Hatena::ブログ(Diary)

MetaMixRec.

2008-10-21 ミニマルテクノの系譜を自分なりに紐解いてみる

http://d.hatena.ne.jp/inumash/20081020/p1

http://d.hatena.ne.jp/d0d1e/20081021

こちらの記事に触発されてしまったので、これを機会に自分でも一度知識を整理しとこうかなと思います。

テクノを聴き始めて10年近く経つので、なんか自分を振り返る意味でも面白そうだし。

http://kanasoku.blog82.fc2.com/blog-entry-8859.html

↑こういうの見ると、やっぱ曲がりなりにもガチでテクノと向き合ってる人間としては一言物申したくなるってもんだぜ!Strings of Lifeを1000回聴いてから出直して来い

とりあえずYouTubeで見つかった曲をベタベタ貼っていきます。

追記(08/10/23):若干加筆・編集を加えました。

原始(〜1988年)

20:21

ここで述べるのは、あくまでフロアで機能する音楽としてのテクノの起源って事で、シュトックハウゼンとかジョン・ケージとかクラフトワークとか、そういうのは除外します。

で、リカルド・ヴィラロボスの言葉を真に受けるなら「テクノはハウスの一派生に過ぎない」ということで、やっぱりシカゴハウス、とりわけアシッドハウスには後のミニマルテクノの萌芽を感じさせる要素が多大にあると思ってます。リッチー・ホウティンも最初はアシッド作ってたしね。

Mr. Fingers - Washing Machine (1986)

Adonis - No Way Back (1987)

Phuture - Acid Tracks (1987)

Mike Dunn - Magic Feet (1988)

Steve Poindexter - Work That Mothafucker (1989)

TR-808直打ちスッカスカのシンプルなグルーヴは正にミニマリズム

黎明期(〜1991年)

20:21

Richie Hawtin

この人が居なかったらミニマルの隆盛はなかった。

作る曲もそうだけど、この人はそれ以上にDJ MIXによるプロダクションの価値が高い。

Plastikman - Spastik (1993)

Richie Hawtin - Orange Minus (1998)

LFO vs. Fuse - Loop (1993)

Richie Hawtin - DE 9 Transitions (2005)

Jeff Mills

超重要人物2。ミニマリズムの伝道師。テクノ好きなら誰でも知ってる。もし知らなければ速攻ググれ!殴られるぞ

URでの活動もさることながら、ミニマル的に価値が高いのはやっぱりAxisPurpose Makerからの諸作品群。

Jeff Mills - The Bells (1997)

Jeff Mills - i9 (1996)

Millsart - Step to Enchantment (Stringent) (1993)

Purpose Maker - Reverting (1995)

Jeff Mills - Changes of Life (1992)

最近出したX-102のリメイクアルバムが、全然変わってなくてよかった!

Maurizio

陰に隠れがちだけど、モーリッツの功績もやっぱり大きいのではないかと。

ホントみんなかけてたし。むしろ今もかけてるし。

Maurizio - M4 (1995)

Maurizio - M4.5 (1995)

Vainqueur - Lyot (Maurizio Mix) (1992)

Suburban Knight

id:kokoroshaさんに指摘を頂いたので掲載します。ミニマルの原点はデトロイトテクノ説。

Suburban Knight - The Art of Stalking (1990)

Suburban Knight - The World (1990)

この2曲裏表だから、いつもどっちがどっちだかごっちゃになるんですが、多分これであってるはず。この人がこういう音作ってたのって、ジェフやドレクシヤなんかよりも全然先なんですね・・・勉強になりました。

Aril Brikha - Groove La Chord (1998)

この曲も実は結構ミニマルですよね。

1994年 〜

20:21

これ以前はHardfloor、Sven Vath、あとR&SのCJ Bollandとかのレイビーテクノが主流で、ミニマルといえるテクノはあんまりなかった。Richieがアシッド作品を中心に出してるときに、たまにミニマルっぽいの出してたくらい。

で、Dave Clarkeの「Red 2」以降に、ようやくミニマルと呼べそうなテクノが出てくると。

この辺はリアルタイムでは体験してないのであまり詳しいことは言えないですが。

Dave Clarke - Wisdom To The Wise

Damon Wild - Avion

DBX - Losing Control

Planetary Assoult System - Diesel Drudge

Surgeon - Atol

The Advent - Sound Sketches 3

Ken Ishii - Extra (Luke Slater Remix)

ケニシイの全盛もこの頃かねえ

Grooveyard - Watch Me Now

1997年 〜

20:21

Adam Beyer率いるDrumcodeをはじめとしたスウェディッシュテクノ勢の台頭。硬質なリズムと細かく刻むハット、エッジの強いシンセの上ものが特徴。

スウェーデン勢につられて、イタリアのGaetano Parisio、Marco Calora、ちょっと毛色が違うがスペインのCristian Verelaなどのヨーロッパ勢がテクノシーンを引っ張っていました。

Adam Beyer - Tasty Bits A1

Gaiden - Point Blank (Speedy J Remix)

Thomas Krome - Bitches from Hell

この曲はリミックスもやばいぞ。トーマス・クローム、今何やってんのかねえ・・・

DJ Rush - Get on Up (Chris Liebing Remix)

Chris Liebing - Analogon (Speedy J Remix)

Cari Lekebusch - Jon’s Secret Technique

カリレケを忘れてた。この人はスウェーデン勢の中では一番とんがってるな

Joel Mull - Safety Session A2

この人も。Code Redからの作品は全部かっこよかった

1999年 〜

20:21

Purpose Makerフォロワー的な、パーカッション音をふんだんに取り入れたミニマルが主流になってくる。

イギリスBen SimsやOliver Ho、Mark Bloom界隈が非常に目立っていた。

Ben Sims - Manipulated (Adam Beyer Remix)

通称:生パン粉

Oliver Ho - Seduced

オリバー・ホーは今はミニマル作ってますが、それは本当の姿ではありません

Cave - Street Carnival

途中のブレイクまで我慢して聴いて

Paul Mac - Cards on the Table (Ben Sims Hardgroove Remix)

User - 06 A1

この時代のテクノを語るにはこのレコードが欠かせない

Umek - Lanicor

Surgeon - La Real

これがカウンターバランスから出たのはちょっと驚いた

Marco Carola - 7th Question A1

これは今でも全然いける♪

Aztec Mystic - Jaguar

ミニマルでもなんでもないけど青春の曲なんでw

テクノ界隈の外のムーブメント

元々「クリック」とか「マイクロハウス」っていう言葉は、アクフェンのスタイルを表すためにあったと思います。この音を聴いて衝撃を受けなかったテクノ人はいなかったでしょう。

Akufen - Deck the House

あとこの時期はエレクトロニカがすごい勢いで流行ってて、ノイズっぽい音やカットアップをビートメイキングに使うアーティストがたくさん出てきました。スコット・ヘレン、ハーバート、変わり所ではオヴァルとか。

まあこの人らはテクノではないんですけど、曲にノイズを取り入れる発想は後々のミニマルにも十分影響してると思います。

Herbert - The Audience

Prefuse 73 - Point To B

Oval - Textuell

2002年 〜

20:21

ファンキーハードミニマル全盛。っていうかすでにミニマルじゃない。BPM140越えも上等の世界。

自分のレコード買いっぷりがピークだった頃です。こういうレコード山の様に持ってます。そして埃被ってます。

Renato Cohen - Pontape

俺この曲ガチで100回以上聴いたかもしんねえ

Max Walder - Samba Del Costa

Tim Track - Track It Back (Hertz Remix)

Hertzは一世を風靡した

Len Faki - Just A Dance

Len Fakiは今はミニマル作って(ry

Monika Kruse - Latin Lovers

Deetron - Don’t You Know Why

2005年 〜

20:21

みんな派手な音に飽きてくる。2004年後半辺りはシンセメロが強い曲とかが流行ってた気がする。Vince WatsonとかFunk D'Voidとか。しかしそれはファンキーテクノの断末魔。

Vince Watson - Aurelon

ローラン・ガルニエのMixCDでメチャ感動的にミックスされてたのを思い出す・・・

2005年中期くらいを境に、今までハードな音をやってた連中が音が少ないクリッキーなミニマルスタイルに移行していき、そこからはあっという間にシーンがミニマルに埋め尽くされた。シュランツの祖Chris Liebingまでもがミニマルをやるようになったときは、さすがにどうかと思った。

James HoldenのBorder Communityとかも流行ってたし、いろんなタイミングが重なってこうなったのかな〜(その時期に流行っていたドラッグと相性が良かったから、なんて嫌な噂も聞きますけどね・・・)

Adam Beyer - A Walking Contradiction

リッチーのPlusからリリース。ベイヤーがミニマルに行くのを見てみんな追従した感もあった

Cirez D - Knockout

コーロンミーの人Eric Prydzも実はテクノミニマル化にかなり貢献したなー

Jeff Samuel - Lost

Ricardo Villalobos - Easy Lee

Jay Haze - Feel Your Pain

Robag Wruhme - Wortkabular

ドイツテクノはずっとマイペースだったけど、この辺りで世界の主流と音がマッチしてきた

自分はここから2年くらいのテクノの主流にどうも馴染めず、しばらくハウス方面に逃げてました。

しかしサージョン先生は流行りなんぞ物ともせず頑張ってた。

British Murder Boys - Learn Your Lesson

British Murder Boys - Rule By Law

好き過ぎるので2曲

BMB名義の作品は全部持ってるんですが、残念ながら相方のリージスが脱退してしまったとか・・・

補足:ヨーロッパ勢の中で一番最初にミニマル化したのはMarco Carolaだったかも。

http://www.cisco-records.co.jp/html/label/L243/labelL24374_0desc.html

この辺の作品群で。

2006年 〜

20:21

一時期はトランスに迫りそうだったBPMも120台まで落ち着いてきて、いわゆる「テックハウス」スタイルの曲が増えてくる。ハウスも流行がテクノ寄りになってきて、なおさらクロスオーバー感が高まってくる。

Ame - Rej

これは外せない。200回は聴いた

Theo Parrish - Falling Up (Carl Craig Remix)

おっとっと、これもあった。出たのはもっと前だけど流行ったのはこの頃だったような

Poker Flat

ドイツSteve Bug主催のレーベルで、1999年設立。00年前後のハードテクノ全盛時代において、脇には目もくれず自分たちの音を貫いてきたのがこの辺りで報われてくる。コンスタントにヒット作を出してくる注目レーベル

Steve Bug - Loverboy

レーベル1発目にして自身の代表曲

Martin Landsky - Sweet Sweet Morning

Phonique - The Red Dress (Tiefschwarz Remix)

Argy - Love Dose (Luciano Remix)

Trentemoller - Polar Shift

コイツが世に出てきた時はビビった、そして当然の如くビッグになった

Get Physical

M.A.N.D.Y.主催のレーベル。2002年設立。

「Body Language」がめちゃヒットして注目を浴びる。何かのアワードで「Track of the Year」をもらってたはず。その後も良作を連発してシーンの最重要レーベルに。

M.A.N.D.Y. vs. Booka Shade - Body Language

Booka Shade - Mandarine Girl

Samim - Heater

こういうネタモノはいつの時代もヒットするんですね

Rockers Hi-Fi - Push Push ( M.A.N.D.Y. Pusher Remix)

流行ったかは微妙なんですが好きな曲なんで

2007年 〜

20:21

みんなミニマルにも飽きてきて、曲調が分かりやすくなってくる。シンセ音などが適度に入ってきたり。

Audion - Mouth to Mouth

ミニマル期の数少ないアンセムの一つ。

Martin Buttrich - Hunter

Dubfire - Emissions

これは流行った

Radio Slave - Grindhouse (Dubfire Terror Planet Mix)

今年のWireではこの曲がアホのようにかかったらしいです

Deadmau5 - Not Exactly

テクノじゃないけど、デッドマウスの影響はいろんなジャンルに波及してた。デッドマウファイブではない

Len Faki - Rainbow Delta

変わってしまったレン・ファキ。良い曲なんだけどねw

Raudive - Here

変わってしまったオリバー・ホー。良い曲なんだけどねw

2008年 〜

20:21

生音をフィーチャーしたパーカッシブなミニマルが去年辺りからの流行。

ルチアーノのCadenzaやOslo、Cecilといったレーベルが牽引している。このレコードをきっかけに、これ系の良作が立て続けにリリースされたのが火付けになった。

Salif Keita - Yamore (Luciano Remix)

ヴィラロボスとかルチアーノは、やってる音は昔っから変わらないので、むしろ時代が追いついてきた感じ。

Andomat 3000 - Vertical Smile

Johnny D - Manipulation

Guillaume & Coutu Dumonts - Chapel

Sascha Dive - Deepest America (Samuel Davis Perc Mix)

Shlomi Aber - Freakside

Gel Abril - Spells of Yoruba

Be As One周辺のイスラエル勢も注目しとくべき

名無し名無し 2008/10/22 20:27 トランス(+プログレッシブハウス)聴きです
ちょこちょこ知ってる名前が出ててほえーと思いました、面白かったです
最近のミニマルテクノって結構何というかエレクトロなハウスの音に近いんですね、と言うとちょっと適当過ぎますかね、Dirty Southとか
確かにクラブミュージック全体で非常にジャンル分けが曖昧になって来ていると感じます
2,3年前くらいからトランスでも主流はBPM130台ですし

metamixmetamix 2008/10/23 00:26 コメントありがとうございます。

個人的にはエレクトロハウス方面の人達が、だんだんミニマルに影響されていったように見えます。Mark KnightのToolroomとかも、最初はエレクトロでしたけど、今はバリバリミニマルですからね。上で挙げたDubfireもソロで出したての頃はエレクトロっぽかったですし・・・

自分も最近トランス結構聴くようになったんですが、もう普通にハウスとかと違和感なく混ぜれますよね。AnjunaDeepからの作品とか大好きです。

もうテクノ・ハウスだけでなく、クラブミュージック全体がどんどんボーダーレス化してるし、一つのジャンルに拘って聴くのはもう難しいなと強く感じてます。飽きますしねw

coldplayercoldplayer 2008/10/23 06:05 こちらの記事で言う1999〜くらいまではテクノ聴いていたんですが、それ以降はテクノから離れていたので個人的に気になってました。 どういう流れだったのか知る事が出来てありがたいっす。
2002〜にあるRenato Cohen - Pontapeは上質なサウンドですね。

metamixmetamix 2008/10/23 10:39 コメントありがとうございます。

その曲は本当に時代を代表するアンセムでした。一晩で数回かかるのを何度も見ましたし、自分も何度もかけましたし、人によっては未だに使ったりしてます。

その曲が流行った後に第二次テクネイジアブームが来て、そのテクネイジアのレーベルからJoris Voornが出した「Incident」が大ヒットして、そして一時代の幕が下りた。そんな流れだったと記憶してます。

isuchanisuchan 2008/10/23 21:26 Umekがはやっていたあたりにテクノの洗礼を受けました。
2chのテクノ板であがってるアーティストをN○psterで漁ってた日々、、、ナツカシー。
Metamorphoseが始まったのもこのくらいだったかな?
僕もRenato CohenのPontapeは本当に良く聞きました。猫も杓子もPontapeでしたね。久しぶりに爆音で聞きたくなりましたよ。

metamixmetamix 2008/10/23 23:26 コメントありがとうございます。

自分もUnderground Resistanceの音源をN○psterとかWin○Xでゴニョゴニョし始めたのがテクノ人生の始まりでした。今では音楽に月数万円を費やす似非社会人に成長したので見逃してくだせえ。

Umekの音はThis is Technoって感じでよかったですね、適度に非モテ系なところとか。
Pontapeはあんまり聴きすぎて、そのうち「またこれかよw」と思うようになってしまいました。今かかったらどう思うかな〜

ichanichan 2009/02/23 02:51 最近になってミニマルテクノを聴くようになりもっと知りたいと感じていたので、こちらの記事でいろいろ知れたのでとてもありがたかったです。
ありがとうございます。

ichanichan 2009/02/23 02:51 最近になってミニマルテクノを聴くようになりもっと知りたいと感じていたので、こちらの記事でいろいろ知れたのでとてもありがたかったです。
ありがとうございます。

sabasaba 2009/03/27 19:45 中3の時に生パン粉に出会いました。
Marco Calora - 9th Questionなんかは何度も聴いていました。
ファンキーテクノ後のクリックの流れが急すぎてついていけなくなり、
就職前にこういう形で再確認できたことを嬉しく思っています。
ちなみに最近はJimpsterにはまっています。

metamixmetamix 2009/05/06 21:32 >>ichanさん

お役に立てたなら何よりです、今後も良きミニマル生活をおおくりいただきたいです。ミニマルは今年もかなり動きがあるので、いずれまとめられればと思っています。

>>sabaさん

ファンキー⇒クリックへの変化は、DJ側からしても相当に大きな変化でした。知り合いのテクノDJでも、いまだにこれ以前のDJスタイルを貫いている人が結構いますし、自分もこの時期テクノを中座しかけました。

Jimpsterは自分も大好きです。テクノに戻れなかった頃はあの辺の音にどっぷりでした。だからこそ完全にテクノから離れずにすんだのかも知れませんね。

ghgh 2017/03/20 00:07 2017年までのトレンドをまとめたものを是非!EDMがはびこっているトレンドに一石投じてください。