Hatena::ブログ(Diary)

耳掻きしすぎは禁物(移転しました)

2015-03-01

「耳掻きしすぎは禁物」移転のお知らせ

突然ではありますが、モンハンブログ「耳掻きしすぎは禁物」は移転致します。現在引っ越し作業中です。
引越し先は

http://miuport.com/mh/

となっております。
こちらの全記事は移転完了後、削除予定です。今後共お付き合い頂ける方は移転先でも宜しくお願い致します。

2015-02-27

2/27配信イベクエ「見るも言うも聞くも申」、見ざる言わざる聞かざるなサルトリオ…GXハンター装備が登場

f:id:mh_alpha:20150227203922j:image

本日2/27(金)に新しく配信となったイベントクエストは「見るも言うも聞くも申」。G級特別許可証にて受注可能なクエストとなっている。メインターゲットは猿系モンスター三頭の狩猟となっており、ババコンガ亜種、ケチャワチャ、激昂ラージャンである。G激昂ラージャンは村クエ、集会所高難度に続き三つ目のクエストとなる。多頭クエなので体力は低めとなり、素材が欲しい人にとってはやりやすいかもしれない。が、その分角が折れる前に倒してしまうことも増えてしまうが…。ラージャンハートも合わせて集めたいのであれば、一頭クエの方が出やすいと思われる。体感でしかないが。

場所は遺跡平原。よってあの段差の多い嫌なエリアでの戦いを強いられてしまうのが悩ましいが、激昂ラージャンのクエはどれもあそこである。諦めることとしよう。ちなみにまず最初はエリア2にババコンガ亜種とケチャワチャの二頭が同時に出現しているので、いずれかをこやし玉で移動させるのが定石か。侮っていると結構危ないのがババコンガ亜種である。怒り状態の攻撃力は中々のもので、私はよく昇天する。エリア2はぶら下がっての攻撃がいやらしく、近接だと中々思うように攻撃できないことも多いので、閃光玉などで叩き落とすのがいいかもしれない。ガンナーであれば撃ち落とす。

最後は激昂ラージャンがいつものエリアに降り立ってくるので、罠なども用いつつ迎撃したい。ご一緒したのがしろくまさん、punonさん、あかさんとその辺りの手際の良さには私の意識がついていかないくらいなので、ただひたすらに弱点を狙うように狙撃するのみ。耐震スキルがあると、ババコンガ亜種やラージャン戦で安心かもしれない。

f:id:mh_alpha:20150227204727j:image

合計五戦付き合っていただいた。

f:id:mh_alpha:20150227204805j:image

ケチャワチャがサイズ更新の最大金冠だったが、もしかすると他のモンスターもすべて最大金冠だったのかもしれない。既に持っていたので確かめようがないが…。

報酬は

f:id:mh_alpha:20150227204848j:image

イベクエ素材として、「狩人チケット」が確定で一枚は手に入る。五戦やってもそれぞれ一枚ずつしかでない…。punonさんは三枚出たりしていたようだが。うらやましいー。

狩人チケットを使って、GXハンター装備が作成できる。

f:id:mh_alpha:20150227205030j:image

チケットは各部位一枚ずつで、他に登場したモンスターらの素材などが必要となる。なので角も折っておきたいところである。

この防具は全部位スロットが3ずつあいており、かつスキルポイントが結構特殊だ。ついているスキル種は少ないものの、ポイント数が6などと結構高く…つまり、装飾品を合わせれば一部位でスキルの発動が見込めるというわけである。他の装備との組み合わせもやりやすそうだ。発掘装備の2部位で複合スキルを発動させられるものなどと相性もいい気がする。回避距離UPも根性も単体で発動可能か。またガンナーの分や、セカンドキャラの分も集めていきたいところである。


「見ざる言わざる聞かざる」

ちなみにクエスト名である「見るも言うも聞くも申(さる)」、というのはおそらく「見ざる言わざる聞かざる」という三猿から来ているのだろう。サル系モンスターらで固めていることからもうかがえる。先述は諺としても定着しているが、世界各地にて言われているフレーズである。元々の由来は不明らしい。おおむね、庚申由来として一般的には認識されているようである。三猿で有名なところだと、日光東照宮の神厩舎(馬屋)の彫刻であろう。実物を見たことがないが、だいたい日本において三猿というと、ここの画像が挙げられることが多い。八ヶ所の彫刻が人の一生を現しているとされ、そのうち見ざる言わざる聞かざると呼ばれているのはその一箇所である。悪いものを見ざる・悪いことを言わざる・悪いことを聞かざると、良い人生が送れる…という教訓的な解釈をされている。ネット等で概要は掴めるが、飯田道夫氏の「世界の三猿 その源流をたずねて」(2009,人文書院には各国地域の三猿などにも触れられていて面白い。図書館などで見掛けたら一度手に取られては。

そういえば…ケチャワチャが見ざる(耳で顔を覆うから)、ババコンガ亜種が言わざる(臭気ブレスがくさいので)、ラージャンが聞かざる(人の話を聞かなさそうだから)、という解釈にした私である。



来週のイベントクエストは

f:id:mh_alpha:20150227210729j:image

来週はとうとうG級ダラアマデュラ原種が配信される模様。これで強化できる武器防具がまた広がるというものだ。というか待ちくたびれたっ!尻尾マラソンが大変そうな予感である。

2015-02-25

モンニャン隊の勲章制覇、最後に残ったブラキディオスの最小金冠

MH4Gが発売してからもう4ヶ月が経つ。MH4では勲章をコンプリートするには至らず、MH4Gでは引き継いだデータで4Gのものと平行して埋まっていけばいいなと思いながらやってきた。どのみち、金冠関係が最後まで残るのは毎度のことだ。

で、先日まで残っていたのは

  • 「脱獄王」(モンスターからの拘束30回脱出)
  • 「ぶっとび色のエンブレム」(ジャンプトレンドの出撃10回)
  • 「ミニチュアクラウン」(残りブラキディオスのみ)
  • 「ミニチュアマスタークラウン」(残りブラキディオスのみ)
  • 「モンニャン隊 最果ての冒険旗」(全てのモンスターにWIN

の5つ。

f:id:mh_alpha:20150225110415j:image

脱獄王は適当に拘束攻撃をしてくるモンスター、たとえばリオレイアなんかが出てくるクエストや探索などでひたすら捕まってはガチャガチャを繰り返してきた。オトモを連れて行くと、ひるませたりこやしを投げたり?などで解除されてしまうことがあったので、一人で行くのがいいだろう。

f:id:mh_alpha:20150225112744j:image

ぶっとび色のエンブレムをまだ取得していなかったのは、ついオトモのトレンドをビーストや回復にしていることが多かったせいだ。ジャンプオトモはジャンプするつもりがないのにうっかり踏んでしまってジャンプ状態になり、事故死することを怖れて使っていなかった。だが、5匹雇ってはいたので、勲章のためにとりあえず10回クエストに行ってきた。実際にジャンプオトモを使ってみての感想は、さほど事故死することはないし、実際乗ってみたらジャンプ応援してゲージを増やしてくれたり、普段から乗り蓄積値を溜めてくれたりと、なかなか使い勝手は良かった。なので今もそのままジャンプトレンドのままにしてある。サブオトモの育成の面もあるのだが。


問題はモンニャン隊である。MH4の段階ではとりあえず勲章はもっていたので、そこまで登場してきたモンスターに関しては特に倒さなくてもいいそうだ。上位モンニャン隊にのみ登場するモンスターにさえ勝てばいいらしい。

[ちかい]


[ふつう]


[とおい]

引用元:【MH4G】モンニャン隊の勲章「モンニャン隊 最果ての冒険旗」を獲得しました! モンニャン隊攻略法 と 取るのに倒す必要があるモンスターチェックリスト - モンハンをソロでクリアを目指す攻略日記

問題は、どこまでクリアしたかを覚えていないということだ。あとモンニャン隊は結構オートでやってきたので、その場合のカウントがどうなっているかわからない。多分、WIN扱いにはなっていないだろう…。入手素材からそれを推し量るようなことをしてこなかった。オトモ装備を作ろうと思うと、1回クリアしたくらいでは揃わないのでこれからも連戦することにはなりそうだ。が、そのためにはまず上位モンスターたちに勝たねばならない。負けても素材は手に入るが、買ったほうがやっぱりいい。勝つにはどうすればいいかというと、やはりモンニャン隊のスキルをちゃんと見なくてはいけないようだ。MH4の時は攻撃【小】を組み込んでいてもゴリ押しでなんとかなっていたようだが、上位となるとまずモンスターの攻撃が痛いので、「超ガード」が重要である。2匹くらい超ガードを組み込んでおくと、結構ガードしてノーダメージになる。あと攻撃面はMH4Gで追加された攻撃【超】や攻撃強化があると安心かも。【超】2匹と強化でアイコンにキラキラが2つ着いたりしていた。このあたりのポイントはファミ通の攻略本にも書かれていたので、詳しくはそちらを見たほうがいいかもしれない。考えるのが面倒くさければ、超超超ガガか超超強ガガでいけばなんとかなるのかも。

持っている端材から、これは行ったかな、行ってないかなとやっていくと、最後に残ったのは…ブラキディオス。なんだか私のROMはモンニャン隊にブラキが出て来にくい。めぐり合わせが悪いのだろう。でやっと出て来た。

f:id:mh_alpha:20150225110538j:image

しかもありがたいことに道中の色も合っている。これで色が合っていないと、道中でかなり消耗してしまうこともあるのだ。別色の超を1枠組む必要が出てくる。

f:id:mh_alpha:20150225110649j:image

おりゃー!とブーメランを投げまくっていただく。無事討伐できた。

f:id:mh_alpha:20150225110746j:image

時系列的には、このあとにぶっとびエンブレムを取りに行ったのであった。

ところでモンニャン隊で端材を集めるものの、粋な上端材なんかが結構足りなくなる。採取ポイントがうまく連続していることがあるといいのだが、なかなか巡り会えない。先日たまたま中・遠に採取ポイントがあったので、近いところのリノプロを倒す用に攻撃を1匹と、あとは持っているお宝オトモで進ませてみた。超お宝ゲットが3匹しかいなかったので、残り1匹はお宝ゲット。結果、以下の画像の通り、たくさん手に入った。三段目にまで行こうと思ったら超お宝で揃えないと無理かー。

f:id:mh_alpha:20150225111120j:image

他にもっといい方法があったら知りたい。ひたすら回せと言われればそれまでだが。

さて、これで残りの勲章はミニチュアクラウンとミニチュアマスタークラウン…いずれもブラキディオス、のみ!モンニャン隊も最後はブラキだったし、ブラキのラスボス感がすごい。ラスボス感というより厄介な子感か…。

攻略本によれば氷海ブラキあたりが無難なようなのだが、村の上位や下位をやってみたり…しかし出ない。オフ会でもブラキ、オンでもブラキをやってみるが出ない。これは!と思うのもあったのだが…あと一歩である。ネットでMH4G ブラキ 最小金冠」で検索していたら、どうやら上位のイベントクエスト範馬刃牙・男一代」が出やすいという。上位とはいえ、裸でのブラキである。普段ランスで行くことが多いのでセルレランスで行って来た。オトモは一応二匹とも連れて行った。が、普段ガード性能に頼っていることをかなり思い知らされる結果になった。なにせいつもならカウンターでカモなジャンプ攻撃が、ゴリゴリ削られてしまうのだ。直線爆破もきつい。あれよあれよという間に2死してしまった。強走薬グレート、罠などもフル活用してなんとかギリギリ討伐成功。し、しんどい…。しかし見るからに小さめではあった。果たして…

f:id:mh_alpha:20150225111826j:image

うおおおお!!!ブラキディオス、最小金冠!イベクエ実に一発目であった。さ、最初からこれ行けばよかった…。今まで私のブラキに付き合ってくださた皆様方に申し訳ない気持ち。

f:id:mh_alpha:20150225111912j:image

f:id:mh_alpha:20150225111938j:image

これで一気に残っていた2つの勲章が埋まり、全勲章入手に至った。達成感!

ちなみにブラキは224体目であった。

f:id:mh_alpha:20150225112334j:image

勲章は集まったとはいえ、まだ最大金冠がついていないのが…ケチャ亜種、モノ、ゲリョス、グラ亜、ナズチと5種。これも埋めていきたい所。

2015-02-21

のんびり振り返る狩猟日記12/1〜7 ギルクエLv140はじめて到達した頃

12/1

雪の降る地域に引っ越してから、だいたい12月1日あたりにはスタッドレスタイヤに履き替える習慣がついた。概ねこの辺りから雪を警戒すべきで、特に通勤に車を使っていた頃はなおさら早めに替えておかなければ、出勤すらままならないのであった。そういう地域に住んでいた。公共交通機関ではそこまで行けなかった。そこから引っ越してからは、そこまで急いで替えておかねばならないこともないのだが、なんとなく12月頭には替えるようになっている。私は不器用なため、タイヤを車に積んで最寄りのガススタンドに交換を依頼する。待っている間はスタンドの中で暖をとりながら、大抵の人は雑誌やコミックを読んでいたり、連れと喋ったりしている。その日は私以外には誰もいなかった。

ガススタンドでクエストに行ってもなんだか落ち着かないので、探索に行くことにした。そう集中しなくとも倒せるバサルモスが予報に出ている。星石の結晶を集めながら、バサルモスを狩っていると作業が終わった旨を告げられた。あっという間だ。ゴールするとバサルモスは最小金冠だった。

帰宅後、はくやさんとしろくまさんと狩る。

一旦休憩を挟んでから、再開。はくやさんのラーバサをレベル上げしていく。弓ボウガンのものなので、龍弓やカホウが手に入る。残念ながらヘビィはいいものが出なかったが、龍弓はそこそこなものが出ていた。見た目が和弓なのでお気に入りだ。Lv134〜140まであがった。HR998にアップ。クエストクリア回数も4400回を突破した。

HR999に至ったのはその翌日だ。この時はその日記をすぐに書いた。


12/7

仕事から帰ってきて、夜、野良で手持ちのバサルモス亜種&ラージャンLv138をレベル上げしたくなり、部屋を建てた。幸い集まった見知らぬひとたちと何度か全滅しながらも、クリア。人の入れ替わりはあり、しろくまさんが来てくださったりもしてなんとか140に上がることが出来た。初めてのLv140到達なので、勲章ももらえたようだ。ラージャンはちょうど500体目、プレイ時間もちょうど500時間を突破したところだった。140を一度クリアして、部屋はお開きとなった。

MH4のときの100に到達した時と同じく、ああやっと140、と感じたものの、ギルクエの目的の大部分はそのクエストで手に入る発掘装備にあるので、あくまで通過点に過ぎない。あとはアタリを引くまで気長にやるしかない。

その後はくやさん、しろくまさんと先ほどのバサル亜種ラージャン140へ。しかしあっさりと3死してしまい「いまのなし」「いまのなし」と口々に。二回目にはリベンジできた。ラーバサLv140、ブラキラーLv140などへ行き、火拡散剛射弓を入手できた。倍率は微妙だが、とりあえずツナギに。


イベントクエスト

2/20(金)に配信されたのは、先行配信されていたメトロイドコラボクエの2つ。詳細は先行配信時に書いたエントリーがあり、こちら。

来週配信となるのは

f:id:mh_alpha:20150222004551j:image

「見るも言うも聞くも申」

2015-02-18

のんびり振り返る狩猟日記11/24〜26 400時間を超えた頃

11/24

夕方、オフ会でご一緒しているよんちるさんと、それいゆさんと三人で狩り始める。

f:id:mh_alpha:20150218135633j:image

終わった後、職場の人たちと鍋会あり。さすがに解散後にモンハンはしないかなあと思っていたが、夜寝る前にぼくらのHalcyon daysの万里さん、らしおさんがいらっしゃったのでお邪魔させていただいた。

f:id:mh_alpha:20150218135619j:image

セミみたい

終わった後MH4以来久しぶりのKiyoさん、Pさんとご一緒できた。時間の関係で一戦だけだったが…。またこれからもご一緒できるといいなと思う。普段はここにmerciさんも加わってのメンバーが多いが、この日は残念ながらいらっしゃらなかった。

1クエいったところでプレイ時間がちょうど400時間だった。記念撮影。

f:id:mh_alpha:20150218143031j:image


この時はまだスンドエさんは未始動。

f:id:mh_alpha:20150218143019j:image


11/26

好きなヘビィボウガンは何丁かあるが、そのうちのひとつにアグナ砲があって、今作でも作成できる。(亜種のセトは登場しない)アグナ素材はレイア亜種素材を交換して手に入れるので、1頭クエなどに行って集めていた。アグナ砲は貫通弾の装填数が高めで、反動は軽減する必要がなく、ネックは装填速度だ。装填速度アップのスキルと貫通弾強化なんかを着けておくと、とりあえずG級攻略装備のひとつに置いておいてもいいのでは、というレベルになる。リアルで一緒に狩っているI氏はヘビィが好きだが、G級防具を中々作らなかったのでおすすめしておいたのは最近の話だが、この頃私も似たような感覚でハプル&アグナの装備を作成。ゴグマジオスくらいまでこれで行けるのではないかなあと思っている。火炎弾を撃てるので、軟化させることもできよう。

というわけでせっかく作ったので探索でモノブロス亜種を狩ってきた。貫通弾がはたしてモノブロスに有効だったのかはわからぬ。ただ咆哮からの硬直で死ぬので高級耳栓は欲しいと思った。この時倒したモノブロス亜種が銀冠だったので、とりあえず勲章にはありがたい。おまけにこの時出たギルドクエストがテオテスカトルLv118ハンマー笛でオリジナル胴Bで、結構やりやすいマップだったのでその後育てることにしたのであった。今でも140で所持している。

夜寝る前の狩りで貫通弾強化6s3が出たので、これ単体で「貫通弾強化」のスキルが発動させられるようになった。ダレン用の装備を組み直して、「弱点特効、フルチャージ、貫通弾強化、弾道強化、反動軽減+1」に改良した。防御力も100ほどアップ。