Hatena::ブログ(Diary)

Tech Mom from Silicon Valley このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2012-07-24 ギーク美男美女化の理由

[][] ギーク美男美女化の理由 11:17

マリッサ・メイヤーの記事を日経ビジネスオンラインに書いた。日本時間で金曜日にアップ予定。

マリッサはゴージャス系なギークで、ステレオタイプのギークとはだいぶ違う。「お金持ち」というファクターを除いたとしても、彼女のような華やかなタイプのギークが、男女ともに最近この界隈で増えてきたように思う。

「ギークのイケメン化現象」は2006年頃にここに書いたが、どうも今回はまたちょっと違うかんじ。

友人たちとの酒飲み話の中で出た結論は、「スタートアップの中心地がサンフランシスコに移動したから」。シリコンバレーの中心勢力が、昔のサンノゼ付近から年々北上し、現在はサンフランシスコのジャイアンツ・スタジアムを中心とする地域になっているのは皆様ご存知のとおり。で、かつてのシリコンバレーは、鹿と狸が徘徊する田舎で、庵を結んでひたすらコードを書く桃源郷の住人が中心だったが(そして今でもその地区にはそういう勢力もいるのだが)、最近のネットやモバイルでは、ユーザーインターフェースのデザイン感覚は大変重要で、都会のアート感覚をもつ、ナウなヤングがやらないとダメなのだ。(だーかーら、ナウなヤングって現代語ではなんといえばいいのでしょう??)

しかも、サンフランシスコで最高のアート感覚を持つ人々といえば、言わずと知れたゲイの皆さん。彼らの最近のウェブ・モバイル製品への貢献度は高い。

かくして、都会のファッショナブルな人々(ゲイもそうでない人も)がギーク世界に増殖し、そういう人々の母数が増えると美男美女も増える、というわけだ。*1

マリッサのゴージャス写真を含む英語ブログ記事はこちら参照のこと。

*1:ちなみに、マリッサ・メイヤーも、勤務先は南方面のグーグルからさらに南のヤフーだが、住んでいるのはサンフランシスコ市内。いわゆる「サンフランシスコの社交界」の華であります。