Hatena::ブログ(Diary)

Blog Mhichil

Wed 18-3-15 ダンテ(平川祐弘訳)『神曲』

ダンテの『神曲』のプロヴァンス語部分まで完璧な唯一の訳

ダンテ(平川祐弘訳)『神曲』(河出書房新社、1980)


f:id:michealh:20150318092408j:image:w280:right

 知るかぎりでは、平川祐弘訳の『神曲』は原文(ほとんどはイタリア語)のプロヴァンス語部分まで正確な唯一の日本語訳だ。したがって、そこまで完璧さを求めるのなら、この訳にとどめをさす。

 そのプロヴァンス語部分はどこに現れるかというと、「煉獄篇」の第26歌だ。トゥルバドゥール中、最高の詩人とうたわれるアルナウト・ダニエルが語る場面だ。

 全篇にわたり明瞭で、格調を有し、力あふれ、見事な口語で訳された平川訳『神曲』(特に「煉獄篇」第1歌)だけれど、この場面だけは歴史的仮名遣いで綴られる。


 「泣きつ歌ひつ進む私はアルナウトでござゐます。」

 原文は Ieu sui Arnaut, que plor e vau cantan; と、あきらかにプロヴァンス語だ。アルナウトが語るところだけは8行にわたってプロヴァンス語が用いられる。イタリア語による文学の存在証明を書こうとしたダンテがこう書いたことは、アルナウトに対する最大級の尊敬を表す。しかも、この8行の間も、『神曲』の詩形である三韻句法(terza rima, aba bcb ... と続く)がいささかも崩れていないのは驚嘆に値する。

 なぜダンテがそれほどの敬意をアルナウトに示したかの事情を一言だけ書いておく。それまでは、まともな文学はラテン語で書くものとされていたところへ、俗語であるプロヴァンス語で輝かしい範を示したのがアルナウトだった。そのことに勇気づけられ、アルナウトを最高の範例とする文学理論書『俗語詩論』を書いて俗語でも文学が書けることを高らかに宣言したダンテは、その実践として同じく俗語であるイタリア語によって『神曲』を書いたのだった。だから、みずからの最高の師匠たるアルナウトの言葉はイタリア語に訳すわけにはいかなかった。

 なお、ぼくが愛読している版は世界文学全集版(1980年の第17版)であり、ここに書影が出ている版(1992/3)とは違う。今は河出文庫の3分冊版で平川祐弘訳が容易に入手できるが、まことに喜ばしい。






記事一覧 引用文献略語表
Geam Mhichil
Profile  Bookmark
このブログをはてなアンテナに追加  RSS  Mobile

460325



アーカイヴズ
sean-nos | song | ceol (音楽)
CD | DVD |
Gaeilge | English
focail (語録) | dan (詩) |
etc | Russia
梨木香歩

(過去の記事の表示が乱れた場合は、URL の末尾の 'p1' などを消去して再読込みしてみてください)

最近のコメント

1. 01/14 tongariyama
2. 01/14 michealh
3. 01/14 tongariyama
4. 02/25 invs
5. 12/24 michealh
6. 12/24 熊谷
7. 02/19 michealh


関連リンク:
エラハタス
RnaG (アイルランド語ラジオ)
Against The Grain (Blog of RatzingerFanClub)


cairde:
踊る阿呆を、観る阿呆。
クラン・コラ・ブログ(アイルランド音楽の森)



<< 2015/03 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


ブログ
ブログ1: はてなブログ
ブログ2: tumblr ブログ
ブログ3: こちら
(1は詩・音楽・アイルランド関連の話題、2は写真・音声・引用のクリッピング、3は短信や書評、CD評、アイルランド語など)


 目次(一部)

はてなブログを始めました
メタボとは本当に怖いのか
「その日」の前後のひとの歩み
物語は詩に、あるいは歌に近づく
高城剛の提唱する魂の健康とは
Kindle用のアイルランド語辞書
「星守る犬」と人間とのかかわりをえがく
ミニマリストの宇宙観
All about Harriet (少女探偵フレーヴィア・シリーズ第六弾)
’Geronimo!’ と11歳の聡明な少女探偵は叫んだ
「命がけの実験」(梨木香歩)を読む
笑いの神話化 Mythologie de rire
ルピナス探偵団の記念碑
二十世紀の黄昏を生きる少年少女たちの推理とは
創作の背後にあるもの
神聖な眠りにおちる主婦
タマリンドの木のかげに
動くことには魅力がある
途方もなく広がる沃野──ケルト口承文化
どんな歴史書にも書いていない常民の生活史
フランシスコ会によるヘブライ語詩編の現代日本語訳
2006年度T・S・エリオット賞を受賞したヒーニの第12詩集
イェーツ以来最高の詩人といわれるヒーニの第1〜第8詩集
日本に対して真の独立国としての自覚をうながす
創作の苦しみが断章に
梨木香歩のイングランド体験
月と闇と海と━━ある写本師の物語
横山秀夫、入魂の一作
デンマークのフェミクリミの旗手によるミステリ・シリーズ第一作
池澤夏樹がなぜ民俗学の著作を入れたか
1950年代と60年代のSFを雑誌を通じて描く労作
知を超えて Beyond Intelligence
Morpurgo, ’Cockadoodle-Doo, Mr Sultana!’ を読む
梨木香歩「熊野古道 闇の向こうを目指して歩く」を読む
安岡治子「ドストエフスキーと正教」を読む
安岡治子「ロシア文学における東と西」を読む
題名に込められたなぞ
政治漫画をとおして政治認識と政治分析にひとつの視点をつけ加える
激動の百年を雄弁に語る風刺漫画
イスカンデルの代表作。絶えずあさっての方角から球が飛んでくる愉しさ
梨木香歩「風と双眼鏡、腰掛け毛布」第1回「大の字のつく地名 大洗」を読む
環境問題を高校レベルの数学で定量的に理解する
今こそ世界史の教養が必要
現代詩をめぐる小池昌代らの対談+佐藤優のキリスト教観
SF詩特集号で飛浩隆「La Poésie sauvage」を読む+高塚謙太郎の考察+広瀬大志・伊藤浩子「女人結界」
イェーツの幻の物語(1897年版『秘密の薔薇』)
イェーツの唯一の全詩集
キーティングのアイルランド史を読む
ケルトに関する幅広い論集
興味深い注が多いヨハネ黙示録
語法を通してパウロに迫る翻訳
岩波版の新約聖書第三分冊
眼を開かせる「ルカによる福音書」訳注
眼前の霧が開けるような訳文と註釈
少年少女にこそ、まだ希望がある
梨木香歩作の蟹塚の縁起物語に木内達朗の絵を添えた絵本
宮沢賢治の文章に木内達朗の油彩画を添えた絵本
熱狂の時代をくぐり抜けたシェリー
談話分析のクラシック
明快な英文を書くために
シャンプーが毛髪の健康を阻害する
記紀神話に隠された女神の来歴
進化の「あがり」をめぐるスリリングな短篇
棋士はいつも内なる火と闘っている。外の火など……
想像の本質を数学的に解き明かす
地球は人類の揺り籠だが、我々が永遠に揺り籠に留まることは無いであろう
人間は知らないものを見ることはできない
コーモラン・ストライク・シリーズの第2弾は文芸業界ミステリ
ひょっとすると Harry Potter シリーズより面白いかも
中国詩歌における対偶性
するどくディキンスンにせまる訳詩集
イェーツの幻の物語(1897年版『秘密の薔薇』)
ケルトの死生観に関する論集
「オレンジ色の猫」って何色の猫?
半世紀前の自分に追いつき『かもめのジョナサン』の真の姿が世に出ることに
文字と音声との不思議な呼応を詠む笹井宏之の歌百首
本に鴉色の光を注ぎ、言語を植物と共に空へ持ち上げる管啓次郎の詩「シアトル」
持ちやすく愛着がわく本(池澤夏樹訳『古事記』)
Maile Meloy の ’The Proxy Marriage’ を読む
欽定訳聖書に関する最も詳細な註釈書
Google が evil になった日を描いた ’Scroogled’
小笠原豊樹の新訳によるマヤコフスキーの代表作
日本の歯科医療を問う
雪が降り、積もるような夢枕獏の文体
ミツバチが騒ぐ谷間で
対訳形式でイェーツの詩54篇を収録(附記 「自己の燃焼」について)
17人の訳者による饗宴
イェーツの複雑な諸相
アヴァロンと「政治家休業日」
iPS細胞の医学応用を実現させるために
すきとほった風ばかり
バランスのとれたディキンスン訳詩集
宇宙から光線は絶え間なく地表に注ぎ、
A=B に二種類あるアイルランド語って?――コピュラに関する最上の説明の書
現代詩の愉悦、ここにあり
現代詩の極北はロックする
本とわたしの関係は、深い井戸をめぐるように
本物の辞書を作るには百年かかる
アメリカ文学を読む際の必携辞書
プラトーノフ『ジャン』


記事一覧(全部)