Hatena::ブログ(Diary)

耳掻きしすぎは禁物

2014-04-23

MH4G 新PV発表、モノブロスやディアブロス、ザザミの復活に4勢亜種たち追加/ユニクロコラボ先行配信は6/9〜

先日、MH4Gの新PVが発表された。CapcomChannelや公式サイトで見られるのでぜひ。以下。画像多くて申し訳ありません。

既にいろんな情報サイトでPVからわかることはほぼ出尽くしているとは思うが、私も改めてじっくり眺めてみた。以下、画像を添えつつ書いていくが、PVの登場順とは違うこともある。

f:id:mh_alpha:20140423122004p:image

f:id:mh_alpha:20140423113501p:image

フィールドの追加として、砂漠(仮称)。定番の砂漠エリアというのが、MH4には存在していなかった。亜種などのモンスター追加を予め控えさせておくために除いたのだろうか。流砂エリアはきっと動きづらいに違いない。真ん中まで放置したら下のエリアに落ちる? あるいは死? それはないか。

f:id:mh_alpha:20140423112922p:image

アプケロスの復活。これは、個人的には非常に…MHP2Gディアブロスモノブロス戦で小突かれまくってとてもつらかった思い出が蘇る。そして結構タフなのである。リノプロスだけでも砂漠のタフネス小型は足りていると思う、が。MHP2Gの時はアプケロスの固有の素材は特になかったと思うが、今回は追加されるのだろうか。リノプロスやズワロボスなどは一応それぞれ装備が存在するし。


f:id:mh_alpha:20140423113212p:image

モノブロスの登場。本PVの目玉のひとつがおそらくは「角竜復活!」なのだろう。モノブロスは実にP2G以来ということで久しぶりである。私はMH3以降のプレイヤーなのでP2Gが初見だったが、多くのプレイヤーはそれ以前のボス格としてのモノブロスと相まみえているのだろう。感慨。PVには出ていないが、白い亜種の方も出るんじゃないだろうか。


f:id:mh_alpha:20140423113741p:image

で、当然の如くディアブロス復活。天城さん歓喜か。レイジングテンペストやアーティラート復活かな、これは嬉しい。


f:id:mh_alpha:20140423113743p:image

砂漠モンスター、ドスガレオスも復活。P2GやMHGで捕まえ方がわからず、延々と砂漠を走らされて時間切れになった思い出が私をさいなむ。ブレスの吐き方が変更になっている。ブレスというより砂飛ばしか。


f:id:mh_alpha:20140423114120p:image

ダイミョウザザミ復活。上記のディアブロスドスガレオスといい、MH4では竜人商人の交換素材であったモンスターたちが復活してきている。ザザミは個人的に待ち望んでいたモンスターである。防具も可愛いので是非。ただし男は(以下略)。捕食攻撃の追加、はさみで掴んで啄むような攻撃で、痛そう。実に痛そう。

f:id:mh_alpha:20140423114122p:image

ザザミは砂漠だけでなく、原生林にも出現する。P2Gではブレスはまっすぐ吐くだけだったが、カニ歩きをしながらブレスを会得している。原種が出たが、亜種も来るだろうか。あの紫の。ガード性能と根性両立できたG級序盤に助かる装備だった思い出。ザザミは出たが、ギザミは来るかどうか。順当に行けば、来るはず。



MH4勢の亜種たち

f:id:mh_alpha:20140423123918j:image

ガララアジャラが氷海にてガララアジャラ亜種として出現。水弾を吐き出すようだが、原種の鳴甲(亜種はおそらく名称が違うだろう、盾甲とかか?)に水弾を反射させて、ビリヤードさながらの遠距離攻撃である。はあー、こういうの避けるのは苦手だ。属性は水の様子。

f:id:mh_alpha:20140423115244p:image

テツカブラ亜種。火薬岩を掘り出して爆発させる攻撃。これ本体にダメージないのか。心なしか四股ふみのエフェクトが派手になっている気がする。

f:id:mh_alpha:20140423115517p:image

ザボアザギル亜種。砂漠に適応している。いわば、ベリオロスベリオロス亜種の関係に近いのではないか。水を吐き出すのは変わっていないようだが、膨れ上がったり、それがしぼんだりする時の隙が小さくなっている。例えば、水を吐き出してそのまま即座に通常体型に戻るなど。しかし原種は怒り状態になったときに氷を纏っていたが、亜種はどうなるか?

f:id:mh_alpha:20140423115820p:image

ゲネル・セルタス亜種。画像はおそらく捕食攻撃?動画ではよくわからなかったが、捕食か乗りかわからないがハンターが背中に飛び移っていたように思う。

f:id:mh_alpha:20140423115818p:image

このハサミを使って、土中のアルセルタス(おそらくアルセルタス亜種)を引っこ抜いていつも通りの奴隷化。アルセルタス亜種はオケラか。オケラはかわいいが。

f:id:mh_alpha:20140423120059p:image

ケチャワチャ亜種。原種が水属性だったのに対し、こちらは火属性。火炎弾を吹き出してくる。狩猟笛も火属性になるのかな。

f:id:mh_alpha:20140423121226p:image

ネルスキュラ亜種。毒も使ってきそうなフォルムではあるが、メインはマヒ攻撃のようだ。蜘蛛の巣の上で動きまわるというよりも、色んな所に糸をひっかけて跳びまわるような動きをしそう。良斬れ味の麻痺武器が来そうな予感である。


モンスター以外では…

f:id:mh_alpha:20140423121440p:image

ネルスキュラといえば、ネルスキュラのチャージアックスが追加されているようだ。ちらっとチャージしている姿が映っていた。睡眠属性武器で属性強化ビン、かな。

f:id:mh_alpha:20140423121600p:image

ネコ火竜車の強化版か。

f:id:mh_alpha:20140423121637p:image

ちょっとよくわからなかったが、木の枝にも捕まってジャンプ攻撃などに繋げられるようである。4にこんな感じの木はあっただろうか。ちょっと思い出せない。植物はあるのだが。


新モンスター

以下、眠りにつくリオレイアに襲いかかる新モンスター。素早い跳びかかり攻撃、これ避けるの大変そう…。

f:id:mh_alpha:20140423121825p:image

f:id:mh_alpha:20140423121823p:image

f:id:mh_alpha:20140423121829p:image

f:id:mh_alpha:20140423121827p:image

Fに出てきそうなフォルムだ。


MH4ユニクロコラボは6/9から

f:id:mh_alpha:20140423122650j:image

2014年6月9日(月)〜6月23日(月)に特定店舗のユニクロにて先行配信となる。画像、情報など詳しいことは公式サイトのこちらを参照のこと。

・下位クエストユニクロ・アイデアを求めて」

生産できるオトモ武器:モンクロネコボトル

生産できるオトモ装備:モンクロネコシリーズ

・上位クエストユニクロ・果てしなき挑戦」

生産できる武器:ユニバースクロム

生産できる装備:ユニクロシリーズ

ギルドカード背景「ユニクロ

(「『モンスターハンター4』×『ユニクロ』イベントクエストとギルドカード背景を店頭先行配信!!」より引用)

MHP3の装備と見た目が異なる。女キャラの装備の見た目が非常にイイ。パーカーもいいし脚装備もいい。早く作りたいが、先行配信を受信にいける距離にいない…。MH4Gは秋といいつつ多分12月になるんじゃないかと勝手に予想しているが、ユニクロコラボクエは秋ごろには来て欲しいなあ。

2014-04-19

4/18配信 チャレンジクエスト01 ケチャワチャ&リオレイア

ターゲット:ケチャワチャ1頭、リオレイア1頭(リオレイアは途中入場。開始2分くらい?)

場所:立体闘技場(ツタありのところ)

  1. ブーステッドハンマー(572、会心-5%)
    • 精神力
    • こんがり肉*10(スキルにより強走効果発動)
  2. ヴァーヴンアックス(540水120、強属性ビン)
    • 水属性攻撃強化+2、体術+2、精霊の気まぐれ
    • シビレ罠、強走薬*2
  3. クーラーダガー(126氷150)
    • 舞踏家、笛吹き名人
    • 支給用大タル爆弾、シビレ罠
  4. ビジョンofロスト(144龍100、剛射、会心25%)
    • ランナー、装填数UP(溜め4が連射Lv4)、体術+1
    • ビンなし
    • 水属性やられにならない
  5. 妃竜砲【飛撃】(225、やや遅い、反動小、シールド)
    • 反動軽減+2
    • 通常弾Lv2*99、通常弾Lv3*99、貫通弾Lv1*60、貫通弾Lv2*40、拡散弾Lv1*3、拡散弾Lv2*3、火炎弾*60、毒弾Lv1*12

2014-04-16

4/16狩猟日記 闘技大会とりあえずSを狙って(ペア)

闘技大会オールSまで…

といってもソロでではない。ペアでである。とりあえず勲章を入手するのが目的なので、その時予定の合う人にお願いしている。結果的にしろくまさんと組むことが多くなっているが。

先日の時点でSがとれずに残っていた闘技大会は、

  • ザボアザギル討伐
  • ジンオウガ亜種討伐
  • 桜火竜と蒼火竜討伐

の3つ。

レウス亜種&レイア亜種

とりあえず見た目きつそうな桜火竜と蒼火竜にいってみることにした。

  • 大剣:龍属性大剣。高級耳栓あり。2頭同時に立ちまわる時、咆哮で足を止められるのが嫌なので耳栓が一番の特徴セット。
  • 双剣リュウソウ(雷300龍280)。青ゲージが短い。回避性能+1、回避距離UPがあるが、鈍足発動。爆弾あり。
  • ランス:睡眠ランス(200)。白ゲージ長い。ランサーにとって面倒な風圧はスキルで風圧大無効。火事場+1あり。爆弾あり。睡眠爆破可能。
  • チャージアックス:龍属性180、榴弾ビン。挑戦者+2、ボマーで爆弾所持。回避性能DOWN発動。
  • 弓:龍120剛射。弱点特効・集中あり。麻痺ビンがあるが、状態異常攻撃弱化が発動しているので注意。爆弾あり。

耳栓頼りで大剣を選ぶ。しろくまさんも同じく大剣。何度かやるも時間オーバーでAランクばかりに。「乗りが足りないのではないか」との声あり。乗りダウンによるダメージ自体が爆弾なみの威力がある上、最も攻撃倍率の高いであろう、溜め斬りを当てるチャンスづくりにもなることから、できるだけ段差近くで乗りを狙うべきであろうと。

ちなみに二頭同時に相手にはしたくないので、スイッチで柵を上げて分断するようにしている。途中下がってしまって、再度使用可能になるまでが辛いが、また誘導して分断するしかあるまい。なんとなくレウス亜種の方が体力が低いような気がするので、闘技場入り口は毎回左から入るようにしていた。

幾度めかの挑戦により、なんとかSクリア。

f:id:mh_alpha:20140416210034j:image

うーん、もう行きたくない。

意外に強敵ザボアザギル

意外に強敵、といってもおそらく「十分に相手の肉質を熟知し、的確に攻撃し、乗りや罠などの拘束手段を効果的に使って討伐」すれば、Sは難しくないのかもしれない。だがそれが私には難しいのだ。肉質は調べればわかるかもしれないが、それを的確に狙う技術はひたすら練度を積むしかないだろう。そこが難しい。

ザボアザギル戦の装備は以下である。

  • 大剣:毒550。高級耳栓。ただしガララ装備なので氷属性攻撃が痛そう。
  • 片手剣:爆破180。心眼、広域化+1。心眼は事故防止にありがたい。広域化+1は、ウチケシの実などを飲んであげると乗りのときなどにいいかもしれない。罠、爆弾あり。
  • ガンランス:放射型L3、緑ゲ短。見切り+3、砥石高速化、防御力UP小…とネガティブスキルなし。だがこの斬れ味で見切り+3はどう活かすか。柔らかい時は突きまくるのがいいのかもしれない。怒り状態のときは後ろ脚へ。落とし穴、閃光あり。
  • チャージアックス:雷240強属性ビン。スキル雪だるま無効のみのクマスーツ。
  • フルフルボウIII:雷160曲射爆裂型。閃光、麻痺ビンあり。挑戦者+1で怒り状態はちょっと攻撃力あがる。一般的にはおそらく弓が最もダメージを出せると言われているのかもしれない、たぶん。

今日、ゆりさんやはくやさんと4人で狩り終えた後、残ったしろくまさんと二人になったので、闘技大会へ。ザボアザギルの方がさくっと終わるかなと思ったのだが、これが意外に…。4:30というのはきわどいタイムだということが、冒頭で述べたように実感できた。

私が乗りダウンを奪うと、しろくまさんは既にその転がってくるあたりで大剣を溜め始めていたのを見ると、そこまでしてもらっていてもSがとれないのは、私の攻撃が足を引っ張っているのではないか。

私は片手剣を使って行ったが、開幕に「爆弾を使うか」「罠を置くか」「斬りまくるか」…いろいろ試したものの、爆弾をセットすることにした。途中確実に爆弾を当てるというのが私では難しいと思われたためだ。開幕に罠セットというのも何度か試したのだが、全然かからなかった。なんだあれ。爆弾はかろうじて小タル→大タルの順番で咆哮前にセットできたりはした。効果的かどうかはわからない。なにせそのときは肉質は別に硬くないのだから、怒り状態に当てたほうがいいのだろう。斬りまくることについては、耳栓もなく、咆哮回避も安定しないことから止めた。

何度かやっていて、やはり乗りダウンを何度も狙うのがいいという結論に至った。できるだけ段差近くに誘導し、乗りやすい片手剣でジャンプ斬りをガンガン当てる。いっそダウン中もできるだけジャンプ斬りをするくらいでいた。一撃大ダメージは大剣のしろくまさんにまかせる。爆破ダメージの蓄積というのも大事とは思うが、手数の多い片手剣ならさほど意識する必要はないだろうと考えた。また、心眼で弾かれずに、爆破エフェクトも兼ねて、硬い腕を破壊して転がすことも狙える。

出てくるタイムは4:45〜4:30…4:30が出た時は、「やった!ぎりぎりいけた!」と思わず手を握ったが、次の画面で見たAランクに愕然。そうか、4:29でないとだめか。肥大化してダメージが通りやすいときにできるだけラッシュをかけたいものだが、最後にチャレンジでは反対側の入り口近くまで転がっていかれてしまい、これはタイムロスだな…と思ったが、なんと4:01でクリア。

f:id:mh_alpha:20140416213249j:image

立ち回りが格段によくなったとか、そういう手応えはなかったので、いろんな細かい要因が重なって一気に30秒も縮んだのだろうか…。これをソロでS取る人は凄いなと思う。どれでもそうだが。

協力いただいたしろくまさんに感謝。とっくに全Sとっているのに完全に付きあわせてしまった形に…。ありがたや。

2014-04-04

4/4配信イベクエ「大自然に響く狩猟讃歌」!EXインゴット装備解禁

f:id:mh_alpha:20140404220204j:image

4/4(金)に新しく配信されたイベントクエストは、「大自然に響く狩猟讃歌」。つい「大地に響く狩猟曲」と打ち込んでしまう。それは上位集会所のクエストだ。ガララアジャラリオレイアの素材集めに何度も行った記憶が。

f:id:mh_alpha:20140404220955j:image

それはさておき、配信クエストは蛇&蛙のコンビ、ガララアジャラテツカブラが相手である。HR4から受注可能。場所は闘技場となっており、同時に二体を相手にすることになる。ただしクエスト依頼文にもあるように、柵を使うことができるので分断は可能。分断するまでけむり玉を使っておいたほうが楽と思う。

しろくまさん、ゆりさん、はくやさんと4人で行ってきた。ギルドクエストの即死級から一転して、通常モンスターと思って油断していたところ…気のせいかもしれないが、攻撃倍率が高めな気がする。ガンナーだからなのか、かなりごっそりと体力を持って行かれてしまう。ガララだけでなく、テツカブラも同じだ。体力は通常か、それ以上と思われる。

f:id:mh_alpha:20140404220739j:image

サブターゲットがガララアジャラの背中破壊なので、操虫棍なんかで乗ってしまうと部位破壊が楽だ。サブターゲット報酬には寒気立つクチバシも含まれているので、レア狙いでこのクエストはいいかもしれない。

f:id:mh_alpha:20140404220851j:image

クエスト報酬から、「蛇と蛙チケット」。いったい何が作れるというのだろう。と思いつつ、その後連戦。順調にチケットを集めていく。私がチケット10枚集める間にはくやさんには20枚…。

画像は省略するが、作成できるのはEXインゴットシリーズ。チケットは1パーツにつき1枚必要なので、剣士、ガンナー用それぞれ作るとしても最大10枚あれば良い。

スキルポイント剣士が「砲術+15、ガード強化+10、納刀+10、刀匠+1(頭パーツ)、気まぐれ-14」、ガンナーは「砲術+15、反動+10、散弾強化+10、射手+1、気まぐれ-14」。ガンランス向けか。

総体力はテツカブラの方が低いだろうし、先にそちらを仕留めたほうが、全体的に難易度は下がりそう。咆哮、気絶、巻きつきと嫌らしい攻撃をしてくるガララが厄介。


書き忘れた。なにって、フルクライト鉱石の要求数が鬼。

2014-04-03

滅龍弾速射でクシャルダオラを撃ち抜く

滅龍弾速射でクシャルダオラが簡単に倒せる、というのをやってみよう。というゆりさんの流れに乗っかってみたのが今日である。最近ゆりさんはライトボウガンを練習中で、いろんなライトボウガンを作っては使ってみていらっしゃるようだ。狩りでご一緒する際、私もまだ作っていなかったライトボウガンを作って持参したりして楽しんでいる。先日など、あうるさん、はくやさんも加わって、ライトガンナーズシティが出来上がっていた。といっても私はライトボウガンに関してはずぶの素人なのだが…。でも4人もいると、これが中々、火力不足と言われがちな武器とは思えぬ勢いで倒せる。

MH3の動画で「速射だよ!全員集合」というものがあって当時見ていたものだが、速射中は硬直して反動も消せないため、実際にはなかなか癖のある仕様で、それを楽しんで遊んでいる様子がとてもおもしろかった。のちのシリーズで自分でもやってみたが、なかなか全員がライトというのも揃いにくい。MHP3では凶針という便利すぎるライトがあったのも、いささか興を削いだ理由のひとつでもある。しかしそんなことは忘れた。今はMH4なのだ。

MHP3MH3Gでも滅龍弾速射を属性強化でぶっ放す、というのは、限られた弾数ながらも驚異的なダメージを叩き出す大砲である。それぞれやはりイビルジョーライトボウガンがそれを担ってきたと思うが、今作でもイビルジョーライトボウガンは変わらず存在する。3GではG級のみだった飢餓ジョーの素材も使用して、ダークデメントが完成する。

業弩ダークデメントは滅龍弾を3発装填でき、速射対応。高い攻撃力とマイナス会心。反動は小となっているため、貫通弾Lv3などをたしか無反動で撃つことができる。速射だけでは倒しきれないだろうから、そのあとは通常弾Lv3、貫通弾Lv3などを主力に使うのがいいのかもしれない。通常弾Lv2は装填数が3と少ない。

滅龍弾を最大限に活かすため、龍属性攻撃強化+3は入れておきたい。また、速射の連射数もスキルで追加しておきたいところ。属性弾は会心の影響を受けなかったように記憶している。そのため、達人スキルよりも攻撃力が上がるスキルを付ける。攻撃力アップ【大】や【超】をつけるにはスキルポイントがきついので、フルチャージを付けるのが良いだろう。ただし削られないことが条件となるが…。で、今回のターゲットはクシャルダオラである。咆哮は小なので、耳栓で防護できる。これらの4スキルをつけて参加した。お守りは龍属性攻撃強化+11s3。

メンバーはゆりさん、しろくまさん、私の三名。試し撃ちのクシャは、いきなりギルクエの高レベルは危ないと考えてか、イベントクエストのクシャルダオラとなった。慣れた四人メンバーでLv100のクシャルダオラが数分と掛からず討伐になっている動画があったが、果たして。

やってみると、普段から慣れていない速射の反動、頭を正確に狙うという作業がなかなかにやりづらい。難しいものである。頭を上手く撃てたとして、ダメージの蓄積によりダウンすると激しくのたうちまわるためである。しかし滅龍弾のゆっくりとした貫通弾の威力はすごい。三人でイベクエとはいえ、3分でクシャルダオラは沈んだ。続けてギルドクエストの80台をやってみると、これまた5分と掛からず討伐。龍殺しの実を増やすのに100ptsずつ旅団ポイントが必要なのが少々厄介だが、話の種に一度やってみるのもおもしろいかと思われる。ちょうど育成中のクシャルダオラもあることだし。