ジャンプの雑感とか…

ジャンプの感想を中心に不定期で書いている日記です。


案内ブロックにジャンプする

フレーム付きにする/ ジャンプ関連コンテンツを開く/ 「いつも心にトレインを…」に戻る


管理人:目黒 学(x_kuroneko@yahoo.co.jp)

最近のコメント

1. 09/09 もっとほしいです!!
2. 09/09 よーちよちよちよち!!!!
3. 09/09 これはいいカオスw
4. 09/09 えふwwえふwwえふwww
5. 09/09 試してみたお!
  トラックバック、大歓迎!

・ご意見、ご感想、ご指摘、ツッコミなどありましたら、コメント欄に書き込みをお願いいたします。
 | 

2004-07-31 ひさしぶりの次回予想特集

[]

2004年35号終了時点での36号の予想


「真中淳平 中毒死

ひろったイチゴを食べたとき、くっついていたサルモネラ菌で食中毒になる。

悪評が広がることを怖れたケーキ屋の手にかかって拉致監禁され、治療を受けさせられないまま七日間苦しんで死亡。

これによって、大人気連載漫画『いちご100%』は円満最終回を迎える」

[]

2004年34号終了時点での35号の予想


「真中淳平 窒息死

パティシエにぶん殴られた男の後頭部が鼻にヒットした際、鼻の骨が一部欠ける。

そのまま骨のカケラが気道に落ち、肺へと達するが、その際、修復不可能なレベルまで気道を傷つけ、肺にも穴を開ける。

呼吸のたびに激痛を覚えつつ、15分ほど苦しんだのち死亡。

これによって、大人気連載漫画『いちご100%』は円満最終回を迎える」

[]

2004年33号終了時点での34号の予想


「真中淳平 轢死

西の方の人のピンチにさっそうをかけつけるべく駆け出した途端、偶然通り掛かった10tトレーラーに弾き飛ばされた上、ロードローラーに潰される。

アスファルトの中に練り込まれて、跡形もなく死亡。

これによって、大人気連載漫画『いちご100%』は円満最終回を迎える」

[]

2004年32号終了時点での33号の予想


「真中淳平 撲殺


「実力で東を振り向かせてやる」といった同級生が文字通りの実力行使に出る。

古来より伝わる暗殺挙を極めていた同級生に手も足も出せず、全身の骨という骨を砕かれ、クラゲのようになって死亡。

これによって、大人気連載漫画『いちご100%』は円満最終回を迎える」

[]

2004年31号終了時点での32号の予想


「真中淳平 窒息死


北の方の人に押し倒された際、後頭部を強く打って頭蓋骨が砕けてしまう。

しばらくは自覚症状もなかったが、夜、北の方の人と別れて一人歩いているうちに平衡感覚を失い、そのまま道に倒れる。

吐き戻したラーメンがのどに詰まり、呼吸困難で死亡。

これによって、大人気連載漫画『いちご100%』は円満最終回を迎える」

[]

2004年30号終了時点での31号の予想


「真中淳平 事故死

トイレの個室で裏返しに着たシャツを元に戻そうと脱いだ途端、シャツの襟が首に絡まって抜けなくなる。

そのまま10分ほどもがいている内に足を滑らせ、便器に頭を強打して脳座礁で即死。

これによって、大人気連載漫画『いちご100%』は円満最終回を迎える」

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mezakuro/20040731

2004-07-27 そんなこと急にいわれても……

[]  『ストーンオーシャン』15巻「ヘビー・ウェザー その5」より

「満足か?

 ジャンプの作品スピンちゃんは あんたのアンケートでこうなったんだ

 そして…怒りはおさまらない…

 このケリはつけさせてもらう」


「違う

 私はおまえの「兄」だからだ」


「?」


ドバァッー!!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mezakuro/20040727

2004-07-26 あらすじクイズ

[]35号雑感


●デスノート

・くそ… 結局成績優秀のイケメンに持っていかれるのか

今井くん、成績優秀なイケメンならいいじゃないですか。

成績優秀でもイケメンでもなくって、自己中心的で、夢は持ってても努力はしなくて、ただ運とご都合主義だけの男に持っていかれる方がよっぽど腹が立ちますよ。

誰のこととはいわないけど。


・そうか? シホやエミのときも見てたじゃないか

……くそ、やっぱり腹立つわ。


●ジャンプ十二傑新人漫画賞大募集!!

・見ごたえのある画面を作れ!!

まさか、許斐先生にコマ割りを指導してもらえるなんて、これはすごいことですよ。

河下先生が魅力的な主人公をレクチャーしてくれたことといい、ジャンプ編集部は、まったくもって出し惜しみというものを知らないのでしょうか。

このマンガ賞にかける熱い意気込みがイタいほど伝わってきます。


・緩急を意識しよう!!

テニス様のコマの大小にはそんな深い意味が隠されていたとは……。

私はてっきり「大ゴマだけだとテニス絵本になっちゃうから」だと思っていました。


それにしても、テニス様のコマ数を見ると、この作品の原稿料ってどんな風に計算されているんだろうなぁと思ってしまいます。

こちらでジャンプ掲載作品のコマ数を分析されていますが、テニス様の安定したコマの少なさはただごとではありません)

あとコマ数ではなく、書き込み量を見て同様の疑問を抱えるのがうわなにをするやめろ


●アイシールド

・表紙

ついにアイシールドにも<前回のあらすじ>が! しかも、<この漫画は>のおまけつき。

これから、掲載作品のあらすじとか説明って増えていくんでしょうか? 新規読者を獲得するにはいい方法だと思いますので、個人的には賛成です。


ということでクイズです。これはどの作品の表紙でしょう?

Q1

<この漫画は>

パンツが出ます

<前回のあらすじ>

パンツが出ました


Q2

<この漫画は>

テニスラケットで戦う異次元格闘マンガです

<前回のあらすじ>

武士が出ました


Q3

<この漫画は>

カウボーイビバップ」と「るろうに剣心」と「幽遊白書」を錬成して作りました

<前回のあらすじ>

もう掲載されていません


・ケンカをやめて

小結 VS ハァハァ三兄弟のケンカを止める栗田さんの姿に、ぼのぼの(ISBN:4812459044)を彷彿とさせられました。

目をギュッとつむって、あたふたしている姿があまりにもかわいいです。


・もう 隙間から抜けなんて無茶は言わねえよ

このセリフには震えました。

努力、自信、そして決意。本当にスゴイ男に育ったものです。


●テニス様

私は向日岳人くんの顔をよく覚えていなかったのですが、なるほど、ブチャラティですね。


・たわけ!!

前回に続いて、辞書を引いてみました。

> たわけ タハケ【戯け・白痴】

> 〔動詞「たわく」の連用形から〕

> (1)ふざけること。ふざけた言動。「―もいい加減にしろ」

> (2)馬鹿者。ふざけた者。「―め」「何時何処の―が言出したか/社会百面相{魯庵}」

> (3)姦淫すること。また、禁忌にふれるような性行為。「上通下通(オヤコ)―・馬―・牛―・鶏―の罪/古事記{中訓}」

って、えーっ!!!


・俺は 攻め続けてやる!!

これといった策があるわけでもなく特攻。

これで勝てるんだから、やっぱり「主人公」ってどの作品でも優遇されていると思います。


●パンツ100%

その優遇され過ぎた主人公の登場するマンガ。


・−−−その時 そんな東城の思いとは裏腹に 俺達はとんでもない状況に陥っていた−−−−

あーあ、「たわけ」の(3)がこんなところに。


●ハンター

Qウェルさんが書かれていた、キルアの伏線達成率の備考欄

> コイツも死ぬことはないと思う。ゾルディック家の謎もさることながら、これから“ゴンと別れる→染みついた習性を乗り越える→ゴンの所へ再び”というイベントをこなさなきゃいけないから。

> ただ、これらを1シーンで代替することが出来るんだよね。そう。“ゴンの身代わりになって死ぬ”こと。幾ら冨樫でも、そこまで非情になれるのだろうか・・・・・

を読んだ後だったので、今週の展開はかなりドキドキしました。


最後の瞬殺の前に桜舞……じゃなかった、肢曲で幻惑するとかして格上感を出してくれたらもっとよかったと思いますが、今回の話はおおむね満足しました。


・逃ゲロ

やっぱり、イルミ兄さんはゲドーくんに見えます


●SBR

・アオリ

> ジャイロとジョニィを追うのは!?

> ティムであれば3人のレースは

> 爆裂をもって終わる!

アオリ……っていうか、あらすじ。

デスノート、ズゴック、アイシールドと来て、SBRにもこんなおまけが。


・しかも あのヘンテコな帽子の形…………… どこかで見たことがあるぞ…

かつて、マウンテン・ティムといえば「ルックスもイケメン」でしたが、もはや、ヘンテコな帽子ですか。


●ゲドーくん

・まるで新婚夫婦のようではござらぬか

ドリブルされたりパスされたりしながら精神統一を果たしたゲドーくんがスゴすぎます。

そりゃあ、それだけの精神力があれば、奇跡も起こせるってものですよ。


●武装錬金

・ブラボ−−! おお…ブラボー!!

ツッコんだら負けのような気がしますが、それ、ポルナレルフですよ。


武藤カズキを再殺せよ

すごく盛り上がる展開ですし、この場面に合った言葉だと思いますが、どうしても、「再殺」って聞くとチェーンソーで165以上の肉片に切り刻むんじゃないかと思ってしまいます。

実際そうするなら、ハンターの演出を取り入れて、原稿用紙の代わりに黒画用紙を提出したらいいんじゃないでしょうか。


●じゃんぷる

・メロスは激怒した。魔王を倒しに行けと言われて、渡されたものが銅の剣と100Gだけだったから。

うんうん、激しく同意です。


●目次コメント

和月先生って、水着を書くだけで精根尽き果てるんですね。

パンツしか書いていないのに、まだ連載している作家もいるのが皮肉です。K先生の方を永久に休ませてあげればいいのに。


20040801追加

●デスノート

・おっ ジャーマネ?

ああ、イヤだイヤだ。

私は「部外者が業界用語を使う姿」を見るのがたまらなく嫌いなため、牛丼屋で「つゆだく」を頼むことができません。

そんな私も、こちらの方とは気が合いそうです。

[]  『ストーンオーシャン』14巻「アンダー・ワールド その6」より

D.Gray-man

 おまえごとき うすっぺらな藁の家が 深遠なるネタの 私とスピンちゃんの砦に踏み込んでくるんじゃあないッ!」

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mezakuro/20040726

2004-07-17 死にたくないならリサイクルしようね!

[]34号雑感

●アイシールド

・アイシールド21 10番勝負

 カッコイイのはどっち!? ファッション対決 コータローVS瀧

 ペットにするならどっち!? マスコット(?)対決 デビルバットVSケルベロス

ええええ その二択ー!?


・コーナーバック角口

ランバダのポリゴン真挙でも喰らいましたか?


●ワンピース

・ちょっと待ってろよ ウソップ

いやいやいやいや、チョッパーは残って治療に専念すべきでしょう。


●ジャンプ十二傑新人漫画賞大募集!!

・セリフの力を感じろ!!

「フハハハハハ 絶望と共に散るがいい!」by真田皇帝

「『風林火山』にはそれぞれの特性があるが 完璧な技であるが故−− 『火』は『風』に弱い等 己の技同士を打ち消しあってしまうのか」by乾博士

「守りのエキスパート大石を軸に あえて菊丸を分身させ後ろにすえる」by竜崎コーチ

感じる……。人知を越えた大宇宙の波動を感じるよ、ママン。


●デスノート

・何か逃れる手段を必ず考える

ちくしょう、ダメか。

とはいうものの、逃れる手段なんてあるのかなぁ。身代わりを立てるわけにもいかないだろうし……。


●アニメ「いちご100%」の極秘設定画をゲット

・ドキッ100%

こんなラフな設定画でも下着姿を外さないだなんて、さすがはジャンプ初のR15指定アニメです。

……で、ションボリ100%の方はどんな客筋をターゲットにしたものなんでしょうか?


●テニス様

・何だ… さっき おれの目に映った サムライのようなモノは…!?

 笑止! そんなモノは見えるハズがない! まあいい 決着をつける!!

愛用の辞典をひもといてみると……、

> 【笑止】(しょうし)

> (名・形動){_ナリ}〔「笑止」は当て字。「勝事(シヨウジ)」の転という〕

> (1)おかしいこと。ばかばかしいこと。また、そのさま。「―の至りだ」「―なことを言う」

> (2)大変なこと。奇怪なこと。「此事天下においてことなる―なれば/平家{一}」

> (3)困ったこと。また、そのさま。「あら―や、にはかに日暮れ大雨降りて/謡曲・蟻通」

> (4)気の毒なこと。また、そのさま。「拳をにぎり歎きしは、道理とも―とも、思ひやられて哀なり/浄瑠璃・曾根崎心中」

> (5)恥ずかしいこと。また、そのさま。「始めての付合になめたらしい、おお―/浄瑠璃・一谷嫩軍記」

……なんというか、(1)から(5)をすべて含んでいるような気がします。

(ギャグとしてストレートに)おかしいし、(マンガとして表現が)大変だし、(読者として対応に)困ってしまうし、(許斐先生の頭が)気の毒だし、(読んでて)恥ずかしいです。


・己の中に潜む潜在能力を開封しろ

「解放」じゃなくって「開封」なんですね。……なんだかジャムのふたを開けるみたいです。


●パンツ100%

・同じなんだ 俺と東城 日暮さんと西野 どちらとも同じ夢を抱いてる同志で−−−

え? 東の人って、エロ映画を撮るのが夢だったんですか? てっきり小説家志望かと思ってました。

まだまだ私も読み込みが足りないなぁ。


●ゲドーくん

・仮に鼻毛を一本抜くときの痛みの強さを「1ハナゲ」とするならば

『新しい単位』を思い出しました。


●SBR

・ブンブーン一家を本当に振り切れるか!? 油断できなすぎる!!

これですよこれ!

この日本語を超越したアオリこそ、荒木マンガにふさわしいといえましょう。

「前へ進む事 困難を超えること その強さの名は−−−トレイン!!」との名言を残した黒猫の担当に勝るとも劣らない仕事っぷりです。


・状況しだいでは処刑の権限ももっている

えーと、処刑の権限って、悪名高い対バイオロン法ですか?

> 対バイオロン法(「機動刑事ジバン」より)

> 第一条 機動刑事ジバンは、いかなる場合でも令状なしに犯人を逮捕することができる。

> 第二条 機動刑事ジバンは、相手がバイオロンと認めた場合、自らの判断で犯人を処罰することができる。

> 第二条補足 場合によっては、抹殺することも許される。

> 第三条 機動刑事ジバンは、人間の生命を最優先とし、これを顧みないあらゆる命令を排除することができる。

> 第六条 子どもの夢を奪い、その心を傷つけた罪は特に重い。

> 第九条 機動刑事ジバンは、あらゆる生命体の平和を破壊する者を、自らの判断で抹殺することができる。


●ハンター

・他の人間が殺られているスキに逃げる事ができる

うわー、寄生生物みたいなドライな考え方。こんなのが主人公サイドにいるってところが、冨樫先生の魅力ですね。

でも、そういう状況でゴンがこの案に従うとは思えないんですが……。


・黒塗り

なんでいまさら、指がフッ飛ばされたくらいで目隠しする必要があるんでしょう?

編集部に怒られたのかなぁ。


・謎の生物は時速200キロ以上で「明日また来る」「もっと速いヤツを連れて来い」などと話していることから

これが黒猫だったら、「時速200キロ以上の高速会話術!? すごい! ヂートゥさんはスピードキング 兼 早口言葉キングだったんですね!!」などと紳士的に驚くこともできるんでしょうが……。


・ほんの幽かに残る気配(オーラ)!! すでにこの場所を通った後か それとも…… 風に乗って運ばれて来たか

オーラって、風に運ばれるような実体があるものなんでしょうか?

そうだとすると、強風の中ではオーラがはぎ取られて持っていかれる可能性もあるわけですよね? どうもイメージが湧かないんですけれど……。


・は? 何 言ってんの?

怖ぇーっ!!

伊藤 潤二先生のカットかと思いました。

あの展開でこんなオチだなんて、心臓に悪すぎます。

これまでパームさんがまともに顔を描いてもらえなかったのは、このシーンを効果的に見せるための伏線だったのでしょうか(それは違う)。


●武装錬金

・「でも大浜は喜ぶよ きっと」 「ガズギグン?!?」

同じ男として大浜くんに共感と同情の念を抱くと同時に、カズキの裏切り行為は許せません。

これまでさまざまなイベントを経て好感度を高めてきた主人公ですが、この行為は万死に値します。


●ジャガーさん

・死にたくないならリサイクルしようね!

ギャグの衣をまとっていても、これは大変な真理ですよ。

私も死にたくないので、リサイクルを心掛けます。


……で、そふとくり〜むの話は終わりですか?

2004-07-13 何だ………今のは!?

[]33号雑感

●表紙

・2004ジャンプスーパーアニメツアー BLEACH いちご100%

いちごアニメってR15指定ツアーですか? ブリーチを見たいお子様だっているでしょうに、ジャンプも酷なことをしますね。


・p304 今年の秋は「いちごづくし」で思いっきり楽しもうぜッ!!

お前は本当に「いちご100%」をアニメ化したいのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい

お前、「いちごづくし」って言いたいだけちゃうんかと。


週刊少年ジャンプ金未来杯(ゴールドフューチャーカップ)開催!!

・「切法師」 中島輸宇樹

おおっ! 中島先生の登場ですか!! できれば、「ホライズン・エクスプレス」で連載を取ってもらいたいところですが贅沢はいいません。

……でも、舞台が戦国時代って、中島先生のレトロチックなメカデザインを堪能できないのはかなり本気でもったいないと思うんですが……。


●デスノート

・小畑先生の初連載作品「CYBORGじいちゃんG」リミックスワイド版にて発売中!!「DEATH NOTE」製作秘話インタビューも収録してます!!必見!!

どちらかというと、大場先生のインタビューを読んでみたいです。

「少年探偵ダンとちょっとだけ作風が違うように見えますが、方向転換のきっかけはなんですか?」とか。


・Lの顔を見る方法

「一度取り消したけど、やっぱりテレビに出演しろ」っていうのはダメなんでしょうか?


●パンツ100%

本当にこのマンガは、男をなんだと思っているんだろう……。


・けど 日暮さんか〜 あの人カッコイイし いい人だし …ってうわ〜!! 絶対かないっこねーじゃん!

ムダゴマの典型ですね。

ここであらためて説明する理由がわかりません。ジャンプの全読者が理解していることですよ。


●ジャンプ十二傑新人漫画賞大募集!!

・驚きや落胆など、読者の気持ちを誘導する読者視点キャラ3人組!

許斐先生のマンガにかける熱意と意気込みが伝わってくるようです。

読者の気持ちを誘導するという大切な役割を担わせるキャラクターに、あえて好感度が低く、毛ほども共感できない3人組を用意するなんて並のマンガ家にできることではありません。

あえて、困難な道を選び、自らの技を磨くその求道の精神には感服せざるをえません。


●テニス様

・サムライ見参!!!

何だ………今のは!? って、3人組に誘導してもらわなくても、真田皇帝と気持ちがシンクロしましたよ。許斐先生!


・アオリ 「真田は何を見た!?」

・予告 「真田の見たモノは一体!? 次号、VS真田最高潮!!」

ついに編集もサジを投げたようですね。

そりゃあ、許斐先生の「歪世界(ワープワールド)」を理解するなんて常人には不可能というものですよ。


・−−真田の五感もまた感じ取っていた この一年は今 摘んでおかねばならないと

五感? 視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚の五感ですか?

リョーマくんって、イヤな味やにおいとかするのでしょうか?

2004-07-05 テニス様特集?

[]32号雑感

●表紙

・庭球の名を借りた… 本格宮廷闘争!?

「庭球の名を借りた」って部分には非常にガッテンできますが、……本格宮廷闘争?

危険です。許斐病の猛威は留まるところを知りません。


●テニス様

・「コイツ… あの一瞬だけ無我になって『風林火山』に『風林火山』をぶつけて来るとは」

そんな面倒なことをしなくても、菊丸印のステップで分身して、一人が『火』でブッ飛ばされた隙に、もう一人が打ち返すとかすればいいのでは?

……いや、これをやっちゃうと騎士(ヘッドライナー)として天位が取れますが。


・「『風林火山』にはそれぞれの特性があるが 完璧な技であるが故−− 『火』は『風』に弱い等 己の技同士を打ち消しあってしまうのか」

理解不能! 理解不能! 理解不能! 理解不能! 理解不能! 理解不能!

赤ペン先生に添削を頼んだら、タライいっぱいの赤ペンキを頭からブチ撒けられそうです。


●ジャンプ十二傑新人漫画賞大募集!!

今月の審査員はテニス様の許斐 剛 先生!! いったいどんなテクニックを伝授してくださるというのでしょうか?

> 第1回

> 「キャラクターの“凄さ”を表現しよう!!」

> 「テニスの王子様」の魅力の一つはキャラクターと彼らが繰り出すプレイの凄さ。

> 1話目を例にとって許斐先生がリョーマの凄さをどんな風に表現しているか見てみよう。

> 1.立ちはだかる敵の強さをまず示す。

> 2.状況を引っくり返すキメ技炸裂!!

> 3.敵や周囲の反応を有効利用。

> 4.更なる実力の予感でスケール感アップ!!

止まるところを知らないインフレスパイラルの基本がここにあります。

ただひたすらに、スケールアップ! スケールアップ!! スケールアップ!!!

そして、行き着く先が、いまの「庭球の名を借りた」異次元殺法合戦というわけですね。よく理解できました。


さて、テニス様の真髄の一端を垣間見せてくれた第1回の講義でしたが、次回以降、許斐先生はどんなことを教えてくださるのでしょう?

私が予想するに、こんな感じではないかと思います。


・アイデアの作り方

 電波を受け取れ!! 人間が一人でできることなど限られている。天地と和合し、宇宙と一体になるのだ! ピラミッドパワーやチャネリングで君の中の新たな扉を開け!!


・画面構成

 とにかく顔!! 大ゴマで顔のアップさえ描ければ、あとはどうにでもなる。絵で表現するのがむずかしければセリフで補え! それでも足りなければ、柱やアオリで解説してもらうという方法もある!!

 編集の力を引き出すのもマンガ家の仕事のうちだと心掛けよ!!


・セリフの組み立て方

 日本語にとらわれるな!! 表現したい単語を並べれば、あとは読者が勝手に補完してくれる。

 文字を書いたり文章を組み立てるのはマンガ家の仕事じゃない! そう割り切るだけの強さを身につけよう!!


●ボーボボ

・マイネームイズJ

いやー、涙が出るほど笑いました。

個人的にJは好きですし、こんなところで使い捨てにするにはもったいないキャラですが、これだけやったら退場させてあげてもいいと思います。

・ラーメンガム

食いたくねぇ−−−−−−−っ!!!!


●パンツ100%

・それは「運」だ!!

まったくもって、その通りだ!!


●ぷーやん

・無我の境地へと…!?

アオリを見て、この主人公、なにをパクるのかなと思ってしまいました。

もはや、ジャンプで「無我の境地」って言葉が辞書通りの意味で使われることはないのでしょうね。

ジャンプ的説明

【無我の境地】(むがのきょうち)

脊髄反射で体が動くこと。

その際、体に残っているイメージを忠実に再現できることから、これまで作中に出て来た技を、ただ「見ていたから」という理由だけでパクることができる。

長時間使用すると、疲労が一気に現れるという設定もあるが、翌週にはなんの説明もなくまた使うことが可能なので、事実上、使用制限はないと思って間違いない。

出典 「テニスの王子様」 許斐 剛


●SBR

・アンドレ・ブンブーンの麻酔

柔道とかの締め技で「落ちる」って気持ちいいそうですが……。

これだけサイコな方法で見せられると、マネしようとする子供たちの抑止力になりそうですね。


●ゲドーくん

・ドラキュラさんからの手紙

レナちゃんの特殊眼力が「透視眼」であるという可能性に、花京院の魂を全部賭けます。

理由:封を切っていない手紙の差出人がコウモリ人間だと気づいていたから。

・追記

先週、レナとジュリアが「t.A.T.u.」に由来すると書きましたが、鬼逐くんのジョージとアンドリューを検索してみると「WHAM!」でしたか。

全然気がつかなかったです。結構好きなバンドだったのに……。


●目次コメント

・空知先生

普通の貴婦人は、鼻をほじっているようなイラストを自画像にしたりしません。

 | 

2004 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 07 | 08 | 09 |
  日記カレンダー

<< 2004/07 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
主なカテゴリー

 ● [ジャンプ]

 ● [いちごの次回予想]

 ● [書籍]

 ●[スピンちゃん追悼]

 ●[暴発](子供は見ちゃダメ!)
 

最新タイトル