ジャンプの雑感とか…

ジャンプの感想を中心に不定期で書いている日記です。


案内ブロックにジャンプする

フレーム付きにする/ ジャンプ関連コンテンツを開く/ 「いつも心にトレインを…」に戻る


管理人:目黒 学(x_kuroneko@yahoo.co.jp)

最近のコメント

1. 09/09 もっとほしいです!!
2. 09/09 よーちよちよちよち!!!!
3. 09/09 これはいいカオスw
4. 09/09 えふwwえふwwえふwww
5. 09/09 試してみたお!
  トラックバック、大歓迎!

・ご意見、ご感想、ご指摘、ツッコミなどありましたら、コメント欄に書き込みをお願いいたします。
 | 

2004-06-20 黒猫終了に寄せて

[]番外編  『ジョジョの奇妙な冒険』28巻「遥かなる旅路 さらば友よ の巻」より

黒猫終了に寄せて


「これで終わったな………」


「黒猫にはみんなが貸していたのだよ

 四年前から大勢のクリエイターが… あらゆるものを貸していたのだ」


「戻って来ねえものが… 多すぎるがな…」


「ああ多すぎるな…… そして大きすぎる……」


「わしらの失ったものは このジャンプにも匹敵するほど大きい…

 しかし… 彼ら(ニューエイジ新連載陣)のおかげだ… 彼らのおかげでジャンプは生きておるのじゃ…」


「冨樫先生!

 和月先生!

 荒木先生!


 終わったよ……」




……って、これ追悼なのか?

[]29号  追加

●黒猫

(「黒猫紳士」については、「いつも心にトレインを…」をご参照ください)


多くの話題をネットに提供してくれた黒猫こと「BLACK CAT」が最終回を迎えました。

これは、黒猫紳士としていくつかの活動をしてきた私にとっては、ずいぶん大きな事件でしたし、明日になってジャンプ30号を読めば、あるべきところにあるべきものがないという喪失感を覚えることになるのでしょうが、どうやら今のところ、スピンちゃん終了ほどの衝撃や痛手はないようです。


それはやはり、円満終了と打ち切りの違いなのでしょう。

中途半端な終わり方とか、回収していない伏線が山のようにあるとかいわれても、最大の敵クリードを倒し、過去を乗り越えた主人公が自分の生き方を確かなものにするという、作品の骨子を描ききることはできたわけです。

目的を達成した後、ダラダラと引っ張っるくらいなら、一つのピークの直後にスッパリ終わらせた方が作品としてもまとまることでしょう。これまで、引き際を間違えたがために作品としての価値をガタガタにされたジャンプ作品を数多く見ているだけに、この終わり方は悪くないと思いました。


黒猫紳士を知るまでは、空気マンガとしてスルーしていた「BLACK CAT」ですが、紳士活動のためにネタを探して読み込んでいくうちに、どんどん作品に対する愛着が大きくなりました。

ファンでもアンチでもなく、紳士としてこの作品を受け止めることができたのは、私にとって幸せなことだったと思います。

 | 

2004 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 07 | 08 | 09 |
  日記カレンダー

<< 2004/06 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
主なカテゴリー

 ● [ジャンプ]

 ● [いちごの次回予想]

 ● [書籍]

 ●[スピンちゃん追悼]

 ●[暴発](子供は見ちゃダメ!)
 

最新タイトル