Hatena::ブログ(Diary)

僕が線を引いて読んだ所 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2006年10月31日

mf-fagott2006-10-31

[]「結社」へのためらい 「結社」へのためらいを含むブックマーク 「結社」へのためらいのブックマークコメント

何事であれ技術を磨くには良き師に就くのが一番でしょう。
俳句の場合は、「結社」誌上で「主宰」の選をうけたり添削を受けたりするというのが上達の王道とされているようです。
僕もオーケストラ活動の方を一時中断して、「主宰」に師事してみようか、などど考えないこともないのです。いい俳句をたくさん作って、句集の一冊も出せたらすばらしいな、なんて…
しかし、「結社」にはどうしても近寄り難さを覚えてしまうのも事実です。前回取り上げた寺山修司俳句入門』の中にも次のような箇所が見つかります。

 定型詩人の多くは結社という一つの共同体を作りだしたが、それは相互慰藉集団という意味で新興の信仰団体によく似ている。結社はいわば一つの村社会であるに過ぎない。にもかかわらず、彼等が必要としたために村社会は生まれたのである。
 今日、「アララギ」にしても「ホトトギス」にしても、それが価値創造の団体でないことははっきりしている。

(『思想への望郷』昭和51年7月)

 いわば俳人共同体のなかで交代で他人の作品の読者になったり作者になったりしているという孤独な操作は通俗宗教でしかないように私には思われるのである。
(」『俳句』1959年9月号)

 俳句雑誌には大抵、同人欄と会員欄があって、同人は無鑑査のままで作品を掲載できるが、会員は主催者の選をうけなければならない。
 そのランクは、一番前に出るのが巻頭といって一位、以下地域順に並んでいて、最後は一句組といって「一兵卒」が、地域別に並ぶという仕組である。今月百四十位だったものが来月百二十位に載るということは、そのまま「出世」に一歩近づくことであり、それが二、三人に追い抜かれるということは、階級が下がったということになる。
 そこに働く物理的変化は、三十日周期で実にはっきりと上下してゆくので、投稿者は自分の作品の実力ばかりでなく、選者への贈り物、挨拶まわりにも意を払うようになる。十七音の銀河系。この膨大な虚業の世界での地位争奪戦参加の興味は、私に文学以外のたのしみを覚えさせた。私は、この結社制度のなかにひそむ「権力の構造」のなかに、なぜか「帝王」という死滅したことばをダブルイメージで見出した。
 帝王、しかし書斎の山羊め!
 たかが活字のついた紙ばかり食いやがって。
(『誰か故郷を想わざる』昭和44年64月)

三つ目の文章など、かなり激烈です。もちろん、これらの文章は様々な顔を持った「結社」の一面だけにことさら強い光を当てているようにも思われますし、書かれてから既に少なからず時間がたっていますから、必ずしも「結社」の現在を正しく照らし出してはいないかも知れません。
しかし、次のような作品を発表している俳人が存在しているという事実も気にかかります。

 おばさんが主宰と名告り笑はせり
 和を以つて文學といふ座談會
 高濱家膳の多さぞ御慶なる
(セレクション俳人12『筑紫磐井集』より)

まあこれは、もっぱら「ホトトギス」を狙い撃ちしたものではありますが、「結社」一般に対する風刺を含んでいるとも読めるでしょう。
いずれにしても、今の僕には俳句がうまくなりたいという気持ちがある一方で、「結社」に飛び込むには少々ためらいがあるというのも事実で、よほどのきっかけがないかぎり「結社」の門をたたくことにはならないでしょう。(正直なところ、『山月記』の李徴の言う「尊大な羞恥心と臆病な自尊心」なるものの存在も自分の中に認めざるを得ませんが…)
というわけで、毎月締め切り当日の夜中に家を抜け出して、「総合誌」の投句用はがきをポストに入れに行くなんてことが今後もしばらく続きそうです。