Hatena::ブログ(Diary)

僕が線を引いて読んだ所 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2005年12月12日 美に挑む このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 『夕庭』(文・作庭=丸山健二、撮影=萩原正美)は、見ごたえ、読みごたえのある写真集です。

夕庭

夕庭

先日、丸山健二の『安曇野の白い庭』を読んで、前に図書館でチラッと見たこの写真集をもう一度じっくり読みたくなり、借りてきたのです。丸山健二審美眼に適った植物だけが絶妙に配置された庭の写真は何度見ても見飽きない、うっとりするほど素晴らしいものですが、収録された文章がまたいいのです。

言葉という、あまりにも精神的に過ぎる、限りなく幻に近い、頼もしくもあり儚くもある、底なしに美しい道具を思う存分駆使して、もつれもつれ、千々に乱れた、奇々怪々たるこの世とわが心の葛藤に哲学的、思想的、芸術的な秩序をせっせと吹き込んでゆくこの珍しい労働は、真剣にやればやるほど、限界に挑めば挑むほど、人間しか到底成し得ない、人間だからこその所為としての面白さに満ち満ちてくる。

一般大衆にへつらい、安きに流れることの決してない、張り詰めた精神が、庭の写真からも文章からも伝わって来ます。

抑制こそが気品を生み出す母親である。抑制だけが情念の噴火に直結する火道である。だが、抑制の効果を充分に発揮させようとするには、へたをすると浮いてしまうほどの強烈な素材を選択し、そうしたテーマに思わず食指が動いてしまうような熱い血が五体に流れている者でなければならない。かれらのような人間は、数千年にもわたって花の女王の地位に居座りつづけるバラを避けて通るような臆病な真似はしないだろう。危険なことを百も承知で、いや、危険の度合いが増せば増すほど、そっちへぐいぐい引き寄せられて行き、いつ果てるとも知れない果敢な戦いに身を投じるだろう。

かつて(おそらく大学生の頃)読んだ芥川賞受賞作の『夏の流れ』がどんな作品だったか、今では全く思い出すことができません。その後丸山健二の小説は読んでいないけれど、これをきっかけに彼の最近の作品を読んでみたくなりました。そこにもこの『夕庭』が見せてくれるような、緊張感ある美の世界が広がっているのでしょうか?