Hatena::ブログ(Diary)

僕が線を引いて読んだ所 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2007年04月13日 「国家」を担うことば このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

久々にちょっとカタい本を読みました。『「国語」の近代史―帝国日本と国語学者』(安田敏朗著、中公新書です。
帯に書かれた「明治維新後、国民統合の名の下に創られ、国策とともに歩んだ「国語」の100年」という文句を引くだけでも、本書のおよその内容は推測していただけると思いますが、もう少しだけ詳しく紹介しておきます。


明治維新以降、近代国民国家を形成するためには「国家の制度」を効率よく運用し得る「ことば」が必要であった。つまり「いま現在の国家の範囲で、等しく同時に書かれ話されることば」=「国語」をつくりだすことが不可欠とされてきた。「方言」は「標準語」へと変えられていく。
敗戦後、「伝統」に変わって「民主化」が叫ばれるようになっても事情は変わらない。「国語」をめぐってはいまだに様々な議論があるが、国家制度を担うものとしての「国語」は引き続き機能しており、その点に批判が加えられることは無かった。
こうした「国語」の100年の流れの中で、国語学者や各種機関がどのような仕事をしてきたかを概観する、というのがこの本の主旨だとまとめておきましょう。「教科書的」と言えなくもない、退屈といえば退屈な本ではあります。
しかし、著者は過去の事実をただ並べるだけで満足はしません。著者の言語観の根底には

これまでは、ことばは「民族」なり、「国家」なりとの結合が当然のこととされすぎてはいなかっただろうか。そうであるからこそ、まずは「わたし」のものとして考える、という視点をもってみたいのである。
ともかく「日本人らしさ」に始まり、「民族」や「伝統」そして「国家」というようなものに回収されないものとして、みずからのことばを確立していくことが、とりあえずは必要だと思うのである。

と書かざるを得ない思いがあり、それは本書の随所に顔を出しています。これは必然的に昨今の日本語ブームの中で「文語文」を「声に出して」読むことが礼賛されるといったような現象に対する疑問につながります。このあたりをもっとふくらまして書いてもらったほうが、本として面白くなったことは確かです。
ともあれ、こうした本を読んで自分自身の仕事をちょっと離れた視点から眺めてみることも、とにきは必要なことだと僕は考えています。


■今までに取り上げた本の著者別索引

すいとん大将すいとん大将 2007/04/14 02:42  「国文学科ではありません。日本文学科です。本学における皆さんの専攻は」と強調していた教授がおりました。なつかしいなぁ。

mf-fagottmf-fagott 2007/04/14 21:37 当時は学科がなかったから、正確には「日本文学専攻」でしょう。
僕は落ちこぼれの集まる「文芸専攻」。はずかしいなぁ。
ところで上の著者は、「国語」を「日本語」と呼び直しても、ことばが民族のもの、国家のものであるという認識に変化はないことを、批判的に指摘しています。

すいとん大将すいとん大将 2007/04/15 12:30 小生はバイト&山行の合間に辛うじて卒業した組。←学科と専攻を混同するほどですからね。それはさておき、
上記「批判的指摘」おもしろそうですね。杉本つとむ氏などと論争したら盛り上がるかも。「国文学ではない、日本文学です」と言っていたのは確か杉本教授(いまは名誉教授らしい)。サボり学生だった小生が、印象深く記憶している数少ない「講義録」です。同教授から「日本語を研究するなら、外国語の一つや二つをマスターするのは必須条件」という趣旨の言葉を聞いて、学業からさらに脇道へ突っ走ったことも今では懐かしい思ひ出です。