Hatena::ブログ(Diary)

僕が線を引いて読んだ所 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2007年06月02日 イギリスに学ぶには このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

古くて豊かなイギリスの家 便利で貧しい日本の家 (新潮文庫)

古くて豊かなイギリスの家 便利で貧しい日本の家 (新潮文庫)

60回近くも渡英したというイギリスびいきの著者によるイギリス礼賛の本。にもかかわらず、読んでいて少しもイギリスという国の魅力が伝わって来ません。著者は事毎にイギリスと日本とを比較し、イギリスの優位を主張しますが、その比較の仕方はどう見ても公平さに欠けるのです。イギリスを賛美するためには、公平さを損なおうと論に矛盾をきたそうと、そんなことは意に介さないかのようで、これでは読者の共感を得ることは難しいでしょう。
たしかにイギリスの家が景観に配慮して建てられていることや、古い家でも手をかけて大切に住み続けていることなど、住宅に関して日本がイギリスに見習うべき点は少なくないと思います。でも、そうしたイギリスの良さを際立たせようとするあまり、日本の最悪の例ばかり引き合いに出されてしまうと、国粋主義者じゃなくたってあまり愉快ではありません。
「だったらイギリスに住めばいいじゃん」と思いながらも、最後まで読んでしまいましたが、結局伝わってきたのは著者がいかにイギリスの家、イギリス人のライフスタイルイギリス人の価値観に惚れ込んでいるかということ、それだけ。その先にイギリスの本当の姿が見えて来ないのです。
日本の住宅事情を少しでも改善しようと本気で考え、そのためにイギリスの家のいい所を取り入れようとするなら、イギリスについてその負の部分も含めて正しく理解するのでなければ、結局形だけの真似事で終わってしまうように思うのですが、どうでしょう。

すいとん大将すいとん大将 2007/06/10 15:51 江戸っ子を気取りたがる人ほど、上方の風物にケチをつけたがる…とか…落語か何かにあったような?。サッカーも同様、本当にチームのファンなら「負」の部分にも目を背けません…名古屋グラ8を応援し続けていると(嫌でも?)そうなります。

mf-fagottmf-fagott 2007/06/10 23:08 教育改革を強引に進めようとしている我が国のリーダーも、イギリスを手本と考えているようですが、そのイギリスの教育も見直しを迫られているようなので、そういう所もしっかりと見据えて欲しいと思うんですよ。