ジャンプの雑感とか…

ジャンプの感想を中心に不定期で書いている日記です。


案内ブロックにジャンプする

フレーム付きにする/ ジャンプ関連コンテンツを開く/ 「いつも心にトレインを…」に戻る


管理人:目黒 学(x_kuroneko@yahoo.co.jp)

最近のコメント

1. 09/09 もっとほしいです!!
2. 09/09 よーちよちよちよち!!!!
3. 09/09 これはいいカオスw
4. 09/09 えふwwえふwwえふwww
5. 09/09 試してみたお!
  トラックバック、大歓迎!

・ご意見、ご感想、ご指摘、ツッコミなどありましたら、コメント欄に書き込みをお願いいたします。
 | 

2005-04-28 予想通りの暴発祭り

[]21・22合併号雑感

先週号の感想がJ-Linksの感想サイト更新チェックページに拾われていないようですが、これも例のアニメの影響でしょうか?


ところで、アニメといえばこの世で最高の神マンガ、黒猫のアニメ化が囁かれているようですね。

おそらく某パンツアニメと同様、わが家では電波が届かない可能性が高いので正直どうでもいいのですが、集英社も製作会社のGONZOもじつに大胆な仕事に乗り出したものです。

あの優美で美しい矢吹先生の絵をセル画に起こそうとするだけでも、現行のハイビジョン(1280×720画素)程度ではまるでケタが足りないでしょうし、すべての物理法則を満足しながらわれわれの矮小な想像力を軽く打ち破ってくれるスーパーアクションの数々にリアルな動きをつけようとするなら、秒間360コマでも追いつかないはずです。

もしかすると製作会社はセル画を必要以上にコピーしたり、別の作品から引用してその辺りをごまかそうと考えているのかもしれませんが、手抜きやパクリといえば黒猫の反意語といって過言ではない言葉です。私には、せめて、このアニメが黒猫のエッセンスだけでもしっかり伝えるものになっていることを祈るしかありません。


ところで、これは余談……というよりは一般常識ですが、黒猫をアニメ化するならオープニングとエンディングは、ぜひ幼木真二さんにお願いしたいものです。


●表紙

・笑うが勝ちよ!! ジャンぷっぷ!?

ということで、ジャンプ連載作家に聞きました。「あなたは、愛着ある自分のマンガの主人公をどこまで崩すことができますか?」

 A.笑いが取れるならいくらでも

  許斐先生

 B.崩すも何も、普段から崩れているし……

  尾田先生・小畑先生・澤井先生・空知先生・西先生・松井先生・鈴木先生・秋本先生・うすた先生

 B.作品のイメージがあるので、これが限界です

  岸本先生・天野先生・和月先生・村田先生・星野先生・河野先生

 C.オサレじゃないものは描かねェ!

  久保先生

 D.主人公はいくらでも崩せますが、表紙には絶対出すなといわれたので……

  河下先生

 E.まだまだ崩したりない

  冨樫先生


……許斐先生って、やっぱり確信犯なのかなぁ。

いずれにしても、こういうお祭りでハジケることができる人は大好きなので、すごく好感度が上がりました。これも許斐先生の計算の内でしょうか?

逆にタダでも低い好感度が一気に下がったのがオサレ主人公でした。主人公をカッコよく描くためだけに作品を描く久保先生にとって、こういう企画は鬼門ですね。

あと、冨樫先生は突き抜けすぎて、逆に引きます。



●テニス様

・『どーいう事だよ大石…』『何の試合だよそれ?』

本当になんの試合なんですか、このマンガでおこなわれているスーパーバトルは?

テニスコートの上で、ボールとラケットを使っていることまではわかりますが、どうみてもテニスではありませんし……。


・――…菊…丸… バズーカ!!

3人に分身してもラケットは一つというところが、単なる残像や錯覚ではないということを強く物語っています。

ポルナレフなら、

> 「催眠術だとか超スピードだとかそんなチャチなもんじゃあ断じてねえ

>  もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ」

とかいいだすかもしれません。


・英二の体力は以前の倍はついてる!!

ジャンプ力は5倍はついてる!!

……もう、これだけ飛べるなら走高跳びで世界記録を狙った方がいいのではないでしょうか?


・甲斐クンは左利き(レフティ) それも裏手のね

裏手って、まさか琉球空手のトンファー使いだからこっちの方が扱いやすい……とかいいださないでしょうね?

いずれにしても、こんなスットンキョウな持ち方だと、右側を狙い撃ちされたら返しようがない気もします。



●JUMPを舞台にマンガの未来を切り開け!! 第3回デジタルマンガ賞審査結果大発表!!

・ヘビー級最終候補「ジャイアントステップ」笑福堂

  > 講評

  > 絵も、ストーリーも、分かりやすさを心

  > 掛けて丁寧に作られているところは好感

  > が持てます。ただし、一発ネタは衝撃が

  > 命。そしてパロディーにこそ強烈なオリ

  > ジナリティーあふれるアイデアが求めら

  > れます。シナリオの段階で、もう一晩だ

  > け徹夜してみてください。

えーっと、これって「ジャイアントステップ」に対する講評ですよね?

いや、どこのどの作品とはいうわけではありませんが、なにか別のマンガが私の脳裏を過ぎったもので……。



●ブリーチ

・それ以降 今に至るまで四十六室を演じ続け 全ての命令を捜査し続けた

えっと、「操作」ですよね?

「捜査」してどうするんですか。「事件は会議室で起きているんじゃない。現場で起きている」んですよ。

……まあ、この場合の現場は会議室(中央四十六室)なわけですが。



●アイシールド

・「陸……」「上部に入ろう!」

石丸先輩の勧誘作戦その2発動。もちろん、「その1」はアイシールドの正体を知って気絶しながら勧誘した例のアレです。

この石丸先輩一流の地味で地道な努力が実を結ぶときはくるのでしょうか?

善人で苦労人の半生を見てきただけに、なんとか最後には幸せになってもらいたいと思いますが、クリスマス・ボウル前にデビルバッツが敗退して、やることがなくなったセナくんが陸上部に移籍するとかいう展開になったら、コミックス全巻を燃やすと思います。


・よーし 3兄弟&アイシールド

陸くんのロデオドライブに翻弄される3兄弟&アイシールドですが、「52番」が二人いたり、いきなり「51番」と「52番」が入れ替わったりしているのはカストロさんやゴレイヌさんの仕業ですか?



●ネウロ

・登場人物

弥子ちゃんの好物はキムチチーズオムレツ。

私はチーズオムレツまでしか食べたことがありませんが、そこにキムチを入れるのは本当においしいんでしょうか? 私は辛いものが苦手ということもありまして、無礼を承知で率直にいわせていただくと「食べるって事に対して失礼」な気がします。

……それとも、実際に食べれば億泰くんのように味に目覚めるのかなぁ?


・撃たれた時 幸運にもまばたきをしましてね… 上手いこと弾丸をキャッチできたんです

まるで説得力のない説明が逆に爽快です。

シリアス(?)なストーリーの中にギャグマンガレベルの虚構を持ち込む作品といえば、これまではテニス様の独壇場でしたが、どうやら許斐先生もうかうかしていられなくなりましたね。


・もしもし母ちゃん? オレオレ さっきの今だけどさ オレ実家に帰ってもいいかなぁ?

……って、豪田さん。初登場時のオレオレ詐欺の相手は実の母親だったわけですか?

いやぁ、考えましたね。たしかに、じつの母親が相手なら子供になりすますのも簡単でしょう。

これほどの知能犯が単なる社員だなんて、ヤ○ザの世界の奥深さを垣間見た思いです。



●武装錬金

最終回。

全身甲冑(フルプレートアーマー)武装錬金バスターバロン!!やヴィクターの巨大化などずいぶんハッチャケていましたが、あれは最後の咆哮だったんですね。なんだか、最終回手前のスピンちゃんのハジケっぷりを思い出しました。

それにしても「ごっちゃん」のときといい、どうしてジャンプ編集部は増刊号で最終回を載せますか?

増刊号の売り上げを上げるためだけにやっているとしか思えないのが腹立たしいです。読者にはなんのメリットも感じられませんよ。


人気が出れば引き伸ばされ、人気がなければ打ち切られる……語をきちんと終わらせる自由をマンガ家から剥奪するなんて、ジャンプのアンケートシステムにはなにか構造的な欠陥があるような気がしてなりません。

そして、そんな中、これほど後味のいい最終回を仕上げた和月先生は、本当にバランスのよい感性とセンスの持ち主なんだなと再確認させられました。

アンチヒーロー・パピヨンの活躍をもっともっと見たかったです。



●パンツ100%

・ち 違…っ 俺 考え事してて…画面なんか全然目に入ってなくてっっ

そのとき考えていたこと。

> やっぱり男の俺から切り出すべきだよ…な

> じゃねーと このまま普通にテレビ見て少し会話してお互い別々の部屋に寝るなんてことに…


なんていうか、こんな生物が同じ地球で貴重な酸素を吸っていることに激しい憤りを感じます。


・今なら自然に西野を……

こんな顔してキスを迫るヤツに自然なムードを演出するのは不可能です。


・イメージとしてはこうだけど

<譲ってください>

どなたか、デスノートを譲っていただけないでしょうか?

1ページ……、いえ、1行分でいいんです。

それがダメなら、私の代わりに「この世でもっとも害悪な顔」を思い浮かべながらセンターJ平と記入してください。謝礼ははずみます。


●目次コメント

・訂正です。前号で火口が捕まったのは10月28日、月の年齢は23歳です。すみません <つぐみ>

ネット上でもいろいろ騒がれていましたが、「ふざけるんじゃねえ!」とか「いいかげんな話をかくな!」とか「おとなはウソつきだ!」とかの、少年少女の絶望と怒りと悲しみの声が届いたようですね。


・最近仕事中に間違い電話が多発。「〜ホテルですか?」って全然違いますから! <義博>

冨樫先生、なんだか仕事中にかかってくる電話のコメントしかしなくなっちゃいましたね。

カレー日記が懐かしいです。


・コンパというものをやったことが無い。悲しいぐらいない。コンパって何? なんかの略? <京介>

コンパは、これの略ですよ。

> こんぱるぜんちく【金春禅竹】

> (1405- 1470頃)室町中期の能役者・能作者。シテ方金春流五七世宗家。

> 俗名、七郎氏信。禅竹は法名。大和の人。金春座中興の祖とされる。

> 能楽論「六輪一露」を書き、禅的哲学で能を解釈した。

> 「雨月」「芭蕉」「玉葛(タマカズラ)」などの能を作る。

[]第154話 西の家にて、その1

真:(…前にもあったな こんな光景)

   ↓

真:(西野はまだ料理が上手じゃなくて 俺はデレデレハラハラとそんな西野を見てた)

   ↓

真:(あの時は勉強会が名目だった気がするけど)

   ↓

真:(今日は? これ食べ終わったあと …そのあと…)

   ↓

真:ちら

   ↓

西:かああ

   ↓

真:(俺達は…)

   ↓

真:ドクン ドクン ドクン ドクン ドクン

[]第154話 西の家にて、その2

真:ち 違…っ 俺 考え事してて…画面なんか全然目に入ってなくてっっ

   ↓

真:ホントにホント…

   ↓

真:ハッ

   ↓

真:(に 西野 顔真っ赤…)

   ↓

西:はあ はあ…

   ↓

真:(テレビに触発されたんだ ――今なら)

   ↓

真:ドクン ドクン ドクン ドクン ドクン ドクン ドクン ドクン

   ↓

真:(今なら自然に西野を……)

[]第154話 西の家にて、その3

真:は …はは おじさんのスウェット少しデカイみたいで

   ↓

西:―――― あたしの部屋で待っててくれる?

   ↓

真:へ…っ 部屋でって…

   ↓

真:ドクン ドクン ドクン ドクン ドクン ドクン

[]第154話 西の家にて、その4

西:あたしなんて …ホント貧相だし…

   ↓

真:ギュッ…

   ↓

西:ひゃ……

   ↓

真:そんなことない! 西野がいい! 西野くらいが俺はいい!!

   ↓

西:……… ホントにホント…?

   ↓

真:ああ…

   ↓

西:じゃあ 見てもいいよ

   ↓

真:え…!? ホントにいいの…か?

   ↓

真:ドクン ドクン ドクン ドクン ドクン ドクン

[]第154話 西の家にて、その5

西:嘘ついちゃったの 淳平くんのことが好きだから

   ↓

西:…帰るのはお母さん達が眠ってから…だよね?

   ↓

真:西野…

   ↓

真:ドクン ドクン ドクン ドクン ドクン ドクン ドクン ドクン ドクン ドクン ドクン ドクン ドクン ドクン ドクン


西の両親は、旅行から帰ってきたわが家が床上浸水をしていることになんの疑問も抱かなかったのでしょうか?

もう家ごと海の彼方に流されてしまえ!!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mezakuro/20050428

2005-04-21 二大推理マンガ、並び立つ!

[]20号雑感

デスノート第2部始動!!

ネウロと並んで、ジャンプ推理マンガの双璧と謳われたデスノートの復活で、誌面が一気に活気付いてきたように思います。

これからも大場先生と小畑先生には、ネウロに追いつけ追い越せの気概をもってがんばっていただきたいものですね。


●デスノート

・アイバー&ウエディ脱落

> 2005年1月10日 アメリカ コロラド州 ケンウッド家の次女 メリー=ケンウッド バイク運転操作を誤り 事故死

> 2005年4月7日 ティエリ=モレロ フランス パリ郊外の病院で家族に看取られ 肝臓癌で死亡

死亡画面に重ねられている生前の画像は、ミサミサに見せて名前を暴いたときに使ったものという演出でしょうか?


・メイスンFBI長官

page.8以来の登場となるメイスン長官。

初登場から、6年近く長官の椅子に座り続けているということは、レイ=ペンバーたち12人の捜査官に絡んだ失策に関して、とくにおとがめはなかったようですね。


・メロ登場

施設「THE WAMMY'S HOUSE」で快活な姿を見せ、「DEATH NOTE HOW TO READ」でも愛嬌たっぷりといわれたメロ。


……えーと、愛嬌たっぷり?

もしかして、Lの死亡時に見せたあの月くんの顔も、この世界では愛らしい表情に分類されるものなんでしょうか?

比嘉中の知念くんも、こっちの作品に登場すれば愛くるしいキャラとして目立てたのかなぁ)



●GW(ゴールデンウィーク)を熱くする!! Great Works in AKAMARU!!

・現代最高の絵師、小畑先生のオール描き下ろしイラストが偉大!!

・この号から始まった第2部の今後の展開の情報がよめるのが偉大!!

誉め言葉であるにもかかわらず、ものすごい当てつけのように思えるキーワード、「偉大」

この言葉があるだけで半笑いになってしまう私がいます。


ところで、「現代最高の絵師」というのは「在・過去・未来のすべての世の中で最高の絵を描くマンガ家の匠であるところの小畑先生」の略であると見て間違いはないと思いますが、ここまで某先生をプッシュしておきながらちっとも連載枠を用意しない編集部は、ちょっとおかしいんじゃないかと思います。



ウルトラジャンプ 5月特大号 4/19(火)発売!

・必見の価値アリです。

このアオリだけで、崩れ落ちるくらい笑いました。

「必見の価値」という反則スレスレの日本語もさることながら、そんなロックな文章を「です」という丁寧語で終わらせるセンスが最高です。

これもやっぱり瓶子さんの仕事なのかなぁ。


まだウルトラジャンプは買えていませんが、これはなにがなんでも入手しなくては……。



●アイシールド

・デリカシー無えっつうより 性格は紳士なんだけどバカなんだな…

まさか、「紳士」と「バカ」の垣根がそんなに低いはずはありませんよ。

そんなことをいい出したら、「紳士的戦闘法」が「おバカな戦い方」と同義語になっちゃうじゃないですか。


・! えーと 「シュークリーム」「風紀」「委員が」「つまみ食…

まもり姉さん……。

アメフトの試合ではたぶん20年に1度も出ないであろう「シュークリーム」や「風紀委員」や「つまみ食い」なんてサインを用意しておくとは用意がよすぎます。

それとも、この「シュークリーム」のサインが今後の伏線になるのでしょうか?



●ボーボボ

・これは「せっしゃせっしゃ詐欺」!!?

いや、いくらなんでもこのネタは……。

まさか澤井先生って、「銀魂」を読んでいないんでしょうか。


・その名も「首領パッチ危機一髪カルタ」! いいでしょ――♪ いいでしょ――♪

カルタの読み札が、ちゃんと5・7・5調でそろえられているのがすごいです。

本当に澤井先生って、手を抜きませんね。

(それだけに「せっしゃせっしゃ詐欺」を出した理由がわかりません)



●銀魂

さて、澤井先生に読まれていない可能性が出てきた銀魂ですが……。


・あーチクショ この作品は… フィクショーン!! …です 実在の人物・団体・事件などにいっさい関係ありません

空知先生はアイシールドのコミックスを持っていないことが判明しました。


・どうも初めまして となりに越してきました 屁怒絽です

上半身裸エプロンでワイルド&セクシーな雰囲気をかもしだす屁怒絽さん。

これで婦女子の票をがっぽり集めようって魂胆ですね、空知先生。



●テニス様

・コ コイツ… 左右の動きに縮地法が使えないのを分かってやがる

相手に動きを悟らせず移動するという本来の縮地法ならたしかに前後にしか使えないでしょうが、比嘉中の場合は錯覚とかは関係なく純粋にテレポーテーションですから、そんな制限はないと思いますよ。

たぶん、90度横に向けば左右の動きにだって対応できるはずです。


・六角の佐伯が身を持って僕らに教えてくれたんだ シングルスならあれで縮地法を防げるよ…

じゃあ、どうして佐伯くんは負けたんでしょうか?


・す 凄え アイツ… 今 二人に見えたぞ

たぶん、これも錯覚だと思わせておいて、具現化系の念能力かなにかだと思います。


・今度は一転 ネットに出たっ!?

なんでわざわざこんなステップを踏みますか?

まっすぐ左に走れば、わざわざアクロバットなことをしなくてもいいのに……。


・おおーっ アクロバティック!!

「アクロバティック」って、あんまり使わない言葉ですよね。

それはともかくとして、このコマ。

ユニフォームのシワだということがわかっていても、菊丸先輩の左手が6本指に見えるのは、許斐先生がこれまで培ってきた実績を深く物語っています。


・菊丸分身

「バーカ 隙だらけだぜ!」の次のコマ、なんだか自分が具現化したダブルに足を取られて転んだようにも見えます(……というか、そうとしか見えません)が、このテニスコートでは、一体何が起こっているんでしょうか?



●ネウロ

・登場人物

弥子ちゃんの好物はメロンパン。

で、チョコメロンパンは邪道ですか? 私は結構好きですが……というより、私はメロン自体がそれほど好きではないので、あまりにもメロン100%なメロンパンは苦手です。

(100%って言葉がつくだけで、イヤさ加減が10倍増くらいになります)


・…ひどいよネウロ!! …常にひどいけど

このセリフで、さらに弥子ちゃんが好きになりました。

やっぱり、松井先生のギャグセンスって、澤井先生に通じるものがあると思います。



●パンツ100%

・でもあたしはきっと とーぶん真中のこと好きだよ それ以上の男が現れたらわかんないけど

ちゃんと目は見えてますか? アレ以下の男が地球上に存在するとは考えられないんですけどね。



●武装錬金

・黒い核鉄の力を−とするなら この白い核鉄の力は+ 二つの力を一つに合わせれば力は相殺し合い 0となる!!

> 死神の虚(ホロウ)化 虚(ホロウ)の死神化 相反する二つの存在の境界を取り払うことで その存在は更なる高みへと上り詰める

という理論に従って、スーパーヴィクターになっちゃうとかいうオチがついたらイヤだなぁ。

[]第153話 部室にて

真:(本当はわかってたんだ よく そう言われてきたし でも確かめる勇気がなかった 心のどこかでそんなわけないって期待しないで暮らしてきた)

   ↓

東:好きなの 中3のあの日から ずっとずっと…!

   ↓

真:ドクン ドクン ドクン ドクン ドクン ドクン ドクン ドクン

   ↓

真:ぺたん…


全然関係ない話ですが、日本では80年代にラッキーホールというタイプの風俗があったそうです。……泉坂高校って乱れているなぁ。

(うわー、本気で子供は見ちゃダメコンテンツになってきた)

[]第153話 西の家の玄関にて

西:あの…ね 今日 うちの親いないんだ…

   ↓

西:え…と… 旅行に行ってて…… 帰ってくるのは明日…なの

   ↓

西:………あがってく?

   ↓

真:―――い いいの……か?ドクン ドクン ドクン ドクン


ああ、もうこのまま少年誌の限界を突破してとっとと打ち切られないかなぁ。

AmericanAmerican 2005/04/24 01:44 次号でしましたが?ただし、「読者の想像に任せます」という感じで、やっぱ少年誌だったじゃんかよクソッタレーー!でも、これで打ち切り・・・げふんげふん終了に近づいたということですねヨッシャー!

で、これでもまだJ平は「心ではやっぱり東が好きだったんだ・・・」とまだ東に傾く可能性というのもまだあるんだよね〜。
あったらJ平は串刺し、貼り付け、町中引き晒しの刑だね。

でも、個人的に武装錬金最終回でのカズキ&斗貴子さんのストロベリ展開の方がよくやった!と思いましたが。
これも真中のせいだ!どうしてくれるんだ!

ハチローハチロー 2005/04/26 11:59 はじめまして。
ここの暴発シリーズを見て以来、ぱんつ漫画で「ドクン」を目にするたび大爆笑してしまう状態になってしまいました。
新しいパラダイムに乾杯・・・。

目黒 学目黒 学 2005/05/01 01:48 Americanさん、コメントありがとうございます。

(最初にお願いがあるのですが、当サイトでのジャンプのネタバレは控えていただけるとありがたく思います。
 私自身はネタバレを嫌ってはいませんが、それでもどちらかといえば前情報なしで作品を楽しみたいと思っていますし、もしかすると、ここをご覧になっている方の中で、ネタバレで不快な思いをされる方がいるかもしれません。
 せっかく親切にも貴重な情報をいただいたのに無下にして申し訳ありませんが、できれば今後は公式発売日の月曜日になるまでは、事前情報を流さない方向でお願いいたします)

> でも、これで打ち切り・・・げふんげふん終了に近づいたということですねヨッシャー!
西エンドなら、もうイベントはすべてこなして、あとはエンディングだけだといえるのでしょうが、東エンドにするためには越えなきゃいけないイベントがさらに増えてしまったわけですから、あれは河下先生一流の延命措置だったのかもしれませんね。
でも、イベントも伏線もつじつまもどうでもいいです。パンツマンガにそんなことを求めるつもりは、これっぽっちもありません。
唐突に地割れに巻き込まれるとかヒザカックンされるとかでもいいですから、とにかくJ平死亡のハッピーエンドを見せてほしい。ジャンプの未来を憂える一読者として、私は切にそう願います。

> 武装錬金最終回でのカズキ&斗貴子さんのストロベリ展開
ほったらかしにされた伏線はともかくとして、なんだかんだで、私には大満足の最終回でした。
なにより、(悲しいほど尺が足りなかったということもありますが)ヴィクターとの最終決戦をラストに持ってこなかったのは、武装錬金という作品にとっては非常にいい締めになったと思います。
核鉄や武装錬金といった超常アイテムをつかったスーパーバトルよりも、平凡な日常をはるかに魅力的に描いてくれたマンガでしたからね。
近年まれに見るさわやかな最終回。あとは赤マルジャンプの最終章で、このすばらしいエピソードがぶち壊されないことを祈るだけです。

目黒 学目黒 学 2005/05/01 01:48 ハチローさん、コメントありがとうございます。
「これって、心臓の鼓動にしては不自然な音だよなぁ」という疑問を抱いたのが運の尽きでした。
まるで終わりの見えない暴発ラビリンスをさまよう3人の求道者(utsuさんとSnow Swallowさん含む)をこれからも温かく見守っていただければ幸いです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mezakuro/20050421

2005-04-14 ガンダムでロボといえば……

[]19号雑感

半月ほど話題を外していますが、ジャンプの19号といえばジョジョ第四部特別読切が掲載されるはずだったんですよね。

読みたかったなぁ。「さよなら杜王町」

(ウソ800(エイト・オー・オー)って、どこで入手できますか?)



●6週連続!! 2005年春の応募者全員大サービス!! 1stステージ!!

うわー。1−Fコース、『HUNTER×HUNTER』の幻影旅団クリスタルキーホルダーがすごくかっこいいです。

これ、店で売ってたら買うかも……。


1−D『アイシールド21』のポーチ&ミニタオル。せっかく各チームのマスコットキャラを描くんだったら、多色プリントにしてもらいたいですね。

ところで、盤戸スパイダースがやたら大きく描かれているのは、どういうことでしょう? この先、本編で王城ホワイトナイツを倒して決勝に出てくるという意外な展開が用意されている……のはさすがにないと思いますが。

「トーナメントは多分、皆さんの予想通りにはならないでしょう。結果は、選手自身が作るものです。」という稲垣先生の作者コメントが、いつまで経っても気になります。



●アイシールド

・132nd down デビルバッツ創世記

予想をまったく裏切ることのないストーリーなのに、ここまでおもしろく描ける演出とストーリーに脱帽です。


ところで、この受験エピソードと栗田先輩が元神龍寺生だった(50th down 仏門の戦士達)という話は、どうつながってくるんでしょうか?

栗田先輩、高校受験で神龍寺を受けたわけではなさそうなので、中高一貫教育の神龍寺中等部でアメフトに目覚め、ドロップアウトして麻黄中に転校したということなのかなぁ。


・とっとと行け 糞(ファッキン)ジジイ んな集中力ガタガタで蹴ったって入るわきゃねぇだろ かえって邪魔だ

ヒル魔というキャラがよくわかる偽悪的なセリフにグッときました。

ところで、別に誰のこととはいいませんが、これだけ深みのあるセリフを素人に毛の生えたような声優さんに演じさせるのは酷じゃないでしょうか?


・…………ここって 桜庭さんのお見舞いに来た時の…

たしかにありました。このセリフ! こんな細かいところにまで伏線を残していたとは、稲垣先生の構成力はさすがの一言です。

この作品を読んでいると、稲垣先生も村田先生も持てる力をすべて注ぎ込んで読者を楽しませようとする心意気が伝わってくるのでとても気持ちがいいです。どこかのマンガとは、まるで正反対ですね。


・もしも… いきなり親父が治るなんて奇跡がおきたら 朝でも夜でも いや 試合の途中からだって いつだって駆けつけてキックしてやる!!

ムサシ復活の伏線は、これで整いました。ワイルドガンマンズ戦で、45ヤードのキックで試合を決めるという展開を今から待っています。

(たぶん展開は予想通りでしょうが、演出とドラマは期待以上のものになるはずですから本気で楽しみです)



●銀魂

・何やってんのアンタ… 13(サーティーン)ってなんだよ?

土方さん、そんなこともしらないんですか?

XIIIといえば不吉の象徴。伝説の抹殺者(イレイザー)と呼ばれたスゴ腕の殺し屋の胸元に彫られたタトゥーじゃないですか。

こんなの世界の常識ですよ。



●ブリーチ

・無限。今は信じれる。

このアオリ文って、まったく理解ができません。

担当の編集さん、意味不明でなんとなくカッコよさそうなポエムの写植ばっかり打たされているうちに、日本語の感覚がオサレ方向にズレてきたんでしょうか?



●テニス様

・ついに明らかになる第4の返し球(フォースカウンター)! その正体とは…!!?

なんだったんでしょう。

何度読み返してもさっぱりわかりません。


いえ、もちろん、相手のボールの回転を打ち消して返すショットだというのはわかりますよ。

でも、そもそもの大前提として、あの大飯匙倩(おおハブ)の超常現象じみた軌道が、「不規則なすごい回転」だけで実現されるということが納得できないので、その回転を打ち消したらどうなるというところまで頭が働かないんですよ。

さらに回転を止めたからって、別に距離感が惑わされたり、動けなくなったりというのも理解不能です。

回転しないというだけなら、単に重い球になるだけじゃないんでしょうか?(スパイダーガデッムみたいに)


・潜れ(しーめー) 最後まで残った8人がレギュラーやさ!

ええっと……。

比嘉中のメンバーって、テニスとか沖縄武術の技量は関係なく肺活量の多い順に決まるわけですか?

理不尽なスパルタという評価は、あまりにも妥当すぎます。


・きっと俺達(わったー)の時代が来る(ちゅーさ)!!

潜水を強要された後だというのに一人はメガネ、一人は着帽。

これくらいの余裕がないと比嘉中のメンバーにはなれないということなんでしょうね。


・「よっしゃぁーっ ビクトリー!!」 スポッ 「い いや… 皆の応援のお陰で勝てたよ」「わははははっ!」

このマンガに理屈を求めてもムダだということはいやというほどわかっていますが、この一連のやり取りの流れと意味がさっぱり理解できません。

「ぬかに釘」や「のれんに腕押し」と同義の慣用句として、21世紀のことわざ辞典には「許斐先生に質問」という言葉を載せてもいいと思います。



●リボーン

・内藤ロンシャン

南京錠ネックレス、安全ピンルック、鋲アクセサリー、重力に逆らうツンツン頭……。

もしかして天野先生は、こちらのページを参考にして、キャラクターデザインを決定したのでしょうか?



●パンツ100%

「今は西野が大切だ」

「東城 今 キミにすごく会いたい…」

スノウムレイディオでも取り上げられていたパンツリセットの謎の一端が解けたような気がします。

この害悪主人公って、極度の刹那主義者だったんですね。


> せつな-しゅぎ 【刹那主義】

> 現在の瞬間を生きることに全力を尽くすという考え方。一般

> には一時的な快楽を追求する考え方をいう。

goo辞書より)


・真中さんのこと悪く言わないでっっ!!

なんという女! 自分の異常きわまりない嗜好を他人に押しつけるなんて最低です。

だいたい、人間にはできることとできないことがあるんですからね。


・大体あんなボケたよーな面(ツラ)した男… どこがいいんだか

正太郎くん、キミの言葉はまったくもって正論です。

ただ、キミは知らないでしょうが、J平の場合、面(ツラ)よりも中身の方がはるかにひどいんですよ。


・次週、ついに秘めてきた想いを伝えし東城に真中どう応える!?

「伝えし」? なんで、こんなファンタジーRPGに出てくる安っぽい口伝みたいな文章にしてるんでしょう?

べつに「伝えた」でいいじゃないですか。



●ネウロ

・よし!! 賭けは成立だ!!

このコマ、ヤ○ザ側の手が5つあるのはどういうことでしょう? 普通に考えれば、可能性は以下の3つに絞り込まれると思いますが、果たして答えはいかに?

 1.気絶している吾代さんが参加している

 2.弥子ちゃんが参加している

 3.実は、一人両右手の男がいる


・登場人物

新たに判明した弥子ちゃんの好物は「お弁当で最後に少し御飯を残してふりかけで食べる」ことだそうです。

ところで「ふりかけ」といえば、お好み焼きのソースにコクを与えるというのは本当ですか?

(答え:ウソです)


・飲み屋でも皆が席を一回は外したが それも五分程度 事務所へ行き社長を殺すことまでは出来ても… そんな凶器(エモノ)を隠す時間も場所もなかった

なにより、5分ではコアラのコスプレをすることすら不可能でしょうからね。

本当に犯人はこの中にいるんでしょうか?


・魔界777ツ道具 無気力な幻灯機(イビルブラインド)…

> 半径10m内における我々2人の「存在の解像度」を大幅に下げた

なんて小難しい説明をしなくても、「魔界における石ころ帽子だ」とかいってくれれば一発で理解できるのに。



●ユート

> 「ヤダな 吾川君 おなかが痛くなってどっかに消えてくれないかな」

> (ボ…ボクが怒られるのかな? 大声出したのは吾川君だよ?)

飛ぶ鳥落とす勢いで好感度を下げまくる主人公、ユート少年。

話が進むたびに、J平との距離がぐんぐん縮まっていくような気がします。


それにしてもワガママで口が悪いな吾川少年、空気が読めない吾川ママ、ヒステリックな仲井ママ、天然というよりはどこか感覚がおかしい真由嬢、ギスギスした広村コーチなどなど、ほった先生は、この作品にイヤなキャラしか出さないつもりでしょうか?

……帯広の高月君、早く再登場しないかなぁ。

彼のまっすぐな気持ちと態度は、このマンガで唯一の救いです。



●DEATH NOTE HOW TO READ VOL.3

火口卿介 パーソナルデータ

身長169cmって、見た目以上に背が低くないですか? 顔の大きさだけで30cmくらいはありそうに見えるんですが。

……もしかして、シークレットシューズとか着用してます?



こち亀

・コスプレで「ガンダムのロボ」を初めにやったのはこのわしだ!!

てめぇ、このド素人が!! ゲルググはモビルスーツだろうが!!

ガンダムに出てくる「ロボ」はハロだけなんだよ!!

などとはいいませんよ。私はマニアじゃありませんから。


●武装錬金

・全身甲冑(フルプレートアーマー)武装錬金! バスターバロン!!

あれ? 加速装置のスイッチがついたベルトはまだ修理できていないんですか?

それじゃあ、空を飛べません。飛べないアーマーバロンなんて、ただのバスターバロンですよ。


……って、和月先生、よっぽど未練があるのかなぁ。


・巨 巨大化ーッ!?

まんまスーパー戦隊シリーズみたいになってきましたが、バスターバロンが中に乗り込むタイプの武装錬金でなくて本当によかったです。

なんといっても戦隊物のコックピットは、どれもこれも外部に衝撃があると爆発するようにできていますからね。

いくら照星さんが大戦士長とはいえ、シルバースキンでも装着していなければ3秒でお星様になってしまいますよ。



Wāqwāq

・つまり私が思うに 一度死んで生き返った主人公はスーパーパワーを身につけているという少年マンガ的なアレではないかと!!

ああ……、結局、こういう安易なパターンに頼るわけですか。


せっかく名作になれる世界観があるのに、話が進むに連れてどんどんグダグダになっていった展開がはがゆくてなりません。

こんなことなら、C・公明先生を原作に迎えて「国立アンニュイ学園」を連載したほうがよかったのではないでしょうか。



●ジャガーさん

・ああ 実は4、5日前から場所取りしてるんだ

……あの、それってイジメというやつでは?



●目次コメント

逆境ナイン実写映画化! びっくりしました。僕一番影響うけたかもしれないマンガです。<京介>

うすた先生がそこまで「逆境ナイン」に入れ込んでいたとは知りませんでした。

いわれてみると、マサルさんによく出てきた「マンガにおける常識的な展開」を裏切るギャグ(極端に短い回想シーンとか)は、「神の涙」に通じるものがありますね。

通りすがり通りすがり 2005/04/15 01:43 こんにちは、今週号のジャンプのアンケート葉書のテレビアニメについての質問「春から始まったこれらのアニメを見てますか?」の質問にいちごが含まれていません。この事から読み取るに実はいちごはアニメ化などされてはいないんじゃないでしょうか?私たちの極度の真中への怒り・ストレスがアニメいちごという最悪の幻を見せているのかもしれません。

utsuutsu 2005/04/17 00:58 こんばんわ。
今週も楽しませていただきました。

>テニス
>第四の返し技
これについては僕も読んでいてまったく内容が理解できませんでしたがTEAM鳩吹さんの説(下参照)を読み納得いったところがあります。
http://www.h7.dion.ne.jp/~hatohuki/comic/jump2005/19.html
どうやらこの技はこんなに偉大な技だったようです。

>スパイダーガッデム
笑わせていただきました。
約一月前に燃えるV全巻セットを買いましたので今僕の中でとても熱い漫画になっていますので面白さ二割増です。
目黒さんと面白さを共有の漫画が増えたことをとてもうれしく思います。
今思うとテニス様のボールを人にぶつけるやり口は迎撃ビクトリーを参考にしたのかもしれませんね。
http://members.at.infoseek.co.jp/nea/moeruv.htm


僕も同じくうすた先生が逆境ナインが好きだったことは知りませんでしたよ。
僕はうすた先生は島本先生から「無理が通れば道理が引っ込む」考え方を教わったのかな?と思いました。
不屈の言動(たかが百点差。等)はマサルさんやジャガーの言動にも通じるものがあるのかもしれないな。という意味です。

目黒 学目黒 学 2005/04/19 23:35 通りすがりさん、コメントありがとうございます。
あのパンツマンガがアニメ化だなんてつじつまが合わなすぎると思っていましたが、そんなカラクリが!
完全催眠の斬魄刀「鏡花水月」の発動条件が「相手に斬魄刀解放の瞬間を見せること」であるように、例のアレも「イチゴパンツを見せること」でわれわれを不愉快な催眠状態に置いているのかもしれませんね。

目黒 学目黒 学 2005/04/19 23:35 utsuさん、コメントありがとうございます。
フォースカウンター、蜉蝣包みにこれほどの秘密が隠されていたとは、まるで想像もできませんでした。
H・G・ウェルズの短編「奇跡をおこせる男」を思い出しましたが、その主人公、フォザリンゲイ氏が自分の能力に振り回されてひどい目に遭うのとは対象的です。涼しい顔で地球を止めた不二先輩は、まさに天才という他ありません。


> スパイダーガッデム
って、しまったぁああああああっ!!!
私の感想を読み返してみると「スパイダーガデッム」なんてすごく脱力系の名前になっているじゃないですか。
ズール様に1コマで屠られそうなミスを犯してしまいました。例の名前が「魔城ガデッム」だったら、きっとアバル信徒は今の半分もいなかったに違いありません。

ところで「燃えるV」でおなじみの報酬、「中身入りの財布」っていったいどれくらいの額から「中身」として認識されるんでしょうね?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mezakuro/20050414

2005-04-07 実家近くのうどん屋にはおでんも置いていました(店、潰れたけど)

[]18号雑感

ネウロが謎解きしないとジャンプが薄っぺらく感じてしまいます。

もう、動機とか被害者とかはどうでもいいので、とにかく謎と犯人を出してください。



●アニ基地

・劇場版『テニスの王子様』DVDが3アイテムで6月29日[水]同時発売!!

Americanさんからの情報で3パターンのDVDという話はうかがっていましたが、まさかこんな形の3パターンとは……。


ところで、「劇場版 テニスの王子様 跡部からの贈り物〜君に捧げるテニプリ祭り〜」(ASIN:B0008JF666)が2940円、「劇場版 テニスの王子様 二人のサムライ The First Game」(ASIN:B0008JF65W)が3990円なのに、「劇場版 テニスの王子様 メモリアル・エディション」(ASIN:B0007D3NJU)が9240円っていうのは高すぎませんか?

  9220円−2940円−3990円=2310円……

特殊仕様BOXとやらには、オマケで「便利な高枝切りバサミ」でもついているのでしょうか?



●RADIO−KON HYPER!!!

・隠しキャラ阿散井恋次 その強さ、鬼神の如し!!

「鬼神」……。

いや、まあたしかに「泣いた赤鬼」とか「小鬼トリオ」も鬼の範疇には入っていますからね。



●でるジャン

・BLEACH バスタオル

> 『BLEACH』のおしゃれタオル!!

日本語は正しく! ブリーチはおしゃれじゃなくって、オサレですよ。



●ジャンプ十二傑新人漫画賞大募集!!

『How to be a cartoonist (秘)NOTE』!!と銘打たれた直撃インタビュー。

ジャンプが誇る絵師……というよりも、あの矢吹先生の師匠としての一面の方がどうしてもクローズアップされてしまう小畑先生の秘密のテクニックとは?


> Q5.描くのが苦手なものはありますか? また、それらを克服する方法があったら、それはどんな方法ですか?

> A.右向きの顔です(笑)。描くのが苦手なものに関しては、例えば、他の作品ではどうやって描いているのかを研究してみたりしていますね。技術に関する本を読んでみるのもいいと思います。何よりもまずたくさん描くこと、楽しんで描くことが大事だと思います。

けっして自己満足に陥ることなく、他の作品の研究を怠らない姿勢。

その飽くなき探究心は、自慢の弟子にも必要以上に受け継がれているようですね。

ところで小畑先生に質問です。「(笑)」の部分は天野先生に対するフォローですか? それとも皮肉ですか?


> Q6.作画をする上での基本的な心構えや、常に心掛けていることはありますか?

> A.個人的には、素直に描くことですね。「味」だとか「個性」をあまり意識せずに描くようにはしています。それよりもその時自分が描ける一番いい絵を描くことを意識するようにしていますね。それが結果として、「個性」に繋がってくるんじゃないかと思います。

編集部も酷な質問をしたものです。

こと「個性」に関しては、圧倒的オリジナリティを持った弟子を間近で見てきたわけですから、小畑先生がコンプレックスを抱えていても仕方がないというものですよ。



●ワンピース

「ここにポツンとあったんだ!!!」とか「追伸――」とか、サンジのキャラがこれでもかとばかりにアピールされているのがとてもおもしろかったです。

そして、それ以上に冷静すぎる対処をするナミのリアクションが最高でした。

この二人の掛け合い漫才をもっと見たいものです。



●テニス様

今週の知念くん

わーい! 3コマも登場したぞ!! ロングカットで顔も満足に描かれてないけど。


・「ナイス タカさん」「イエス 不二子ちゃーん」

不二子ちゃーん?

もしかして、今回のダブルスで不二先輩にタカさんを組ませたのは、一番ルパンっぽい(=モミアゲが長い)キャラにこのセリフを使わせたかったからなんでしょうか?


・「3種の返し球(トリプルカウンター)『白鯨』」「見事だよ お前」

やっぱり、この二人はダブルスをやっているという認識がないようですね。

それにしても、許斐先生の表現力に「縮地法」なんていう瞬間移動まで加わってしまうと、もはや絵だけで状況を認識するのは至難の業です。


・大飯匙倩(おおハブ)!!

もはや物理法則以前にマンガとしての説得力すら放棄してしまった感もあるテニス様。

この変則打球を無理なく説明しようとするなら、「じつは平古場くんが念力で動かしていたんだよ〜ん」くらいしかないと思います。

(それで読者が納得するかどうかは、また別の話ですが……)


・後は任せたぞ 不二ぃーっ!!

だから、その打球も放っておけばアウトになるのに……。

それとも、超テニス(かがみさん命名)の世界では、ノーバウンドだろうがアウトだろうがネットを越えてきた球を見送ったら、その時点でポイントを失うとかいうルールが追加されているんでしょうか?


・蜉蝣包み

やはり許斐先生。

コマ使いの荒さにかけては、他の追従を許しません。


原稿料をページ数じゃなくって、コマ数に支払うとかいうシステムをジャンプが導入したら、許斐先生は破産するんじゃないでしょうか?



●ボーボボ

・パパパパ…… パクリじゃ――――――――!!!!

黒猫紳士の端くれとして、パクリという卑劣な犯罪行為を許すわけにはいきません。

他の作家が苦労してつくり上げた作品を無断で拝借するなんて、まったく紳士の風上にも置けないマンガ家ですよ。


……って、あれ? また、誰を糾弾しているのかわからなくなってきました。


・オーケー バーババ兄ィ

こういうセリフを見るたびに気になるんですが、普通、自分の兄が一人しかいなければ、「バーババ兄ィ」みたいに名前+兄のような呼び方はしないですよね。

バババーバ・バーババというキャラの名前をアピールするためのセリフでしょうが、どうしても不自然さだけが目について引っ掛かりを覚えます。



●DEATH NOTE HOW TO READ VOL.3

・Mello

> メロ

> 大場先生に「活発な性格」と設定されたメロ。まだ幼さを残した表情は、愛

> 嬌もたっぷり。車高的な人物であると予想できるのだが、実際は…?

愛嬌たっぷり……かなぁ。

口元が笑っていても、あの目がすごく怖いんですけど。



●ネウロ

・私の中では讃岐うどんはまだまだブーム!! 多分 一生ブームな気がするよ

ということで今週明らかにされた弥子ちゃんの新たな好物は「讃岐うどん」。

私もブームとか関係なく讃岐うどんは好きですが、この「絹屋うどん」は店員さんの顔が怖いのであまり近寄りたくありません。


・マジで? それまでメチャ不便じゃん

携帯電話が一日ないだけで「メチャ不便」ですか。

まじめな話、携帯の依存性って麻薬のそれよりも高いような気がします。

(もちろん、一口に麻薬といってもドーピングコンソメスープだけは別格ですが)


・登場人物

うどんには天プラとおでんが欠かせないという弥子ちゃん。

人の好みはもちろんさまざまですが、うどん+おでんという組み合わせは、なんとなく食べるという行為に対して失礼な気がします。


ところで、私は弥子ちゃんの好物リストをつくろうと考えていたのですが、@amのイノウエさんが、すでにすばらしいデータベースを構築されていらっしゃるようです。

ネウロのことでわからないことがあれば、このネウロデータベースにレッツ・異次元の侵略者(イビルスクリプト)!!

(残念ながら、ドーピングコンソメスープのレシピは載っていません)



●ユート

やっぱりだめだ。

この作品って、登場人物が全員カンに触る言動しか取らないので物語に没頭できません。

狙ってやってるならすごい人物描写だと思いますが、その高いスキルを使って、ここまで読み手に不快感を与える意味があるのかは疑問です。



●パンツ100%

・なんだぁ そーゆーことだったんだ…

ただ安堵するだけで、読者にこの上ない不快感と純然たる殺意を与える主人公像。

ユートやムヒョやリボーンが好感度の低さを売りにした主人公でがんばっていますが、このパンツマンガの域に達するまでには、まだまだ乗り越えなければならない壁がありそうです。


・ここのフロア やけに男子が多いんだもんっ

やっぱり、こと不快キャラに関して、このマンガの層の厚さには目を見張るものがありますね。「作者の都合」と「読者に対する媚び」だけで形成されたこの女は出てくるたびに、私の神経を的確に逆撫でしてくれます。

個人的な(マイナス方向の)嗜好ですが、もし、この女が「ボク」とかいう一人称で喋るようなキャラだったら、ムカツキ加減はJ平を越えていたことでしょう。



●JUMP SUPER STARS 爆闘道場第3戦

・GUNGUN攻めるぜ! 『BLACKCAT』出撃!!

ということで、「JUMP SUPER STARS」にわれらが黒猫の誇る二大紳士、トレインとスヴェンがサポートキャラとして登場です。

イヴ嬢が登場していないのは、やはりナノマシンの力が万能すぎてゲームバランスを著しく損なうからなのでしょう(ゲーム序盤でナノマシンを光らせるといつの間にかラスボスが倒れてエンディング……とかいう展開でも、まったく無理は感じませんからね)。


それにしても、いくら黒猫が歴史的人気作品だからといっても、任天堂もずいぶんと思いきったことをしたものです。

私は本来、威嚇射撃や事前説明、ムダ撃ち、「後ろがガラ空きですよ」といったテクニックを駆使して、敵を傷つけることなく心をヘシ折る紳士的戦闘法は、格闘アクションゲームのような殺伐としたジャンルとはまったく噛み合わないと考えているのですが、このゲームでは、その辺りをきちんと料理されているのでしょうか?

予見眼(ヴィジョンアイ)やウォーターカッター、黒爪(ブラッククロウ)、電磁銃(レールガン)といったすばらしい紳士技の数々が、単なる強大無比な破壊兵器になりさがってしまうようであれば、それは幻滅どころの話ではありません。


> オリハルコン製の『装飾銃(ハーディス)』は打撃武器としても有効!!

(正しくは、「本来鈍器であり、銃器としても使用可能」)

> 弾速は光速! 威力は大砲並!!

(正しくは、「平時は時速30km、電磁銃になれば通常のピストル程度。光速なんてとてもとても」)

などという基本的な間違いがあるところからしても、私はこの試みが失敗なのではないかという懸念を拭いさることができないのです。



●目次コメント

・参考文献

> WJ16号の読切『RARE GENE 4』内で参考文献の記入漏れがありました。

> HP『蝶の図鑑』http://www.j-nature.jp/butterfly/より参考にさせていただきました。

あの作品だったら、他にもいろんな参考文献があるでしょう?

たとえば、コレとか。

2005-04-01 残念なお知らせがあります

[]

田中さんへ私信


先日、雑誌・テレビジョンで確認したのですが、わが家のテレビ朝日系のチャンネルでは、4月5日の26時40分には「ブルックリン74分署」なる番組が放映されているようです。

ということで、非常に残念ながらレビューは一抜けということでご容赦ください。


なお、この話はエイプリルフールの冗談やフィクションではありません。真実(ドキュメント)です。

まだ、当日の新聞を読むまでは安心できませんが、アニメ化の被害報告が広がる中で、かすかな希望が見えてきました。


●050402追記

こちらで調査したところ、テレビ朝日系列ではなく、「テレビ朝日」のみでの放送のようですね。

ということで、栃木、群馬、茨城、東京、神奈川、埼玉、千葉、山梨にお住まいの方はご愁傷さまでした。


われわれ北海道、青森、岩手、秋田、山形、宮城、福島、新潟、長野、静岡、石川、富山、福井、愛知、岐阜、三重、大阪、兵庫、京都、和歌山、奈良、滋賀、岡山、香川、徳島、愛媛、高知、鳥取、島根、山口、福岡、佐賀、熊本、長崎、大分、宮崎、鹿児島、沖縄の民は、5日の夜を平和に過ごせそうです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mezakuro/20050401
 | 

2004 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 07 | 08 | 09 |
  日記カレンダー

<< 2005/04 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
主なカテゴリー

 ● [ジャンプ]

 ● [いちごの次回予想]

 ● [書籍]

 ●[スピンちゃん追悼]

 ●[暴発](子供は見ちゃダメ!)
 

最新タイトル