ジャンプの雑感とか…

ジャンプの感想を中心に不定期で書いている日記です。


案内ブロックにジャンプする

フレーム付きにする/ ジャンプ関連コンテンツを開く/ 「いつも心にトレインを…」に戻る


管理人:目黒 学(x_kuroneko@yahoo.co.jp)

最近のコメント

1. 09/09 もっとほしいです!!
2. 09/09 よーちよちよちよち!!!!
3. 09/09 これはいいカオスw
4. 09/09 えふwwえふwwえふwww
5. 09/09 試してみたお!
  トラックバック、大歓迎!

・ご意見、ご感想、ご指摘、ツッコミなどありましたら、コメント欄に書き込みをお願いいたします。
 | 

2006-03-26 俺… 透瑠さんの再登場を拝むまでは… 死んでも死に切れねえ

[]16号雑感


●もて王

・ティッシュじゃなくて ティシューです 箱にもそう書かれています

自分は宏海くんに「ティッシュ20箱」とかいっていたのに、そんなことを微塵も気にしないところが悠くんらしいですね。

それにしても、ティシューって言葉は市民権がないなぁ。


・フズアケ杉

なんだか他にも「ハシャギ杉」とか「チョウシニノリ杉」とかがありそうな名前ですね。

それはそれとして、この名前からすると魚雷先生が飛び込んでくる展開も期待していたんですが……。


・ええっ!? 究極の自己紹介!!?

服が弾け飛んだことよりも、その後の「あ…コ…コラ! なんでお前はこんな状況で!」に大爆笑でした。

「悲しいけど コレ本能なのよね」というべきなのか、「オレのトランセルのバカ!!」というべきなのか……。


・さすが王子! 常に前しか見ていない!!

「少しは自分の身を顧みろよ」という冷静なツッコミがツボでした。

「夢ばかり見ていると現実に足をすくわれてよ」と諭した月田明子マネージャーの言葉を思い出します。


・あ…あああ あいすちゃん! 違うんだ コレは オレにもよくわかんねえんだけど…! あ コ コラ! なんでお前はこんな状況で!

ああ、真白木さんまで……。

でも、私の愛するSFコメディ「宇宙船レッドドワーフ号」に出てきたセリフを借りるなら、「自分のペニスをコントロールできなくなれば一人前の男」だそうですから、男の中の男である真白木さんがトランセルをコントロールできないのは必然というべきでしょう。

(こういうセリフをよりによって女性にいわせる辺りが、さすがBBCです)


・あいすに直接訊かないところが真白木だな…

セリフに出さず、思っているだけというところが黒いなぁ。

シャイで控え目で純情な男心を理解してあげてくださいよ。


・根元付近にこういったコブのようなものがついています

って、なんだよオイ、ネオアームストロングサイクロンジェットアームストロング砲じゃねーか。完成度高ーなオイ。


・で…出たな ドロンボー!

どちらかというと、あいすちゃんのマスクの形を見れば「新造人間キャシャーン」を思い出す方が自然だと思われますが。

……あいすちゃんがドロンジョ様のコスプレをしても、たぶん、似あわないだろうなぁ。


・「手を離せ 真白木! このままだと お前も凍死させられっぞ!」「かまわん オレはいつでもあいすちゃんの味方だ」

もはや真白木さんは、あいすちゃんが氷を操るということについて、なんの疑問も抱かなくなってしまったんでしょうか?

このままだと、間界の存在を公にしたくないあいすちゃんの手にかかって抹殺される可能性も出てきそうです。


いや、これって本気でマズイですよ、真白木さん。

大亜門先生と担当の齋藤さんなら、「愛する女(ひと)の手で殺(さつ)!! 」というアオリ文句を使うことに躊躇しない(というか嬉々として行なう)でしょうからね。



●テニス様


・気を失って尚 君臨するのか


『無意識』……

マンガはある意味 その作者の無意識の欲望だ………

心の中に常識があれば……………

無意識にどこかで「ブレーキ」をかける作品になる……………


だが許斐先生は「思いつき」を楽しみ それを生きがいにしている…

だからこんなマンガになった


こんな事するとは………

許斐先生にはブレーキがない! これは常識の限界がないマンガだ


『ジョジョの奇妙な冒険』60巻「『グリーン・ディ』と『オアシス』その5」より)


ラケットを持っていることがなにかの間違いじゃないのかと思わせるほど、テニスマンガの展開じゃありません。

すごいなぁ、許斐先生は。松井先生や坂本先生とはまた別の意味で怖いものなしです。

もはや、試合会場にバリカンが持ち込まれている(というか、試合中ずっと持っていたのか?)くらいじゃあツッコミを入れる気にもなれませんよ。



●ネウロ

・魔界777ツ道具 地獄の地獄耳(イビルバタフライ)…

受信器のくしゃみに血の気が引きました。

いろいろな死に様を見てきた兵藤会長ですら、「耳から針を刺し込み、その針で鼓膜から脳を破り死んでもらう死に方は初めて」といってたんですよ。



●デスノート

・神!

ああ、残念。

私はてっきり、ノートを知る者が全滅した後、なにかの間違いで魅上が月くんの名前を書いてしまうという展開になると思っていたんですが。


ガモウ先生は、この作品をどうやって終わらせるつもりなのかなぁ。



●タカヤ

『クラフト』の薄っぺらい設定に腰が砕けました。

炎刃王ウィルスは、坂本先生のマンガ家生命をとことんまで蝕むつもりなのでしょうか?


坂本先生、もうこうなったら漫$画太郎先生に倣って、最終兵器「炎刃王編はなかったことにしてください」でも使わないと、マンガ家として二度とふたたびジャンプに戻ることはできなくなりますよ。


・クラフトには固有の能力が備わっているんだが… その能力が“占い”ってのも他に聞いたことがねえ

そんなことはないんですけどね。

「キング・クリムゾン・エピタフ(墓碑銘)」とか「天使の自動書記(ラブリーゴーストライター)」とか知らないんですか?



●ミスフル

・驚くのはこれからです 新生四大秘球 全てのお披露目ですよ

心底驚きました。

4球使ってストライクバッターアウトだなんて、どれか一つはまるでストライクゾーンにはいらないムダ球ってことじゃないですか。



●ジャガーさん

・髪は元に戻りませんでしたが 一番大切な物が戻りました… 私の心です!

作者がうすた先生だけに、これがカリオストロのパロディなのかどうか、じつに悩ましいところです。

大亜門先生なら、迷うことなどなにもないんですけどね……。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mezakuro/20060326/p2
 | 

2004 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2006 | 02 | 03 | 04 | 07 | 08 | 09 |
  日記カレンダー

<< 2006/03 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
主なカテゴリー

 ● [ジャンプ]

 ● [いちごの次回予想]

 ● [書籍]

 ●[スピンちゃん追悼]

 ●[暴発](子供は見ちゃダメ!)
 

最新タイトル

Connection: close