Hatena::ブログ(Diary)

僕が線を引いて読んだ所 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2007年08月19日

[]ドアを探す ドアを探すを含むブックマーク ドアを探すのブックマークコメント

東京奇譚集

東京奇譚集

こういうのをプロの仕事と言うんだろう。
どうしたらこんなに奇抜で、スリリングな発想が生まれるようになるのか。

「ねえ、おじさんはここで何をしているの? たしか昨日もここにいたよね。ちらっと見かけたんだ」と女の子は尋ねた。
「このあたりで捜しものをしているんだよ」
「どんなものを?」
「わからない」と私は正直に言った。「たぶんドアみたいなものだと思うけど」

独自なものを生み出す才能とは、凡人に見つからないドアを見つけ出す才能なのかもしれない。


ドアを開ければ、そこにいるのは片足の日本人サーファーであり、腎臓の形をした動く石であり、人のことばをしゃべる…

すいとん大将すいとん大将 2007/08/26 18:57 ドアだと思って開けようとしたら…鍵が掛かっていた、蹴って破らないと開かない状態だった…小生含め、凡人どもは死ぬまで、あれやこれやの「ドア巡り」を続けるのでしょうか?

mf-fagottmf-fagott 2007/08/27 23:19 そういえば、ドラえもんの「どこでもドア」を思い出しました。「ドア」とか「扉」というのは、心をときめかせるものがありますね。いつかそんなドアが目の前で開くときが来るかも、なんて思いながらこの歳になってしまったような気がします。

oystaioystai 2007/12/26 09:45 文庫化されないかな〜、とおもったら文庫化されたのでさっそく購入して読みました。フィクション?ノンフィクション?とどちらともつかず、不思議な世界に迷い込んでしまいました。

mf-fagottmf-fagott 2007/12/26 12:22 これは生徒が「面白いよーっ!」って言っていたので僕も読んでみたんですよ。
文庫化されて、また売れているんでしょうね。