ジャンプの雑感とか…

ジャンプの感想を中心に不定期で書いている日記です。


案内ブロックにジャンプする

フレーム付きにする/ ジャンプ関連コンテンツを開く/ 「いつも心にトレインを…」に戻る


管理人:目黒 学(x_kuroneko@yahoo.co.jp)

最近のコメント

1. 09/09 もっとほしいです!!
2. 09/09 よーちよちよちよち!!!!
3. 09/09 これはいいカオスw
4. 09/09 えふwwえふwwえふwww
5. 09/09 試してみたお!
  トラックバック、大歓迎!

・ご意見、ご感想、ご指摘、ツッコミなどありましたら、コメント欄に書き込みをお願いいたします。
 | 

2005-08-30 武装錬金は別の切手でアンケートしました(切手16/20枚)

[] 『ジョジョの奇妙な冒険』54巻「ベイビィ・フェイス その3」より


………

………

………


大亜門先生」

………


一見…「地味」ともとれる軽妙な会話と鋭いツッコミがあるが…

実はそれだけではない

ブッ飛んだスケールのネタ漁りとパロディをするギャグ作家だ


そして前にも何度かあった事だが

この先生の描くジョジョパロはいつも「正しい方」に動いている


これから大きく成長する可能性を秘めた作家かもしれない

…………

[]38号雑感

一週遅れのジャンプ感想。

多忙な一週間で感想を書く余裕がありませんでしたが、これほどもて王がおもしろすぎればスルーすることなどできません。



●ワンピース

・「ねえ そげキング この冷気の棒(タクト)の使い方だけど…」「ええい 私に聞くな!」

……ああ、こんなときにウソップがいればきちんと説明してくれたんでしょうけどね。

今ごろ、彼はなにをしているんでしょう?

ポッと出のくせにウソップのポジションをちゃっかり手に入れたそげキングがなんとなく憎いです。



●これで夏得!! グッズプレゼント

アンケートを書いているときに思ったんですが、今回の質問でテニス様と回答したい人は何番と書けばいいのでしょうか?

(前にハンターが休載のときは、ちゃんと番号を割り振られていたはずなんですが……)



●もて王

今週のもて王は最高でしたが、その理由は「ジョジョパロのクオリティが高かったから」というようなわかりやすいところ(?)にあるというよりも、むしろ宏海くんの目ン玉飛び出しツッコミがなかったからじゃないかと分析しています。

やはり、大亜門先生のギャグにはビュティ嬢っぽいオーバーリアクションなツッコミよりも、クールな切り返しの方が似合うと思うんですよ。ぜひ、この方向で「自分だけの武器」を鍛え上げていただきたいものです。


・第4章 燃える! お姉さん

このタイトルを見たときにはちょっとヤバいと思いましたが、用務員ネタに踏み込まなくってホッとしました。

さすがにあれはマズイですからね。連載4回目でジャンプ回収騒ぎを起こそうものなら、もはや作家生命が危ないです。


・イヤ…その…何だ 完璧な女性っていうか 完璧(パーフェクト)超人っていうか…

完璧超人って、たとえばデスノートの月くんみたいな人を指す誉め言葉かと思っていましたが、こういう形で使われるとすごい中傷表現になるんですね。

大亜門先生って、本当にセリフ選びの匠です。


・間界の住人には成長するに伴い体を変化させるものがいます 醜いイモムシが美しいチョウに変わるように

どうしてこのセリフを選んでおきながら、蝶・サイコーな超人を描いてくれなかったのでしょうか?

せめて、チョウの羽のデザインをパピヨンマスク風にアレンジしてくれていたら……と思うと残念でなりません(残念か?)。


・宏海… 俺がなぜ王子についているかわかるか? おもしろいからだ

この短いセリフの中で、変態タイプの見分け方(見分ける方法などない)を説明した上で、悠のキャラクターと目的までをも語りつくしてしまう。

本当に、大亜門先生の文章表現のセンスはスゴ過ぎます。


・こんな言葉を知っているか… 「侮辱する」という行為に対しては殺人も許されると…

たしかに有名な言葉ですけれど、それはイタリア系マフィアの理屈ですよ。

日本だと法に問われるので、やめておいた方がいいのではないかと……。


・徐々に奇妙な感じになった――!!!

ついに本領発揮!! このページのジョジョパロラッシュはクリーンヒットでした。

それにしても大亜門先生、表情や顔の陰影、書き文字に至るまで本当に模写がうまいなぁ(皮肉ではなく本気で感心しています)。


・ドロロン煙幕 尻の穴から可燃性の煙幕を出し 姿をくらます技 忍者が姿を消す際使うのもこの技である

えーと、もしかして、天下の民明書房までパロディにしようとしていませんか?


しかし、唐突に出てきた「ドロロンえん魔くん」のダジャレですら、ダジャレ以上のギャグになってしまうあたり、大亜門先生=パロディギャグ作家としての認識はもはや一般常識のようですね。

私自身、大亜門先生のジョジョパロが好きなのであまり文句をいえる立場ではありませんが、あまりパロディギャグ作家としての方向性にばかり特化してほしくないなぁというのが正直なところです。

たしかに、パロディの使い方はおもしろいし、元ネタに対するリスペクトが感じられて好感も持てますが、それでも本編のリズムが損なわれるのが残念と思うこともありますからね。

せっかく優れたセリフのセンスやキャラクター造型があるのに、パロディだけの作家だと思われるのはもったいないですよ。


・この時 杉音のあまりに早い手の動きで真空の渦ができた

上のようなことをいっておいてなんですが、この手の動きは、ぜひとも「左腕を関節ごと右回転! 右腕を関節ごと左回転!」とかやってほしかったなぁ。

ボロ雑巾のようになってフッ飛ぶ太臓王子の姿が見たかったです。


・次号、夏も大詰め!! 嫁探しの太臓の前に夏の間界人出現!?

「夏の……」というキーワードだけで、「え? 次の間界人は白くて分裂したりとかするのかなぁ」とか思っちゃう私は響鬼ファンです。


……ということで。


(OPイントロ)

プラチナクラスにガッチンポーして嫁探しをする間界の王子、太蔵さん。

この不思議な生き物に出会ってから、僕、阿久津宏海の人生はなんだか取り返しのつかない方向に変わってきたような気がします。

男の体操服を取り戻しに付き合わされたり、思い出したくもない場所から召還されたり、危険なパロディの嵐に巻き込まれたりと毎日毎日が(誇張ではなく)ハラハラドキドキの連続。

そんなある日……。

(OPテーマ「輝(かがやき)」)



みえるひと

・く… あの背中から生えてる腕 霊となったときの思いがそのまま形に……?

どうやらこの人、「幻想虎徹(イマジンブレード)LV3」に憧れていたとか、そういうわかりやすい思いを残してなくなったようですね。

……合掌。



●ネウロ

・登場人物

弥子ちゃんの好物はしろくま(氷菓)……って、ついに商品名が。

松井先生、メーカーからプレゼントをねだろうとしていませんか?


・起爆のシステムは不明ですが 古臭い仕種でアンテナをたたんだ彼は即死でした

爆殺された被害者に、仕種が古臭いとか追い打ちをかける非情な言動。

気弱そうな表情にカムフラージュされていますが、この人、かなりのSと見ました。



●ハンター

・現在 宮殿内部には「食肉用」でない人間が3名いる 一人は少女棋士 もう一人がディーゴ

あらら……、アカズ(仮)には、まだ名前がついてないんですか。

最後まで名前なしで通すのかなぁ。まあ文字だけの小説と違って、絵という表現を備えたマンガならそれも可能ですが……。

(とはいえ、冨樫先生の場合、ときどき絵では区別ができないことがあるのは内緒です)



●切法師

・あなた達が本当に持って行きたかったのは 棚田を作るために流した汗です

いい話だなぁ。この作品には、毎週のようにジーンとさせられています。

殺伐としたジャンプ誌面に潤いを与えるためにも、この作品は絶対に続けるべきですよ。



●目次コメント

・いくら暑いからといって、目覚めたらいつの間にか全裸というのは自分でも引きます。<亜門>

そんな……、最終回にも出番がなかったパンツヒロインの唯一の存在意義を否定するようなことをいうなんて、大亜門先生も意外と冷酷ですね。


・夏は暑いのでたくさん汗をかくので水分をいっぱい取るのが良いのじゃないかと思います。<つぐみ>

放浪の天才画家みたいな口調に絶句しました。

大場先生、暑さで脳がオーバーヒートしましたか?(←ダジャレ?)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mezakuro/20050830

2005-08-11 祝!!ジャンプスーパースターズ発売!!(切手17/20枚)

[] 『ジョジョの奇妙な冒険』34巻「漫画家のうちへ遊びに行こう その1」より

「ところで君たち『おもしろいギャグマンガ』というものは どうすれば描けるか 知ってるかね?」


プルプル


『パロディ』だよ!

 『パロディ』こそが作品に生命を吹き込むエネルギーであり 『パロディ』こそがエンターテイメントなのさ

 『ギャグマンガ』とは想像や空想で描かれていると思われがちだが実は違う!

 自分の見たマンガや体験したゲーム 感動したアニメをネタにしておもしろくなるんだ!



……でも大亜門先生、今回はちょっとやりすぎじゃないでしょうか。

作者コメントでもすっごく謝っているし。

[]36・37合併号雑感

アンケート用の切手も順調に減ってきています。残り17枚!

ところで私は、この切手を赤マル用(というより武装錬金用)に1枚使うべきかどうか、今ちょっと悩んでいます。



●アイシールド

モン太が弾いたボールをセナが拾って、陸と勝負。そして勝つ!

というところまですべて予想通りだったにもかかわらず、この気持ちのいい演出と要所要所を締めるキャラクターにシビれました。


親友からは、

「行けよセナ お前の行きたい方に…!」


ライバルからは、

「抜け…!!」


そして、かつての師匠からは、

「お前の勝ちだ」


これだけ畳みかけられて燃えないはずがありませんよ。

本当にこの作品は予想を裏切らない展開にもかかわらず、期待したもの以上の見返りを与えてくれます。



ジャンプフェスタアニメツアー’05

・原作者空知英秋先生より応援イラスト

アニメスタッフとの打ち合わせが「討ち合わせ」になっているのは、血で血を洗うような下ネタ論争が繰り広げられたという意味でしょうか?

あと、左下のセリフはまた編集長いじりですか?



●テニス様

・なる程… このゲームすんなりマッチポイントまで来た様に見えるが 彼によって削られていたのか 1ポイント1ポイントの間に いつのまにか… 海堂の術中にはまっていた

いや、海堂がテニスコートの酸素含有量を低下させるような念でも使ったのなら話は別ですが、体力が削られたのは飛んだり跳ねたりしていたからじゃないでしょうか?

「自業自得」って言葉、一度、辞書で調べてみることをオススメしますよ。


・ゲームセット 青学7−5(セブンゲームストゥファイブ)!!

やっぱり予想は当たりました。花京院の魂でも賭けておけばよかったですね。



●もて王

・前号のあらすじ 佐渡あいすは太臓と同じ「間界人」!!で、おっぱいは どーなのよ!?

……って、これが「あらすじ」ですか?

ずいぶん、荒っぽく略しましたね。


・2秒やるから消えなさい

あいすたんってば、おそろしい女性ですね。

「3秒」待ってくれたルッチさんよりも残虐度は1.5倍ほど上のようです(当社比)。


・そして関係ない奴にまきぞえくらわせたー!!

うわー、ガラスのシャワーだッ!

無敵を信じた『アレキサンダー大王』だったら何千と飛んでくる矢の中でも平然と歩いたんでしょうけど……。


・キョートで毎日 お茶漬けをすすめてくれるくらいオレを好きだった事を忘れちゃったの!?

私事で恐縮ですが、京都までドライブしてわざわざお茶漬けバイキングを食べてきた私は、もう二度とかの地に足を踏み入れてはならないのでしょうか?


・何だコレ!? 一体どーいう状況だ!?

あまりにも的確すぎるツッコミで笑いも300%増でした。

決闘→告白→ぎょう虫検査というギャグマンガという枠ですら受け止めきれないほど理不尽な流れを「太臓王子の自意識過剰な勘違い」と「矢射子姉ちゃんの作戦」で自然な形につくりあげておきながら、その次の瞬間には、宏海くんに状況の異常さを浮き彫りにさせるツッコミを入れさせる。

これこそ、大亜門先生の真骨頂ですよ。


・「ほらほらどうした! 少しはよけないと…」 バッツン

えーと、木刀を振りかざしたら胸元のボタンが弾け飛んでブラチラするというこの不自然きわまりないシチュエーションは、どこのいちご100%のパロディですか?


・すごかったろう あれが王子の禁断の技「パロ・スペシャル」だ そうそう見られるものじゃないぞ

「禁断の技」や「そうそう見られるものじゃない」というフレーズのダブルミーニングに大爆笑でした。

また、宏海くんの「だろうな…」という短いつぶやきがおもしろさを引き立てます。


・祝!!ジャンプスーパースターズ本日発売!!

正直、無理をしたような(そして本編とすこしリズムが合わない)パロディラッシュは好みでなかったのですが、この最後のコマのネタ振りだと知った瞬間、崩れ落ちるほど笑いました。

まさに、「これも計算のうちか大亜門先生」の気分ですよ。



●デスノート

・くそっ… 逃げられたか? だから早く殺せと…

口に出して命令したわけじゃないですね。思ってただけですよね?

(早く殺せと思ってるのが聞こえんのか)とか妄想するだけだったら、平口君(薔薇十字の会員)と同レベルですよ。



●ネウロ

・登場人物

弥子ちゃんの好物はアイスの天プラ。

「キワモノ」の中ではわりとメジャーな料理だと思いますが、これって食い合わせなんじゃないかと思って、なかなか手が出せません。


・うんうん ビールともポン酒とも相性バツグンなんですよね〜〜

弥子ちゃんの「食べ物好き」というキャラクターがしっかり地についているなぁと思わされた一言でした。

たぶん弥子ちゃんはアルコールも飲んでいるのでしょう。ただ、それは酒が飲みたいからというよりも、(たこわさのような)食べ物の味を引き立てるための、いわば調味料の一つとして摂取しているような気がします。


・…まさか君は 行ったんじゃないだろうな? それを聞いて素人のガキの所へ? 行ってそいつに助けを乞うた!! 警察の人間が一般人に!! 「X(サイ)の正体がわからないので教えてください」…と!! 違うか!?

……と怒鳴った次のページで、「だが確かに!! そのガキが何らかの情報を持っている可能性はある! 私が直接尋問の手本を見せてやる!!」と語る笛吹さん。

もはや、「変わり身が早い」というレベルなんかとっくに超えて、二重人格の域に達しているじゃないかと……。



●ジャガーさん

・ああ〜全然違う! 完全に武士の霊か何かだったもん…

こういう発言がやっぱり素人ですね。

霊に詳しい人にとっては常識ですが、サムライが出没するのはテニスコート限定ですよ。

(あと、テニスコートでは指が6本になるとか分身して一人でダブルスするとかいう怪奇現象も起こります)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mezakuro/20050811

2005-08-03 さらばセンターJ平(切手18/20枚)

[] 『ジョジョの奇妙な冒険』27巻「DIOの世界 その8」より


「アンケー…ト……で…す…


 これが…せい…いっぱい…です…


 大亜門…先生

 受け取って…ください…


 伝わって………ください……」


……ということで、今週もアンケートを出しました。

残りの切手は18枚です。

[]35号雑感


●ナルト

・ドガゴゴ・・

このコマを見て、「あれ? 今週、ハンターはお休みじゃなかったっけ?」とか思った人、冨樫先生に謝りなさい!


……えーと、ごめん。>冨樫先生



●来週号より6号連続読切掲載!! 週刊少年ジャンプ金未来(ゴールドフューチャーカップ)杯開催!!

よーし、今回こそ、匿名希望先生の「ワンダー酔拳 亀太郎外伝」に投票するぞ!


ところで、ガセネタだったとはいえ、神海英雄先生の作品が読めないのは残念です。

『Heart Catcher(ハートキャッチャー)』、すごくおもしろかったのになぁ。



●テニス様

・何km/hだ 萩之介?

さすがは跡部様。「パチン」って指を鳴らす姿が、マイケル・ジャクソンみたいにカッコイイです。


・駄目だぁーっ!! 向日が止まらねーっ!!

もう、逆さに出てくるのがデフォルトとなったブチャ先輩。

じつは彼って、震臼上院さんと同じくコウモリ人間の一族なのでは?


・0−40(ラブフォーティー)!

えーと……。

テニスって、ラケット持って飛んでるだけで点数が入る競技でしたっけ?


・計算しろ! 分析しろ! 情報(データ)に基づけ!

データを捨てたり拾ったり、神(=作者)が気まぐれだと、キャラクターは主旨一貫した行動が取れなくて大変ですね。


・下剋上等っ!!

「下剋上」ってどういう意味だったのかわからなくなりました。

あと、苦手なコースに来たボールを飛んで避けるくらいなら、ラケットに当てた方がいいんじゃないかなぁと思うのはいけないことでしょうか?



●もて王

やっぱり、大亜門先生にはジョジョネタがないとさみしいです。


・前回のあらすじ 間界の王子(マカプリ)太臓の必殺技は尻から契約者を召喚だっっ!! 緊急開門!!

マカプリ……。

編集さん、大亜門先生を矢面に立たせておいて、自分もかなり楽しんでいませんか?


・オレとつきあってください!!!

初代もて王の理不尽で都合のいい世界観をあらためて認識させられた思いです。

やっぱり普通に考えて、あのマンガはどこかおかしいと思います。編集部は作者になにも指摘しなかったのでしょうか?


・じゃ 何かあったら召喚するから…

すごい殺し文句と、その後の宏海くんのリアクションに大爆笑でした。


・もし見かけたら オレが探している事は言わずに 何かある度に他人を頼るのは良くないって事を太臓(アイツ)に言ってやってほしいんだが

冷静な表情とセリフの影で、宏海くんの必死さが伝わってきます。

それにしても、やっぱり、大亜門先生の会話のセンスはすばらしいですね。

これだけ長いセリフを違和感も与えず構成した上、おもしろさまで付け加えて紡げるだなんて、並の作家にできるようなことではありませんよ。


・いいかしら

雪ダルマの表情が『勝手に改蔵』の「引き裂かれ人形」みたいになっちゃって、(いろんな意味で)怖いんですけれど……。


・お前の親父 鬼六!?

「これこれ……

 若いお方というものは 血気がさかんすぎていかんことだのう

 フッフッフッ…」

なんていってられるかーっ!!(ウィルソン・フィリップス上院議員じゃあるまいし)


大亜門先生の信者は、こうやって毎週毎週「切るか切られるか」のハラハラドキドキを味わいつづけなければならないわけですね……。

どうして、先生はいつもいつもこんなに危険な綱渡りをするのですか?


・呼ばれるのイヤなときは拒否すりゃいいんだし 別にいいじゃん

正直、召喚は拒否できない(=宏海くんに逃げ場はない)設定にした方が、話はつくりやすいと思うんですけれど、やはり、何度もアスタリスクゲートから顔を出させるのはかわいそうだと判断されたのでしょうか?

今後は、どんな展開で宏海くんが困ったことになるのか楽しみです。



●タカヤ

・「あんだぁわぁるど…!?」「直訳すれば“下の世界” 地上に対して地下にある もう一つの閃武学園って所かしらね」

直訳すれば……って、あなた、ボーイフレンドのこと、バカだと思っているでしょう?

「アンダー」や「ワールド」くらい、たぶん、小学生でも理解できますよ。



●ネウロ

・登場人物

弥子ちゃんの好物はカレーラーメン。そんなもの、カレー味のカップヌードルくらいでしか食べたことがありませんよ。

ところで、私は一度だけ「カレーそば」なるものを食したことがあります。

「カレーとそばが大好きで、どうしても一度に食べなければ気がすまない」という切実な願いを持っている方にとっては夢のようなメニューかもしれませんが、そうでない方には、「この二つの料理は別々に食べた方がおいしいですよ」と忠告させていただきます。


・見守る… 僕等は優しく…見守る

おおっと懐かしい! パワフル語の彼じゃないですか!

てっきり使い捨てのキャラクターかと思っていましたが、サイン入りTシャツとか、某空手キーパー直伝のような三角飛びとか、どんどんキャラに深みが増していきますね(……そうか?)。



●パンツ100%

ついに最終回を迎えたパンツマンガ。

隠しきれない作為があふれるアクシデントや、ゲップが出るほど過剰な読者サービス、そしてなにより1ナノグラムたりとも共感に値しない主人公像を歪んだ目で楽しんでいた私にとっては、終盤に入って(パンツが出なくなり)普通のラブコメみたいになってしまったのが、とても残念でした。

もし、テニス様が普通のテニスマンガになってしまったり、ネウロが普通の探偵マンガになってしまったり、もて王が普通のラブコメになってしまったりしたら、きっと同じような寂しさを味わうことでしょう(どれも100%ありえないから安心しなさい)。


いずれにしても、これでセンターJ平ともお別れです。

掲示板は8月8日(月)の深夜24時をもって書き込み禁止にいたしますので、ヤツにいい足りないことがある方は、この機会に遠慮なくブチ撒けてください。

(´ω`)<br>(´ω`)
2005/08/04 09:22 アンケの欄に他はどのマンガ記入されたのか気になります

目黒 学目黒 学 2005/08/05 23:43 (´ω`)さん、コメントありがとうございます(って、お名前は、なんて発音すればいいんですか?)。

私の書いたアンケートなんかが気になりますか? でしたら、クイズ形式にして商品プレゼント企画(http://mousou.mezakuro.gozaru.jp/_tzotslP.html)にでもしようかなぁ。
ともあれ、2枚の切手を使って書いたアンケート(おもしろかった作品)は、34号が「もて王」「ネウロ」「テニス様」、35号が「もて王」「テニス様」「切法師」です。本当は「黒猫」「スピンちゃん」「もて王」とか書きたいんですけれどね。

ところで35号の切法師ですが、「すごくおもしろかったから」というよりも、正直、急ぎ過ぎの展開が心配になって票を入れてしまいました。
長期連載すればかならず良い方向に化ける作品だと思っているので、なんとか応援したいところです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mezakuro/20050803
 | 

2004 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 07 | 08 | 09 |
  日記カレンダー

<< 2005/08 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
主なカテゴリー

 ● [ジャンプ]

 ● [いちごの次回予想]

 ● [書籍]

 ●[スピンちゃん追悼]

 ●[暴発](子供は見ちゃダメ!)
 

最新タイトル