験があるのではないでしょうか。



 近年定着した「ハロウィーン」のお祭り騒ぎは、毎年筆者に上記のような「あの頃」を思い出せてくれるものとなっています。今年もCDを、いやレコードを引っ張り出し、「Walls of Jericho」を聴くことにしたいと思います。