Hatena::ブログ(Diary)

Tech Mom from Silicon Valley このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2007-05-24 ジョージ・ルーカスの英断ブランド戦略 - 「スターウォーズ」公式マ

[] ジョージ・ルーカスの英断ブランド戦略 - 「スターウォーズ」公式マッシュアップ 09:20

パチパチパチ(拍手の音)!今朝のウォールストリート・ジャーナルを読んで、思わず拍手してしまった。

ハリウッドの強権著作権保護勢力のご本尊であるディズニーとは、以前からちょっと一線を画していたルーカスフィルム。記事によると、同社もスターウォーズのイメージや音楽を勝手に使って商売している人を訴訟しまくっていたとのことだが、YouTubeなどにアップロードされている、ファンが楽しみで作った非営利のマッシュアップに対しては以前から寛容だった。YouTube側が削除したものを、ルーカスのほうから復活を要求したこともあると聞いている。

今年は「スターウォーズ誕生30周年」を記念して、記念切手発行とか、いろいろ行事をやっているが、その一環として、ホンモノの映画クリップ(60秒程度)を何本か、ウェブサイトにアップロードして、ファンが好きなようにマッシュアップできるようにするという。

The clips -- about 250 of them, from all six Star Wars movies -- will land on the Starwars.com Web site tomorrow, part of this week's 30th-anniversary celebrations of the release of his hit movie. Working with an easy-to-use editing program from Eyespot Corp. of San Diego, fans can cut, add to and retool the clips. Then they can post their creations to blogs or social-networking sites like MySpace. More clips will come out from time to time over coming months.

Make-It-Yourself 'Star Wars' - WSJ

StarWars.com | The Official Star Wars Website

記事によると、これは「スターウォーズ」という一大ブランド・キャラクター群を、新作映画なしで維持する努力の一環、ということだ。ルーカスはすでに、「スターウォーズ」の劇場用映画はもう作らないと宣言している。(新作テレビ番組は来年あたり出る、との話も聞いたが)にもかかわらず、世代を超えて根強い人気を誇るこのブランドを、末永く(記事によると「この先30年」)維持してシツコク金づるにしようという魂胆だという。

このEyespotという会社が、編集ツールなども提供するとのことで、ポルノにしないなどの制限もこの会社のプラットフォームで提供する、ということだが、できたビデオはMySpaceとかYouTubeとか、いろいろなところにアップロードされるのだろうから、どうやってやるのかな??

ジョージ・ルーカスは、サンフランシスコ地域に拠点を持っている。市内ゴールデンゲート橋のすぐ近くには、美しい芝生とユーカリの大木におおわれた大きなスタジオがあり、ヨーダの銅像が建った噴水のある入り口までは行ったことがある。また、橋を渡ったマリン・カウンティには、ごく近しい関係者以外にはその場所も公開されていない、謎の「ルーカス牧場」もある。(こちらは映画制作に使っているかどうかは知らない)

そんな「ご当地」贔屓もあるのか、シリコンバレーのギークたちは、ディズニーは徹底的にこき下ろすがルーカスには一目おく。今度の決断も、拍手喝采で迎えられるに違いないと思う。相変わらずディズニーの真似して強権保護主義を続ける日本のメディア(その背後には某芸能事務所?)も、ちょっとは爪の垢でも煎じて飲んだらどう?

f:id:michikaifu:20070525011842j:image サンフランシスコ ルーカススタジオにあるヨーダの噴水

kakaikakai 2007/05/27 19:50 michikaifu さんこんにちは。いつも面白く読ませていただいています。
初めてコメントします。

謎の「ルーカス牧場」、仕事で2回ほどいったことあります!
ナパバレーの近くの農場の入り口みたいなところを入っていくと、警備ゲートがあって、そこを越えて入っていく形です。映画は撮ってないと思いますが、ルーカスが自分用に「最高の映画館を!」って作ったプライベートシアター(後にここを基準にTHXができたらしいです。)や、ジョンウィリアムスが指揮して録音するために作成したスタジオとかはありました。ルーカス関連の会社では、外部の人を、時々接待的に招待をしてると思います。ちなみにルーカスの写真を撮るのは厳禁と言われました。(ランチテーブルがとなりだったので、凝視しないようにするのが大変でした!)

とりとめない文章になってしまいましたが、久しぶりに思い出して興奮して書いちゃいました...

michikaifumichikaifu 2007/05/31 18:07 kakaiさん、お返事遅くなって済みません。えー、ルーカス・ランチ、行ったことあるんですかっ!だいたいの場所は私も知っているんですが、中までは知りません。すごいですねぇ!!

Naoto IshikawaNaoto Ishikawa 2007/06/03 15:02 Kaifuさま、こんにちは。当日の日本では、WOWOWさんで、スターウォーズ6部作が一挙にハイビジョン放送されました。私はハイビジョンレコーダーに全部録画して、今も満喫中です。最近スルスペックハイビジョンのシャープの大型液晶テレビを買ったので、本当に大満喫です。Starwarsとロードオブザリングは何度も見ています。

Starwarsのバイラルマッシュアップ動画シンジケーションは素晴らしいですね。とうとうプロコンテンツもハイパーシンジケーションされる時代が来ました。YouTubeが風穴を開けましたね。

最近CBSさんもCBS Audience Networkを発表し、slide、Rockyou等マッシュアップサービス、bebo等SNSサイト、Veoh等動画共有サイトと提携し、バイラル動画シンジケーションを開始するようです。素晴らしい。バイラルシンジケーションがネットの神髄のひとつであると思っています。

UGCのクリエイター層は少ないですが、動画をシンジケートする流通者としての役割は大きい。UGCのエコシステムと共存共栄で動画流通(バイラルシンジケーション)が進んで行くのでしょうね。米国は。。。

日本はいったい、いつになれば、こういうステージに進めるだろうか。。。

ksugiyamaksugiyama 2007/06/03 20:27 ファンから見たらどちらが良い?という議論はあると思いますが、ディズニー
もルーカスもどちらも経済合理性を最優先しているだけだと思います。
ルーカス側が今後コンテンツのマッシュアップが不可避と判断しただけでしょう。

ゲイツのようにルーカスが「僕が死んだら著作権は全部放棄する」と言ったらすごいと思いますが・・

jygfjygf 2007/06/26 19:58 ksugiyamaさん、もうしわけないですが、ソースらしいものが全く見つからず
あったものと言えばこれくらいしかないんですが…
ゲイツ会長「著作権改革論者は共産主義者」発言でひと騒動
http://hotwired.goo.ne.jp/news/culture/story/20050112203.html
あとディズニーの件は同情すべき余地は多分にあると思います。
知っていると思いますが、ディズニー自身が仕事を始めたばかりのころにそんな方向に向かうしかない目にあってることも書き添えておくべきでしょう