Hatena::ブログ(Diary)

「スタイルクラブ」パーソナルスタイリスト 杉田実香blog

2017-12-08

おしゃれは自分の好みに凝り固まらない方がいい時もある。

| 12:13

この仕事を独立したころからだったと思う。自分の好みで服を買うというより、実験的な服ばかりを買うようになった。

理由は、とても単純です。

一般に美脚パンツと言われているパンツの履き心地や、自分はしっくりこなくても店員さんが心から褒めてくれている(と感じられる)服を着たらどうだろうとか、知識を実体験に変えることを経験したいからです。


これまでに店員さんが褒めてくれた服と自分の好きで選んだ服、どっちの方が周囲の反応が良いかというと・・

勧められた服の方が断然確立が高い。


自分なら絶対選ばないような服を着ていると、ちょっとソワソワするんだけど、新しいチャレンジに心躍る。もともと似合うとお墨付きをもらった服に、フレッシュな気持ちがスパイスになって、着こなしがより映えるのだと思う。


何より、自分のことは他人の方がよく見えているのかもしれない。


じゃあ、自分の選んだ服は似合ってないのかというと、そうでもないんですよね。たぶん好きな服は「馴染む」んです。新鮮さが少ないから、パッと見た時のインパクトは少ないけど、じんわりといいなーと自分が感じるものだと思います。


好みじゃない服が、周囲に褒められることで好きになるかどうかはまだわからないけど、感覚の幅が広がっていくことは確かです。

新しい風が送り込まれるようで、私にはそれがとても心地いいです。

勧められた服を、どんな風に着こなそうかと自分で試行錯誤して相乗効果を生むのも好きです。


今日もブログにいらしていただきありがとうございます。

そうそう、店員さんに勧めてもらうときは、

その方の雰囲気やおしゃれがステキだなと思える人がよいですよ^^



パーソナルスタイリスト「スタイルクラブ」 /連絡先:info@styleclub.jp

メルマガ見つけよう。自分らしい服。」絶賛配信中!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/miCa/20171208/1512702790