Hatena::ブログ(Diary)

僕が線を引いて読んだ所 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2009年05月06日 学校の美術室 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

こんな本を持っていたことを思い出した。
f:id:mf-fagott:20090506222334j:image:left
本を持っているからといって、全部読んだとは限らない。二、三編読んで、こんなもんかと思って本棚にしまったような気がする。カバーの挿画がいいので、持っているだけで満足してしまったかもしれない。
RCサクセションの歌で聴いたことのあるのは、「雨上がりの夜空に」と「ぼくの好きな先生」と、ほかにあったかな? でも、「ぼくの好きな先生」一曲あるだけでも、僕にとっては忌野清志郎が存在したことはじゅうぶん意味があったと思う。
どこの学校でも美術室というのは、「清志郎的」とでも言いたい、独特の空気が漂っていると思う。国語じゃなくて美術の先生がよかったかなあ、なんて今さらどうしようもないことを考えることがある。
今の高校生は、清志郎詩集だよって見せたら、興味持つかなあ…

yossiyossi 2009/05/08 21:54 連休中に久々に開いて、コメントも載せたのですが、どうもうまくいかない?この清志郎もまた興味を持ちます。私と同い年だしね。さて、これはうまくいくのでしょうか?

mf-fagottmf-fagott 2009/05/09 01:15 yossiさん、お久しぶりです。
そうでしたか、同い年でしたか。清志郎は自転車乗りでもありましたね。折り畳み自転車は乗っていますか。