Hatena::ブログ(Diary)

藤野正弘の京都まち暮らし このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-07-28

[]願照寺Jul'16 願照寺Jul'16を含むブックマーク

f:id:mfujino706:20160708100946j:image

f:id:mfujino706:20160708100956j:image

こういう雨に打たれてみたい。

2016-07-27

[]伊吹山夜間登山 伊吹山夜間登山を含むブックマーク

f:id:mfujino706:20160722051537j:image

暑い昼間を避け、伊吹山の夜間登山を行った。
午後5時頃から登り始め、途中夕食を取りながら
ゆっくりと登ったので、頂上に着いたのは午後10時過ぎ。
同行の士は77歳と72歳と言うことで、休み休みを繰り返した登山となった。

事前予約をしなかったせいで、4軒ある頂上の小屋はどこも無人で、鍵が閉まったまま。
24時間空いているという避難小屋でお世話になったが、そこは伊吹山寺という小さなお堂で、
広さは6畳位。
抹香臭いのはまだしも、板敷の上に新聞紙を敷いただけで寝心地も悪く
30分おきに目が覚めた。でも雨露と寒さを凌ぐことができたのはありがたかった。

f:id:mfujino706:20160722044109j:image 4時41分
f:id:mfujino706:20160722050326j:image 5時3分
f:id:mfujino706:20160722050333j:image
f:id:mfujino706:20160722050356j:image
f:id:mfujino706:20160722050637j:image 5時6分

朝起きた時は晴れていたのだが、日の出近くなると
ガスが出てきて、ご来光もこんな有様であった。

f:id:mfujino706:20160721184446j:image
f:id:mfujino706:20160722074402j:image

「花の伊吹」と言われるくらい、色とりどりの花が咲くことで有名であるが、
この時期はユウスゲの群生が見事であった。

f:id:mfujino706:20160722074428j:image
祇園祭に飾られるヒオウギも咲いていた。
この他、ホタルブクロカワラナデシコも見ることができた。

2016-07-24

[][]祇園祭・後祭宵山 祇園祭・後祭宵山を含むブックマーク

f:id:mfujino706:20160723181142j:image北観音山
f:id:mfujino706:20160723181035j:image

前祭と違って後祭は人出も少なく、じっくりと山鉾を観賞するには
こちらがお勧めである。

f:id:mfujino706:20160723180421j:image

f:id:mfujino706:20160723180356j:image

f:id:mfujino706:20160723180348j:image

f:id:mfujino706:20160723180506j:image

f:id:mfujino706:20160723180940j:image

f:id:mfujino706:20160723181301j:image

また宵山の楽しみ方の一つである屏風祭りもこちらの方が華やかな気がする。
特に新町通は呉服関係の大店が軒を連ねているので、
見ごたえがある。

f:id:mfujino706:20160723180601j:image八幡山

f:id:mfujino706:20160723175752j:image役行者

f:id:mfujino706:20160723184052j:image弁慶山会所

f:id:mfujino706:20160723182621j:image
一昨年150年ぶりに復活した大船鉾。
この龍頭は今年新しく作られたもので、白木の香りが漂てくるような新鮮さである。

[][]祇園祭八幡山わらべ歌 祇園祭・八幡山わらべ歌を含むブックマーク

f:id:mfujino706:20160723181737j:image

八幡さんの厄除けのお守りは此れより出ます
明日は出ません今晩限り
御信心の御方様は受けてお帰りなされましょう
ローソク一丁献じられましょう
ローソク一丁どうですか♪

2016-07-22

2016-07-20

[]その11 その11を含むブックマーク

f:id:mfujino706:20160615154545j:image

川の真ん中で何をしているのかと思いきや、
若い男性が海水パンツ一丁でカンバスと格闘していた。

f:id:mfujino706:20160615154857j:image

f:id:mfujino706:20160615154923j:image

近くにある工芸高校の生徒だろうか、あるいはどこかの芸術系の大学生か?
今は名を成した大家も若い時はこのような情熱にあふれていたのかもしれない。

f:id:mfujino706:20160615154948j:image

f:id:mfujino706:20160615155117j:image

f:id:mfujino706:20160615155246j:image

完成した作品を見てみたいものである。