ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

小室みつ子 趣味Blog ‐映画とか映画とか戯言とか ー このページをアンテナに追加 Twitter

2017-03-12 物流システムの危機

 クロネコの悲鳴


 宅急便というきめ細やかなシステムで、私たちはとても恩恵を受けています。家にいながらにして、ほとんどのものを運んでもらうことができます。が、急激に成長したインターネット通販とサービス、「送料無料」という消費者にはありがたいサービスを掲げ、お急ぎ便などは一日のうちに着くことも。当然、歪は物流業界に来ます。

 大手通販会社は格安の料金で物流業者を使ってきました。今、深刻な人手不足、増える一方の荷物などで、労働環境も悪化して物流業者を苦しめています。とうとうヤマト宅急便が大手会社相手に値上げ要求を出しました。27年ぶりの値上げです。通販の恩恵を受けている私にとっては、物流業者はありたがい存在。なので応援します。同時に、寝不足で運転したり、急ぎすぎるあまりにドライバーの方たちが事故など起こさないよう願います。私たちの生活を支えてくれる、玄関先までなんでも届けてくれるありがたいシステム。今、危機に瀕するこのシステムが、なんとか改善されますよう願います。

 そして、ユーザーである私達の意識も変わらねばならないとも思います。再配達の率が多ければ多いほど物流業者を苦しめます。その分の時間や人件費が多大になればより業者を苦しめます。なるべく受け取れる時間帯を指定し、急いでいないものは「お急ぎ便」ではなく普通の配達にしてもらい、買う時はできるだけまとめる。可能であれば宅配ボックス設置など。いろいろできると思います。利便性の恩恵を受け続けたいのであれば、ユーザーもまたそのくらいの配慮は必要ではないかと思っています。

 日本の物流システムはとても細やかで信頼度が高いです。みんなでそれを守れればいいなと思います。「値上げされた分を消費者に転嫁するのでは?」という疑問がある方もいらっしゃるかもしれませんが、最近読んだ記事では、大手通販会社から「通販会社の肝のサービスは送料が安く早いこと、なので、値上げを消費者に転嫁するつもりはない」という回答がありました。


 ●「クロネコ」の悲鳴● (日経ビジネスオンラインより)

元社員「ヤマトは“サビ残”前提の会社だ」
http://nkbp.jp/2m6cwwT

ヤマト社員「我々はモノを運ぶ道具なのか」
http://nkbp.jp/2m64PXJ

ヤマトとアスクルから見えた“物流危機”
http://nkbp.jp/2lF9ekO

ヤマト値上げが問う「民営・日本郵便」の真価
http://nkbp.jp/2m64Pa5

ヤマトの成長に必要なラストワンマイル改革
http://nkbp.jp/2m63jEU

「適当に」「急がない」宅配便があってもいい
http://nkbp.jp/2lEN8PG

2017-03-06 おもしろい考察「ズートピア」について

 ズートピアについてのおもしろい考察


 私自身はこの映画を見ていません。去年の映画なので今更なのですが…。ふと見かけたコラムが非常におもしろかったので、リンクを貼ります。

  「ズートピアに隠された秘密」
  http://ironna.jp/theme/337


 ここ何年も、アメリカ社会の中の「政治的正しさ」ポリティカリー・コレクトネスが映画やドラマにも厳しく浸透しています。良い部分もあることはありますが、なんとなく息苦しさを感じることもあります。映画の配役で、必ず気にする人種的配分、性的配分など、本当に細やかに気を遣って作られているものばかり。その中で、差別される側に中にも差別があることなど、非常に冷徹な視点で、日本では避けて通るような問題を題材にする勇気あるドラマもあります。「CSI ラスベガス」などは、そういう普段全く触れることのない深い部分での社会の歪みを指摘して、何度も驚かされました。

 ポリティカリー・コレクトは、差別される側を救うためにあるはずなのに、逆に、それゆえに差別される側が余計に生きにくい状況になる場合もあります。ネットの言説を読み歩いていて、「ポリコレ」と訳して書く人たちがいました。「ポリコレ」をある種の教義のようにうんざりしている人たちもいるようです。移民社会のアメリカだからこそ、社会構造は日本人には想像し難いほどの複雑な構造、思惑、現実があります。

 最近見ている「The Newsroom」でも、その複雑怪奇な社会の中で、バランスを保ち、何が公正であるか、特にメディアはどうあればよいのか、試行錯誤を見せてくれます。右だろうが左だろうが驚くほどきつい物言いで批判をします。そして批判した後にその報いも受けます。全方向から憎まれます。でも、常に「この報道は公正であるかどうか」「自分の考えはバランスを欠いていないかどうか」という自問自答と苦しみがある。こういう自問自答が、個々にもあれば、世の中は少しずつ良くなるのではないかと思いたいですが…。実際は、自分の掲げる「正義」や「正しさ」に固執する傾向が多い。

 そういう気持ちでいた私には、ズートピアに関する考察が非常に興味深いものになりました。隠喩で何かを伝えたい人たちがたくさんいるのではないかと…改めて感じました。たとえば、インドでは性的な表現はご法度、だから、インド映画は代わりに踊りと歌を多用します。映画に出せない性的な部分、恋愛の喜びなど、全て踊りで表す。ホラーだろうが最後は役者さん全員が出てきて踊ります。とてもとても楽しそうに。見ている私までにっこりしていまいます。彼らが表せない部分を思い切り踊りで昇華している。そしてひとりひとりが実に楽しそう…。

 言論や表現の自由を保障されたはずの国、アメリカにも(日本にも)こういうタブーはたくさんあります。タブーを犯せば、もしかしたら、差別者の烙印を押されるかもしれない。それは社会的な死を意味するほど重大なこと。表現者は萎縮します。当然ながら。でも、その制約の中で、暗喩という方法で、なんらかのメッセージを伝える。密かに「あなたたちが思う常識は、果たして常識なのだろうか」と、問いかけている。表現者は制約があってこそ余計に才能を発揮できる場合があります。


 Togetter で同じような「ズートピア」に関しての考察を見つけました。これは、ところどころ、リベラリズムへの露骨な批判や罵倒が入っているので憤慨される方もいらっしゃるかと思います…。そこは飛ばして本質のみ受取って考えてもらえるといいなあと願います。

 ●Togetter ズートピアに関する興味深い考察。肉食獣は本当に強者なのか?

 ●Togetter ディズニーがズートピアの削除シーンを公開。→「テーマが重すぎる」「肉食獣に電気ショックを与える首輪がついていたなんて...」

 

2017-03-01 物流システムの危機

 クロネコの悲鳴


 宅急便というきめ細やかなシステムで、私たちはとても恩恵を受けています。家にいながらにして、ほとんどのものを運んでもらうことができます。が、急激に成長したインターネット通販とサービス、「送料無料」という消費者にはありがたいサービスを掲げ、お急ぎ便などは一日のうちに着くことも。当然、歪は物流業界に来ます。

 大手通販会社は格安の料金で物流業者を使ってきました。今、深刻な人手不足、増える一方の荷物などで、労働環境も悪化して物流業者を苦しめています。とうとうヤマト宅急便が大手会社相手に値上げ要求を出しました。27年ぶりの値上げです。通販の恩恵を受けている私にとっては、物流業者はありたがい存在。なので応援します。同時に、寝不足で運転したり、急ぎすぎるあまりにドライバーの方たちが事故など起こさないよう願います。私たちの生活を支えてくれる、玄関先までなんでも届けてくれるありがたいシステム。今、危機に瀕するこのシステムが、なんとか改善されますよう願います。

 そして、ユーザーである私達の意識も変わらねばならないとも思います。再配達の率が多ければ多いほど物流業者を苦しめます。その分の時間や人件費が多大になればより業者を苦しめます。なるべく受け取れる時間帯を指定し、急いでいないものは「お急ぎ便」ではなく普通の配達にしてもらい、買う時はできるだけまとめる。可能であれば宅配ボックス設置など。いろいろできると思います。利便性の恩恵を受け続けたいのであれば、ユーザーもまたそのくらいの配慮は必要ではないかと思っています。

 日本の物流システムはとても細やかで信頼度が高いです。みんなでそれを守れればいいなと思います。「値上げされた分を消費者に転嫁するのでは?」という疑問がある方もいらっしゃるかもしれませんが、最近読んだ記事では、大手通販会社から「通販会社の肝のサービスは送料が安く早いこと、なので、値上げを消費者に転嫁するつもりはない」という回答がありました。


 ●「クロネコ」の悲鳴● (日経ビジネスオンラインより)

元社員「ヤマトは“サビ残”前提の会社だ」
http://nkbp.jp/2m6cwwT

ヤマト社員「我々はモノを運ぶ道具なのか」
http://nkbp.jp/2m64PXJ

ヤマトとアスクルから見えた“物流危機”
http://nkbp.jp/2lF9ekO

ヤマト値上げが問う「民営・日本郵便」の真価
http://nkbp.jp/2m64Pa5

ヤマトの成長に必要なラストワンマイル改革
http://nkbp.jp/2m63jEU

「適当に」「急がない」宅配便があってもいい
http://nkbp.jp/2lEN8PG