Hatena::ブログ(Diary)

Bambi’s Holiday

2014-05-21

誕生日祝いの御礼。

sarusarube嬢様 毎年必ずお祝いして頂き感謝に耐えません。

お蔭様で ますます元気です。

◇500万本の曼珠沙華で知られた巾着田に「酔芙蓉」を植え込んでおります。今年は80本前後を咲かせます。挿し木などで苗木作りを終え 50本の植え込みを完了しました。

今日も先程21時過ぎに帰宅しました。

◇3月中旬にジャーマン・アイリスを100株植える花園造りをスタートさせ 現在 この様な短期では咲かせることは不可能なのですが 全て咲かせています。

◇これ等全て税金を使わず ボランティアで行っています。

巾着田に咲いている蕎麦の花のPHOTOをお届けいたします。お楽しみください。

f:id:mh5:20140519151118j:image

f:id:mh5:20140519151021j:image

f:id:mh5:20140519150135j:image

この度は誠にありがとうございました。

2012-03-29

永い間お付き合いくださいましてありがとうございました。

私事ですが 研究が多忙を極めBLOGの時間が無くなりました。

永い間 拙いBLOGにも拘らず お付き合いくださいまして ありがとうございました。

皆様に心より感謝申し上げます。

Bye for now.


  

2012-03-28

枝垂れ櫻(開花予報)

f:id:mh5:20120326151226j:image

f:id:mh5:20120326151245j:image

日高市内の二大枝垂れ櫻のひとつが霊巌寺 本堂前にある。

開花は29日頃で 見頃は3月31日から4月3日頃でしょう。

f:id:mh5:20120326154252j:image

f:id:mh5:20120326154201j:image

高麗住宅(国指定重要文化財)にある枝垂れ櫻は彼寒なので例年は霊巌時より数日早く開花いたします。今年はなぜか ごゆっくり。4月に月替わりしてから咲くのでは。

ついでに高麗神社彼岸櫻はどうかといいますと

f:id:mh5:20120326155125j:image

f:id:mh5:20120326155103j:image

霊巌時の枝垂れ櫻とほぼ同じでしょうね。

それぞれお楽しみください。

f:id:mh5:20120326154010j:image

高麗家(高麗神社宮司第六十代高麗文康氏)の愛猫です。2年ぶりに面会しました。随分貫禄がつきましたね。

f:id:mh5:20120326153832j:image

私は猫ちゃんとお話しする特技を持っています。

f:id:mh5:20120326153611j:image

ちゃんとかゆい所をむけてきますし 小一時間はあっという間に過ぎますね。

2012-03-27

「はてな」には不満が山積した。

一杯ある。

皆様にはご迷惑が掛かるようで

申し訳ありません。

そろそろ潮時かも知れません。

はな 花 華

f:id:mh5:20120326153328j:image

高麗家住宅(国指定重要文化財)外周の梅

f:id:mh5:20120326154953j:image

高麗神社境内(本殿前)の梅

f:id:mh5:20120326154356j:image

f:id:mh5:20120326154625j:image

同じく本殿裏の椿

f:id:mh5:20120326155856j:image

f:id:mh5:20120326155924j:image

新堀の水仙

f:id:mh5:20120326160802j:image

f:id:mh5:20120326160810j:image

野口本所山茶花

2012-03-26 どうでも良い様で

決してどうでも良くない話。

と言うと 悪い話になってしまいますが そうではありません。

f:id:mh5:20120324190624j:image

夕刻 ウォーキング中に一台のクルマに追い抜かれました。

そのクルマの登録ナンバーが目に入り 「あれっ!」

とても気になる登録ナンバーです。

とっさに カメラッ と 撮影体制に・・・

生憎 ケースに収まったカメラを使うには

到底 間に合いませんでした。


ウォーキングの帰路 とあるショッピング・センターに立ちより 少々の買い物をして家路に。

駐車場を横切ると近道なので そのコース取りを。

ウォーキングなのになんで近道を????と言う疑念を感じるのは何時もの事ですが)

するとあの登録ナンバーのクルマが・・・

おもむろに撮影しました。


数枚シャッターを切ったあたりで 肩をトントン敲かれて我に返る。

振り返ると妙齢のご婦人が〔まるでパパラッチをみるダイアナ妃の眼〕をして立っていました。

もちろん事情を話せば 笑い話に。

この登録ナンバーは例の制度を使用して選んだものでした しかも昨年の3・11の以前にです。

きっと大切な数字なのですね「311」。

「311」も人それぞれに 想いを籠めているんです。

はじめて出逢った日とかね。

あれっ これは何処かで聞いたような話だ。