Hatena::ブログ(Diary)

僕が線を引いて読んだ所 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2007年03月11日

[]読むタイミング 読むタイミングを含むブックマーク 読むタイミングのブックマークコメント

僕が勤務する高校には「健脚大会」といって、学校を朝スタートし、ゴールの江ノ島を目指して約24kmのコースを歩くという行事があります。中には長距離を歩かされることに対する不平を漏らす生徒もいますが、ほとんどの生徒はこの学校に入った以上は避けて通れない通過儀礼のようなものとして素直に受け入れ、彼らなりに楽しんでいるようです。特に湘南の明るい海を常に右手に見ながらの後半のコースは、天気さえ良ければ爽快な気分を味わえます。今年の卒業式でも、答辞を読み上げた卒業生代表が3年間の思い出の一番に挙げていたのがこの「健脚大会」でした。

夜のピクニック

夜のピクニック

そういうわけで、FMのラジオ番組の中でオススメの本として紹介しているのを聴いて以来、恩田陸夜のピクニックを読んで生徒にも紹介するというのは僕の中で長いこと懸案事項だったわけですが、他にも読みたい本がたくさんあるので後回しにしているうちにどんどん時間が経ってしましました。その後「本屋大賞」なる賞を取り、映画にもなり、文庫にもなり、世間での評判を耳にするたびに、僕の中での期待はちょっと膨らみすぎてしまったようです。


たしかに高校生たちの言動がリアルに(そしてややコミカルに)描けている点は素直に楽しめるし、彼らがのぞかせる繊細な心の揺れに共感することもできます。どの子もみんな好感の持てる若者たちです。でもなんだかちょっと優等生過ぎるんですね。
それから話の運びが実に淡々としています。中心的な登場人物である「貴子」と「融(とおる)」の中に起こる内面のドラマは、彼らにとって決して小さなものではないことはわかります。でも僕はもっとドキドキしたりハラハラしたりしたかったんだなあ…(佐藤正午を続けて読んだ直後というタイミングも悪かったかな…)
マラソンよりもずっと長い距離をまる1日かけて歩くという設定の中に、もっと劇的な事件を盛り込んでも良かったんじゃないか、というのが僕の率直な感想です。(ウチの学校の「健脚大会」の3倍も歩くわけですからね。それにしてもこういう行事がまだ続いている学校があるという事実に驚いてしまいます。)


ところで、小説中に次のような一節があります。
融の親友忍(しのぶ)が融に向かって、子供の頃に従兄弟に薦められながらもずっと読まずにいた『ナルニア国ものがたり』をやっと最近になって読んだという話をする場面です。

「…よかったら、貸してやるから読めよ。で、最後まで読み終わった時に俺がどう思ったかというと、とにかく頭に浮かんだのは『しまった!』っていう言葉だったんだ」
「しまった?」
「うん。『しまった、タイミング外した』だよ。なんでこの本をもっと昔、小学校の時に読んでおかなかったんだろうって、ものすごく後悔した。せめて中学生でもいい。十代の入口で読んでおくべきだった。そうすればきっと、この本は絶対に大事な本になって、今の自分を作るための何かになってたはずなんだ。そう考えたら悔しくてたまらなくなった。…あれくらい悔しかったことって、ここ暫く思いつかないな」

つまり何が言いたいかというと、この小説、僕が高校生くらいの若者だったらもっと感動して、友達に薦めまくっていたかもしれないということです。おじさんにはおじさんの読むべき本があるってことですね。(もちろん、おじさんといってもいろいろですからね、「オレは夜ピク、すげえ感動して読んだぞ」というおじさんのコメント、待ってますよ! 注・おばさんも可)

すいとん大将すいとん大将 2007/03/11 20:23 小説を読んでなくて恐縮ですが。
小生の母校でも「夜のピクニック」はありました。一晩中かけて60前幣紊鯤發い浸廚そ个あります。旧制中学からの伝統として、全国的にあるものなんですね。たしかに「通過儀礼」として、さほど苦にもせず、とりわけ面白い思い出でもなく、脚力試しとして3年間お勤めしました。
自分としては「自己責任」で歩いた、未明の単独山行の光景の方が青春の思い出として大事にしたいなぁ。一番印象に残っているのは、78年2月の八ケ岳。早朝4時頃に赤岳鉱泉を出発し、赤岳の稜線にとりつく前、阿弥陀岳の頂上にかかる満月の荘厳さは何とも形容しがたいものでした。
小説にするなら、昭和初期の山岳文学風かな?。
機会があれば「夜ピク」読んでみますね。公私ともに高校生と向き合う機会が増えているので。

mf-fagottmf-fagott 2007/03/11 22:08 実際に歩いた経験があると、同じオジサンでも違う読み方をするかもしれませんね。
僕の高校には健脚大会のような行事はなかったけど、1年の夏休み、山が好きな同級生と徒歩旅行をしたなあ。歩きながら二人で何を話していたんだろう。

くまさんくまさん 2007/03/26 11:33 本は人に借りないで、買って読みましょう...

mari777mari777 2007/04/10 00:43 はじめまして。「考える人」短篇特集のリンクから、こちらのページを訪れました。
「夜ピク」に感動したおばさんです。
というより、「夜ピク」の前に書かれた短篇、「ピクニックの準備」に感激して、「夜ピク」に進みました。
たしかに、おばさんになってから読むと、けっ、っていう気分にならないこともないですが、繰り返し出てくるフレーズ、
「みんなで、夜歩く。それだけのことなのに、どうしてこんなに特別なんだろう。」
に、やっぱり胸がきゅんとしたのです。ああ、高校時代って、ほんとうにそんなふうだったなあ、と。
これから各高校に見本が届けられる、平成20年度版の某社「現代文」の教科書では、
小川国夫の「物と心」と恩田陸「ピクニックの準備」が並んでいます。
小川洋子やレベッカ・ブラウンの短篇(もちろん柴田元幸訳)も載っています。お楽しみに。

mf-fagottmf-fagott 2007/04/10 01:32 mari777さん、コメントありがとうございます。「ピクニックの準備」という作品のことは知りませんでした。ぜひ読んでみたいと思います。
「物と心」は学生時代、現代文の参考書作りに関わったときに出会った作品で、いまだに記憶に残っています。
某社の教科書、楽しみにしています。どんな作品も教科書に載るとつまらなくなると書いている人がいますが、僕はそうは思いません。いつかそのことを、このブログに書くつもりでいます。ぜひまたお寄りください。