Hatena::ブログ(Diary)

metoo7sの日記 このページをアンテナに追加

ページビュー
79591

2017-09-24 *『沈黙の陰謀』沈黙シリーズなんだが このエントリーを含むブックマーク

沈黙シリーズなんだが、あまりに多すぎで判別できない。最近聞いたこと無い作品だなぁと見始めれば、セガールが若い凜々しいカッコイイ(笑)

 こりゃあ古い映画だなぁ、今回はアメリカを代表する感染予防対策の医師(しかしもちろんそうは見えない)そしてそのうち(どこで武道をする時間敵余裕があったの?)と、全米の医師を敵に回したような格闘シーンが待っているのだろう。原題は「PATRIOTS」愛国者だ。見始めて約30分。それがようやく以前見たものだと気付く(笑) まいっか。主人公の娘役(カミーラ・ベル)は素直でしかも可愛い。こんな娘がいてくれたらなぁと叶わぬ願望。姪っ子役(ホイットニー・イエロー・ローブ)(ネイティブの血が混じっている設定)の大学生も可愛い。アジア系の血が混じると途端に日本人好みの顔になる。(黒髪設定なのだが、本来はブロンドのようで、すると途端に欧米系!)この二人はその後映画界で生き残っているのかな、少し心配になる。

 テロによりあっという間に伝染病がモンタナ州の片田舎に広がるのだが、見つかったその対応策とは? そんなんありか? いかにもセガールが好みそうなオチなんだが。セガール映画の良さと言えば、敵ボスを早々に片付けることだ。007なんかより、ずっと効率的で頭が良い。今回の殺し方は・・・?これも好感が持てる。但しノーマルの方から非難くるのは承知の上で。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/metoo7s/20170924

2017-09-22 *『リバ−ス』(湊かなえ) このエントリーを含むブックマーク

なぜかこのテの作品には中学や高校でカ−スト下位の優しい男が出てきて、けっこうイイ女と付き合うことができる(いいなぁ−)。今回もこのテで始まる。しかし突然彼女が恋人は「殺人を犯した」と書いた告発手紙を持ってきたことから・・・

まぁそんな粗筋。そこにコ−ヒ−がバンバン出てくる。いくら下戸と言えど、夜彼女が部屋に来てコ−ヒ−ってあんた、眠れんやん(笑)

 この作品に思うのは、湊かなえ女史が女性にありながら、カ−ストに敏感なことだ。世の女性が皆そうなのかmetooは知らない。でも女子からカ−スト下位だよね、って思われている男子を多く知っている。湊かなえもそういう女性なのかな。

 解説を読むと出版社からいくつかの制約(お題)が出されてたと知る。この条件の範囲で考えると、作者は頑張っていると思う。ただタイトルに再考の余地は無かったのかなぁ・・・と残念に思う。

リバース (講談社文庫)

リバース (講談社文庫)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/metoo7s/20170922

2017-09-20 *『実はスマホが壊れている at Mt.Fuji』 このエントリーを含むブックマーク

 写真を撮ってあげますよ。このひと言が悔やまれる。バックしている間に後ろにあった岩で転倒。大したことは無かったが、ズボンの後ろにいれてあったスマホの画面が映らなくなってしまった。そのため至極不自由している。思えば、ガラケ−との2台持ちはいささか面倒だったが、ずいぶんと出費を抑えられた。

 ヤマップは優れたアプリで、GPSを駆使し、いまあなたはどの辺です、とか、標高何mですよと(ついでに消費カロリ−さえも)教えてくれる。四国を一緒に回った親友はそれまで遭難しそうになった時は・・・と裏技を教えてくれたものだが、このアプリのおかげで「遭難することは無い!」と断言するほど。

 以前、荒島岳を登った時は、下山した時終了ボタンを押さなかったので、それから数日都内まで延々と移動していることになっていた(笑) 今回は富士山だ。7合目くらいでアクシデントは起こった。ちなみに画面が映らないだけで、LINEなどは反応しているんだ。おそらくヤマップの中で私は富士山から都内までずっと移動中で、留まることを知らないのだろう。

 修理よりも新品購入の方がお得ですよ、と相変わらずのお国柄。新機種でヤマップを開いた時が怖い。

 「僕はもう、きっとすでにご存知のこととは思いますが、山を降り去ったのですよ」

 目の前にいる富士山の形をして真ん中にQのついたストラップ(スマホの時代に、このストラップの存在理由は何なんだろうか)は、いやぁ残念なんだけど、と言う風に頭を大きく揺らしながら、

 「そういう訳にはいかないのですよ。あなたは今ここにはいない。まだ7合目の岩のそばにいて、倒れた時に痛めた左肘をさすっているのです」

 その傷ももう癒えてきたな、と服の上から見えるわけも無いのにチラッと見てしまう。

 「だけどさ」そんなストラップに語りかけている僕は自分が情けなくなってきて仕方ない。自分は一体何をしているんだ。

 「だけど僕はここにいる。昨日も会社に行って隣の吉岡と話をして、昼はいつもの店で一緒に食事して・・・」

 「ねえ、いいですか?」強めの口調に僕は話を止める。

 「あなたの魂は7合目で震えている。ヤマップをみてご覧なさい。あなたはそこから一歩も動いていない。幸いこの季節ならまだ何とかなる。でも半月もすれば、あなたはあそこに行くことができなくなるかも知れない。そうしたら」

「そうしたら・・・?」僕は気になって話の続きを待つ。しかしその一言が余計だったのか、ストラップ富士山は首を傾げたまま(それは非常にシュ−ルな構図だったが)こちらをみつめるままだ。その答をあなたは知っているでしょ? とばかりに。

 「さあ!」

 「え、今から?」

 「今です。時は今!」

 そんなセリフ、明智光秀だったかが言ったような気もするのだが。実のところフロからあがって、もうそろそろ寝ようかと思っていたところなのに、だ。

 やれやれ。押し入れから山ザックを引っ張り出し、前回全く不要だったダウンジャケットなど詰め始める。LINEで明日会社を急遽休むことを伝える。明日で片が付けば良いのだけれど。やれやれ。車のキ−をポケットにねじ込み、扉を開ける。深夜の国道を、僕は車を西に走り出す。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/metoo7s/20170920

2017-09-18 *『こんなに理想的な夜は無い。なのに』 このエントリーを含むブックマーク

大原女

台風一過とはよく言ったもので、敬老の日に33℃のうだる日だった。昼間は。そして夕暮れ。ずいぶん早くなった夕暮れをバイクでとばしていれば次第に深くなる夕闇。街の灯りのせいか、月がどこかにでているのか、空に浮かぶ雲がやけに白い。もうそれは、荒木飛呂彦が描くような(特に『ダイヤモンドは砕けない』で、あぁまた死んじゃった・・・って時に流れる)雲のように。

 ジョギングしていても丁度良い温度・湿度。台風のせいで街路樹の下は小枝ばかりで無く大枝も転がっていて、場所と時代は違うけれど、大原女に大量にくれてやりたいくらいだ。そして思う。

 こんな気持ちよい秋の夜長は、オ-プンカフェのようなところで(町中なのにどこからか、虫の音が聞こえてくる)、ワインでも傾けるべきなんだ。この夏の出来事なんかをお互い語り合いながら。なのに

 イツメンの誰か一人が週末用事があって実現できないまま。そしてたまに条件が折り合う日は(ご存じの通り、週末はいつも)レイン。今週末もメンバ−はワン欠け。残念だなぁ・・・。

nadja5nadja5 2017/09/21 09:21 3連休に台風とはね…
しかし神戸は日曜の夜がピークだったのかな?内海だから大した事ないしグースカピー☆
猫達がソワソワしてた位かな?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/metoo7s/20170918

2017-09-17 *『愚行録』DVD鑑賞 このエントリーを含むブックマーク

芸能界に疎い方なので、小出恵介事件は知っているものの、どんな映画に出てるかなんてチェックしてなかった。見終わって、(ああ、この人出ていたんだ)(・・・やっぱ女を泣かす悪い奴で出ていたが(-_-;))と、分かった。妻夫木くんも悪人役やるようになったと、どこかの記事で見たのはこれだったか「悪人」だったっけか・・・?

 正直途中よく分からなくてね。ラストの方で、(あぁあれがこうなって、だからこうなったのか)だとか(やっぱり子どもの頃の生育歴が大事だよなぁ)とか、思うんだけれど、まぁどうしようも無い。まぁ切ない映画だ。

 ちょっと大学生役としては無理が無くも無い。大学は「慶応大学」あたりを考えておけば、OK? 内部生はボンボンの集まりで、外部生は厳しい受験をかいくぐってきたが、結局は別々のグル−プなんだ、ってことでOK?

 邦画をDVD借りてみるのは、(少なくともこの1年は記憶に無い)久しぶりだ。洋画に見るべきものが無く、さらにアニメを除外し、しばし思案。正直ジャケ借りした。いつものように警察の無力さ、能力の無さ、こればかりはドラマの展開上仕方ないのかな・・・。

愚行録 [DVD]

愚行録 [DVD]

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/metoo7s/20170917